RICOH GRⅡのタグまとめ (24件)

RICOH GRⅡのタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはRICOH GRⅡに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by PhotoPhoto Life

パワースポットへ行ってきました♪平日でも人多し(;´∀`)

by PhotoPhoto Life

2人が懐かしい漫画にハマったんで男3人で読み漁る毎日(;´∀`)

by gekitetsu写真日記

模様、質感が好み。。

by E-statice

動物の写真集が売れているようだ。犬や猫など可愛らしいものだけでなく、ゴリラも人気のようだ。”威厳のある佇まいが「哲学者」の雰囲気を感じさせる”という声もある。霊長類学の研究者で京都大学総長の山極壽一氏は、集団生活をするゴリラのまとめ役を「ボス」とは呼ばず、「リーダー」と呼んで区別する。ニホンザルの場合、トップに立つのは「ボスザル」で、常に自分の力を誇示することで立場を保つ。だが集団同士の喧嘩...

by PhotoPhoto Life

テスト勉強中

by PhotoPhoto Life

ブログ再開にあたり心機一転タイトルを変えようと思ったけど思い浮かばず...微妙〜に変えてます(;´∀`)

by 札幌日和下駄

僕は札幌の街につくと、ぶらぶらいるかホテルまで歩いてみることにした。風のない穏やかな午後だったし、荷物はショルダー・バッグひとつだけだった。街の方々に汚れた雪がうずたかく積み上げられていた。空気はぴりっと張り詰めていて、人々は足下に注意を払いながら簡潔に歩を運んでいた。女子高生はみんな頬を赤く染めて、勢いよく白い息を空中に吐き出していた。その上に字が書けそうなくらいぽっかりとした白い息だった...

by 札幌日和下駄

十一時の汽車にて札幌に来る。小樽より雪尠く、ゴム輪の車通ず。馬橇はやはり沢山あるが。八重さんにあげる切符を買い、父上の代理にて宮部氏のところを訪ねる。家移り、北小路というところ、小さい教授連の家らしいもの多くあるところ、令嬢嫁し、博士全く独り、雇人と暮される由、或感動を与えられた。樹木多き札幌の雪は、小樽より風情多し。「日記(1926年2月1日)」宮本百合子(1926年)樹の多い札幌の街は、...

by 札幌日和下駄

小樽に下車したときでございました。十二月のさなかなので町はすっかり雪、この雪のことも、くわしくおしらせしたいのですが、三尺も四尺も雪がつもったら歩けはしまいとおっしゃいましたけれど、立派に歩けますのですよ。しかも下駄ばきで歩けるのでございます。そのかわり、雪がすっかりふみかためられて鏡の面のように硬くなっておりますので、氷の上を歩くと同じなのでございます。はじめて小樽の街でその雪道に出ました...

by 札幌日和下駄

札幌市では23日午後11時現在の積雪が96センチとなり、12月としては1966年以来の大雪になった。千歳市の新千歳空港では23日夜までに284便が欠航し、過去に例のない6000人が空港内に足止めされ、JR北海道でも特急など計478本が運休して約5万人近くに影響した。利用客らは「もううんざり」という表情を浮かべた。毎日新聞(2016年12月24日)札幌は雪のクリスマスイブの朝を迎えた。もちろん...

by 札幌日和下駄

雪の国の停車場は人の心を何か暗くする。中央にはストーヴがある。それには木の柵がまわされている。それを朝から来ていて、終列車の出る頃まで、赤い帽子をかぶった駅員が何度追ツ払おうが、又すぐしがみついてくる「浮浪者」の群れがある。雪が足駄の歯の下で、ギユンギユンなり、硝子が花模様に凍てつき、鉄物が指に吸いつくとき、彼等は真黒になつたメリヤスに半纏一枚しか着ていない。そして彼等の足は、あのチヤツプリ...

by 札幌日和下駄

十一月の半ば過ぎると、もう北海道には雪が降る。(私は北海道にいる。)乾いた、細かい、ギリギリと寒い雪だ。――チヤツプリンの「黄金狂時代ゴールド・ラツシユ」を見た人は、あのアラスカの大吹雪を思い出すことが出来る、あれとそのままが北海道の冬である。北海道へ「出稼」に来た人達は冬になると、「内地」の正月に間に合うように帰って行く。しかし帰ろうにも、帰れない人達は、北海道で「越年(おつねん)」しなけ...

