EOS 5D Mark Ⅳのタグまとめ

EOS 5D Mark Ⅳ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはEOS 5D Mark Ⅳに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「EOS 5D Mark Ⅳ」タグの記事(88)

  1. 緑響く - kzking1963 Digital Photo Diary

    緑響く

    長野県茅野市の蓼科高原にある御射鹿池(みしゃかいけ)。この静寂の空間に心惹かれ、毎年訪れている場所です。日本画家 東山魁夷の「緑響く」のモチーフとなった場所です。この日は生憎小雨がぱらつき、霧も出ている天候でしたが、むしろその方が幻想的で美しい景色をつくりだしてくれていました。(2017/08/16撮影)撮影場所: 蓼科高原 御射鹿池(みしゃかいけ)撮影機材: EOS 5D Mark Ⅳ +...

  2. キバナコスモス2色 - 彩りの軌跡

    キバナコスモス2色

    相変わらず、キバナコスモスが元気だ。ここのキバナコスモスはオレンジ色で一段と存在感がある。一面オレンジ色の中に、一輪だけ黄色の花が咲いていた。どういう訳で、この一輪だけ色違いで咲いているのか不思議である。まるで、「この色が本当なのだ」と説明しているかのようである。(^^ゞ

  3. 雨の合間に - 彩りの軌跡

    雨の合間に

    20日間近い雨の連続に、さすがに青空が恋しい。時折、見せる晴れ間(曇ってはいるが)に庭に出てみる。サザンクロスに蜜を求めて蝶が来ている。「まだ、そこにいてよ〜」と願いながらカメラを取りに戻る。離れたり、来たりを繰り返す内に、私に違和感がなくなったのか、目の前に留まってくれた。雨の合間の撮影会であった。ついでに、直射日光がないので、空の様子を見ながら早めの午後の散歩に出る。いつもの近くの森を抜...

  4. KISEKI - kzking1963 Digital Photo Diary

    KISEKI

    先日スカイツリー方向のPhotoをUPしましたが、今回は永代橋から佃島の高層マンション方向のPhotoです。陽が沈み空色が刻々と変わり行く中で、屋形船も彩り豊かな美しい軌跡を描いてくれます。ムービーはこちら 。被 写 体: 佃島の高層マンションと屋形船の軌跡撮影場所: 永代橋撮影機材: EOS 5D Mark Ⅳ + EF24-105mm F4L IS USM

  5. 8月18日厚木基地 - Photograph diary of motor sports and the fighter

    8月18日厚木基地

    アウトローもこの秋での岩国基地への移駐が正式に発表されましたね。どうやら魔金だったようですが貴重な撮影となりました。

  6. 8月17日厚木基地 - Photograph diary of motor sports and the fighter

    8月17日厚木基地

    NF最後の夏。真夏?のRoute 4 Departure。                        Taronらしい捻り!画像再現像にて再掲載しました。           

  7. 雨の日の心残り - 彩りの軌跡

    雨の日の心残り

    数日前の競馬場の厩舎。雨の日でも変わらず、馬の運動や手入れ、調教がされている。午前中、違うカメラで、飼育員の馬への愛情が手に取るように解るシーンを撮影出来た。ところが、夢中で撮り終えたあとで、メモリーカードが入っていないことに気がついた。千載一遇のようなシーンであったので残念で仕方がない。その悔しさが、雨の中、もう一度、競馬場へ足を向けさせたが、午後になると、馬どころか飼育員の姿も見えない。...

  8. 雨の日 - 彩りの軌跡

    雨の日

    連日の雨。出かけられず、恨めしく空を見上げていたが、我慢できずに、近くの氏神様へ。雨の神社にレンズを向けた。雨に濡れた神社は久しぶりである。

  9. 真夏の夜のキセキ - kzking1963 Digital Photo Diary

    真夏の夜のキセキ

    先日、この永代橋とスカイツリーの素敵な夜景を撮られていたお友達がいて、そのPhotoに触発されて、私も早速撮りに行ってきました。中央大橋から永代橋とスカイツリー、そして屋形船の軌跡も入れて、ちょっと華やかに撮ってみました。(2017/08/13撮影)被 写 体: 永代橋、スカイツリー、屋形船の軌跡撮影場所: 中央大橋撮影機材: EOS 5D Mark Ⅳ + EF24-105mm F4L I...

