LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.のタグまとめ

LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはLUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.」タグの記事(34)

  1. 赤錆が跳梁跋扈するローカル線 - Soul Eyes

    赤錆が跳梁跋扈するローカル線

    三日連続で「赤」シリーズです・・・と言っても、今日は赤錆ですけどね。^^;GWに訪問した静岡県の大井川鐡道、とても素敵な赤錆がいっぱいあるローカル線でした。やはり「鉄」ですから、赤錆はつきものなのでしょうね♪「撮り鉄」や「乗り鉄」など鉄ちゃんにもバリエーションがありますが、私の場合はさしずめ「サビテツ」でしょうか、ねえ♪静岡県 大井川鐡道にてLUMIX DMC-GX8LUMIX G VARI...

  2. 赤い空を見つめるシロツメクサ - Soul Eyes

    赤い空を見つめるシロツメクサ

    今週の火曜日の日没です。西の空が美しい茜色に染まっていたので、隣の公園に写真を撮りに行きました。さてこの写真、手前に何やら白っぽいものが写っていますが、お分かりになりますでしょうか。はい、シロツメクサちゃんたちなんでありました。普通じゃ見られない茜色の空に、シロツメクサちゃんたちも口を開けて見上げておりました。あ、そこ、どこがシロツメクサの口なんだ、なんて無粋なことは聞かない。ええね。^^;...

  3. 爽緑の廃隧道 - Soul Eyes

    爽緑の廃隧道

    GWの最終日5月7日の日曜日に、相方と友人のみやびん夫妻と一緒に「愛岐トンネル群」を訪問してきました。このトンネル群、1号から14号まであり、かつては国鉄中央(西)線が通っていたトンネルでした。1900(明治33)年、国鉄中央(西)線は名古屋~多治見間が開通し、その際に作られたのがこれらのトンネルです。しかしこの路線は単線だったために、戦後の高速・大量輸送時代に対応できなくなりました。複線電...

  4. SL三昧の子供の日 - Soul Eyes

    SL三昧の子供の日

    新金谷駅を出発する蒸気機関車C11 227・・・はい、5月5日の子供の日に、友人たちと大井川鐡道を撮りに行ってきました。静かでスムースな電車と違って、情機関車はすべてがドラマチックですね。音も、見た目も、迫力満点なんであります♪大井川鐵道大井川本線を下っていき、福用駅を過ぎたあたりで格好の撮影ポイントを発見。ここでしばし、SLがやってくるのを待ちます。お~、C56 44がやってきました♪C5...

  5. 振り返れば新緑 - Soul Eyes

    振り返れば新緑

    今年の春は、なかなかソメイヨシノが開花せず、気を揉みました。特に3月下旬から4月上旬にかけて、例年に比べて気温がちょっと低めな毎日が続きましたもんね。でも、4月下旬になり、かなり暖かさを実感できるようになってきました。先日も名古屋の大津通を歩いていて、振り向くとそこには新緑・・・^^ちょっと前までは、大津通のケヤキは丸裸だったんですけどねえ、お~、ようやく来たか~♪って感じでした。と言うわけ...

  6. 早春の西日に照らされる廃バス - Soul Eyes

    早春の西日に照らされる廃バス

    定点観測赤錆物件の廃バスです。早春の黄昏の西日に照らされて、赤錆がことさらに強調されておりましたね。昨年の晩秋に撮った時は、長い夏の影響でまだ蔓蔦たちが元気でした。早春のこの季節は、さすがに獰猛な蔓蔦やセイタカアワダチソウも枯れ果てておりました。でも・・・あと数週間したら・・・またぞろ、雑草たちがモリモリと元気を出してくるんでしょうねえ♪愛知県豊田市にてLUMIX DMC-GM5LUMIX ...

  7. 桜の季節の桜猫 - Soul Eyes

    桜の季節の桜猫

    はらはらと桜吹雪が舞い落ちる季節になってきました。「暖かいにゃ~、今年もようやく桜の季節になったにゃ~♪」と目を細めるカコトラ君・・・三好ネコの会所属の地域猫さんですね。この猫さんたち、不妊・去勢手術済みのしるしとして耳の先を桜の花弁型にカットしてあります。それで、「さくら猫」と呼ばれております。「今年もようやく、桜の花びらが舞い散る季節になったにゃ、うれしいにゃ・・・」こちらはシマちゃん・...

