FUJINON XF10-24mmF4 R OISのタグまとめ

FUJINON XF10-24mmF4 R OIS」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはFUJINON XF10-24mmF4 R OISに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「FUJINON XF10-24mmF4 R OIS」タグの記事(35)

  1. すてきな贈り物をいただきました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    すてきな贈り物をいただきました

    2017年7月30日 日曜日 雨のち曇り 今年の誕生日にFご夫妻からいただいた贈り物はとても洒落ていた。ワインを持ち歩くことが多いのをご存じで、すてきな織り柄のワイン袋と、夏の花の朝顔模様のガーゼの手ぬぐい。それも今治タオルのコンテックスの製品だった。 フランスやイタリアのタオルも使い心地も模様も好きだが、もうだいぶ前から今治のタオルを愛用している。上質のコットンで丁寧に作られた国産品のタオ...

  2. 自家製の桃をいただきました。ありがとうございました。 - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    自家製の桃をいただきました。ありがとうございました。

    2017年7月22日 土曜日 曇りのち晴れ 一階と七階の工事も週末でお休みなので、久しぶりに寝坊を決め込んだ。なんだか玄関のあたりで人の気配がして眼が覚めた。“ただいま〜〜〜”ひゃ〜〜〜! やっぱり帰ってきた!カテーテル手術が施工されなかったうでに鼻に変な後遺症だったが、土曜日曜を何もせずに入院をしている必要はないのでは、と先生に交渉して退院してしまったのだという。もっともなことを思うので、...

  3. シャトー・ドゥ・ピゼイのワインが着きました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    シャトー・ドゥ・ピゼイのワインが着きました

    2017年6月24日 土曜日 晴れ シャトー・ドゥ・ピゼイのワインが着いた。ボージョレブランとロゼとモルゴンの三種類だけ。今月初めに十年ぶりに日本に入れるという案がでて、従来のお客様や友人数十人方のご意見をうかがって、急遽エアーで日本に入れることにしたのだ。飛行機でいれるとワインの何倍もの航空運賃がかかるから実費だけでお出しすることにした。本来なら私が現地にいって、他のアイテムも試飲をして一...

  4. 小林麻央さんが亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。 - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    小林麻央さんが亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

    2017年6月22日 木曜日 曇りのち晴れ 陽の光がようやく傾いた頃に久しぶりに日比谷界隈へでかけた。すっかり変わってしまって、昔の面影はどこにもなかった。日比谷映画も昔の三井ビルも宝塚もなく、私はまったくお上りさん。時代の変遷をピント受け止められない私のビックリ。足下の道路も平面のはずが平らではなく、よろよろとしてしまうのは私の歳のせいかしら? (都会のジャングルの感じ、、、、)  昨日は...

  5. お陰様で元気になって一時退院できました。 - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    お陰様で元気になって一時退院できました。

    2017年6月17日 土曜日 晴れ 皆さん、ほんとうにご心配をおかけしました。お陰様で元気に一時退院できました。ありがとうございました。 十一時過ぎに退院手続きときいていたので、家を出ようとしたら、ピンポン〜〜〜。 なんと連れ合いが一人で帰ってきてしまいました。 朝一番にさっさと退院手続きを終えてタクシーでご帰宅とのこと。まったく驚き桃の木、、、!いままでよりも沢山のお薬をいただいての上のこ...

  6. 病院通いも少し慣れたかもしれない。 - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    病院通いも少し慣れたかもしれない。

    2017年6月16日 金曜日 晴れ後くもり 病院通いも少し慣れたかもしれない。十八階からの新宿の街も青空も今日もなにごともなかったかのように変わっていない。こんなふうに一歩一歩最後の日に近づいていくのだろう、、、とふと思ったりする。 今回はあえて個室ではなく相部屋になったのは、病院の配慮なのかもしれない。同部屋の方々はそれぞれ循環器関係で入っている方ばかりで、それぞれの症状が少し違いっている...

  7. 真っ白な山梔子が香りたった日に麗人が彼岸に旅立ちました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    真っ白な山梔子が香りたった日に麗人が彼岸に旅立ちました

    2017年6月15日 木曜日 晴れ 梔子の花 梅雨の晴れ間といわれるほど、まだ雨が多くない今年の梅雨。それでも季節は正直で土手の道には真っ白な梔子の花が咲き始めた。十数年前にこのブログを始めたきっかけもこの花の写真を載せたかったからかも知れないと、その頃のことを思い出していた。 野際陽子さんが亡くなられたというニュースに手をあわせた。享年八十一歳。「やすらぎの郷」で最近お元気そうなお姿をみた...

