TRAVELのタグまとめ

TRAVEL」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはTRAVELに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「TRAVEL」タグの記事(59)

  1. ダルメイン(Dalemain) 追記 - mamiノート

    ダルメイン(Dalemain) 追記

    旅行から帰って、1か月以上が過ぎた。帰ってすぐは、留守中のリフォーム後の処理に追われ、その後は猛暑の日々が続き、旅行中の写真や資料の整理などできなかった。8月になりずっと雨模様の天気が続き、ようやく今日(8月16日)になって旅行中慌ただしく書いたブログを補足しようという気になった。気になっていたのが、以前NHKのテレビでも放送されたダルメイン。この日は、当日も書いたがエジンバラ近郊から湖水地...

  2. ウィティック・マナーの素敵 - mamiノート

    ウィティック・マナーの素敵

    ウィティック・マナーでは、もちろんモリスのインテリアに魅了されたのだが、その他にも、好ましく思える要素満載だった。まず、至る所に生花が活けられていた事。およそ17エーカー(69,000㎡)もある広大なガーデンも、モリスの影響を受けている。そして、花が咲き乱れている。花は集められるようだ。室内で実際にアレンジしている様子も垣間見られた。ここまで、開放的なマナーは初めて。ナサリー・ルームの可愛い...

  3. ラファエル前派 ウィティック・マナー - mamiノート

    ラファエル前派 ウィティック・マナー

    ウィティック・マナーには、多くのラファエル前派の絵画が飾られていた。最初のコレクションは、ロセッティによるJane Morris(モリスの妻)の肖像で1937年に14ポンドで購入。ラファエル前派のコレクションのパイオニアだったようだ。ダンテ・ガブリエル・ロセッティ、ジョン・エヴァレット・ミレイ、ウィリアム・ホルマン・ハントの3人の美術学生によって1848年に結成されたPre-Raphaeli...

  4. ウィティック・マナー&ガーデンズ ウィリアム・モリス編 - mamiノート

    ウィティック・マナー&ガーデンズ ウィリアム・モリス編

    英国の旅行中に訪れたナショナルトラストのプロパティの中でベストだったのが、イングランド中西部ウェスト・ミッドランドのウォルバーハンプトンにあるWightwick Manor(発音はwittic)だった。1887年に、産業革命で塗料やインクの大量生産で財を成したTheodore Mander によって建てられた。外観は見事なハーフ・ティンバー・スタイルで、1893年に大規模な増改築が行わた際、...

  5. 神田・万世橋のmAAchの今、昔。。。 - nazunaニッキ

    神田・万世橋のmAAchの今、昔。。。

    神田・万世橋にあるmAAch マーチ・エキュート。かつてはここに交通博物館があった。そして、それ以前にはJR万世橋駅があったらしい。交通博物館が閉館になって、昔の駅の跡地が公開されたときに内部の見学会があったので、その時の写真をアップ。「まんせいばし(万世橋)」と書かれた駅表示も。長年閉ざされていた内部の階段。でも、現在は商業施設としてよみがえってる。同じ場所を写した現在の様子はこちら。でも...

  6. ヴィクトリア朝から続くバーレイ社陶器 - mamiノート

    ヴィクトリア朝から続くバーレイ社陶器

    ウインダミアのホテルからコッツウォルズに移動する日、英国陶磁器の町ストークオン トレントに立ち寄った。Burleigh( バーレイ)社1851年にWilliam Leighによって設立されて以来160年以上も続く老舗のポタリーで、昔ながらの銅版転写を使い、現在もなお職人たちが昔のままの手作りで陶磁器を作り続けている。色の美しさや英国の自然や花々を模った素朴なパターンが特徴で、原料の土からすべ...

