TRAVELのタグまとめ

TRAVEL」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはTRAVELに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「TRAVEL」タグの記事(48)

  1. ダブリンの気候 - mamiノート

    ダブリンの気候

    ダブリンに来て2日ほどは、日差しが強くてもちろんサングラスが必要、日焼けの心配をした。日傘や帽子、手袋で日焼け対策をしている日本に比べ、こちらの女性も観光客もサングラス程度で無防備に思える。変に目立つのも嫌なので、どうしようかと思っていたら、昨日、今日と最高気温は20度程度の曇り空。私は、薄手のカシミヤのセーターの上に薄いマッキントッシュのコートを着て丁度いい位だけれど、体感温度が違うので半...

  2. 2016 Санкт-Петербург旅行 5 - ミュージカルおたく歴20年。海外ドラマフリーク歴17年。

    2016 Санкт-Петербург旅行 5

    木曜日。朝食。食事中、窓の外を見たら・・・ОМОНの車両が通った!!!泣く子も黙るとか言われているらしいOMOHを生で見かけた~。幸運だ(?)。船でペテルゴフへ。この船の中で、やっと他の日本人観光客に遭遇。それまで全然日本人観光客を見かけなかったのだ・・。一番の名所の階段のところでは、ソ連映画を記念したイベントの設営が進行中だった。マイクテストが大音量で、やかましい。CCCPの旗がはためいて...

  3. 2016 Санкт-Петербург旅行 4 - ミュージカルおたく歴20年。海外ドラマフリーク歴17年。

    2016 Санкт-Петербург旅行 4

    水曜日。朝食。バスでДворец Меншикова(The Menshikov Palace)に行く。ネフスキー通りからUniversitetという停留所までバスに乗ったのだが、遠足らしき小学生の団体がいてバスは大混雑。下車後、スリに夫の鞄の中を探られた形跡あり。幸い貴重品は持ち歩いておらず、何も盗られなかったが、混むバスはスリに注意が必要ですね。メンシコフ宮殿近くの風景。Universi...

  4. アイルランド文学 - mamiノート

    アイルランド文学

    アイルランドは過去4人のノーベル文学賞受賞者が出ているほど文学で有名なためか、ダブリン歩くと、作家たちの足跡をたどることができる。 ジェイムス・ジョイス(James Joyce)は、『ユリシーズ(Ulysses)』が代表作だが、これは読んでないが『ダブリン市民(Dubliners)』は読んだ。今回、市内の観光地を巡回する乗り降り自由の"Hop-on Hop-off"のバスの2日間チケットを使...

  5. 真田家ゆかりの松代&上田の旅 (追記) - nazunaニッキ

    真田家ゆかりの松代&上田の旅 (追記)

    松代&上田の旅、HPのニッキのアーカイヴ。11.神無月 TUE くもりのち晴れ連休中、法事で長野へ出かける。行きの車中で駅弁を食べる。私はだんぜん肉派。。。ダンナさんはカキめし。やっぱり関西の牛肉は美味しいと思う。厚岸のかきめし、一口貰ったらカキの味が濃厚で美味。いいね、いいね。 久しぶりの長野・松代。ダンナさんの親戚を訪問。沢山のお菓子と共に、お茶請けに出して下さったフキの佃煮。これが...

  6. 箱根湯本でゆったりと。(追記) - nazunaニッキ

    箱根湯本でゆったりと。(追記)

    01.師走 THU 雨のちくもりなかなか前もって予定を立てられない我が家の事情の中、予定をかいくぐって、急遽、箱根まで小旅行と相成った。新宿駅で軽食を買い求め、小田急ロマンスカーの乗り場へ急ぐ。しかし!その後、待てど暮らせど列車が来ない。。。1時間前に出るはずの列車すらまだ来ていないようで、ホームには呆然とした人々の群れ。駅員が何度もダッシュしながらの右往左往。切符の払い戻し、買い戻しの人々...

  7. 2016 Санкт-Петербург旅行 3 - ミュージカルおたく歴20年。海外ドラマフリーク歴17年。

    2016 Санкт-Петербург旅行 3

    火曜日。朝食。夫が高熱を出して体調不良。私はСтокманнに行き、デパート見学しつつ、デパ地下の食料品売り場でちょっと買出し。Площадь Восстания駅の近くのピローグ屋、Пирожковаяで昼食。ピローグ以上にスープがおいしかった。体調不良の夫は観劇を断念。私は«Бал вампиров»を見にСанкт-Петербургский государственный театр...

