LUMIX DMC-G7のタグまとめ

LUMIX DMC-G7」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはLUMIX DMC-G7に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「LUMIX DMC-G7」タグの記事(36)

  1. ナツアカネ - Bravo! Birds

    ナツアカネ

    薄暗いところにひっそりと佇んでいました。あまりにも暑かったので涼し気な場所に避難していたのカモ?♀の未成熟個体ではないかと思われますが、きっと今頃はお腹がもっと赤くなっていることでしょうね(^^)ナツアカネ(夏茜) Summer Darter / Sympetrum darwinianum (Selys, 1883)2017年7月下旬撮影

  2. コミスジ - Bravo! Birds

    コミスジ

    去年はチラチラっと遠目で見送るばかりのコミスジでしたが、今年は結構見ることができました。コンデジを持って真面目に蝶を撮影するようになったのが去年の10月頃からでしたのできっとその時は終盤だったのでしょうね。こちらは上とは別個体のコミスジです。来年はホシミスジとかオオミスジなども見ることができたら良いな~♪コミスジ(小三條) Neptis sappho (Pallas, 1771)2017年...

  3. マユタテアカネ - Bravo! Birds

    マユタテアカネ

    今年7月上旬に撮影した、未成熟の♂と思われる個体です。暗い場所にいたので、ISOを800に設定したまま撮影してしまいちょっとノイジーです。7月下旬に撮影した、上とは別個体です。眉状斑がくっきり写っています。それを眉を立てたように見える様子からこの名前が付いたそうですが、私には人が豚の鳴きマネをする時に鼻を指で持ち上げるアレにしか見えません(笑)こちらは今月中旬に撮影した♂の個体です。腹部がも...

  4. クロヒカゲ - Bravo! Birds

    クロヒカゲ

    こちらは♂でしょうか?非常~に薄暗い場所にいたので、内蔵ストロボを使用しての撮影です。…ええと、犬か猫の糞と思われる物体に3~4頭程群がっていたのですが、アップしても良いのかどうか判断に迷ったのでその画像は割愛しました(笑)クロヒカゲ(黒日陰) The Diana Treebrown / Lethe diana (Butler, 1866)2017年7月下旬撮影

  5. モノサシトンボ - Bravo! Birds

    モノサシトンボ

    前回モノサシトンボを撮影した場所は、知り合った方から教えていただいて行った所です。今回はもっと身近な場所でこのモノサシトンボを見つけることができました(^^)¥よくよく調べてみたら、結構普通種的なトンボなのですね。昔、実家近くで見たことあったっけ…?この個体は♂ですが、腹部の第9節が一部黒っぽいですね。これからだんだんと全部水色になるのでしょうか?ちなみに腹部の数え方はこうなるそうです。トン...

  6. ジャノメチョウ - Bravo! Birds

    ジャノメチョウ

    実はこのチョウの存在を子供の時以来すっかり忘れておりまして、久しぶりに見た時驚いてしまいました。「何だろう、この大きめでこげ茶色なチョウは…ガ?」と(ヲイ!)。意外と警戒心が強いので、なかなか近寄らせてもらえませんでした。やっと近づけたと思ったら、すぐ向きを変えるし、強風で構図とかあまり考えられずに撮影したのがこの一枚です。もっと引いた構図で撮りたかったのですが…トホホ。ジャノメチョウ(蛇目...

  7. イヌタヌキモの花 - Bravo! Birds

    イヌタヌキモの花

    ここを管理されている方が丁寧に説明して下さいました。ちょうど花が咲いているとのことで、写真を撮らせていただきました。可愛らしい名前ですね。花も可愛らしいです。イヌタヌキモ Utricularia australis 2017年7月中旬撮影

  8. ミヤマアカネ - Bravo! Birds

    ミヤマアカネ

    未成熟の♂ではないかと思われる個体です。正面から撮影。何故か近づいても全然逃げようとしませんでした。寝てたりして。ミヤマアカネ(深山茜)  Sympetrum pedemontanum elatum2017年7月中旬撮影

  9. ゴマダラチョウ - Bravo! Birds

    ゴマダラチョウ

    樹液に集まっていました。スズメバチに注意しながらの撮影ですので、暗い上ピントが甘めですが、記念写真ということで。ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶) Hestina persimilis japonica (C. & R. Felder, 1862)2017年7月中旬撮影

  10. アオモンイトトンボ - Bravo! Birds

    アオモンイトトンボ

    ♀と思われる未成熟個体です。鮮やかなオレンジ色をしていますね♪この場所にはたくさんのアオモンイトトンボがいました。アジアイトトンボは見かけませんでした。う~ん、残念。交尾しているペアも何組か見かけました。♂同士の交尾ではありませんよ。♂型の♀との交尾です(^^)結構紛らわしい~。アオモンイトトンボ(青紋糸蜻蛉) Ischnura senegalensis (Rambur, 1842)2017...

  11. キマワリ - Bravo! Birds

    キマワリ

    甲虫目ゴミムシダマシ科の昆虫だそうです。ゴミムシダマシって、ちょっと舌を噛みそうです(笑)一瞬、” G ”?と勘違いしてしまいそうです。目の前をササッと横切ろうとしていましたので、撮らせてもらいました。ポケットモンスターにも同名のポケモンがいますね(^^)キマワリ(木廻) Plesiophthalmus nigrocyaneus (Motshulsky, 1857)2017年6月下旬撮影※...