  10. 妖艶 - kzking1963 Digital Photo Diary

    妖艶

    自宅の鉢植えの蓮華升麻を縦構図でもう1枚。以上蓮華升麻の花特集でした。(2017/08/08撮影)被 写 体: レンゲショウマ(蓮華升麻 False Anemone)撮影場所: 自宅室内撮影機材: EOS 5D Mark Ⅳ + EF100mm F2.8L Macro IS USM

  11. 妖艶 - kzking1963 Digital Photo Diary

    妖艶

    森の緑の中で咲く蓮華升麻は可愛らしい妖精のイメージですが、背景をこんな色合いに変えてみると、妖しく艶かしい魅惑的な姿を見せてくれます。自宅の鉢植えの蓮華升麻です。被 写 体: レンゲショウマ(蓮華升麻 False Anemone)撮影場所: 自宅室内撮影機材: EOS 5D Mark Ⅳ + EF100mm F2.8L Macro IS USM

  12. モンブラン 松ぼっくり - 彩りの軌跡

    モンブラン 松ぼっくり

    森のヒマラヤ杉に、例の松ぼっくりが着き始めた。他の松ぼっくりを楽しみにしたことはないが、ヒマラヤ杉の、このモンブラン・ケーキのような松ぼっくりは好きで、毎年、楽しみにして撮っている。思い返せば、昭和記念公園で初めて知り、地元のヒマラヤ杉にもあるはずと探して見付けたのである。雨上がりの森に、モンブランケーキが並んでいた。下の2枚が、EF50mm F1.2 L

  13. 夏の妖精 - kzking1963 Digital Photo Diary

    夏の妖精

    蓮華升麻は「夏の妖精」とも呼ばれています。まさにそのイメージにぴったりな花だと思います。(2017/08/05撮影)被 写 体: レンゲショウマ(蓮華升麻 False Anemone)撮影場所: 東京都青梅市 御岳山撮影機材: EOS 5D Mark Ⅳ + EF100mm F2.8L Macro IS USM

  14. 気品 - kzking1963 Digital Photo Diary

    気品

    蓮華升麻の花言葉は「伝統美」。和服姿の気品漂う美しい女性のようにも見えてきてしまいます。(2017/08/05撮影)被 写 体: レンゲショウマ(蓮華升麻 False Anemone)撮影場所: 東京都青梅市 御岳山撮影機材: EOS 5D Mark Ⅳ + EF100mm F2.8L Macro IS USM

  15. 花火 - 彩りの軌跡

    花火

    孫達が遊びに来て、夜、花火をする。打上げ花火は住宅街で上げられないので、大人しく庭花火である。いろいろあるが、一番キレイで面白がるのが線香花火のようだ。それと、この短い、あっと言う間に終わる花火を、どう撮れば良いのか?が悩みである。結局、エイ・ヤーで、盲滅法にシャッターを切った、こういう楽しみのある、暑い夏も、また良いものである。

  16. 2017 AUTOBACS SUPER GT Rd.5 FUJI SPEEDWAY FINAL - Photograph diary of motor sports and the fighter

    2017 AUTOBACS SUPER GT Rd.5...

    YOSHIHIDE MUROYA Special Flight @ FUJI SPEEDWAY Supported by LEXUS真夏のGT富士の幕開けは室屋義秀選手によるフライトパフォーマンスから。あまりの楽しさにレッドブルエアレースに行きたくなってしまったほど!肝心のレースの方はLEXUS推しの自分には残念な結果なので内容には触れません(笑)それでも、EOS-5D MarkⅣでの写真に...

  17. 8月5日厚木基地 - Photograph diary of motor sports and the fighter

    8月5日厚木基地

    VMFA(AW)-242 Bats F/A-18D本当なら今日は富士に行く予定でしたが、蝙蝠が飛来しているとのことなので急遽予定変更(笑)久しぶりの厚木基地でのファイターは最高でした!                          お手振りも!!

  18. 昔ながらの古道にに咲く朝顔 - 彩りの軌跡

    昔ながらの古道にに咲く朝顔

    この街に、私が少年の頃から何も変わらず、そのまま残っている小さな道が、たった一本だけある。時々、思い出したように通ってみる。やっと二人が並んで歩けるような細い道である。その道の生け垣に朝顔が咲いていた。なんだか、懐かしい朝顔に見えるから不思議である。

  19. 中雀門 - 彩りの軌跡

    中雀門

    大国魂神社を繰り返し撮っているが、意外に撮っていないのが、この中雀門。随神門を潜ると、次に迎えるのが本殿に一番近くで構える中雀門である。門の両脇から、本殿前を囲むように廻廊になっていて、まさに本殿を守っている門である。なぜか、背景として写っていても、門自体を撮った記憶がない。そんな訳で、初めて門へレンズを向けた。社務所側にも、小さな門があるが、特に名前はない。

  20. 今度は商工祭り - 彩りの軌跡

    今度は商工祭り

    早朝散歩で大国魂神社へ。参道に万国旗が並んでいた。そうだ、明日から商工祭りが始まるので、その準備が始まっているのだ。昔は、地元商店街が一堂に会してくれるので、この機会にいろいろ見たり買ったりしたものだが、今は、ネット販売もあり、デパートや大手ショッピングセンターも出揃っていて、祭りでないと買えないものはない。それでも、なんとなく皆が押し寄せるので、この時ばかりは出展する地元商店も元気いっぱい...

1 - 20 / 総件数:88 件

似ているタグ