EOS 7D Mark Ⅱのタグまとめ (47件)

EOS 7D Mark Ⅱのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはEOS 7D Mark Ⅱに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 彩りの軌跡

待っていたコブシが咲いた。何時の頃からか、この花が好きになった。例によって、この花を見ると千昌夫の「北国の春」が思い出される。それほど好きな歌手ではないのだが、この歌は印象的である。そう、東北勤務の時代に、この歌詞を実感したのかもしれない。薄れた東北の記憶が、この花を見ると断片的に思い出されるのである。「北国の春」白樺(しらかば) 青空 南風(みなみかぜ)こぶし咲く あの丘 北国のああ 北国...

by 彩りの軌跡

愛犬が、ひとり 物思いにふけっていた。「いったい、なにを想っているのだろう?」と推測してみるが一向に見当もつかない。もう少しでも、君の気持ちが解ることができたら良いのになぁ〜。

by 旅プラスの日記

3月12日(日曜日)の水元公園、かわせみの里です。日曜日の午前中は、池を見下ろす橋の上が、ご覧のようにカメラマンで賑わいます。9時25分に到着し、9時56分、最初にオスのカワセミ君が現れました。10時11分、池ではなく、橋の反対側の大場川で1回目のダイブ。三脚を使ってないので、すぐに移動できますが、ここは逆光で暗い場所。連写しました。ピントが合ってないボケボケ画像(笑)三脚はあったほうがいい...

by 旅プラスの日記

前回の日記でファルコナーの4人目までをご紹介しましたが、今日は5人目の方からです。この方はベテランさんでした。白いハヤブサは、彼のコントロール下にあって、アタックを繰り返します。上手な方は姿勢もいいです。ルアーの裁きも上手に決まってます。最後にハヤブサが高く飛んでしまいました。でも戻ってきて、無事着地です。白いハヤブサは恰好いいですね。大変だったのはここからで、6人目の方です。ハヤブサが慣れ...

by 旅プラスの日記

ケニアのマサイマラに到着して4日目(2月16日)のサファリです。この日は、午前も午後もドライバーのヘンリーと2人だけ。午前中は当日書きましたが「ライオンたちの狩り。残念ながら失敗に終わりました」、の通りで、午後は遠くの森まで豹を探しに行こうとタンザニア方面に向かいました。その途中で道を歩いてきたのは、午前中狩りに失敗したママライオンの1頭です。顔が血だらけですが、この近くで狩りに成功した様子...

by 旅プラスの日記

「ファルコナー」という英語が、「鷹匠」を意味することさえ知らなかった自分ですが、鷹や、ハヤブサが空を飛ぶお祭りがあるというので、3月5日の日曜日に、千葉県野田市の関宿町に行ってきました。「ルアーパス」という競技を説明しましょう。ファルコナーのパフォーマンス(ルアーの振り方等)も評価の対象です。ハヤブサのフードを外してから飛び立つまでの時間(反応の良さ)鳥のスキル(スピード、フライトのキレの良...

by 旅プラスの日記

ケニアのマサイマラに到着して3日目(2月15日)のサファリです。ホテルから保護区ゲートまで40分の、ナロックエリア(マサイマラ東地区)に出かけました。朝6時出発で、戻りは12時のロングドライブ、狙いは希少動物の豹です。ナロックエリアの国立保護区ゲート付近には、保護区で働く人たちの住宅があります。ちょうど朝の6時40分、陽が昇る直前です。そして陽が昇りました。車が向かう方向の真正面です。なんで...

by 彩りの軌跡

庭の桜の若木が、どうにか桜らしくなってきた。まだ 70㎝ 位の背丈しか無いが、一人前に、らしい花をつけている。実は、桜と言うだけで、本当の種類は解らないままなのだが、我が家に来た「初桜」である。自宅に桜があるだけで、開花を求めて探し回らずに済む余裕のようなものが生まれるようだ。(^^ゞ

by 彩りの軌跡

久しぶりにギャートルズ(勝手に命名)と再会した。野生化したインコである。このつがいの他にも飛んでいたので、既に、この辺りにコロニーを築いているのかもしれない。例の、ギャーと言う鳴き声は聞けなかったが、無事に冬を越し元気そうなので安心した。無理なレンズで、空へ見上げる角度で撮ったので色も出にくい画となってしまった。次は、もっと絵になる処に留まって欲しいものだ。

