RANGEFINDERのタグまとめ

RANGEFINDER」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはRANGEFINDERに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「RANGEFINDER」タグの記事(27)

  1. #2 狂想曲を纏う 2017.7.22 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 狂想曲を纏う 2017.7.22

    好みというものは日々変化していく。ここ数年でさまざまな好みに変化があったが音楽もそのようで最近はインストばかり聞くようになった。ただし生活スタイルだけは容易に変えることはできず、こだわりばかりが増している。(Leica M-D (Typ 262) / Summicron-M f2/35mm 2nd)(Leica M-D (Typ 262) / Summicron-M f2/35mm 2nd)...

  2. #1 狂想曲を纏う 2017.7.22 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 狂想曲を纏う 2017.7.22

    梅雨明けと同時に蝉の鳴き声が激しくなり朝から嫌というほど夏を感じさせられる。となり町へ買い物へ出掛けるが、少し歩くだけで汗だくになり、とても気持ち悪い。せっかく来たので古い街道沿いをスナップして廻ると、どこからか漂う蚊取り線香の匂いが気持ちを少し涼しくさせてくれた。(Leica M-D (Typ 262) / Summicron-M f2/35mm 2nd)ズミクロン35㎜はグッドルッキング...

  3. #6 海の距離 2017.7.16 - Time will tell - Snap & Feeling

    #6 海の距離 2017.7.16

    古いレンズは開放で撮ることが多い。いちばんの味のあるおいしい部分であると思うので積極的にフレアが出ても使う。夕暮れ近い港の光景は懐かしさを覚える。海の匂い、肌に纏わりつく暑さもここではむしろ心地よい。液晶で確認すると虹色のフレアが表れる。祖母の外したリングのように光を放っていた。(Leica M9-P / Summicron C 40mm/f2.0)心が渇いた時しか訪れない灯台の町は、ボクに...

  4. #5 海の距離 2017.7.16 - Time will tell - Snap & Feeling

    #5 海の距離 2017.7.16

    2年半前に亡くなった祖父に続き祖母も先週旅立ち、ボクたち家族は4人だけとなった。人は皆、年老いてやがて土へと帰っていく。自分自身がいなくなることより、周りの人がひとりまた一人と消えていくことのほうが容認しがたいものだと思う。(Leica M9-P / Summicron C 40mm/f2.0)(Leica M9-P / Summicron C 40mm/f2.0)(Leica M9-P /...

  5. #4 海の距離 2017.7.16 - Time will tell - Snap & Feeling

    #4 海の距離 2017.7.16

    何十年も前に人気のあった車を見つけた。雑草が同居したガレージに雑然と置かれた光景は何故か寂しくは見えなかった。(Leica M9-P / Summicron C 40mm/f2.0)坂の多い場所で階段の数もかなりのもの。どの家も草が生い茂り、そのうち見えなくなってしまうのではないかと余計な心配をしてしまうほどだ。(Leica M9-P / Summicron C 40mm/f2.0)(Lei...

  6. #3 海の距離 2017.7.16 - Time will tell - Snap & Feeling

    #3 海の距離 2017.7.16

    いつもは音楽を聴きながらスナップするが波や空高く旋回する鳶の鳴き声がその代わりをしてくれる。灯台の町にくるつもりではなかったので40mmのレンズだったことは少し後悔した。(Leica M9-P / Summicron C 40mm/f2.0)風除けのコンクリート壁が多く、無機質な空間と緑が同居した町。こういう風景がボクには心に響く。(Leica M9-P / Summicron C 40mm...

  7. #2 海の距離 2017.7.16 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 海の距離 2017.7.16

    灯台も素晴らしいけど周辺の風景も捨てがたい場所だ。海や古びた建物、潮の匂いも含めて町全体がお気に入りの空間だと思う。絵かきの町と知られ、数多くの画家がこの地で作品を生み出してきた。今日も美大生だろうか、数名が灯台を望む場所でキャンバスに向かっていた。(Leica M9-P / Summicron C 40mm/f2.0)階段を駆け上がり神社を抜ける。海を臨む開けた場所に観測所らしき建物がある...

  8. #1 海の距離 2017.7.16 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 海の距離 2017.7.16

    衝動に駆られて来ることが多い。もう、3度目となる大王埼灯台。買い物で大阪に出たはずだが、用事を済ませて帰路に着きかけた頃、ここの風景を思い出した。昼を廻った時間なので一度セットしたナビの目的地を消去したがボクの頭からは消去できず、高速に乗り夕方前に到着した。(Leica M9-P / Summicron C 40mm/f2.0)観光客も少なく、蝉だけが夏の訪れを待ちわびていたように鳴いている...

  9. #3 午後の電車 2017.7.3 - Time will tell - Snap & Feeling

    #3 午後の電車 2017.7.3

    降りる駅を通り過ぎ、いつもの場所へ移動。少し曇り空になってきたけど、蒸し暑さは変わりない。夜も日に日に寝苦しくなってきている。自分に甘えクーラーを一度付けてしまうと後戻りはできなくなってしまう。(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)うっかりしていたが喫茶店は月曜日休みだ。目の前の楽しみを奪われたようで、とても残念な気持ちになる。ホームのベ...

  10. #2 午後の電車 2017.7.3 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 午後の電車 2017.7.3

    カメラ以外で最近ハマっていることがある。服やカバンもそうだが、それはアイスクリームを毎日食べること。子どもみたいだがやめたくても止まらず、買い置きがなくなると困るので冷凍庫にストックしてある。それもチョコ味ばかり。ハマると大人でも気を付けないといけない。レンズもアイスクリームもクレージーだ。(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)(Leic...

