DP1 Merrillのタグまとめ

DP1 Merrill」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはDP1 Merrillに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「DP1 Merrill」タグの記事(12)

  1. レクサスHS250hの魅力とは - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    レクサスHS250hの魅力とは

    我が愛車、レクサスHS250hについて、後継車は作られず、代わりに米国で圧倒的な人気を誇るレクサスESにスイッチされるのでは?というニュースが出ています。残念なことではありますが、ある程度、予想されたことです。私は何度もこの欄で書いてきたとおり、レクサスHSというクルマは、フランス車、なかでもシトロエン派だった私から見ても、フランス車らしい雰囲気のクルマだと思いました。何と言っても長年愛用し...

  2. 4月2日雪の軽井沢④近衛文麿公別荘他 - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    4月2日雪の軽井沢④近衛文麿公別荘他

    4月2日雪の軽井沢特集の最後です。旧三笠ホテル見学の後、ランチをしてから訪問したのが、「近衛文麿公の別荘」です。近衛文麿公別荘 SIGMA DP1 Merrillこの建物は、近衛公が大正15年に別荘として購入したものだそうです。近衛公は軽井沢がお好きで度々訪れ、前回紹介した三笠ホテルにも来られている写真が残っていましたが、こんな別荘で避暑を過ごすという生活に憧れます。近衛文麿公のような身分の...

  3. 4月2日雪の軽井沢③旧三笠ホテルは見応え十分! - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    4月2日雪の軽井沢③旧三笠ホテルは見応え十分!

    4月2日、雪の軽井沢での旧三笠ホテル見学。このフロント・ロビーの景観に魅せられました。SIGMA DP1 Merrill西洋の様式・習慣を、こうやって学んだのでしょう。13号室がないキーボックス。今では伝統ある軽井沢彫の家具ですが、このホテルが建設された頃は、まだ初期の取り組みだったとか。そんな初期軽井沢彫のテーブルと椅子が使われたそうです。カーテンボックスの頂部に、三笠ホテルのMの文字。窓...

  4. 4月2日雪の軽井沢②旧三笠ホテルは見応え十分! - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    4月2日雪の軽井沢②旧三笠ホテルは見応え十分!

    軽井沢の旧三笠ホテル、私は初めて見学しましたが、見応え十分でした。雪景色の旧三笠ホテル:SIGMA DP1 Merrill入り口をくぐると、この偉容に圧倒されます。これは良さそうだなぁ!と。この日は、青空に雪景色が映える素晴らしいお天気でもありましたし。正面玄関の赤い屋根もかわいいですね。雪で寒い時期だったのに見学者がたくさんいらっしゃっていましたよ。GWはさぞかし混んでいるかな?旧三笠ホテ...

  5. 4月2日雪の軽井沢① - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    4月2日雪の軽井沢①

    明けて4月2日の朝は、快晴でした。朝食はメインダイニング。朝のブレックファストは、何種類かのメイン、ジュースの種類を選びます。SIGMA DP1 Merrill信州りんごジュースとコーヒー。パンは普通に英国式の山形パンです。ホテルオリジナルのジャム類が豊富にあります。私は、メインはベーコン。卵はスクランブルエッグでいただきました。1階と2階の間に見えるステンドグラス。亀は、万平ホテルとなる前...

  6. 4月1日雪の軽井沢③ - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    4月1日雪の軽井沢③

    4月1日~2日の軽井沢。宿泊は、万平ホテルでした。このときの旅は、万平ホテルの割安な特別宿泊プランのご案内があっての企画でした。雪景色の万平ホテル SIGMA DP1 Merrill泊まったのは、現在の万平ホテルの中でも最も歴史のある昭和11年築のアルプス館。2階の左側の部屋です。落ち着いた、非常に雰囲気の良い部屋です。ベッドとソファの洋室ですが、反対側には床の間風の設えと掛け軸があって、和...

  7. 4月1日雪の軽井沢② - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    4月1日雪の軽井沢②

    4月1日、関東地方ではまさにこれから桜、という春に向かっていくとき。でもなぜか、こんな雪の軽井沢でゆっくりするのも悪くない。そんな風に思いました。  (SIGMA DP1 Merrill)旧軽井沢銀座の周辺、ちょっとだけリーズナブルな駐車場にパークして、歩き始めて。このレストラン、今度来たいな、と思いました。旧軽井沢銀座は、人もまばら、、、という感じではなく、まぁこの時期にしては想像より混ん...

  8. 4月1日雪の軽井沢① - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    4月1日雪の軽井沢①

    4月1日、2日の土日は雪の軽井沢で過ごしました。春の桜が舞う東京から新幹線でわずか1時間。横川を過ぎてトンネルをくぐると風景は一変。「トンネルを抜けると、そこは雪国だった」というほどではありませんが、まだ確かに、そこは雪景色だったのです。軽井沢についたら、雪の残る景観でした。 SIGMA DP1Merrill(雪の残る軽井沢駅)いつもはレクサスHSでドライブするところですが、今回は事前に、ま...

  9. (補足追記)ニッサン・スカイラインについて(ジャーナリズムに意見しておきたいこと)⑦最終回 - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    (補足追記)ニッサン・スカイラインについて(ジャーナリ...

    ニッサン・スカイラインについての最終回。少し時間が掛かりすぎましたが、スカイラインともなるとさすがに情報量が多く、私自身とても勉強になりました。スカイラインが2001年にR34型からV35型になって一番変わったことは、2代目の初代スカイラインGT(S54)以来の直列6気筒エンジンをV6エンジンに変更したことです。それだけであれば、直裁に言って、トヨタ・クラウンだって後を追うように2003年に...

  10. ニッサン・スカイラインについて(ジャーナリズムに意見しておきたいこと)⑥ - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    ニッサン・スカイラインについて(ジャーナリズムに意見し...

    スカイラインについての最終回(の前半)。最後にまとめておきたいと思います。私は、年末にみた自動車ジャーナリストの、スカイラインV35型についての批判記事。「これまでスカイラインというクルマが作り続けてきた思いや伝統を微塵も感じさせない」「このでぶなクルマに、スカイラインと名づけることに反対意見はなかったのだろうか。」「いや、あったに違いない、ゴーン勢力に押し切られてしまったのだろう。」という...

  11. ニッサン・スカイラインについて(ジャーナリズムに意見しておきたいこと)⑤ - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    ニッサン・スカイラインについて(ジャーナリズムに意見し...

    ちょっと旧聞になりますが、ある女子アナウンサーが、自分のプライベートな事柄について報道をされたとき、「何を言っても信じてもらえない」と話していた姿が印象に残りました。私は彼女に同情している訳でも、事情を知っている訳でもないのですが、どう説明しても説明のとおりには報道してもらえず、勘ぐられたことばかり書かれるということがいかに辛いことか、私はクルマジャーナリストの方に言いたいんです。「設計者に...

  12. ニッサン・スカイラインについて(ジャーナリズムに意見しておきたいこと)④ - しゃしん三昧   ~シグマ、レクサス、着物の日々~

    ニッサン・スカイラインについて(ジャーナリズムに意見し...

    1966年、プリンス自動車が日産自動車に吸収されるような形で合併したことは、スカイラインのその後のブランド形成に少なくない影響があったと思います。なんとなれば、当時の日産自動車のエースといえば、ダットサン・ブルーバード。誰もが知るこの国産黎明期からのセダンは、合併よりも前の1965年には、ブルーバードの「記号」とも言える「SSS」グレードを出していました。SSS=SuperSportsSed...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