  8. 桜満開の遅い午後 - Soul Eyes

    桜満開の遅い午後

    豊田市の北にある豊田市運動公園です。ここは、先日ご紹介した「春爛漫の廃駅」の三河御船駅のすぐ西側にあり、ついでに訪問してきました。実はこの日、午前中からお昼過ぎぐらいまでは、どんよりとした曇り空でした。でも、ちょうど三河御船駅に着いた頃からお日様が顔を出し、運動公園に移動したときには春らしい暖かい陽気になってきました。その日差しを受けて、桜も満開になりました・・・たくさんの人々が公園に来てい...

  9. 窯業系ケミカルプラント - Soul Eyes

    窯業系ケミカルプラント

    ケミカルプラントと言えば、四日市コンビナートに代表される配管うにょうにょな工場群を連想します。でも、窯業系のケミカルプラントは一味違いますね。白い陶土と赤錆がミックスされて、個性的な眺めになっています。愛知県北部の瀬戸市や、岐阜県東南部の東濃地方にかけて、こういう窯業系ケミカルプラントが目につきますね。愛知県豊田市にてLUMIX DMC-GX8LUMIX G VARIO 14-140mm/F...

  10. 早春のコントラスト - Soul Eyes

    早春のコントラスト

    枯れ逝くセイタカアワダチソウです。昨年の晩秋からこの早春にいたるまで、この冬はセイタカアワダチソウはいっぱい撮りましたねえ。私、このセイタカアワダチソウふぇちなんでしょうか。^^;こちらは息吹き始めた新芽です。終わりゆく冬と始まりつつある春・・・この季節ならではのコントラストですね。ちなみに一枚目は、便利ズームの広角端14mm(28mm相当)、二枚目は望遠端140mm(280mm相当)で撮り...

  11. 七分咲きのエドヒガン - Soul Eyes

    七分咲きのエドヒガン

    今年も岡崎市の天然記念物の「奥山田のしだれ桜」を見に行ってきました。このしだれ桜はエドヒガンと呼ばれる品種で、言い伝えによれば、その推定樹齢は1300年・・・持統天皇の村積山行幸の際のお手植だそうで、樹高17m、枝張は東西15m、南北17mの見事な一本桜です。ここを一番最初に撮ったのは2010年の3月下旬でした。今年はそれに比べると開花が遅く、これを撮った昨日の時点で、まだ七分咲きって感じで...

  12. 冷えたエイプリルフール - Soul Eyes

    冷えたエイプリルフール

    昨日の夕方、雨が上がったので、裏の公園に散歩に行ってきました。ハクモクレンがようやく開き始めましたが、まだ木々の雰囲気は冬のままでしたね。ソメイヨシノの並木の枝先を見ると愕然とします・・・まだ固い蕾のままです。まるでやる気が感じられません。^^;例年だと、エイプリルフールのころはかな~り暖かな雰囲気になり、桜も満開のことが多いです。でも今年の4月1日は、まるで悪い冗談のように冷え込んでいまし...

  13. 桜まだきの桜猫たち - Soul Eyes

    桜まだきの桜猫たち

    「うにゃにゃ、今日はちょっと変にゃ・・・」「そうにゃ、そうにゃ、な~んかいつもと違うニャ。」三好ネコの会所属のかくれちゃん、ソロちゃん、ちびこちゃんが集まってヒソヒソ話をしておりました。「みんなもそう思うかニャ?僕もそう思うにゃ・・・」と、オトウサンもやってきました。三好ネコの会最大サイズの6Kg 超級のでか猫、ケンちゃんも、「うにゃ、視線を感じるにゃ」と言っておりました。「そうにゃ、今日は...

