PENTAX DFA 100mm MACROのタグまとめ

PENTAX DFA 100mm MACRO」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはPENTAX DFA 100mm MACROに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「PENTAX DFA 100mm MACRO」タグの記事(21)

  1. ●● よりにもよって・・・・・・・・ムカシヤンマの羽化不全 ●● - kameのフォトブック2

    ●● よりにもよって・・・・・・・・ムカシヤンマの羽化...

    チョウでは何度も遭遇してますが、トンボでも羽化不全が起きていたとは・・その主とは一昨年に初見して以来のムカシヤンマ、日本の固有種で地元ではかなり希少種。幸い多少は飛翔可能ではありますがよりにもよって滅多に見れないこのトンボとは、はたして長生き出来るかどうか・・  1.よりにもよって希少種のムカシヤンマが羽化不全とは・・2.3.4.高所へも飛翔は可能ですが長くは飛べず・・5.6.1〜6 1...

  2. ●● 恋のバトル・・・・・・・・ベニシジミ ●● - kameのフォトブック2

    ●● 恋のバトル・・・・・・・・ベニシジミ ●●

    汗ばむ陽気の昼下がりに遭遇したベニシジミの恋のバトル・・何が何でもと猛烈にアタックするオス、メスもまんざらではなさそうですがすんなりOKせず・・20分近くも場所を転々とした後やっとゴールイン、執拗なアタックに根負けしたのかメスの焦らしなのかは定かではないですが・・  1.2.3.4.5.6.7.8.1〜8 17-5-5 撮影ブログランキングに参加しております!本日の記事がお気に召せば↓のモン...

  3. ●● 真横から・・・・・・・・・ニワハンミョウ ●● - kameのフォトブック2

    ●● 真横から・・・・・・・・・ニワハンミョウ ●●

    道教えの異名を持つハンミョウの仲間、ニワハンミョウがようやく登場・・道教え、つまり近づこうとすると道を教えるがごとく先へ先へと逃げられることからついた名ですが・・基本的に後ろから迫るから逃げられる訳で真横から姿勢を低くして迫ると無理なく近づけそう、まあ個体差はあるかもですが・・  1.2.3.何かを捕らえたようですが正体は判らず・・4.5.6.1〜6 17-4-30 撮影ブログランキングに参...

  4. ●● 明と暗・・・・・・・・・ジャコウアゲハ・メス ●● - kameのフォトブック2

    ●● 明と暗・・・・・・・・・ジャコウアゲハ・メス ●●

    何が原因でこうなるのか判らないけど・・今年もまた出会ってしまったジャコウアゲハ・メスの羽化不全。そのすぐ側、ほんの目と鼻の先には正常な状態で生れ出た同じくジャコウのメス・・共に繁殖能力はあっても自由に飛び回れる娘と飛ぶことすらままならないこの明と暗、これが運命と言えばそれまでだけど・・  1.早朝に産まれたと思われる正常なメス・・2.自力で這い上がり・・3.この後、完全に翅が乾いたのか飛...

  5. ●● ようやくメスも・・・・・・・・ジャコウアゲハ ●● - kameのフォトブック2

    ●● ようやくメスも・・・・・・・・ジャコウアゲハ ●●

    先のジャコウアゲハ・オスに続いてようやくメスも登場・・やはり個体数は少なくオス10に対してメスは2〜3程度、世代交代を続ける為にはこの娘が居ないことには・・  1.少し離れた別場所で、最後の桜にきたオス・・2.3.いつもの場所で、オス4.同上5.メス6.同上1〜6 17-4-23・25 撮影ブログランキングに参加しております!本日の記事がお気に召せば↓のモンキアゲハのバナーをポチッとクリッ...

  6. ●● 翅休め・・・・・・・・・ムラサキシジミ・メス ●● - kameのフォトブック2

    ●● 翅休め・・・・・・・・・ムラサキシジミ・メス ●●

    生け垣のアラカシに産卵していたムラサキシジミの母さん・・ 連続して卵を産みつける作業はかなりの労力、なので産卵場所を変える前にときどき翅休めを・・   1.2.3.4.5.6.7.翅表の青紫の面積がより広いオスが見当たらないのは残念ですが、次世代が生れ出るまで暫しの我慢・・1〜7 17-4-25 撮影ブログランキングに参加しております!本日の記事がお気に召せば↓のモンキアゲハのバナーをポチッ...