  7. 江戸東京博物館の両国から錦糸町へ - nazunaニッキ

    江戸東京博物館の両国から錦糸町へ

    江戸東京博物館を後にして、両国駅に新装オープンのレストラン街に甘味処があるようなので行ってみる。お食事処は空いているけれど、喫茶系はその甘味処が一軒だけで、しかも長蛇の列。カフェ系が無いのが残念なレストラン街。。。仕方がないので、他をあたることに。両国に来たら必ずといっていいほど寄っていた甘味処の「国技堂」は、最近代替わりしたのか、何だか雰囲気が一変してしまったので遠慮することに。。。どこへ...

  8. レッドブルエアレース スカイラウンジ観戦記 - E's Monologue.

    レッドブルエアレース スカイラウンジ観戦記

    日本人エアレースパイロットの室屋義秀選手の2連覇で幕を下ろしたエアレース千葉大会。初めて現地で生観戦した様子をご紹介したいと思います。  今回の観戦は、前戦サンディエゴで室屋選手の優勝が決まってから決めましたので、4月下旬頃から色々手配を始めました。幸い今年は開催される6月の最初の週末を開けることが出来たので、まずはホテルの手配を試みたところ、会場の直ぐ近くのアパホテルを確保することが出来ま...

  9. 山梨の旅 勝沼から塩山 ~過去のニッキから~ - nazunaニッキ

    山梨の旅 勝沼から塩山 ~過去のニッキから~

    03.皐月 FRI 晴天寒くなると聞いていたけど今日は本当に過ごし易い良いお天気。中央線特急に乗って、いざ山梨へ。勝沼ぶどうの郷駅で下車。電車から降りた途端、爽やかな空気に包まれる。空気が美味しい!きっと山の上へ登るともっと清清しい空気が待っているのかも。ワイナリーツアーに出かける人々のタクシーを待つ列を通り過ぎて目的の場所へ。 駅のすぐ横にある公園。その奥にあるのは昔のレンガ造りの大日影ト...

  10. 白川郷~富山~小松 - 京都ビジネス学院 舞鶴校

    白川郷~富山~小松

    白山ホワイトロード~白川郷富山城海王丸

  11. 長い1日 晴れた空 - mamiノート

    長い1日 晴れた空

    コッツウォルズでは、チェルトナムの郊外のBBに2泊した。高台にあったので、見晴らしが良かった。日の入りが、午後9時半。ちなみに日の出は5時前。ナショナルトラスト9こめは、有名なヒドコート。Hidecote Manor Gardenここについては、帰ってから書こうと思う。その帰りに、ラベンダーを見によった。スノーズヒルをドライブ中一面のラベンダーがチラリと見え、調べたらここのようだ。Hill ...

  12. さよなら九段下ビル 2011.dec.26 (追記) - nazunaニッキ

    さよなら九段下ビル 2011.dec.26 (追記)

    HPのニッキ アーカイブ母屋のHPのnazunaニッキは2年分だけ残してあるので、以前のニッキをブログにアーカイヴとして残すことに。私が初めて東京に住み始めたときから(ン十年前)、九段下に異様な迫力をもって存在していた九段下ビル。仕事の行き帰りに通る度に、一度入ってみたいと思いながら、叶わなかったけれど、ビルが解体されることになったと聞いて、是非とも見ておきたかった場所。丁度東日本大震災があ...

  13. 映画やドラマの舞台となるお城 - mamiノート

    映画やドラマの舞台となるお城

    Alnwick Castleアニック城は、ノーサンバーランド州にあり、現在もノーサンバーランド公爵一家の住まい。ウィンザー城に次いで2番目に大きな居城。ハリー・ポッターシリーズの最初の2作で、ホグワーツ魔法学校として使われたそうで、庭では、ホウキにまたがる子供達が楽しそうに練習していた。『ダウントンアビー』では、ローズの義理の父シンダービー卿に狩猟に招待されるたシーンがこちらで撮影されたよう...

