Mirrorlessのタグまとめ

Mirrorless」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはMirrorlessに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Mirrorless」タグの記事(15)

  1. #1 黄金の鯉を抱く 2017.8.13 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 黄金の鯉を抱く 2017.8.13

    暑さで目を覚ます。いつもならリモコンに手をし、もう一度寝てしまうのだが、今日で終わる休日を無駄にするのは罰当たりのような気がして、いつもの喫茶店に向かう。朝8時の光は十分すぎるほどの熱量を帯びてファインダーの中のあれがボクを刺激する。(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)駅周辺を歩く。いつもの見慣れた光景だ。それでも季節や温度で感じる印象は違う。大げさだがなにより、カメラ...

  2. #3 キイロノセカイ 2017.7.30 - Time will tell - Snap & Feeling

    #3 キイロノセカイ 2017.7.30

    昨年までは出張でずいぶん東京へ通った。帰って来る際、新幹線が京都駅に滑り込む時に左手にみえた光景がこの場所だ。夏の終わりの雨の日、窓から見えたこの景色がモノクロームのように映ったあの日の光景がいまも残像のように焼き付く。だからこの場所が好きなのかもしれない。(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)(α7 / Summi...

  3. #2 キイロノセカイ 2017.7.30 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 キイロノセカイ 2017.7.30

    京都で買い物や散策を楽しむことにした。今日も外国人観光客が多い。信号待ちをしている1人がキャップをかぶっていてボクも欲しくなる。人のものを見て物欲が湧くのは悪い癖なのだ。(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)巨大な京都駅のすぐ裏には、古い団地が驚くほど多く、手付かずの土地も点在している。長居は禁物だが、ボクの好きな光...

  4. #1 キイロノセカイ 2017.7.30 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 キイロノセカイ 2017.7.30

    相変わらず日曜日の朝は用事がない限り駅の見える喫茶店で過ごすことが多い。定位置は2つ、1つは店の奥。もう1つはテラス席。長居をすることが多いので冷房の効いた夏場は後者が意外居心地がいがよい。ここで本を開いたり、駅から降りてくる人をウォッチして今日も過ごす。(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)天気が目まぐるしく変わる...

  5. #1 警報発令中 2017.7.18 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 警報発令中 2017.7.18

    「タテ」「ヨコ」どちらで写真を撮ることが多いだろう。ボクは「タテドリ」だと断言できる。最近は時々、「ヨコドリ」もするようになった。そうなると画角も好みも変わってくる。なんてことを思ってみても所詮言い訳にしか聞こえない。まったく足しにはならないがノクトンと使用していないライカフードを差し出し、ズミクロン35㎜がやってきた。見つけたのは探していたツノ付き。こうしてボクの欲望の泉は満たれていく。(...

  6. #1 滲みに潜むネット難民 2017.7.3 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 滲みに潜むネット難民 2017.7.3

    悪い癖はそう簡単にボクの中からは抜けない。毎夜のようにネットを徘徊していと、一期一会の出会いがある。これは人ではなく無論、カメラの話だけど。ほとんど使用された形跡がなく、OH済でショップに聞くとコレクターの方が所有していたそうで、元箱もシリーズ7も付属していうことなしだが、クレイジーなプライスだけがボクを惑わし苦しめる。山頂を目前に目を背けるほどボクは人間が出来ていない。一度は電話を切るが数...

  7. #2 鉄柵バランサー 2017.6.11 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 鉄柵バランサー 2017.6.11

    ロシアレンズのジュピターはアルファに装着することが多い。開放値が同じズマリットのようで彩度が抜け、白昼夢のような儚さを持ち合わせたレンズだ。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)フェンス越しに見る光景はどこか傍観者的視点であり、物事に適度な距離を取ることで自分自身を防御しているボクの性格を表しているようだ。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)(α7 / ...

  8. #1 鉄柵バランサー 2017.6.11 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 鉄柵バランサー 2017.6.11

    ボクにしては珍しいことで郊外にあるショッピングモールに買い物に出掛けた。夜遅くに食料品を買いにいくことはあっても、それ以外の用事はない。そんな場所なのだ。足早に目当ての物を求めてしまうと当初の予定と目的は簡単に消えてしまう。いつもの喫茶店に向かう途中、車を役所の駐車場に止め、高速道路の高架下でスナップ。時間はまだ昼を少し廻ったところだった。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 ...

