Katoのタグまとめ

Kato」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはKatoに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Kato」タグの記事(53)

  1. HC KATO EF10-24関門タイプの入廠初期整備 - 新湘南電鐵 横濱工廠2

    HC KATO EF10-24関門タイプの入廠初期整備

    昨日入廠したHC KATOEF10-24関門タイプ(ステンレス)の入廠初期整備です。特に目新しいことは何もありませんで、従来の当廠仕様と同じです。昨日の画像ですが、ナンバープレートは当然ながら24号機を取り付けました。カプラー突き出し量の短縮を行ないます。この赤丸印のピンがカプラー支点ピンですが、この位置だとナックルが突出し過ぎます。で、ニッパーとデザインナイフでピンを削除してしまいます。こ...

  2. HC KATO EF10-24 & ナハ11 入廠 - 新湘南電鐵 横濱工廠2

    HC KATO EF10-24 & ナハ11 入廠

    本日の入廠品です。HC KATOのEF10-24関門タイプ(ステンレス)と特急かもめ中期編成3輌増結セット。かもめが欲しかったわけではなく、茶色のナハ11が欲しかったのです。なので基本セットは購入しません。2014年に旧BLOGでお見せした旧湘南電鐵(16.5mmゲージ)のナハ11/ナハフ11(茶)、このNゲージ版がやっと入手できました。これで旧・湘南電鐵の全ての車輌がNゲージで揃いました。...

  3. EF10入廠前夜祭 歓迎会と入廠整備の準備 - 新湘南電鐵 横濱工廠2

    EF10入廠前夜祭 歓迎会と入廠整備の準備

    ※右の銀色の機関車はKATOのEF10ではありません。マイクロ製です(^^)。ホビーセンターKATO製のEF10ステンレス、巷の各Blog様では既にレビューがUPされておりますが、当廠への入廠は明日になります。そこで本日は歓迎会の準備&前夜祭です。まずは在籍のEF10を3輌、左からKATO EF10三次形、マイクロエースのEF10-24豊橋区(茶)、同じくマイクロエースのEF10-24ステン...

  4. KATO C62 2 2017年再販 - 燕雀鉄道白津機関区活動日誌

    KATO C62 2 2017年再販

    3号機に遅れること数週間。2号機も無事に発売されました。 2号機といえばスワローマーク。気持ち尻尾が太いですがスケールを考えれば全く問題ないかと。配管周りも3号機等とは違います。配管止めは省略。ハンドレールはプラの一体成型に変更されています。テンダー。ATS端子は例によって簡易型。火室上部。相変わらずすごい密度です。うちの北海道C62組たちと。こうして並べるとナンバーの位置なども違うのがよく...

  5. 鉄分補給 - 新湘南電鐵 横濱工廠2

    鉄分補給

    たまには鉄分を補給しないと体調が悪くなりますので、再び卓上エンドレスで走行を・・・(^^)C11~C56~C12の3重連で旧客11輌を牽引しました。C11単機でも。前側カプラーはGMのナックルなのでKATOのナックルと連結できます。C11のバック運転。当廠のヌシD51、前回は前照灯が点灯していませんでしたが、銅箔テープで簡単に配線しました。TOMIXのED62です。これが旧客を牽くことはなか...

  6. [鉄道模型]「E26系 カシオペア」をメイクアップする(序) - 新・日々の雑感

    [鉄道模型]「E26系 カシオペア」をメイクアップする(序)

     去年の夏くらいに「トワイライトエクスプレス」(KATO製)にデコレーションシールを貼った。(亀の歩みのように遅い)作業のようすをここで紹介したが、その後購入したE26系「カシオペア」にも、同じようにシールを貼ってメイクアップすることにした。 トワイライトのときはエヌ小屋製のシートを使ったが、切り取ったパーツを貼り付けるのに両面テープで行わなければならず、作業していてとても面倒くさかった。他...