  8. 病院通いのあとは、一人でリヨン風サラダと赤ワイン - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    病院通いのあとは、一人でリヨン風サラダと赤ワイン

    2017年6月14日 水曜日 曇りのち晴れ 雨の翌日は路肩の雑草が元気になる。信号を渡る前にみつけた小さなねこじゃらし。都心のいっかくの足下の嬉しい小さな命に “こんにちは” 病院通いも一週間になってだいぶ慣れてきた。日に日に良くなっているようで、眼にも力がでてきたし、声にも張りがもどってきた。夕方には、栄養士さんがいらしてくださり、今後の食事の指導などをいっしょにきいて私も病院の人かしら?...

  9. 緊急救急センターへ運ばれての騒ぎとなりました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    緊急救急センターへ運ばれての騒ぎとなりました

    2017年6月6日 火曜日 晴れ クリニックとドコモへ そして緊急救急センターへ (遡って記録しておきたいので、、、) 人生ってなんとドラマティックなのでしょう! 出発まであと三日。まだ何も支度をしていない。マストなものはカメラとレンズとSDカードと、あとはマックと薬。カクテルレセプション用の少しおしゃれなパンツとジャケットを一組もてば、あとは黒の白のパンツとブラウスとジャケットと靴と帽子か...

  10. 五月も最後になってしまった。山下洋輔さんと久しぶりに - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    五月も最後になってしまった。山下洋輔さんと久しぶりに

    2017年5月31日 水曜日 晴れ Nの会 五月も最後になってしまった。男性だけの会のお手伝いも三十数年になるだろうか。数年前から事務局は若い世代に受け継がれたが、ワインとお料理のマリアージュは担当させていただいて嬉しい。 今夜は四十人以上の出席があり、連れ合いの同級の山下洋輔さんが久しぶりにおいでになった。随分昔によく食事会にご一緒させていただいたり、ある音楽会のコーディネートもさせていた...

  11. メジロ君が陣中見舞いに来てくれました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    メジロ君が陣中見舞いに来てくれました

    [2017年5月30日 火曜日 晴れ   予定が変わり、会のペーパーを作らねばならなくなった。器用貧乏でイラストレーターもこなすので、こういう時は常におはちが回ってくる。 先方のオフィスでは勝手が違うので、自宅のPowerBookに夕方まで首っ引きで二つを仕上げた。 時おり目を上げて借景の緑を見るのがただ一つの慰めに時間。あれ〜〜〜べらんだの鳥がやってきたみたい、、、ソファー脇のカメラで、ノ...

  12. 時がその行く末を決めてくれるのだろうか - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    時がその行く末を決めてくれるのだろうか

    2017年5月29日 月曜日 晴れ 何かが回り始めた。すごい勢いで回り始めた。頭もくるくると回り始めた。こんな時は眠っていても、<そのこと>を脳のどこかで考えているのだろうか? 早くに眼が覚めてリビングに移って、今度はソファーにすわったままでじっと考えている自分を、もう一人の自分が見つめている。その人はじっと借景の庭の緑とその遠くの青い空と白い雲とながめて、大きな三本の木の間を飛び回る鳥の声...

  13. 松川玉堂先生の二十七回目のお習字でした - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    松川玉堂先生の二十七回目のお習字でした

    2017年5月25日 木曜日 曇り後雨 お習字の日 松川玉堂先生の二十七回目のお習字でした一時のお話しのあとは、まず楷書で、岑參の<慈恩寺の浮圖に登る>から四角 白日を 礙(ささ)へ,  七層 蒼穹(さうきゅう)を摩す。    下窺して 高鳥を指し,      俯聽して 驚風を聞く。松川先生がお手本をかいてくださる。(先生は衣更えをなさっていらっしゃる!)今日は動画を撮ってみました。あとで載...

