Sonnar 35mm F2.8のタグまとめ

Sonnar 35mm F2.8」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはSonnar 35mm F2.8に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Sonnar 35mm F2.8」タグの記事(16)

  1. 窓の雪と図書整理とContax T3 - 照片画廊

    窓の雪と図書整理とContax T3

    これもひと月前の撮影です私の育った三笠市辺りは冬になると一階の窓はほとんど雪にふさがれていました今日は気温が少し上がって雪も融けました今週は気温が高めの日が多いそうでますます融けてゆくと思います今日は古書店主が研究室に来ていま処分できる書籍を引き取って行きました2年間 研究室の書架を貸していただいた先生には感謝しつつ鍵をお返ししましたその部屋の片隅から昔購入したカメラの領収書などが出てきまし...

  2. 餃子の王将 - 照片画廊

    餃子の王将

    新札幌の餃子の王将です撮影はひと月ほど前だったと思います今日はホームセンターで浴室のスノコ板を買いがてら昼食を行きつけの蕎麦屋さんでと思って出かけたところ13時半過ぎにもう今日のそばは無くなったということでしたそこで急遽この餃子の王将に来ましたがここも110席のほとんどが埋まるという満席でした5分ほど待って着席できましたがこの混みかたは久しぶりに好天の日曜日だったからでしょうか安くて量が多い...

  3. 緊急設備の除雪 - 照片画廊

    緊急設備の除雪

    たとえ雪が深くても消火栓は埋もれさせるわけにはいきませんおそらく消防署から定期的に除雪に来るのだと思います公園のトイレも緊急設備と言えば言えますがいつでも使用できるように除雪されていますこのトイレはタクシーや運送業の運転手さんらがけっこう重宝に利用していますしかし誰がこんな風に除雪してくれているのでしょうか公園は市の土木課の管理ですが恐らくボランティアの仕事でしょう私自身はこのトイレは使いま...

  4. ロードヒーティングと修士論文口頭発表会 - 照片画廊

    ロードヒーティングと修士論文口頭発表会

    近隣のマンションの駐車場です私の住むマンションは4階建ての立体駐車場ですがほかでは青空駐車場のマンションがほとんどですしかし除雪が大変になりますからこうやってロードヒーティングを設置してありますまあ雪国のコスト高は止むを得ないですね今日は10時半から16時まで修士論文の口頭発表会がありました7人の修士が誕生することになりましたが当方が主査副査として関わったのが6人でしたから事前に論文を読むの...

  5. クロネコヤマトのキャリングカート - 照片画廊

    クロネコヤマトのキャリングカート

    ショッピングセンターの商品搬入口の近くですここは一部の従業員の自転車置き場のようになっていて時々クロネコヤマトのキャリングカートが置いてありますトラックで荷物をここまで運んで宛先に配達するまでの間このカートに保管して置くんですね雪のない時期なら屋外の路辺に置かれています東京でこのようなカートを見たことはありません置き引きのような間違いが起きなければよいがと少々危なっかしい思いで見ていますがこ...

  6. 住宅街の積雪模様とさっぽろ雪まつり開催 - 照片画廊

    住宅街の積雪模様とさっぽろ雪まつり開催

    今日からさっぽろ雪祭りが始まりました寒さに縮こまっていないでお祭りをやるのは雪国の生活者にとって元気が出るイベントではありますねしかし積雪というのは写真のように住宅地の邪魔者になっているのが正直なところですふだん何気なく公園を突っ切る近道も人がやっと通れる踏み跡があるだけですしかし立春を過ぎると日差しが強くなり雪融けが始まった気配が感じられます Contax T3

  7. 雪に埋もれたキャンプトレーラーと道南の歴史的積雪 - 照片画廊

    雪に埋もれたキャンプトレーラーと道南の歴史的積雪

    息子のアパートの隣のお宅です苫小牧市の1月は例年(緑色)ですとせいぜい10センチ程度の積雪ですが今年(青色)は4倍以上の積雪深で 累計すると10倍だとも聞きますいつもは深い雪に埋まる道央の岩見沢市は(生まれ故郷の近く)今年の場合は例年の6割程度なんですねこんな具合に各地で雪の降り方が異例ですと国道や道道ならともかく 市道もたくさんありますから自治体の除雪予算に影響が出てきますちなみに札幌市の...

  8. さながら反戦病院 - 照片画廊

    さながら反戦病院

    勤医協苫小牧病院の待合室ですこの日 息子が足の甲骨の手術のために入院しました勤労者医療協会 略称「勤医協」の病院です苫小牧病院は内科と整形外科だけですが整形外科の治療では定評があるようですさながら反戦病院のような幕が貼ってありましたがリハ室の中には「アベ政治を許さない」のポスターもありました入院病棟の談話室で休んでいるときに医事相談員さんが患者さんの退院後の生活の相談に乗っているところでした...