  12. エビイロカメムシ - Bravo! Birds

    エビイロカメムシ

    ミラーレス一眼では、チョウを中心に撮影しようと思っているのですが、何故かチョウが撮影できておりません。お散歩に行く先々で草を刈られているからでしょうか?ヤマトシジミなど最普通種を撮ろうとしても、よく逃げられてしまいます。ですので最近トンボの掲載が多いです。他の昆虫類も撮影していますが、名前が分からずお蔵入りになっていることが多いです。このままではアカンということで、そのうちお財布と相談しなが...

  13. ヤマサナエ? - Bravo! Birds

    ヤマサナエ?

    ヤマサナエの♂だと思うんです、多分…。似たような種にキイロサナエというトンボがいるそうですが、撮影した場所ではどうやらいないようです。尾っぽの部分(尾部付属器)を拡大して撮影しようとしたら飛ばれてしまいました(T_T)もし違っていましたら、エキサイトメールにてこっそり教えていただけると幸いです。胸部の黒条が一部途切れているのは、個体差なのでしょうか?ヤマサナエ?(山早苗?) Asiagomp...

  14. ハラビロトンボ - Bravo! Birds

    ハラビロトンボ

    イトトンボではないけれど、小さいトンボがいるなぁ…と思ったらこのトンボでした。正直、コフキトンボとの区別がまだついていません(^^;)こちらは♀でいいのかな?♀や未成熟♂のお腹の模様はちょっと毒々しい印象があります(褒めています)。どことなくイモムシを彷彿とさせる感じです。ハラビロトンボ(腹広蜻蛉) Lyriothemis pachygastra (Selys, 1878)2017年6月下旬撮影

  15. キイトトンボ - Bravo! Birds

    キイトトンボ

    キイトトンボってボディがまんま黄色なので結構目立ちますよね…?そう、目立ちすぎます(笑)最初このイトトンボを見た時の感想が、「うぉっ、なんじゃこのトンボは~(@0@)!!」でした。アオモンイトトンボやクロイトトンボよりももっと全体的に大きくて太い印象で撮影する時、始めはよく身体全体が入りきらなくて失敗していました。2枚とも♂で、それぞれ別個体です。メスもいましたが、上手に撮れませんでした(&...

  16. クロイトトンボ - Bravo! Birds

    クロイトトンボ

    クロイトトンボがたくさん飛んでいました。水面が撮影場所より下にあるので、どうしても俯瞰的な構図になってしまいます。真横から撮影してみたい~!!交尾・産卵しているペアも見かけました。ハート型のように交尾しているペアもいましたが、遠すぎて証拠写真レベルしか撮影できませんでした。クロイトトンボ(黒糸蜻蛉) Paracercion calamorum (Ris, 1916)2017年6月中旬撮影

  17. ルリタテハ - Bravo! Birds

    ルリタテハ

    今季何度も見ているのですが、証拠写真程度にしか撮影できず、ようやくバッチリ写真に収めることができました。この個体は翅が若干傷んでいますが、あまりそのようなことは気にしないで撮影してしまいます。とにかく色々な個体を撮らせて下さーい!みたいな勢いで。撮影時既に夕方で、占有行動(♂が縄張りを持ち他の♂が侵入してくると追い払おうとする行動)を取っていました。翅を広げる→ピタッと翅を閉じる→小刻みにプ...

  18. オオシオカラトンボ - Bravo! Birds

    オオシオカラトンボ

    これはまごうことなき♂ですね(ドヤァ)春くらいはシオカラトンボとオオシオカラトンボとシオヤトンボの区別もつかなくなっている状態でしたが、少しずつ分かってきたような気がしますε-(´∀`*)ホッオオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉) Orthetrum triangulare melania (Selys, 1883)2017年6月中旬撮影

  19. オオアオイトトンボ - Bravo! Birds

    オオアオイトトンボ

    モノサシトンボを撮影したお散歩コースで、かな~り暗い別のポイントにいました。薄暗い場所がお好みで、成熟すると水辺に戻るのですか…フムフム。こちらは♂。夢中で観察していたら、蚊にたくさん刺される羽目に…ギャ~ッ!!!こちらは♀ですね。オオアオイトトンボ(大青糸蜻蛉) Lestres temporalis (Selys, 1883)2017年6月中旬撮影

  20. モノサシトンボ - Bravo! Birds

    モノサシトンボ

    お腹の模様がちょうど物差しの区切りのように見えることから、この名前が付けられたそうですね。こういうネーミングセンス、私は大好きです。「ジョウギトンボ」とならないところがミソなのかもしれません。学校や職場に皆様もおひとついかがでしょうか?線を引くのに便利ですよ(違)…冗談はさておき、本当にモノサシトンボをイメージした定規を販売したら、昆虫好きの方々に売れるかもしれませんね(笑)1枚目と2枚目は...

1 - 20 / 総件数:36 件

似ているタグ