DA18-135mm F3.5-5.6 WRのタグまとめ

DA18-135mm F3.5-5.6 WR」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはDA18-135mm F3.5-5.6 WRに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「DA18-135mm F3.5-5.6 WR」タグの記事(8)

  1. 雲ノ平へ 5(完) - 888WebLog

    雲ノ平へ 5(完)

    朝焼けの中、樅沢岳を越えて槍ヶ岳を目指す登山者ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー8月13日 山中4日目最終日午前1時半 一人テントを抜け出して小屋の前の広場へ向かう。ずっと担いできた三脚を使ってしばし夜の撮影タイム。昼間あれだけ賑わっていた場所もさすがにこの時間は静かだ。星というか、今日は月がでていて明るいのでむしろ雲を眺めながらゆっくりと煙草をくゆらす。上...

  2. 雲ノ平へ 4 - 888WebLog

    雲ノ平へ 4

    三俣から双六への巻道途中、雲を割いて槍の穂先が現れる。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー8月12日 山中3日目 午前5時 雲ノ平では昨夜テントを叩く強い雨が降った。おそらく9時か10時くらいからだったと思うが、下のテントの人たちは大丈夫だろうか(浸水してないか)と虚ろな意識でそう思った。しかし、これも多分、雨は1時間ほどで止んでくれたと思う。少なくとも撤収時に...

  3. 雲ノ平へ 3 - 888WebLog

    雲ノ平へ 3

    雲ノ平から見る水晶岳。好天が期待できない中、青空の下にこの山が見えるとは思っていなかった。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー8月11日 山中二日目、薬師峠のキャンプ地を5時30分に出発、一旦太郎平へ戻って分岐を左、薬師沢へ下っていく。この道、いくつかのの枝沢を渡渉したりちょっとした湿原帯(ここはカッペッケが原)があったりとにかく山の深さを感じる素晴らしいエリアだ。...

  4. 雲ノ平へ 2 - 888WebLog

    雲ノ平へ 2

    8月10日10時アラレちゃんポイント通過。ここは登山口から標高差で300m上がった所にある有名な場所。「もうとっくに見過ごしていたと思ってた・・・」と呟くと、一人休憩していた眼光鋭いオジサン(実はとても優しい方)がそう教えてくれました。なんでも登山口から目標の太郎平までは約1000m登らなくてはならないのだけれど、このあたりが高さではちょうど1/3くらいだそうです。蝶ケ岳のゴジラの木と、この...

  5. 雲ノ平へ 1 - 888WebLog

    雲ノ平へ 1

    8月8日台風5号の動きが遅い。アメダスの雨量計は大量の降雨を意味する赤の表示が富山側から長野の県境に次々に流れ込んでいる事を示している。しかもその赤は見事に県境で消えている。これって高い山=分水嶺に遮られて雨が全部黒部側の流域に落ちているって事?この日富山発折立行きのバスは全便運休すると富山地方鉄道のHPで案内された。気が気でない。「もしもし、明後日予約しているものなのですが、そちらの見通し...

  6. K太、飛べるかも - 888WebLog

    K太、飛べるかも

    初めての方2名とK太を連れて岩手山登山へGWに痛めた右膝をかばいながら、土曜は登るだけ、日曜は下るだけの安楽スケジュールを設定。小屋でのキムチ鍋とおいしく炊けたご飯も好評で大変よい山登りでした。いつ行ってもいいね、岩手山。

  7. 大荒沢岳から日本海が見えた - 888WebLog

    大荒沢岳から日本海が見えた

    大荒沢岳のピークにテントを張ってマジックアワーの撮影タイム。羽後朝日の稜線の向こうに落ちる夕陽に照らされて水平線が見えている。15mmの単焦点レンズをズームに交換。望遠側最大にして真っ赤に燃える太陽を追ってみた。あれは男鹿半島だろうか?それにしても和賀から海が見えるとは思っていなかった。日本って意外に幅狭い( ^ω^)・・・

  8. 生保内川源頭 - 888WebLog

    生保内川源頭

    羽後朝日岳頂上直下、生保内川の源頭から志度内畚を望む。その向こう側は秋田駒と岩手山。日本語で理解していないのに何故かジオグラフィックの単語が頭に浮かんだ。

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