by 札幌日和下駄

遅くなって店を出てみると、まだ降り続いている粉雪に風さえ少しまじって、人通りの疎らになった夜の街は、古いフィルムのようにかすれて煙っていた。仙子はコートの襟を合せながら、ふと、あの男はこの大雪でも、銀行の前に立っているだろうかと思った。「凍原」船山馨(1955年)新しいカフェでコーヒーを飲んでいるとき、隣の大学生の会話が聴こえてきた。カフェと名乗っているけれど、店内はファーストフード店のよう...

by 札幌日和下駄

暁方(あけがた)の三時からゆるい陣痛が起り出して不安が家中に拡(ひろ)がったのは今から思うと七年前の事だ。それは吹雪も吹雪、北海道ですら、滅多にはないひどい吹雪の日だった。市街を離れた川沿いの一つ家はけし飛ぶ程揺れ動いて、窓硝子に吹きつけられた粉雪は、さらぬだに綿雲に閉じられた陽の光を二重に遮って、夜の暗さがいつまでも部屋から退(ど)かなかった。「小さき者へ」有島武郎(1918年)札幌や北海...

by 札幌日和下駄

札幌の町に吹雪が襲来し、小学校ではいそいで学堂を下校させたが、中に一人行方不明になった子があった。吹雪がやんでから手分けして探したところ、その子は雪の下でランドセルを枕にし、外套をかけて寝ていたので助かったという新聞記事を読んだのは、何年前のことだったろうか。その記事を読む私の耳には、ひゅうっと空気を切るすさまじい風の音がきこえ、湯けむりのようにもうもうと視界をさえぎる雪の渦巻が見えた。「ふ...

by 札幌日和下駄

正月に入ると大阪から、はるばる水島爾保布がやってきた。雪の札幌を大朝の漫画にするためだという。まず馬橇にのって丸山公園へ雪見に出かける。「人間をロシア人にとッかえたら、札幌はこのままロシアの町とまったく変わりがなくなるだろう」「サニン」の校正をしてくれた彼はそんなことをいって、しきりに面白がっていた。「因縁生」武林夢想庵(1918年)かつて、内地の人たちは、北海道に遠いロシアを見たらしい。札...

by 札幌日和下駄

北海道の風土や景色がどれほど自分の情念や感覚に影響をあたえているか、よくわからない。家人から「熊のようだ」といわれるのは、ひとつのユーモアにすぎないのである。北海道に出かけてくる「カニ族」はサイロや原野をみてエキゾシズムを触発されるようだが、ぼくはそんなにこの土地によそよそしくない代わりに、特に強いロオカリズムもない。「豚殺せ犬走れ」李恢成(1973年)夕方、大通公園までクリスマス市を観に出...

by 札幌日和下駄

初めて札幌へ出かける人に、どこを見ればいいかと訊ねられた場合、私は必ず植物園とビール園と創成川畔だけは指摘する。大通公園や中島公園は全国的に知れわたっていて、いまさら指摘の必要がないと思えるからである。もっとも、その大通公園にしても、内地からの旅行者の殆んどが、三、四丁目あたりだけを眺めて通りすぎてしまうらしいが、本当の大通の姿は西へ入るほど深まってゆく。三丁目四丁目あたりは、今では人工的に...

by 札幌日和下駄

雪は和子の面にも吹きつけるほど激しく、降っている。停電は、狭い一区画だけで、大通りの先は街燈もついていて、狂うように舞い落ちる雪片が、街燈のまわりで早い速度を浮き出させて見せた。「雪の降る小樽」佐多稲子(1950年)戦後間もない時期に、佐多稲子は小樽を訪れている。かつての盟友であった小林多喜二の母親に面会するためである。「雪の降る小樽」は、そのときの体験がモチーフとして用いられている。舞台は...

by 札幌日和下駄

札幌開拓の経営は、明治二年十一月十日に始まった。その年はことのほか積雪が少なく、寒気が過酷であった。秋が深くなって、例年なら雪が来るのに関らず、深い霜が降り、夜毎に彼等を悩ました。「札幌開府」寒川光太郎(1941年)札幌を舞台とした小説は数限りないと思われる。日本にして日本にあらずの北の島の都市である。内地の人々を惹き付けるだけの、不思議な魅力を持っていた。だから、札幌を舞台とした小説は、い...

似ているタグ