Tamron SP AF 28-75mm F/2.8のタグまとめ

Tamron SP AF 28-75mm F/2.8」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはTamron SP AF 28-75mm F/2.8に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Tamron SP AF 28-75mm F/2.8」タグの記事(16)

  1. 今年も咲いたよハナミズキ♪ - Soul Eyes

    今年も咲いたよハナミズキ♪

    今年も我家の紅白のハナミズキが咲き始めました。ハナミズキが咲くと、春も本番、いよいよゴールデンウィークが近いことを実感します。ちなみ紅花は園芸店で買ってきた苗から育てましたが、白花は鳥が運んできた種から実生しました。生育状況は・・・圧倒的に白花の方が優勢です。^^;先に紅花を植えて、数年後に白花が実生したのにもかかわらず、今では白花の方がずっと背が高くなりました。やはり野生の方が生きようとす...

  2. 秘密の花園 - Soul Eyes

    秘密の花園

    久しぶりに愛知県の西三河の安城市にあるデンパークに行ってきました。安城市は、かつて「日本デンマーク」と呼ばれ、稲作、畑作、果樹、畜産などの多角形農業をすすめてきました。デンパークはそんな歴史に彩られたデンマーク風の庭園が広がるテーマパークです。そのデンパークの一角に、「秘密の花園」と呼ばれるコーナーがあります。四季折々の花がひっそりと咲く庭園で、赤煉瓦の壁が錆フェチの心をくすぐります♪この秘...

  3. 晩冬の廃駅 - Soul Eyes

    晩冬の廃駅

    久しぶりに名鉄三河線「旧・三河広瀬駅」に行ってきました。前回訪れたのは、昨年の梅雨明けのころでした・・・生い茂る雑草の緑がまぶしい季節でしたね。今回は晩冬ということもあり、正反対な雰囲気でした。駅の前の林も葉をすべて失っていましたし、線路の上には枯葉が目立ちました。廃駅らしさ、と言うことでいえば、やはり夏よりも冬かもしれません。今年は晩秋の紅葉の季節に訪れてみたいものです。愛知県豊田市 東広...

  4. 早春の宿場町 - Soul Eyes

    早春の宿場町

    今年も例年通り、足助町の「中馬のおひなさん」を見に行ってきました。でも、お雛祭りはとっくに済んでしまいました・・・エントリをアップする順番を間違えました。^^;なので、今年は「お雛様のいない中馬のおひなさん」をご紹介しましょう♪牛肉の入ってないすき焼みたいな感じですが、古い宿場町の早春の雰囲気をお楽しみください。(^_^メ)愛知県豊田市足助町にてNikon D610Tamron SP AF ...

  5. 春惜月 寫誌 ④ CCD VS CMOS - le fotografie di digit@l

    春惜月 寫誌 ④ CCD VS CMOS

    科学的ではない非常に俗物的なセンサーの比較:結論、所詮趣味の世界は好きか嫌いかでしかないと…. EPSON R-D1x (610万画素CCD APS-Cセンサー):まるでPlannarを使いKodak Try-Xで撮ったかの力強さ. EPSON R-D1x  COLOR SKOPAR 25mm F4P                                 拡大表示は画像クリック ...

  6. 熟成が進む草ヒロ市営バス - Soul Eyes

    熟成が進む草ヒロ市営バス

    冬枯れの季節は「草ヒロ」の季節・・・そう、夏の間は雑草に覆われていてアクセス不能な草むらのヒーローたちも、この季節なら近寄れます♪ひさしぶりに、荒野に放置された名古屋市営バスをチェックしに行ってきました。うむ、一年ちょっと前の撮影に比べると着実に劣化が進行している・・・赤錆がより顕著になりつつあるようでした。この分でいけば、あと5年もすれば、かなり優秀な草ヒロ物件となるでしょうね。定点観測が...

  7. 稼ぎ時の天神さん - Soul Eyes

    稼ぎ時の天神さん

    西三河の受験の神さまと言えば、岡崎の岩津天満宮が有名です。2月末に訪問してきましたが、さすがこの季節は参拝客でいっぱいになっておりました。受験シーズンですから、いわば稼ぎ時ってことでしょうか。^^また岩津天神は梅でも有名です・・・でも、こちらはまだちょっと早く、五分咲きでした。梅園が満開になるのは3月になってからのようでした。愛知県岡崎市岩津町東山53 岩津天満宮にてNikon D610Ta...

  8. 冬田の傷跡 - ~風紋~徒然歳時記

    冬田の傷跡

    nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 撮影フォトテクニックデジタル 3月号の読者投稿ギャラリーノンジャンル部門にて入選致しました。[選評]選者 テラウチマサト先生の選評トイカメラで撮った様な、あるいはポジフィルムをネガ現像したような”クロスプロセス”的な効果をレタッチで施した写真。ただ、このレ...