  7. ●● 産卵のピーク・・・・・・・・・ムラサキシジミ ●● - kameのフォトブック2

    ●● 産卵のピーク・・・・・・・・・ムラサキシジミ ●●

    長く厳しい冬を乗り越えたムラサキシジミの母さん、今が産卵のピーク。公園にある生け垣の主に新芽の部分に産卵する母さんを僅かな時間でも4〜5頭を目撃、次世代へ夢を託して・・・  1.こちらは葉の裏に・・2.新芽に・・3.4.5.枯れた葉に・・大丈夫か〜6.1〜6 17-4-25  撮影ブログランキングに参加しております!本日の記事がお気に召せば↓のモンキアゲハのバナーをポチッとクリックして応援お...

  8. ●● 命の営み・・・・・・・・・ナナホシテントウの羽化 ●● - kameのフォトブック2

    ●● 命の営み・・・・・・・・・ナナホシテントウの羽化 ●●

    土手でチョウの撮影を終えた帰り間際、ふと目に入ったのは・・初めて目にするテントウムシの羽化シーンで、既に薄いホシが出てますが時間とともに見慣れた赤い成虫へ、そのすぐ側では 以前に記事にした「モズのはやにえ」のカエルがそのまんま、大自然の中で色んな命の営みを垣間見ることに・・  1.生まれたては無地の黄色だそうで時間とともに黒点が出て来るとか・・2.最初は黄色無地でやがて黒点が出て最終的に赤...

  9. ●● やっとやっと現る!・・・・・・・・ジャコウアゲハ・オス ●● - kameのフォトブック2

    ●● やっとやっと現る!・・・・・・・・ジャコウアゲハ...

    昨年に比べ半月以上遅れていたジャコウアゲハがやっとやっと現る!ですが、早くも終わりかけになった菜の花周りで見つけた約5〜6頭はどれもこれもすべてオス・・そのうちの1頭はまだ生まれたてと思われ飛ぶのもやっとで 直前まで農家の方が出入りしていた場所、よくまあ踏まれずに済んもんだね〜  1.農家の方が直前まで出入りしていた場所で見つけたオス・・2.良くまあ、踏まれなくて良かったね〜3.まだ完全に翅...

  10. ●● テリトリー意識・・・・・・・・・・ルリタテハ ●● - kameのフォトブック2

    ●● テリトリー意識・・・・・・・・・・ルリタテハ ●●

    昨日のキタテハ同様、早くから姿を見せてるルリタテハも越冬明け・・同じタテハチョウ科のキタテハとの明らかな違いはテリトリー意識が非常に強いこと。しかも不思議なことに まるで世代交代の時に教え込まれているかのごとく毎年同じような場所でテリトリーを張ること・・・  1.お気に入りの場所で・・2.3.4.何度も止まるこの場所を・・5.ちょっと意地悪して手で被ってやると・・6.手の上がテリ場所・・ ...

  11. ●● 一押しのお気に入り・・・・・・ツバメシジミのオス・メス ●● - kameのフォトブック2

    ●● 一押しのお気に入り・・・・・・ツバメシジミのオス...

    春一番のベニシジミも美しいですが・・私の一押しのお気に入りはツバメシジミ、オスメスの違いは一目瞭然ですしベニシジミのように個体数も多くなく、何と言っても一年を通してのこの時期の美しさはとても魅力的・・  1.オス・メスともに翅裏はほぼ同じですが・・2.メスの翅表、中でも青い鱗粉の発達した個体は最高!・・3.4.5.オスの翅表6.7.1〜7 17-4-14.15.16.19 撮影ブログラン...

  12. ●● オトコは辛いね〜・・・・・・・・・ツバメシジミ ●● - kameのフォトブック2

    ●● オトコは辛いね〜・・・・・・・・・ツバメシジミ ●●

    春本番を迎えた川の土手下で交尾中のツバメシジミを目撃、が、近寄ってよく見てみると別のオスが横恋慕、迫っても叶う訳ないのに・・他のチョウでも良く見かける光景ですが それもこれも圧倒的にメスが少ないのが原因、オトコは辛いね〜  1.カップルの下にもう一頭のオスが・・2.腹部を突き出して・・3.4.一旦離れはしたものの・・5.6.邪魔者が去って・・7.ごゆっくり・・1〜7 17-4-14 撮影ブ...

  13. ●● メスのお仕事・・・・・・・・・セイヨウミツバチ ●● - kameのフォトブック2

    ●● メスのお仕事・・・・・・・・・セイヨウミツバチ ●●

    気温の上昇で俄然忙しくなるのはこちらも同じ・・レンゲソウにやって来たのはセイヨウミツバチの働き蜂・・花粉や蜜を求めて花から花へ飛び回る働き者はすべてメスのお仕事だそうな・・  1.2.3.4.5.6.7.1〜7 17-4-16 撮影ブログランキングに参加しております!本日の記事がお気に召せば↓のモンキアゲハのバナーをポチッとクリックして応援お願いします。にほんブログ村ご協力ありがとうございま...

