Thunnus thynnusのタグまとめ

Thunnus thynnus」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはThunnus thynnusに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Thunnus thynnus」タグの記事(6)

  1. ブルーフィン・ツナ - ユーラシア大陸果ての定置網

    ブルーフィン・ツナ

    和名は、クロマグロです。曇天の中の作業時によく見えます。m.

  2. 300kg - ユーラシア大陸果ての定置網

    300kg

    思いつくのは、"小錦"くらいかもしれません。慣れた漁師たちの間でも、このサイズが揚がると、歓声も上がります。m.

  3. 見てもらいたいもの - ユーラシア大陸果ての定置網

    見てもらいたいもの

    これ以上に大切な"人間関係"というやつには、うんざりです。何故、"名前"を残すことに拘るのかが分かりません。心に残すことが出来れば十分だと思います。m.

  4. 知ってもらいたいこと - ユーラシア大陸果ての定置網

    知ってもらいたいこと

    漁を終え、港に戻って水揚げするだけではやっていけないので、直接販売したり、空輸したり、凍らしたりしています。それだけ、浜値と末端価格に差があるということです。 いろいろ試行錯誤することを、"付加価値をつける"と称しています。切っているのは"包丁"です。カッターマンは優しく包丁に手を添えているだけなのです。m.

  5. 知っておきたいこと - ユーラシア大陸果ての定置網

    知っておきたいこと

    依然として、外需頼りですが、一方では顕著な変化も現れてきています。ヤケマグロは、日本には送れません。なぜならば、買い手がつかないためです。しかし、もちろん食べれますし、鮮度は抜群ですので、それでも、"食べない"のは、贅沢なのか、能書きが多いためと思われます。ヤケが出て、日本に送れないとなったら、どうするか。当然、現地で販売します。しかも、価格は日本の"相場"よりも高額で買ってもらえます。つま...

  6. マグロの社会性 - ユーラシア大陸果ての定置網

    マグロの社会性

    毎年、タイセイヨウクロマグロは今の時季になると産卵のために大西洋から地中海を目指して回遊します。その際、大きな個体が先行していることが、"何となく"、分かっています。つまり、経験豊富なマグロが経験の浅いマグロを先導しているように思われます。このことより、マグロにも「社会性」があると考えられます。学名 Thunnus thynnus、 英名 Bluefin tuna、 ポルトガル名 Atum ...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