R→B B→Rのタグまとめ

R→B B→R」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはR→B B→Rに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「R→B B→R」タグの記事(11)

  1. viva Osaka - THANKS

    viva Osaka

    これほど近くにいながら、これほど話題になりながらグランフロントに初めて行く。夕焼けが綺麗だったので、建物のことなど目もくれず結局なんの建物なのか分からず。見ても分からないからとにかくスルーで50000人の写真展に向かう。(汗;おお会場!!写真を眺めつつ、どんな人が見に来ているのだろうかと聞き耳立てる。この写真上手いね。この当たりのボケ具合が良いよね。とか話す写真玄人だったり、ブルーインパル...

  2. 揺らぐ気持ち - THANKS

    揺らぐ気持ち

    悩んだ末に、これでいこうか。オリンパスのCCDの出す色合いも好きだ。木々の白さはぴかいちだ。これぞ赤外線写真だと本気で感じた。これが赤外線写真なのかと思うところまで本気で考えていた。それはカメラを変えた最近までずっと考えていたことだ。ニコンに変えてから、ずっとCCDとCMOSの違いに悩んでいた。現像でなんとかなるだろうと考えたりもした。それでもその壁は埋まることはなかった。キャノンミラーレ...

  3. 青ばかりの世界 - THANKS

    青ばかりの世界

    Canonの仕上がりは色鮮やかだ。それは赤外線写真においても同様だ。私はどちらかというとスッキリした色合いのNikonが好きだ。などと色に対していっちょまえな事を考えてみたりする。日本人は、色の識別が豊富などと聞いたことがある。虹の色は?という問いかけに七色と答える国は数少ない。では外国ではとググってみる。アメリカでは赤燈黄緑青紫の六色確かに虹のどのへんが藍色?と言われて答えられる自信は無...

  4. 心情の変化 - THANKS

    心情の変化

    あれ?あなた、まだそれやってたの?そう、言われる馬鹿になりたい。ただ続けるだけでなく、変化は必要だ。過去の写真となにか変化があったのだろうか?とても難しい疑問だ。カメラが変わり、悩みつづけたそんな日々も悪くない。たぶん、変化はあったのだろう。赤外撮影当初は、赤外写真でしか見られない、そんな写真を探し求めていた。葉っぱが白く写ることは理解できていたが、赤外線写真はそれだけではないのではと考え...

  5. 100円均一 - THANKS

    100円均一

    旅はつづく。安宿に宿泊した私は、朝食バイキングということをすっかり忘れており餌がなくなるとの理由で、私の唯一の楽しみである赤外線撮影を足早に切り上げさせられた。それからもあちこちと回ってはカラーの写真を撮り続ける。やばい、カラーで写真を撮るのがこんなにも楽しいものだったことに改めて気づき始める。。自分がなんで赤外線写真なんかを撮っているかを見失い始める。正直、たいした理由なんてない。私が撮...

  6. 美術5 - THANKS

    美術5

    昨日の絵はあまりにも酷い・・・。よくもまあ恥ずかしくもなく、あんな絵を公開するもんだ。。。(滝汗;昨日のつづき、車にどうやってカメラを取付け、どうやって運転中に出会う感動的な風景を写真に収めるか。道行く車をよくよく観察して考えてみた。小学校で美術5だった実力を見せるときがついにやってきた。こんなのを作ってこうやって付ける!!はい、絶対落としますね。。。ナンバープレートのボルトに共締めでこっ...

  7. 鳥居完成秘話 - THANKS

    鳥居完成秘話

    鳥居。生まれたときからよく見る不思議オブジェクト。これはいったいなんなんだ???私は思う。遠い昔はこれほどまでにも、こった作りではなかったのではなかったのではと。当初は二本立てた棒から始まったのではないかと。二本の縦棒だけじゃどうしても倒れて傾きよるぞと、つなぎに一本の横棒をいれたらどうだと。う~む、ちょっとそれだけでは強度がたらないぞとしょっちゅう横棒が折れよるぞとよし!もう一本、横棒を...

  8. 相対性理論 - THANKS

    相対性理論

    色を次元で表すと、三原色がXYZになって明るさの次元は時間軸だろうか。それはとても現実に近いように感じる。時間軸を物理の法則に取り入れた相対性理論これ実は、カラー写真にも適応するのでは!?

  9. Dimension - THANKS

    Dimension

    モノクロと赤外カラーとの違いを考える。カラーとモノクロは次元が違う。では、赤外カラーは何次元?RGBでなくL*a*b*が感覚的に近いと思う。赤外カラーを追求するには色についてもっと追求する必要がありそうだ。赤外カラーは可視カラーよりも色の次元が低いだからこそ低次元のモノクロのように色を自由に操作したときのなんだこの色へんてこりんと思うことが少ない。そういった意味では色の自由度が高い分野だと...

  10. 風を送らないといけない - THANKS

    風を送らないといけない

    黒澤明「乱」4Kデジタル修復版が公開されている。一度ビデオで見たことある映画だったが、あの黒澤監督映画が映画館で見られるとは!これを逃してなるものか!と思い立ち映画館に走る。映画館の中には20人ぐらいの人たちがいた。日曜の昼間にしては少なすぎる。ただ若い人もいたので、年代を超えた名作なんだと改めて関心した。黒澤監督は望遠でパンフォーカスを効かす手法をよくとられているようでとにかくレンズを絞...

  11. BW終了 - THANKS

    BW終了

    こころもからだもブラックなウィークが終了した。とりあえず、戦に勝利した。毎度のことながら、ほんとうに帰れてよかった~(涙;;夕暮れ時の逆光は昼間のとは、またひと味違う仕上がりになるようだ。夕暮れ時、木から木へと走り回って撮っている自分の姿が思い浮かぶ。近いうちに現実になるかもしれない。

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