NIKON Dfのタグまとめ

NIKON Df」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはNIKON Dfに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「NIKON Df」タグの記事(86)

  1. 大鳴門橋 - ブナの写真日記

    大鳴門橋

    いつもニコンも持って行くのですが、バリアングルでないためフジの出番が多くなっています。久しぶりにDfで。2017.09.13 孫崎灯台より

  2. 帰巣の夕空 - 彩りの軌跡

    帰巣の夕空

    先日の、驚くような夕焼けを撮りたくて、夕方散歩にも必ずカメラを肩にしている。得てして、待ち構えている時には期待通りにならないものである。この日も、一向に焼けない空を見上げながら歩いていた。日暮れが近いのを知ってか、鳥が2羽、巣へ急いでいた。やはり、空も秋色が濃くなってきたなぁ〜。

  3. MFレンズで彼岸花 - 彩りの軌跡

    MFレンズで彼岸花

    思い出したように、F 時代の MF 単焦点レンズを着けて歩いた。不思議なもので、レンズを換えただけでボディーは最新なのに、気分は、すっかり F 時代に切り替わる。ISOダイヤルを回し、絞りリングを回す度に心地良い手触りとクリック音が伝わる。ピントリングを送りながら、やっぱり、このカメラとレンズにして良かったなぁ〜と実感する。

  4. 秋灯の月 寫誌 ⑦ 旅の途中で東尋坊 - le fotografie di digit@l

    秋灯の月 寫誌 ⑦ 旅の途中で東尋坊

    家を出てから凡そ487㎞、やっと日本海に飛び出した東尋坊へ到着.切り立った崖と観光客の対比に思わず固唾をゴクリと…. Nikon Df  Ai Nikkor 20mm f/2.8S                                   拡大表示は画像クリック相変わらず自殺願望者が多いと言いながらも立ち入りを規制する柵などの対策がなにも無いのにはビックリする. Nikon Df ...

  5. 秋灯の月 寫誌 ⑥ 旅の途中は郡上八幡 - le fotografie di digit@l

    秋灯の月 寫誌 ⑥ 旅の途中は郡上八幡

    郡上まで来ていながら前回訪ねる事の出来なかった郡上八幡城へ立ち寄ってみた.1972年10月に訪ねた司馬遼太郎が「街道をゆく」の中で「日本で一番美しい山城」と紹介したこのお城、隠国(こもりく)の城の名に相応しく文字通り奥深い山中の桜と紅葉樹に囲まれた瀟洒な品のある佇まいにその時期の再訪を期して先へ….郡上と言えば名水の里郡上八幡、郡上踊り、渓流吉田川、山内一豊の妻で賢女の誉れ高い千代の出身地、...

  6. オアハカ美人 - 二勝三敗

    オアハカ美人

    今、手持ちで一番好きなレンズといえば、このNikkor 35mm 1.4Gです。実は購入後も日本ではしばらく使っていなかったのですが、メキシコに来てじわじわ来ています。日本にいた時より奇を衒わず素直に撮っている気がするし、人を撮る機会が多いからですかね。Nikon Df, 35mm f1.4G

  7. 市場の笑顔 - 二勝三敗

    市場の笑顔

    D850欲しいです。でも私が撮るいつものへなちょこ写真なら、このDfに特に不満もないのです。さて、、、。Nikon Df, 35mm

  8. 退屈なんです - 二勝三敗

    退屈なんです

    家族が夏休みで日本に帰っている間は、暇で暇でしょうがなかったようです。Nikon Df, 50mm f1.4 Artいいレンズなんですが、カメラに装着しているときはまだしもバッグに入れるとあまりに重くてなかなか持ち出していません。

  9. 夏の庭 - グル的日乗

    夏の庭

    庭に咲く花を・・。

  10. Maya人 - 二勝三敗

    Maya人

    Cancunはビーチリゾートで有名ですが、空港から車で2時間弱のところにマヤ人の村落があります。もちろんメキシコ人ですが、今でもスペイン語を話さず、マヤの伝統、言葉や風習をしっかり守って生活している人々がいます。Nikon Df, 16-35mm, Flash