  14. 発狂して自己増殖し始めた高圧線鉄塔 - Soul Eyes

    発狂して自己増殖し始めた高圧線鉄塔

    いつもと違う道を通って帰宅していたときのこと。目の前に近所の高圧線鉄塔が見えて来ましたが、いつもとちょっと様子が違います。ん?あのてっぺんに見えるものは?近づいてみましたよ。お~、高圧線鉄塔の上にタワークレーンが付いているではないですか♪かさ上げのための工事が始まったようです。鉄塔の中腹を見ると、いつもに比べてゴチャゴチャな構造物でいっぱいになっておりました。しかも、この鉄塔だけでなく、他に...

  15. 早春の空を反射する老舗カフェ - Soul Eyes

    早春の空を反射する老舗カフェ

    名古屋の真ん中、栄町のランドマーク、中日ビルです。ここは1966年にオープンしたコテコテに昭和な雰囲気の総合商業ビルで、名古屋人にはひろく親しまれております。中には劇場、結婚式場、文化教室、商業施設、飲食店街、企業事務所などが入っており、プロ野球の中日ドラゴンズの事務所もここです。その中日ビルの1階にあるカフェがユーハイム、2階にあるカフェがサンモリッツです。昭和な雰囲気の中日ビルですから、...

  16. 揺れるナゴヤメシ - Soul Eyes

    揺れるナゴヤメシ

    ここは名古屋の真ん中、栄町にある中日ビルの地下2階です。栄町で撮影をしていて、お腹が空くとここにやってくることが多いですね。ここには、コテコテの名古屋メシのお店が揃っているからなんであります。この土鍋のシンボルマークは・・・そう、名古屋人の大好物ミソニコこと、味噌煮込みうどんで有名な山本屋本店です。以前、フィルム写真ブログの「冬のオープンカフェでやせ我慢をする透明人間たち」と言うエントリで、...

  17. 7年目のピンク - Soul Eyes

    7年目のピンク

    私の住む街にある公園のひとつ、三好公園・・・ここには、200本の河津桜が植えられています。ここに河津桜があるととは全然知りませんでした・・・灯台下暗しですね。2010年に植樹されたとのことなので、ここまで大きくなるのに7年かかったんですね。樹はまだ小さいですが、あと10年もしたら3月のお花見の名所になるんじゃないでしょうか・・・楽しみです♪愛知県みよし市三好町池ノ原 三好公園にてLUMIX ...

  18. アウフ・ヴィーダーゼーエン、ドイチュラント! - Soul Eyes

    アウフ・ヴィーダーゼーエン、ドイチュラント!

    ミュンヘン市内を走るSバーンです。行く先を見ると、"Flughafen/Airport"となっております・・・そう、空港行きの列車なんですね。いよいよ昨年初夏のドイツ旅行も大詰めとなり、これから帰国の途につくところです。ミュンヘン中央駅から45分ほどで、ミュンヘン国際空港に到着です。これはドイツではなく、エールフランスの垂れ幕です・・・おフランスですから、どことなく色使いがオサレでした。^^...

  19. まもなく本番の紅白 - Soul Eyes

    まもなく本番の紅白

    先日、岡崎市の乙川沿いの「葵桜」が5~7分咲きになっているのを見て、名古屋市内の紅白はどうなってるか、気になりました。この紅白とは、名古屋の真ん中に咲く紅白の樹で、毎年撮っています。紅組はTV塔の東に咲く寒緋桜、白組はルイ・ヴィトンの栄店の前に咲く白木蓮のことです。昨日、早速見に行ってきたんですが・・・う~ん、本番直前って感じでしたね。まだアップし始めたばかりで、あと数日で本番となるようです...

  20. 青騎士の美術館 - Soul Eyes

    青騎士の美術館

    ミュンヘンのレンバッハハウス美術館です。ここは、カンディンスキーをはじめとする「青騎士」派の画家たちの作品を多く収蔵することで知られています。「青騎士」は1911年、カンディンスキーとフランツ・マルクが中心となって結成した前衛美術家のグループで、その後の20世紀の美術に多大な影響を与えているんだとか。レンバッハハウス美術館は、「青騎士」派の収蔵品の展示のほか、ミュンヘン市立美術館としてさまざ...

1 - 20 / 総件数:34 件

似ているタグ