by 彩りの軌跡

つぼみが膨らんでいるのに、なかなか咲かず、気を揉んでいた庭の垂れ梅。やっと、開花し始めた。後から来た桜に先を越されたが、遅まきながら追いついた。昨年伸びた枝を、いったん切り落としたので、今年から形を創っていこうと思っている。花も良いが、この蕾がなんとも可愛い。

by 彩りの軌跡

我が家の庭にも、春の花が徐々に咲き始めている。昨年植えた垂れ梅にまん丸な蕾が膨らみ、今にも咲きそうだが、驚いたことに、今年植えた桜の若木の蕾の方が先に開花を始めている。梅を追い越して桜の方が先に咲き始めたのは、嬉しくもあるが、少々困惑気味でもある。「もう少しゆっくり行こうね」と言い聞かせながら見守っているが、東京の開花予報時期より大分早まりそうである。

by 旅プラスの日記

ケニアのマサイマラに到着して2日目(2月14日)のサファリです。朝6時からのサファリは宿泊客4人の相乗り。夕方15時からのサファリは私1人だけでした。朝一番に出会ったのはカバ。カバが地上で草を食べるのは夜だけなので、仲間が待つマラ川に帰宅する途中です。「何かご用??」、とカメラ目線をくれましたが、身体はデカッ!!、目はチッチャ!!次に出会ったのはクロサイの花子。この時は気が付かなかったのです...

椿

by 彩りの軌跡

森の椿の小径。大きな木々の下で陽射しが届かないせいか、年々、花の数が減っているように思える。あんなに、いろんな種類の花が咲いていたのに、今年は花をつけている木が少ない。それでも、ポツリポツリと着いている花が目に入るが、椿は、傷みが早いので綺麗な花を見付けるのも難しい。

13

by Solitude

by 彩りの軌跡

散歩中のお宅の塀際に可愛い花が咲いていた。春先に、よく見る花だなぁ〜と思いながらレンズを向けた。妻に聞いて、さくら草だと思い出す。

by 彩りの軌跡

街の梅が満開を迎えているのに、我が家の垂れ梅がまだ咲かない。昨年植えた若木なので、異常乾燥で枯れてしまったのかと心配をしていたが、可愛い蕾が膨らみ始めた。今日か、明日かと、毎朝、覗きながら心待ちにしている。

by 旅プラスの日記

2月20日は、マサイマラにおけるサファリの最終日。午後に首都ナイロビに戻るので、近場にいる7匹の赤ちゃんライオンを探しに行きました。運よくゲートからすぐ近いところで発見しました。夜のうちにシマウマを仕留めたようで、1頭のママライオンの下に見えます。もう1頭のママライオンは早くも、近くで昼寝をしてました。でかいシマウマなので、大人も、子供も満腹で、満足という表情。お鼻が赤っぽいのは、食事中に血...

by 彩りの軌跡

冬枯れで、壁に伝わるツタの幹が剥き出していた。この季節しか見られない光景である。こうして見ると、実に巧みに壁を伝わっているのが解る。その描き出すアートのような模様が面白く、レンズを向けた。

by 彩りの軌跡

梅が最盛期を迎えつつある。梅園のある公園の駐車場は満杯である。咲き遅れていた木も次々と花をつけ美しさを競い始めた。自分は梅園には行かないが、身近な梅の木をジックリ観察し楽しんでいる。美しい花に出会えると、やはり魅せられてレンズを向ける。

by 彩りの軌跡

日中、だんだん暖かくなると解っていたが、寒いので防寒着を着せて散歩に出た。自分も、厚手のダッフルコートを着ていたが、時間と共に、だんだん暑くてなり汗ばむ。愛犬も暑そうかな?と様子を見たが、一向に涼しい顔をしている。大丈夫そうだな〜と、そのまま歩かせる。それなのに、自分だけ脱ぐのは仁義に反するだろうと、少し汗ばみながらコートを脱がず歩き通した。多少ダイエット効果はあったのかもしれないが、意味の...

似ているタグ