  11. マヤの村 - 二勝三敗

    マヤの村

    カンクン近くのマヤの村の祈祷師。マヤ語でお祈りとお祓いをしてもらいました。いくつかの村は電気を使わずに生活しています。Nikon Df, 16-35mm, Flash

  12. 夏祭り - 彩りの軌跡

    夏祭り

    恒例の地元八幡神社の夏祭りが催された。普段は、参拝客すら見かけない小さな神社が氏子でギッシリ埋まっていた。太鼓や山車も町内を練り歩く、小さな参道には屋台も出て賑やかだ。抽選くじの当選発表や表彰なども行われ、夜はカラオケ大会で盛り上がる。昔ながらのローカル色豊かな夏祭りである。この日ばかりは、神社の扉も開かれ、お社が直に見られる。もちろん、中には入れないが静かにレンズを向ける。

  13. 酔芙蓉 - グル的日乗

    酔芙蓉

    庭の酔芙蓉(スイフヨウ)です。

  14. つり橋 - 二勝三敗

    つり橋

    ま、必ず揺らすやつがいますね。笑Nikon Df, 16-35mm, Flash

  15. ポラリエのねじが外れない - ブナの写真日記

    ポラリエのねじが外れない

    今年の盆休みは星空を撮って遊ぼうとVixenのポラリエをポチッてしまいました。まずは実践で試そうと標高の高い岳人の森に2泊3日キャンプすることに。で、キャンプ初日、絵に描いたような星空が上空に広がり、これはいい写真が撮れるかもと思ったのも束の間、ウェイト軸のねじが外れずカメラをセット出来ずじまい。結局、キャンプを一泊で切りあげ、町に降りてCRCと工具(プライヤ)を探すことにしました。幸いにも...

  16. 夕日 - 二勝三敗

    夕日

    実はホタルを撮りに行ったのですが、ホタルは沢山いたのに写真は撃沈。ホタルがいる場所に連れて行ってくれる前にガイドさんが一生懸命説明してくれて、現地に到着したときには真っ暗闇。ライトは一切使うことを禁止されていて、もうカメラの設定をすることができませんでした。涙まあ、しかしどこにホタルがいるのか分かったので、また次回の楽しみにしておきましょう。ところで、その前に見た夕日がとても綺麗でよかったで...

  17. 液晶保護フィルム交換 - クルマとカメラで遊ぶ日々---

    液晶保護フィルム交換

    自分の身を削って守ってくれたフィルム。その役目を開放してやろうと、交換することにした。また同じガラス製の保護フィルム購入。貼り換えは成功。新しい部品が付くって気持ちが良いものだ。ランドローバーにしてもしかり。

  18. まるで標本のよう - 彩りの軌跡

    まるで標本のよう

    今迄、夏になると、数え切れないほど、蝉や、その抜け殻を見てきた。だが、こんな光景に出会ったのは初めてである。殻と上下に、まるで標本のようにキレイに並んでいる。それも、四本の足も、ピンセットで揃えたかのように規則正しく揃えているのだ。偶然だろうが、こんなこともあるんだなぁ〜と、繁々と見入ってしまった。予想もしない光景を見て驚き、不思議な気持ちにもなった。

  19. 105mmの瞳 - 二勝三敗

    105mmの瞳

    フォーカス部がシャープだけどそこからのボケが自然でワザとらしくならず。借り物ですが、本当に欲しいなと思ってしまいました。Nikon Df, 105mm f1.4

  20. 酷暑の朝 - 彩りの軌跡

    酷暑の朝

    酷暑が続いている。早朝でも、あっと言う間に温度が上がってくる。快調に歩いていた愛犬の息も荒くなってくる。無理をしないで木陰を選んで歩く。それでも、朝だけは歩いて季節を実感している。競馬場の新厩舎の屋根に付けられたパイプの正体が初めて分かった。焼けた屋根に散水して温度を下げるためのものらしい。馬への優しい思いやりが感じられた。その塀に生えている草と実。毒々しく赤黒い色が、さらに暑さを感じさせる...

1 - 20 / 総件数:86 件

似ているタグ