  8. 2016 Санкт-Петербург旅行 2 - ミュージカルおたく歴20年。海外ドラマフリーク歴17年。

    2016 Санкт-Петербург旅行 2

    2日目(9/5)。ホテルで朝食。野菜、果物やハム・チーズ、ブリヌイ、Сырники、каша、ヨーグルトなどのビュッフェ+4種類ぐらいの温かい皿から1つ選択、という形式。russian breakfastというのを選択したら、こんな感じだった。ブリヌイやкашаも食べてみた。洋梨のカットの仕方が日本とは違うのが面白かった。Русский музей(ロシア美術館)へ。明治期の日本を描いた絵が...

  9. 2016 Санкт-Петербург旅行 1 - ミュージカルおたく歴20年。海外ドラマフリーク歴17年。

    2016 Санкт-Петербург旅行 1

    2016年9月の«Бал вампиров»観劇の為のサンクトペテルブルグ旅行の記録。(ずいぶん時間が経過してしまったので、適当かも)。9月4日(日)、JALでモスクワのドモジェドボ空港へ→S7に乗継でПетерのプルコヴォ空港へ。ドモジェドボ空港は、前回の旅行で通過したシェレメチェボ空港より、職員さんたちがややくだけた態度だったような気がする。でも、ドモジェドボ空港でも、パスポートとか書類...

  10. DAY5:クルーズ復路★アートギャラリーのオークションに参加してみる〜シンガポールからクルーズの旅10 - フォトジェニックな日々

    DAY5:クルーズ復路★アートギャラリーのオークション...

    さてはて、シンガポールからクルーズの旅、最終日の5日目です。にほんブログ村5日目データ。晴れ時々曇り、摂氏24度。終日航海の日。プーケットを後に致しまして本日はシンガポールに向けて一気に復路。よって丸一日船上ライフです。朝はゆっくり起きましてデッキ11のウィンジャマーカフェにて朝食ビュッフェ。こちら朝5時半からオープンしているそうです。とても混み合っていたのでカフェのお隣にあるジョバンニ’s...

  11. 久しぶりの奈良・法隆寺へ(追記) - nazunaニッキ

    久しぶりの奈良・法隆寺へ(追記)

    お正月に帰省して、まず法隆寺へ行ってみようと思った。いにしえの寺の景観は、東京では得られないものの一つ。午後遅めにようやく法隆寺駅に到着したら、法隆寺門前行きのバスの乗客は私だけ。。。京都の寺社に比べたら静かな参道。西岡棟梁が手掛けた法隆寺の五重塔、そして講堂。回廊の天井の梁、柱、門など。木組みの美しさを堪能できる。夢殿へ向かう途中に見える門寺(?)の土塀。屋根屋根にある鬼瓦、すべて意匠が違...

  12. 松本クラフトフェア その2(追記) - nazunaニッキ

    松本クラフトフェア その2(追記)

    鉄の電笠に見入ってしまう。黒い鉄の笠では電球の光りの拡がりとかはないので、オブジェの役目だけになるかもしれないけれど、それでも何か惹かれてしまいます。みんなのハートを鷲掴み!京都の「青土」さんの素敵なブース。苧麻や麻の手績みの糸や、布などの販売。お客さんで賑わっていた。天然素材で染めた麻布も販売されていたので即入手!建物の中ではものづくりのための素材を扱うお店が出店。絹の糸、指なし手袋や絹シ...

  13. 松本クラフトフェアへ行ってきました。(追記) - nazunaニッキ

    松本クラフトフェアへ行ってきました。(追記)

    五月末、長野県松本市で開催されたクラフトフェアへ行ってきました。   お天気にも恵まれて、想像していたよりも混雑することもなく、のんびりと色んな作品を見て廻ることが出来ました。フード系のブースもいっぱい出ていたので芝生や木陰にシートを敷いたりして、くつろぎながら食べたり、アイスコーヒーを飲んだり、心地よく過ごせて楽しかったなあ。こんな風に、太陽と青い空の下、ヒマラヤ杉の森の中でのイベントは、...