  14. ●● モズのはやにえ ●● - kameのフォトブック2

    ●● モズのはやにえ ●●

    スクープ!!、人気のない土手で猟奇事件発生・・被害者はカエルの子・・・とまあ、テレビのサスペンスドラマじゃあ無いですがこれはいわゆる「モズのはやにえ」で餌として捉えたカエルを串刺しにしたもので2度目の目撃・・遺体の状況からかなり時間が経ってる様子なので、はたして食うかどうかは当事者のモズを捕らえて事情を聞いてみないと・・   1.2.3.4.当事者ではないですが同じ現場に出没するモズ、2年前...

  15. ●● 春は何処へ ●● - kameのフォトブック2

    ●● 春は何処へ ●●

    先週の陽気は何処へと言うぐらい今日は肌寒い一日。気温は13度そこそこでも折からの強風で体感的にはもっと低いかも・・まして撮影地点の土手ではモロに風が吹き抜けるので折角生れ出たチョウ達も飛ばされないようしがみつくのが精一杯、春は何処へ・・  1.前記事のホソオチョウ・オス・・2.新たにメスも発見・・3.今季初お目見えのヤマトシジミも・・4.モンシロも・・5.アマガエルちゃんも固まったまま・...

  16. ●● 外来種・・・・・・・・・春型ホソオチョウ・オス ●● - kameのフォトブック2

    ●● 外来種・・・・・・・・・春型ホソオチョウ・オス ●●

    昨年とほぼ同じ時期に今年も春型のホソオチョウに遭遇。昨年捉えたのはメスでしたが、今回見かけたのはオスで昨年同様この1頭のみ・・現場は幼虫の食草が同じジャコウアゲハの生息地ですが、今までにも外来種のホソオが大発生した事も無いので多分大丈夫かと・・  1.2.まだ居ない相方を求めて・・3.4.5.6.7.記念撮影でも・・1〜7 17-4-4 撮影ブログランキングに参加しております!本日の記事...

  17. ●● 春限定・・・・・・・・ビロードツリアブ ●● - kameのフォトブック2

    ●● 春限定・・・・・・・・ビロードツリアブ ●●

    長い口吻で花蜜を吸蜜するビロードツリアブ、こちらも春一番に真っ先に出てきますが棲息期間は短く春限定。活性が低い早朝は殆ど日光浴ですが気温が上がってくると吸蜜シーンも見れるかもですが、まだまだ個体数は少なめ・・  1.日光浴する場所を求めて・・2.ここが良いや・・3.ポッカポカ・・4.長〜い口吻の・・5.お手入れ・・ここまではオス6.吸蜜・・ここからはメス。7.8.1〜8 17-4-1・2 ...

  18. ●● 白にベニ・・ ●● - kameのフォトブック2

    ●● 白にベニ・・ ●●

    桜はまだ満開にならなくてもユキヤナギは今がピーク・・なんですが主役のチョウがなかなか増えてくれない中、なんとか今年も間に合った白にベニ・・   1.2.3.4.5.6.1〜6 17-4-4 撮影ブログランキングに参加しております!本日の記事がお気に召せば↓のモンキアゲハのバナーをポチッとクリックして応援お願いします。にほんブログ村ご協力ありがとうございました! (kame)

  19. ●● 春一番・・・・・・・・ツバメシジミ ●● - kameのフォトブック2

    ●● 春一番・・・・・・・・ツバメシジミ ●●

    ベニシジミとともに春一番に現れるのはツバメシジミ・・オスの翅表は鮮やかな水色メスは黒と非常に判り易いこのチョウ、ベニと並んで大のお気に入り・・  1.ツバメシジミ・オス2.3.4.ツバメシジミ・メス5.通常は黒ですがこちらは青色の鱗粉が良く出た個体6.7.1〜7 17-4-3・4 撮影ブログランキングに参加しております!本日の記事がお気に召せば↓のモンキアゲハのバナーをポチッとクリックし...

  20. ●● お目覚め・・・・・・・越冬明けのムラサキシジミとルリタテハ ●● - kameのフォトブック2

    ●● お目覚め・・・・・・・越冬明けのムラサキシジミと...

    先日のテングに続いてムラサキシジミとルリタテハもお目覚め。両者とも昨秋からの個体数の減少で心配してましたが何とか厳しい冬を乗り切った模様・・ルリは毎年見かける定位置でしたが 驚きはムラサキの白梅での吸蜜、越冬明けに良く見られる光景だそうな・・  1.ムラサキシジミの吸蜜・・2.普段は殆ど花には来ないので、勿論初撮り・・3.4.酷いピンですが何とか翅表も・・5.お馴染みのルリタテハは毎年真...

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