  11. #1 午後の電車 2017.7.3 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 午後の電車 2017.7.3

    今日は代休を取ったので午前中にレンズを受け取り午後の時間をスナップに向かう。特に観光名所もない町で電車を降りて当てもなく歩いてはファインダーを覗くことを繰りかえす。ズミルックスは噂通り癖玉で開放ではソフトな描写で独特の柔らかさを見せる。ハイライト部分の滲みも美しい。撮っているとお腹が減ってきた。目の前にソバ屋があり迷わず入る。暑い日にはアッサリしたものが食べたくなる。(Leica M (Ty...

  12. #4 ノンライツの評価基準 2017.6.18 - Time will tell - Snap & Feeling

    #4 ノンライツの評価基準 2017.6.18

    最近は車で出掛けると、その町のお店で食料品を買って帰ることが多い。こだわっている訳では決してなく、理由は単に面倒だから。今日もスナップ終わりに、買い物をして大きな袋を両手に駐車場へ向かう。(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)この先は入ってはいけないと、くどいように警告をしている。この先には、何があるのか好奇心を駆...

  13. #3 ノンライツの評価基準 2017.6.18 - Time will tell - Snap & Feeling

    #3 ノンライツの評価基準 2017.6.18

    昨日ほどは強い光ではないけど、蒸し暑さは変わりない。喉も渇くが、今日はなぜかシュークリームが食べたくなった。歩いている内に忘れるかと思ったが、やはり食べたい。店らしい店がなく、コンビニで買うが、ひとくち食べると、あれだけ欲していた気持ちは簡単に消え去っていく。不思議なものだ。(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)ど...

  14. #2 ノンライツの評価基準 2017.6.18 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 ノンライツの評価基準 2017.6.18

    2日続けてデジタルを持ち出す。M9のセンサーはMとは違い独特の青い発色をするようで寂し気で好きだ。それと、もうひとつはシャッターチャージ音。ジィーと静かに後を引く音がなんだか愛おしく思える。8月でCCDセンサーの不具合の無料交換が終了するそうだが、その後は有償でオーバーホールと同時に交換をしてくれるそうなので長く使えると安堵している。(Leica M9-P / Voigtlander NOK...

  15. #1 ノンライツの評価基準 2017.6.18 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 ノンライツの評価基準 2017.6.18

    対岸にある小さな町でスナップしようと思いいつもの喫茶店で何気にカメラを触っているとバッテリーの残量が無いことに気付く。予備の電池を取りに帰ったが伸びて暑苦しくなった自分の髪が気になり、そのまま散髪に行き、また思い出したように川向にスナップに向かった。たかが電池されど電池、確認をしっかりしないといけない。(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm...

  16. #4 真昼のラビリンス 2017.6.17 - Time will tell - Snap & Feeling

    #4 真昼のラビリンス 2017.6.17

    路地を歩いていると階段を見つけた。古いアパートのようで上に向かって伸びる階段の上は暗くて見えない。そっと足を踏み出すと、ギシギシと音を立てるが、この好機を逃してはと思い一歩づつ上がってみると、ボク的にうれしい光景があった。(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2) 初夏の強い光が見せる影が好きだ。緑と朽ちかけた人工物を求めて彷徨い迷う路地を味わう時間は何物に...

  17. #3 真昼のラビリンス 2017.6.17 - Time will tell - Snap & Feeling

    #3 真昼のラビリンス 2017.6.17

    町は決して大きくはないが、こだわりのある店が多いと思う。スナップしながら雑貨店を覗くのも楽しみのひとつだ。訪れる度に入るセレクトショップでキャップとフィルソンのトートを見つけた。店のオーナーの友人は海外でライカの代理店をしているそう。そんなやり取りも面白い。荷物になるので帰りまで取り置きをお願いして、引き続きスナップに興じる。(Leica M (Typ 240) / Summar L 5c...

  18. #2 真昼のラビリンス 2017.6.17 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 真昼のラビリンス 2017.6.17

    前に訪れた時に見つけた放置されたブルーのロードスター。少しずつ太陽に焼かれ色味が変化して自然に同化し馴染んでいく。(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)

  19. #1 真昼のラビリンス 2017.6.17 - Time will tell - Snap & Feeling

    #1 真昼のラビリンス 2017.6.17

    昨夜は遅くまで映画を見ていたので、今朝は気怠い目覚めとなった。そんな朝は動き出すのが遅く、フィルムを詰めようと思ったけど面倒になり、久しぶりにノンフィルムで家を出る。比較的空いていたので高速で小一時間で奈良へ着いた。蒸し暑く、午前と午後の光が混じる時間帯が似合う町だと思う。(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)少し遅い時間帯に到着したので駐車場は満車状態...

  20. #2 鍋と焼きそばと夕日 2017.6.3 - Time will tell - Snap & Feeling

    #2 鍋と焼きそばと夕日 2017.6.3

    少しずつ陽が傾き出す時間の光は逆光が似合うと思う。大きなソテツの木が強い光に照らされ原生林のように見える。(Leica M-D (Typ 262) / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)ここ最近、フィルムライカばかり使っていたからなのか、液晶のないM-Dにすら違和感を感じてしまう。大きさや重さではなくもっと本質的なことなんだ...

1 - 20 / 総件数:27 件

似ているタグ