  9. 雪に耐える生け垣と修士論文の受領 - 照片画廊

    雪に耐える生け垣と修士論文の受領

    生け垣も春が来るまで雪に耐えています何だか政権による連日のトンデモ政治を見ていて早く退陣しないかと思うほかない毎日です今日は修士論文の提出日なので指導生がちゃんと出すかどうかハラハラしながら待機していましたが主査を務める2名と副査を勤める1名の分は受領しました主査の分はほとんど目を通してありますがもう一度再読しなければなりませんし副査の分も来週半ばまでには読み上げねばなりませんそれでも現政権...

  10. 冬の空と息子の手術見舞い - 照片画廊

    冬の空と息子の手術見舞い

    立春までもう少しですそれでもまだ一旦荒れると車の運転は怖いです今日は一度職場に立ち寄り夕方から苫小牧で怪我の手術をする息子のもとに出かけました途中の千歳付近ではほとんどホワイトアウト前の車のテールランプを見るのがやっとでしたちょうど手術中に到着しましたが午後6時過ぎに完了しました手術は右足の甲骨一本の骨折をつなぐために金属プレートを副えるものでした三四日で退院の予定だということです幸い帰路は...

  11. 公衆電話をかける人と「公用電話」 - 照片画廊

    公衆電話をかける人と「公用電話」

    公衆電話を使う人がいると撮りたくなりますソマホはおろかガラケーすら持たないというのはいまどきかなり潔いと言わざるを得ませんね公衆電話のことを中国語では「公用電話」と言いました微妙に意味のズレがある言葉で日本語の公用電話は私用電話に対する言葉です中国語で私用電話は何て言うかと考えたら思いつきませんそれもそのはずで かつては職場の電話を私用に使うのが普通でしたそれとは逆に今では 個人のスマホを公...

  12. 滑り止め砂のある道と米国の三権分立 - 照片画廊

    滑り止め砂のある道と米国の三権分立

    今日はこの写真のように良い天気でした久しぶりに外でリハビリウオークをやり この道も通りましたが昨日降った雪で凍結路面が露出していなかったです米大統領が就任して一週間 矢継ぎ早に大統領令を発布して公約通りの独裁ぶりを発揮しました特にテロ対策と称してイラク・イラン・シリア・スーダン・リビア・イエメン・ソマリア7か国からの入国を禁止したのには驚きましたしかしアメリカの社会は一筋縄ではなかったですロ...

  13. 駐輪場の雪と苫小牧往還 - 照片画廊

    駐輪場の雪と苫小牧往還

    冬の間使わない自転車にカバーが掛けてありますその上にも雪が降りかかりますが駐輪場の屋根の雪はまるで布団のようです今日は久しぶりに高速道を走って苫小牧まで往復しました仕事で怪我をした息子の様子を見に行ってきたのですが幸いに元気にしていました札幌の例年の累計積雪量は3メートルほどですが苫小牧は60センチ程度ですしかし今年の苫小牧は例年の2倍ありましたそれでも札幌に較べると少ないなぁというのが印象...

  14. 公立高校入試定員割れと母校の健闘 - 照片画廊

    公立高校入試定員割れと母校の健闘

    受験シーズンです北海道の公立高校の出願状況が公表されましたが3年連続の定員割れだそうですその中にあって我々の母校である三笠高校は人気があって昨年は1.3倍 今年は1.2倍だそうですもっとも北海道立の普通高校としては我々が札幌に来る直前2012年3月に閉校になりましたその後 三笠市立に移管されて食物調理科(調理師コース・製菓コース)だけになりましたが これが大成功で調理や製菓のコンテストでは全...

  15. ブーツスタンドと今学期の授業終了 - 照片画廊

    ブーツスタンドと今学期の授業終了

    近所に建築中のマンションのモデルルームの入り口ですモデルルームはお隣のショッピングセンターにあります季節が季節だけに デベロッパーはブーツスタンドを備えているようです今日で今学期の授業はすべて終わりましたが幸いに体調不良などで休講にすることなく完了です今学期の大学院講義は日本語が分からない受講生が2名いたので講義資料は日中両国語で作りセルフ同時通訳で話をしました日本語のわかる3名を含む5名の...

  16. 寒に堪える石楠花とバカ首相に堪える国民 - 照片画廊

    寒に堪える石楠花とバカ首相に堪える国民

    石楠花は寒い雪の中でもじっと堪えています春になって雪が融けるといち早く艶々した緑葉を見せてくれます昨日の首相の国会答弁はひどかったですね「訂正云々」と原稿にあったのを声張り上げて「ていせいでんでん」と読んじゃいました原稿を書いた官僚もまさか「云々」にカナを振る必要があるとは思わなかったんでしょうこの程度の基礎学力の人間が行政のいろんな問題をちゃんと理解して最も適正な判断が下せるとは到底思えま...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