  14. ハドリアヌスの城壁 - mamiノート

    ハドリアヌスの城壁

    ハドリアヌスの城壁は、北からの蛮族の浸入を防ぐため西暦122年頃に建設された。城壁の中でも保存状態の良いHadrian's Wall and Housesteads Fort(ハウステッド・フォート)に行ってみる。旅行中のナショナルトラスト3つ目。ハウステッド・フォートの案内板。ブリテン島を東から西に横切る形で高さ5メートル、長さ117キロで、ローマ帝国の最北端になる。城壁に沿って復元された...

  15. 楽しみなアフタヌーン・ティー - mamiノート

    楽しみなアフタヌーン・ティー

    英国といえば、やはりアフターヌーン・ティ。楽しみにしていたので、今日のホテルで予約してあった。ニューカッスル、ダラム、サンダーランドから車で簡単にアクセスできるLumley Castleは、600年以上に渡りダラムの景色を形作ってきた雄大で壮観な宿泊施設(ホテル案内から)これらの写真を見ると、格調高い古城ホテルを想像するかもしれないが、全くそうではなくて、ホテルのスタッフ古風なコスチュームな...

  16. 修道院の廃墟 Fountains Abbey - mamiノート

    修道院の廃墟 Fountains Abbey

    1132年にシトー派の修道院として建造されたというファウンテンズ・アビー。ヘンリー8世のカトリック教会との絶縁により修道院は閉鎖され、廃墟になった。1987年に周辺のスタッドレー王立公園 (Studley Royal Water Garden)とともにユネスコ世界遺産に登録され、ナショナルトラストが所有管理している。廃墟の物語る400年のシトー派の修道士達の生活。修道僧が水車製粉場として使用...

  17. サマータイム - mamiノート

    サマータイム

    今日は、ヨークシャー・デイルズのSettleという小さな町に泊まる予定なので、途中でブロンテ姉妹のゆかりの地であるハワースにも立ち寄りたいと思った。最新式のナビの使用に慣れていなかったので、ハワースの町の名前だけを入力しておいたら、小さな街をさっと通り抜け丘陵地に入ってしまった。荒野の中の細い道でUターンもできず、結局は、エミリーの愛したハワースの荒野とその起伏を眺めるドライブとなった。人家...

  18. 2016 Санкт-Петербург旅行 7 - ミュージカルおたく歴20年。海外ドラマフリーク歴17年。

    2016 Санкт-Петербург旅行 7

    土曜日(9/10)。朝食。ホテルの窓の外の風景。窓の外を見ると、前夜見た道路清掃車が歩道を走っていた。働く自動車シリーズ。タクシーで空港に向かう。空港に向かう道中で急に渋滞。もしや事故渋滞かなあと思ってyandexの交通アプリで確認したら、やはり事故。しかも2か所だ。早めにホテルを出ているので、まあフライトに乗り遅れることはないだろうとは思ったが、ちょっと焦る。運転手さんは、ちょっと車が入れ...

  19. 2016 Санкт-Петербург旅行 6 - ミュージカルおたく歴20年。海外ドラマフリーク歴17年。

    2016 Санкт-Петербург旅行 6

    金曜日。今後、またペテルブルグにミュージカルを見に来る可能性を考え、「オネーギン」や「巨匠とマルガリータ」などが上演されるをチェックしに行く。Горьковскаяで地下鉄を下車。なんだか、ムスリムらしき人が多いなあと思ったら、近くにモスクがあった。Санкт-Петербургская соборная мечетьですね。とても綺麗な建物だった。軍人さんが数人、駅~モスクのあたりで警備し...

  20. ダブリンの気候 - mamiノート

    ダブリンの気候

    ダブリンに来て2日ほどは、日差しが強くてもちろんサングラスが必要、日焼けの心配をした。日傘や帽子、手袋で日焼け対策をしている日本に比べ、こちらの女性も観光客もサングラス程度で無防備に思える。変に目立つのも嫌なので、どうしようかと思っていたら、昨日、今日と最高気温は20度程度の曇り空。私は、薄手のカシミヤのセーターの上に薄いマッキントッシュのコートを着て丁度いい位だけれど、体感温度が違うので半...

1 - 20 / 総件数:59 件

似ているタグ