  14. 6月最初の月曜日の朝 - あっぷるパイ

    6月最初の月曜日の朝

    月曜日です今週も頑張りましょう昨日は、なんば➡梅田➡茶屋町へとブラブラしました収穫はカバン夏らしい感じでしょ?最後はバスの時間待ちの間、グランフロント大阪で食事&夫はビールをグビグビ帰りのバスの中は2人して爆睡 (@_+ *)はぁ~身体がダル重~いです午前中は検察庁に謄写に行ったり、裁判所に書類提出したり暑くなければいいな

  15. 出雲の出土品(追記) - nazunaニッキ

    出雲の出土品(追記)

    旅行に行くと、地方の博物館を見学するのは楽しみに一つ。特に歴史深い土地など、出土品や遺跡、遺構などが豊富だったりするとワクワクする。そういう意味では西日本はたまらない。古代の祭器の銅鼓。銅鐸。表に刻まれた文様。日本列島は太古には大陸と地続きになっていて、また北米のアラスカ付近も、つながっていたような話を聞いたことがある。ネイティブアメリカン、いわゆるインディオの民族のルーツと、古代日本人は繋...

  16. 大阪粉もん天国 いか焼き~ - nazunaニッキ

    大阪粉もん天国 いか焼き~

    大阪梅田の阪神百貨店地下のイカ焼きを食べないことには、大阪に来た甲斐がない(オーバー)梅田は地上も地下街も、ずいぶん昔と変わってしまって、なかなかたどりつけない。イカ焼き屋さんはわかりにくいところにあったので、見落とすところだった。でも、そのせいか何なのか、あんなに賑わっていたお店が、ちょっと寂しい感じになっていた。仮店舗なのかな。東京では食べられない味。(有楽町の交通会館や中目黒にもイカ焼...

  17. 温泉津から石見銀山へ(追記) - nazunaニッキ

    温泉津から石見銀山へ(追記)

    温泉津の旅館から、早朝8時半に乗り合いタクシーで石見銀山へ向かうことに。一台貸し切りだと3,600円。3人揃ったので一人1,200円で行ける。石見銀山の全体を回るには、範囲が広いのでコースを考えていかないといけない。ツアーガイドさんをつけて回った方がいいよと、さんざん運転手さんや世界遺産センターの方が、親切にアドバイスしてくれたけど、午後1時半には関西へ戻るためにバスに乗らないといけない。ゆ...

  18. DAY4:エクスカーション☆プーケットからピピ島へ〜シンガポールからクルーズの旅9 - フォトジェニックな日々

    DAY4:エクスカーション☆プーケットからピピ島へ〜シ...

    はい、やっとピピ島です。期間限定参加中にほんブログ村4日目データ。お天気晴れ時々曇り、摂氏29度。プーケット沖合停泊AM8:00最終乗船時刻PM7:30タイはプーケット沖に到着致しました。4日目は事前に申し込んでいたエクスカーションの日。朝食をルームサービスでお願いしまして早めにお部屋のデッキにて頂きました。食べたような食べなかったような、、、結局バタバタと下船準備開始。さすがのプーケット。...

  19. 出雲から温泉津へ(追記) - nazunaニッキ

    出雲から温泉津へ(追記)

    中国地方は岡山辺りまでしか行ったことがないので、しかも、島根は山陰地方。神話と神秘が満載の国。もう見るもの全てが新鮮で、この海の景色の美しいこと。山陰地方は交通の便があまりよくない。でも、それがかえって自然や古代遺跡などが守られてきた所以なのかも。出雲大社さんの周辺を歩いているときも、地元の方とすれ違うと必ずといっていいほど、にこやかに挨拶してくださった。心持ちが穏やかで、旅人を笑顔でもてな...

  20. 京都の東寺の骨董市へ(追記) - nazunaニッキ

    京都の東寺の骨董市へ(追記)

    弘法さんの市へ。京都の暑さは知っていたけど、恐ろしいほどの蒸し暑さ。まだ6月なのに。境内の中はほとんど日陰がないので、手水舎のひんやりした空気がオアシスに感じるほど。東京では見かけない屋台を見ると、ダンナさんは特にワクワクするようだ。熨斗するめをゲット。美味しいけれど、口の中の水分を持っていかれる。。。喉がカラカラ。そして、今日は朝早くどしゃぶりだったので、骨董市のお店がかなり少なかった。せ...

1 - 20 / 総件数:48 件

似ているタグ