  9. #3 SAYURIの足音 2017.5.21 - Time will tell - Snap & Feeling

    #3 SAYURIの足音 2017.5.21

    行きに気になっていた場所があった。駐車場にいくのに帰りもここを通る。やはり同じように気になってしまう。ボクの心に響く光景はいつも一緒だ。撮るものはいつも同じ。撮らないものもいつも同じ。変わらないのだ。(α7 /Elmar L 5cm F3.5)伏見稲荷にいくと必ず「SAYURI」を見たくなる。でも今の今まで見たことはない。それはいつも行くレンタル店にないからだ。今日はもうひとつ見たい映画があ...

  10. #2 SAYURIの足音 2017.5.21 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 SAYURIの足音 2017.5.21

    結局、四ツ辻というところまで登ったが、人が多いのと体力が続かず降りてきた。人をすり抜けて歩いていたら、目の前におそろいの今風の着物の女性を見かける。夏はもうすぐそこまで来ているようだ。(α7 /Elmar L 5cm F3.5)参道にはお墓が多く、歩いていると線香の匂いが漂い鼻孔をくすぐる。暑さが似合う情景なのかもしれない。エルマーが写す絵は、軟調過ぎず、硬くもなくちょうどいい。(α7 /E...

  11. #1 SAYURIの足音 2017.5.21 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 SAYURIの足音 2017.5.21

    何度も目覚ましが鳴って、その度に手さぐりでそれを探して止めることを繰り返す。そんな動作の中でも微睡んで短い夢を見る。足が痛いと思っていたら熱を持っていた。昨日歩き廻ったからに違いなく、風呂場で足を冷やして今日は家に居ようかと思ったけど、結局は車で出掛けることにした。人が少ないと高をくくっていたが、伏見稲荷にはどこからそんなに集まったのかというぐらいの人だった。(α7 /Elmar L 5cm...

  12. #1 理解不能な真鍮フェティシズム 2017.5.10 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 理解不能な真鍮フェティシズム 2017.5.10

    そろそろ納品されてもいい頃だろうと思っていた矢先にメールをもらい、その翌日にM2が4カ月ぶりにボクのもとに戻ってきた。店頭でファインダーの調子をチェックして、その翌日にルミエールにオーバーホールとリペイントに出したものだから、ろくに触っていなかった。なので実質今日が初対面みたいなもので、なんとも感慨深い。本当にいい仕事をしていただいた。コアなライカファンからすると大切な資産がまた世の中から1...

  13. #3 アルキメデスの熱光線 2017.5.7 - Time will tell - Snap & Feeling

    #3 アルキメデスの熱光線 2017.5.7

    5日間も休むとすっかり仕事に行くことを忘れてしまっている。そうだ、明日からなんだと思うが心と身体がついてこない。そういえば、オーバーホールとリペイントに出しているM2はどうなったのだろう。4カ月以上掛かっているが・・・。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)市場近くにある。島原という花街。近くを何度も通っているが、今までうまい具合にかすっていて今日初めて通る。思っていたより...

  14. #2 アルキメデスの熱光線 2017.5.7 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 アルキメデスの熱光線 2017.5.7

    ここを訪れているのは業者の人を除いてはボクだけだと思う。休日に働く人を横目にスナップする。夏になったら、もういちどここを訪ねたい。フィルムを持ってだ。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)

  15. #1 アルキメデスの熱光線 2017.5.7 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 アルキメデスの熱光線 2017.5.7

    京都のひとつ前の西大路で下車する。主要駅が2.5km離れているだけだが工場が立ち並らび、休日は町全体が寂然に包まれている。ボクはここの駅から乗り降りする機会が多い。距離が丁度良く、琴線に触れる被写体が多く存在するからだ。駅の脇にある立体交差トンネルに入ると、湿気と排気ガスを帯びた空気に包まれる。やはり、好きな場所だと感じる。(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)ふらふらと歩...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