PORTRAITのタグまとめ

PORTRAIT」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはPORTRAITに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「PORTRAIT」タグの記事(88)

  1. 今年度の振り返り(5) - ポートフォリオ

    今年度の振り返り(5)

    この日は寒かった真冬が嫌いという彼女に無理を言って撮影に付き合ってもらった冬のイメージが無い彼女を撮ってみたかったただこの日も「失敗」をした単純な「人為的ミス」だったが これはこれで良い経験になった400-TX を詰めたOM-3Ti だったが何を勘違いしたのか露出計をISO100で計測していた救いは現像処理前にそれに気づいたことだなのでISO100 として処理することができたでなければ全てが...

  2. 今年度の振り返り(4) - ポートフォリオ

    今年度の振り返り(4)

    それからまた試行錯誤の日々になるフィルムの選択は本当に悩んだ実はモノクロフィルムに関しては未だにフィルムの選択に迷うほどの品種があるネット通販が普通に扱えるようになった現代では海外からも容易に購入できるからだ「ネムく甘い画像を避ける」ことがポイントだった現像液はD-76 とRodinal に固定したこの日の撮影では400-TX とFOMAPAN200 を用意してテストも兼ねた現像処理は400...

  3. 今年度の振り返り(3) - ポートフォリオ

    今年度の振り返り(3)

    今の私の姿勢が固まったのは この日の撮影における「大失敗」が始まりだった今年度は35mm カメラでの撮影も重視していたそして現像処理にしてもアンセル・アダムスのゾーン理論を勉強しそれのテストを繰り返して自分なりの現像処理方法を探っていたそこでたどり着いた理論で全くオリジナルの現像時間を編み出して処理したのだそれが見事に失敗したもちろん私のやり方に間違いがあったのかもしれないし理論の理解が不足...

  4. 今年度の振り返り(2) - ポートフォリオ

    今年度の振り返り(2)

    この日も真冬の撮影だった今年度は真冬に重きを置いていた多くの女性モデルは冬が嫌いと言うならばその冬に撮影してみたくなるのが へそ曲がりな私の考えだったしかし冬は日中でも斜光であり 影が長くなる木々の葉は落ちて地面まで十分に日差しが届くから明るい晴れる日も多くなるし 晴れていれば日中は暖かく感じるものだこの写真は広い公園で撮影したものAdox Silvermaxを純正現像液で処理した35mm ...

  5. 今年度の振り返り(1) - ポートフォリオ

    今年度の振り返り(1)

    以前にも記したと思うが私の「決算月」は8月であり 9月からは「新年度」になるなので今日から「今年度」の振り返りをして見ることにした***************************************今年は写真展に出品する作品は全て自家プリントするというのが一つの目標だった昨年秋から自家プリントに取り組み始め 色々な意味で写真に対する考え方が変わった…というか 今までが「間違っていた...

  6. 銀座 - ポートフォリオ

    銀座

    写真展の準備が大方終わったまだまだ事務作業や装飾関係の仕事はあるが自分が出品する作品に関しては額装まで全てが終わったどうにか自家プリントも無事に終えたことが少なからずの自信になった毎年頭を悩ませるのが「課題作品」であることはよく記している今年は「中央区銀座」でなくとも可になったのだ(笑)つまり「谷中銀座」「戸越銀座」などの「銀座」でも可能と言うことだとはいえ私は中央区銀座にこだわるとも記した...

  7. 鎌倉リベンジ(4) - ポートフォリオ

    鎌倉リベンジ(4)

    【モノクロフィルムの比較】今回もフィルム選択は迷ったまぁ 迷うほどの選択肢はないのだが感度によってはY2を使えない状況になり得たからだ昼でも暗い こうした切り通しでは天候次第では400でも足りないかもしれない幸い 時間をかけて太陽の「出待ち」をすれば何とかなる状況だったので助かったここでの撮影は400-TX もっとも信用しているフィルムだただ後日プリントして気づいたのだが とにかくコントラス...

  8. 鎌倉リベンジ(5) - ポートフォリオ

    鎌倉リベンジ(5)

    【モノクロフィルムの比較・2】今回の撮影においてもフィルムの選択に迷ったと記したがやはり大きな要因は天気だったそして切り通しという場所もあり 背景のイメージを大切にしたかったのだしかし その後は普通に撮影できる場所を予定しておりまた縁側が素敵な古民家カフェでお茶することも予定していたのでそこでの撮影はまた違う意図があったここでの撮影は最近お気に入りのFOMAPAN200 とD-23 の組み合...

  9. 鎌倉リベンジ(3) - ポートフォリオ

    鎌倉リベンジ(3)

    ようやく終点が見えてきたこの切り通しはどちらの入り口を「スタート」にするかで負担がだいぶ変わる今回のコースは下り中心になる彼女の負担を考えてそうしたのだが それが却って裏目に出てしまったここに来る頃には髪も崩れ メイクも汗で流れ落ちているあとで補正するにしても とても「接近戦」は難しいしかし何度も記すが彼女は立ち姿が良い姿勢がずば抜けて良いと言うわけではないその立ち方から醸し出される雰囲気や...

  10. 鎌倉リベンジ(2) - ポートフォリオ

    鎌倉リベンジ(2)

    今回の撮影の目的は「彼女を撮影する」と言うよりは9月の写真展に出品する「作品撮り」だったなのでデジタルカメラでの撮影はごくごく少ない10人の女性を撮影したが 彼女が最後の最後になってしまった本来ならば前回の撮影で終わっているはずだったのだが・・・結果論ではあるが 今回の撮影ではいい撮影ができたのでこれも巡り合わせだ前回も記したが彼女は「苔」が大好きな人お寺などであれば綺麗に手入れされた苔もあ...