  14. 朝一で与謝野馨氏逝去のニュース、私は病院の日でした。 - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    朝一で与謝野馨氏逝去のニュース、私は病院の日でした。

    2017年5月24日 水曜日 晴れ 病院 朝一で与謝野馨氏の逝去のニュース。享年七十八歳。官房長官・財務相など歴任した素晴らしい政治家だった。1938年生まれ。歌人の与謝野鉄幹と晶子の孫。麻布高校、東京大学法学部を卒業後、会社員や元首相の中曽根康弘氏の秘書などを経て、1976年の衆院選で自民党から出馬し初当選。文相や通商産業相などを歴任し、政界きっての政策通として知られていた。2009年の麻...

  15. 東京は真夏日となりました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    東京は真夏日となりました

    2017年5月21日 日曜日 曇り後晴れ 真夏日の東京。母はこんな日に茶庭の手入れをしているようで、やめてもらうように弟に頼んだら、すぐに飛んで行ってくれて夕方は一緒に回転寿司にいったよう。よかった〜〜〜! オカダシェフのヴァレットはまもなく三年がたって、内装を一新した。開店のころにさしあげた、私のフランスの写真は、入り口に右に移してくださって、なんだか面映ゆい。 若いグループのお客様が多く...

  16. ジャイアントパンダ、シンシンがご懐妊?の夜は泉州のみずなすで白ワイン - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    ジャイアントパンダ、シンシンがご懐妊?の夜は泉州のみず...

    2017年5月19日 金曜日 曇り後晴れ 上野動物園のジャイアントパンダ、シンシンがご懐妊?のよう。数日前から食欲がおちて、妊娠の兆候が見られるようになったのですって。そんな日に友人は偶然仕事で上野動物園にいたようで、パンダの写真を送ってくれました。ありがとう〜〜〜^!  Webで頼んでおいたお野菜などが手違いがあって届かなかった。冷蔵庫のなかも何もないし、さて、さて、、、。歩きかワンコイン...

  17. 夕陽を浴びてとぼとぼと歩きました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    夕陽を浴びてとぼとぼと歩きました

    2017年5月18日 木曜日 晴れ 三時前に一天にわかにかき曇り、、、、突然音をたてて雨が降り始めた。ほんの一時間ほどでからっとあがり、また陽が照ってきた。 三週間の格闘はなんだったのか。人間不信に陥ってしまっているが、いずれにしても一段落したらシャンプーで癒されたくなってT美容院へ。最新のファッションの話をしたりしての一時。きれいになって日没時の大通りを渡っての数分はなんだかとっても幸せ。...

  18. 小瀧さんのGallery Bauhaus で稲垣徳文写真展 「HOMMAGE アジェ再訪」を観る - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    小瀧さんのGallery Bauhaus で稲垣徳文写...

    2017年5月17日 水曜日 曇り 曇りの夕方にお茶の水で友人と合流。いつもは約束の時間に遅れたことがない彼が、なんと半時も遅刻。乗換駅で寝過ごしてしまったとのことで、お互いに歳をとったものですね〜〜〜。改札をでて聖橋にまがるガードレースに寄りかかってずっと待っている間にいろいろをおもいだして、おもわずバックツーなんとやらの半時。学生の頃に通った予備校やフランス語の学校のアテネフランセのこと...

  19. ネズミの歯形のついたうどんの玉を買ってしまいました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    ネズミの歯形のついたうどんの玉を買ってしまいました

    2017年5月9日 火曜日 曇り ネズミ騒動 ちょっとした<事件>があった。Tさんからの乾麺特製の稲庭うどんがきれてしまったので、最近はお昼などにシマダやの一分半で簡単にゆだるパックをに重宝していた。 昨日買ってきてくれたパックに鋏を入れようとして、あれ〜〜?角のなかほどに五百円玉くらいの穴があいている。切れたのかしら?そこから鋏を入れはじめて驚いた。“キャア〜〜〜! おもわず声が出た。中の...

  20. ようやく写真の整理とブログの更新ができました - 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく

    ようやく写真の整理とブログの更新ができました

    2017年5月13日 土曜日 雨 雨の土曜日は静かだった。借景の緑にはほんとうにいやされる。ときどき鳥たちが右から左へ、左から右へと遊んでいる。瘤だけとなっていた梧桐の木に日に日に緑の葉が多くなってくる。時の季節のうつろいって本当に不思議だ。(朝のベランだ雨に濡れて、、、、)  仕事のことは今日は忘れようと決めて、ずっとこの一週間の写真の整理とウェブ日記を書いていた。いくつものことがあって、...

1 - 20 / 総件数:35 件

似ているタグ