  7. KATO C62 3再販 - 燕雀鉄道白津機関区活動日誌

    KATO C62 3再販

    2号機は延期しましたが3号機は予定の5月ではないですが再販されたので。KATOC62 3号機です。 C62 3号機はいわゆるゴールデンコンビの1台ですね。再販はD51 498の時と同じように収納方式がやや簡易的なものに変更されました。初版との違いは模型自体にも少しだけ。ハンドレールが以前は金属線でしたが最近のプラの一体成型品になってました。見てのとおり空気作用管の配管止めは省略されたままです...

  8. KATO阪急6300系 旧社紋 入線&軽加工 - 燕雀鉄道白津機関区活動日誌

    KATO阪急6300系 旧社紋 入線&軽加工

    ジャンクで入手しましたKATOの阪急6300系旧社紋です。 パンタ破損で車体は綺麗とありましたがまあアンテナやダミーカプラーが6450だけないわカプラーが二つ折れてるわ予想以上にひどかったですが京とれいんからアンテナ・ダミーカプラーは移し(京とれいんは余ってた謎のものを使用)カプラーも何とかしてみました。近年のロットのものなので1ケースにしまわれてます。カプラーもKATOカプラーです。車体の...

  9. KATOの京トレインをちょこっといじりはじめる - 燕雀鉄道白津機関区活動日誌

    KATOの京トレインをちょこっといじりはじめる

    以前KATO京都店で購入した京とれいん6354号車D51などの製作が訳あって進められないのでなんとなくいじりはじめることにしました。 まずは分解。標識灯・テールライトの部分は別パーツなんですよね。こうしてみるとライトケースがかなり巨大なので交換したいですがこの部分が床下と車体をとめる爪にもなっているのでガバガバになってしまいます……。ライトユニットは見てのとおり麦球。これも何とか交換したいも...

  10. KATOラウンドハウス 205系鶴見線 - 燕雀鉄道白津機関区活動日誌

    KATOラウンドハウス 205系鶴見線

    205系鶴見線にライトが付きました。というのは冗談です。これはラウンドハウスから出ていたほうのものです。 ヘッド・テールライトや方向幕が点灯することが長所です。ただし他の路線の205系先頭車改造車肩を使っている『タイプモデル』になります。先日の鉄コレと。左が鉄コレ、右がKATO帯の色合いが結構違いますね。あと鉄コレはスカートが未塗装なのが少し残念。まずはクハから。奥が鉄コレ、手前がKATO。...

  11. KATO DD16 Njゲージ - 燕雀鉄道白津機関区活動日誌

    KATO DD16 Njゲージ

    先日購入したDD16.実はNjゲージ改造するために購入したのです。DD16の記事を書いた時点で本当は改軌そのものはできてましたが今日調整をして少しまともになったので記事にしました。 きっかけはビバンさんを訪れた時に見たDD16.蒸気機関車を改軌する技量は有りませんがこれならできるかもしれない、というのとそもそもこうしたこじんまりとしたものが好きだから、ということで事前にレクチャーしていただい...

  12. KATO DD16 - 燕雀鉄道白津機関区活動日誌

    KATO DD16

    ここのところ蒸気機関車コレクションばかりでしたが今日は普通の模型です。先日入手したKATOのDD16です。 DD16は小型のディーゼル機関車でC12やC56を置き換えました。しかしやがてローカル線での貨物輸送がなくなり、入れ替え機としてもDE10などが十分にあったため大半がお役御免となりました。現在は11号機のみが車籍有。とはいえ車籍なしの入れ替え機などとして何両か残っているらしいです。そう...

  13. KATO 24系25型「はやぶさ」 - Sirokamo-Industry

    KATO 24系25型「はやぶさ」

    先月末発売になったKATOの24系「はやぶさ」。この当時の編成に何度か乗ったことがあって思い入れもあり、メーカー発表時に「こりゃ買いだ!」と勢いづいたものの欲しい欲しいと思っているうちに予約完売続出・・・時すでに遅く、在庫があるお店は大抵定価で、いささか懐に優しくありません。で、探すこと数日・・・ようやく懐に優しい価格設定のお店を見つけ、ポチることができました。今回完全に出遅れたワタシの責任...