  11. 鎌倉リベンジ(1) - ポートフォリオ

    鎌倉リベンジ(1)

    前回 彼女を撮影したのは真冬だったただ「春一番」同様の強い南風が吹き荒れた天候で午後からは雨もパラついたそのために大方の予定を変更せざるを得なかったのだましてや カメラにフィルムをいれ忘れると言う大チョンボを犯していたこともあって今回はそのリベンジとなったのだとにかく暑かった薄い雲に直射日光はいくらかその強さを落としてはいるが湿度は異常なくらい高く どうしようもない鬱蒼とした木々に囲まれたこ...

  12. Alone At Last, And Then(7) - ポートフォリオ

    Alone At Last, And Then(7)

    【モノクロフィルムの比較】今回はフィルムの選択に悩んだ天気の問題もそうなのだが 予定していたロケ地の背景の問題が大きかったそれでも そんな時は無難にKodak 400-TX を選択すれば良いと割り切った本当はFOMAPAN200 を理想としていたが 曇り空を想定していたからフィルターを介しては厳しいと踏んだ結果としては選択は正しかったそして自家調合のD-23 で現像をして 後日プリントもした...

  13. Alone At Last, And Then(6) - ポートフォリオ

    Alone At Last, And Then(6)

    予定していた撮影は全て終わった予定よりも多くフィルムを消費してしまったこともあって数カット分だけ余りがあったいつもはデジタルカメラで女性モデルに私を撮影してもらうが今日はフィルムカメラでも撮影してもらうことにしたスクエアの66ではよくあることだが考えてみれば645で撮影してもらったことはないまず持ち方からして難しいし 重量もそれなりにあるフォーカスも難しいと思う「わぁ、重い!」彼女の第一声が...

  14. Alone At Last, And Then(5) - ポートフォリオ

    Alone At Last, And Then(5)

    ランチは前々から「ウニ」をご馳走する約束になっていた彼女は海鮮物が好物らしい銚子なら不自由しないイケスのある大きな食事処へ入って海の見える窓側の席で約束どおりウニ丼を食した正面に座る彼女の顔が赤い顔に限らず肌が露出していたところも日に焼けている大した日差しがあったわけでもないのに・・・昼食を済ませてからターミナル駅へ向かった本当は一駅だけでもこのローカル線に乗車して 駅構内で撮影しようと思っ...

  15. Alone At Last, And Then(4) - ポートフォリオ

    Alone At Last, And Then(4)

    彼女は本当に写真をたくさん撮るうかうかしていると私の後ろ姿さえ撮影しているから驚くでも彼女の「写真好き」はそれなりの理由がある様だ「写真好き」なのか「撮影好き」なのかはわからないそもそも そんなに沢山撮影してスマホから他の記憶装置に保管しているのだろうか?プリントして保管するなどもしていないだろうし・・・灯台から降りた私たちは敷地内にある資料館や霧笛舎にも立ち寄った驚いたのはあんなに大きな灯...

  16. --- ツメが甘い --- - Rphotography

    --- ツメが甘い ---

    お友達の写真に感化され息子に交渉する。↑ お茶会のもの↑ 家で息子が点てたものしかし…向きを変えた器は雪 =͟͟͞͞(꒪ỏ꒪)写真は冬までお預けとなる。

  17. Alone At Last, And Then(3) - ポートフォリオ

    Alone At Last, And Then(3)

    『地球が丸く見える』で有名な犬吠埼灯台に向かった19号踏切からも頭が見えていた車で僅かな時間で海岸線に出ることができるその景色を見るだけでも開放感が全開になる近くの駐車場に車を止めて 数百メートル歩くと灯台に到着するしかし実際に目の前にすると意外と小さいのだと驚いた岬の先端では海からの風も強く吹き付けるのだが何故だか冷たくて心地よく思えた「せっかくだから登ってみようか?」「そうね」本当に狭い...

  18. Alone At Last, And Then(2) - ポートフォリオ

    Alone At Last, And Then(2)

    どんよりとした曇り空でも 時々 雲の層が薄くなることがあって僅かながらにボンヤリとした太陽がその姿を見せる時があったそうなるとさすがに暑さを感じるのだが この土地は関東でも特異な気候風土があり だいぶ涼しいのだ鉄道マニアなら知らない人はいないと思われる「19号踏切」は一度訪ねてみたいと思っていた同じような踏切は小湊鉄道や いすみ鉄道にも存在はするがここはまた違った趣があって人気が高い「あれっ...

  19. Alone At Last, And Then(1) - ポートフォリオ

    Alone At Last, And Then(1)

    彼女の立ち姿はとても綺麗だと思うかかとから首筋までが真っ直ぐになるのに無理がないそして白がよく似合うここで女性を撮影しようと考えたのは もう随分と前のことだったただ被写体を探すにあたっては慎重だったことも事実で色々な条件を満たす人がなかなか見つからなかったのだローカル線のホームに立つ彼女の姿を収めようとファインダーを覗いた一瞬 時が止まったような錯覚を覚えた彼女と初めて逢った時に  私はなん...

  20. fashion photography - Ryo,Onodera Photography

    fashion photography

    photography : Ryo Onodera

1 - 20 / 総件数:88 件

似ているタグ