  9. 終宴の刻 - ~風紋~徒然歳時記

    終宴の刻

    nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 撮影アサヒカメラ 2017年 03月号 カラープリント部門にて4位入選致しました。アサヒカメラは今年2回目の掲載。この作品はガンレフのストックに投稿してあった京都旅行の紅葉写真のポートフォリオを送ったもの。デジタルカメラマガジンのフォトコンでは選ばれること...

  10. わが青春の廃ゼット (写真部門) - Soul Eyes

    わが青春の廃ゼット (写真部門)

    写真友達のI君に教えてもらった赤錆物件です。この目ん玉つながりは見覚えがあります・・・アレに違いないと思って調べてみたらビンゴでした♪どうやらダイハツ・ハイゼットの第4代目モデルS40V型のようでした。これは550cc規格になってから最初に登場したモデルで、1976年-1980年に販売されたものだそうです。お~、そうなんだ・・・この期間、私の大学生時代とちょうど重なります。当時、免許を取った...

  11. 狸が見守る秘境駅 (写真部門) - Soul Eyes

    狸が見守る秘境駅 (写真部門)

    昨年末の大井川鐡道、最後の写真です。千頭駅から再び普通列車に乗って地名駅に戻り、そこから向かったのがこの神尾駅でした。大井川鐵道大井川本線の駅で、2007年度の1日平均乗車人員は2人だったそうです。集落からはかなり離れているので、地元の方は自動車を使う方がずっと便利なんでしょうね。それでも、ちゃんと公衆電話が設置されておりました・・・最後に使われたのはいつなのか、興味津々です。なお、この神尾...

  12. 初暦月 寫誌 ⑨ 今日も雪を纏うのか… - le fotografie di digit@l

    初暦月 寫誌 ⑨ 今日も雪を纏うのか…

    毎年の如くセンター試験の日に大寒波がやって来る、今年もまた明日明後日がこの冬最大の寒波に見舞われるとか.青春の一時期をかけた集大成、結果が問われる2日間、世の受験生たち、あとちょっとだけ頑張れ!調色をせずに去年最後に見た富士を保存してあるマイプリセットからネオ・ピクト風に仕上げてみた、富士と言うと先だって読売のコラムに葛飾北斎に関する記事が載っていたのを思い出す.御歳75歳で「富嶽百景」を完...

  13. とっても昭和な千頭駅 (写真部門) - Soul Eyes

    とっても昭和な千頭駅 (写真部門)

    昨年末の大井川鐡道遠征の続編です。地名駅からローカル線に乗って向かったのは、この千頭駅でした。1931年(昭和6年)に開業した駅で、大井川本線からアプト式鉄道の井川線への乗り換え液です。また、この駅は大井川鉄道を走る蒸気機関車の終点でもあり、待機中の蒸気機関車や客車を見ることができます。新金谷駅から走って来た蒸気機関車が、英国製の転車台の上で、手動にて方向転換するのをしっかりと見せてもらいま...

  14. 年の瀬のノリテツ (写真部門) - Soul Eyes

    年の瀬のノリテツ (写真部門)

    去年の大晦日イブに、写真友達のI君と一緒に静岡県の大井川鐡道を撮影に行ってきました。新金谷駅の構外側線で赤錆蒸気機関車を撮ったあと、新金谷駅の踏切近くに行ってみると・・・ちょうど蒸気機関車C108が出発したところでした。大井川鐡道のSL、繁忙期は一日に3往復運転されているそうですが、この年末でも一日一往復は運転されているんですね。このSL、乗れたら乗ろうか、とI君と話しておりましたが、乗れま...

  15. 赤錆が跳梁跋扈する構外側線 (写真部門) - Soul Eyes

    赤錆が跳梁跋扈する構外側線 (写真部門)

    昨年末に訪れた大井川鐡道の新金谷駅の構外側線、続編です。ドナーとなった蒸気機関車の他にも、各種の赤錆が跳梁跋扈しておりました。どうせならこの赤錆を際立てよう、と言うことで「錆残し」で仕上げてみました・・・オレンジ以外の色は彩度ゼロです。ただし、それだけだと面白くないので、明瞭度やコントラスト、色温度などもいじっててみました。「色はあるけどど少々非現実的な雰囲気」に仕上がったんじゃないかと思い...

  16. 身を削られつつある蒸気機関車 (写真部門) - Soul Eyes

    身を削られつつある蒸気機関車 (写真部門)

    新春早々赤錆写真ですみません・・・^^;実は昨年の12/30に、友人と一緒に静岡県の大井川鐡道の撮影に出かけてきました。9時過ぎにうちを出て、新東名を東へ・・・最初に向かったのは新金谷駅の構外側線です。ここ、大井川鐡道で使われた古い車両が多数置いてあることで、鉄道ファンのみならず赤錆ファンにも有名な場所なんですね。昨年、大井川鐡道のウェブサイトでここに置かれた赤錆車両はほとんど撤去された、と...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