  14. ラウンドハウス185系の低速化トライ - 新湘南電鐵 横濱工廠2

    ラウンドハウス185系の低速化トライ

    H鉄道様の超低速車マイクロゆふ森と超高速車ラウンド185系、車体を傷つけないようにボディを外してケースに収納しました。ここから動力ユニットを弄っていきます。左ゆふ森、右185系ですが、本日は185系から。比較のために当廠在籍のKATOとマイクロの電車(動力車)を引っぱり出しました。 まず、当廠の車輌とスピード較べをします。この状態で左方向へヨーイドン。最初の相手は115系800番台。あっとい...

  15. KATO C11をもうちょっとだけ弄る その2 炭庫の補重限界? - 新湘南電鐵 横濱工廠2

    KATO C11をもうちょっとだけ弄る その2 炭庫の...

    KATO C11のキャブを外すと後部の炭庫の中が大きな空間になっていることに気が付きます。ここに重りを積み込んだら牽引力が増大するのでは、と思われますが、簡単に積めるならKATOがやっているはずです。ただ、KATOはメーカーなので、製品としての安定性を重視してそれほど極限状態にはしていないと思われます。ではその補重限界はどの辺なんでしょう?ということで、先輪、従輪、炭庫を外してテストをします...

  16. KATO C11をもうちょっとだけ弄る - 新湘南電鐵 横濱工廠2

    KATO C11をもうちょっとだけ弄る

    一応、整備が終わったKATO C11ですが、皆さんがいろいろ楽しそうに弄っておられるので、もうちょっと弄ってみました。と言っても何をしたってわけでもないのですが(^^) 機関士人形の塗装の出来があまり良くなかったので、乗せかえることにしました。キャブを外したついでに水タンク、煙室扉&デフレクター、ボイラーまで外してみました。このウェイトは亜鉛系ダイカストだと思いますが、鉛に交換すればほんのわ...

  17. 謎のD51加工開始 - 燕雀鉄道白津機関区活動日誌

    謎のD51加工開始

    KATOのD51標準形(1/150リニューアル版)のジャンクを入手しました。動力は問題なかったのでさっそくバラバラにしてある車両にしようとたくらんでいます。まず配管を削っていきます。ついでにドームと煙突もカットです。 ……ドームと煙突両方カット、でだいたいお察しかもしれませんね。どん、と。やえもん製の煙突とドームを乗っけました。サイズはちょうどいい感じです。……もうこの時点でかなり絞られます...

  18. KATO C11 クロスヘッド・コンピネーションリンク塗装 - 新湘南電鐵 横濱工廠2

    KATO C11 クロスヘッド・コンピネーションリンク塗装

    昨日悪天のためやり残した作業、KATO C11のクロスヘッドやコンビネーションリンクの軟質プラ部品の塗装を行ないました。 塗装前です。ロッド類が金属なのにクロスヘッドやコンビネーションリンクが軟質プラのため、色と質感の違いが目立ちます。ディテールがここまで細密になったのに、ここがプラのままなのは残念なところ。スーパーチタンで塗装しました。塗装後です。塗った直後はやや赤っぽい色ですが、時間が経...

  19. KATO C11入廠 - 新湘南電鐵 横濱工廠2

    KATO C11入廠

    もう巷ではあちこちのBlog様ででレビューがUPされておりますが、当廠にもKATO C11が入廠しました。 さすがシャープな造形です。C56でちょっと残念だった前照灯もシールドビームでなく一般形になっています。後ろ姿もなかなかですね。とりあえず走行試験です。バック運転も問題なし。走行音も大丈夫です。R177を通過できました。以前、C56でバック運転した時にスライダーとクランクピンが干渉してカ...

  20. KATO 京とれいん 6354号車 - 燕雀鉄道白津機関区活動日誌

    KATO 京とれいん 6354号車

    KATO京都店に行った際、こんなお土産も買っていました。京とれいんの1号車、6354です。 もともとKATOは阪急6300系を昔キットとして発売。のちに通常の製品として何度か再版されました。そして京とれいんタイプも発売され、再販もされていますね。KATO京都店でお土産向けにか先頭車単品発売されていたので買いました。編成で買うつもりはなかったのでちょうどよかったです。やはり京とれいんということ...

1 - 20 / 総件数:53 件

似ているタグ