US盤のタグまとめ

US盤」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはUS盤に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「US盤」タグの記事(15)

  1. Steelydanその1   Aja - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Steelydanその1   Aja

    今月はマイナーなSSW特集、としておきながら3回目で挫折(笑)しました。どうせ自分のブログだし、好きな事をやればいいのでしょうけど、あまりにマイナーな人ばかり取り上げると誰も閲覧しなくなる。という事態を想像してしまいまして(笑)。でもまだ取り上げたいマイナーSSWが沢山いますので、こまめに出していくつもりです。ということで、最近はかなり旬(笑)のスティーリーダンです。ウォルターベッカーが逝っ...

  2. David Wiffenその1  Coast To Coast Fever - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    David Wiffenその1  Coast To C...

    いよいよ、マイナー度が増してきました。カナダはモントリオールのデビッド・ウェフェンを紹介します。カナダ出身のミュージシャンとして思い浮かぶのは、もちろんニールヤング、ジョニミッチェル、ザバンドの4人(笑)、すこし渋めでブルースコバーンくらいでしょうか?デビッド・ウェフェン。この人の事を知っている日本人ははたして何人くらいいるのであろう?たぶん僕の予想では(評論家、レコ屋店主などは除く)100...

  3. Warren Zevon その1   Same - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Warren Zevon その1   Same

    SSW界の硬派で社会派な異端児、ウォーレンジヴォンのアサイラムでのファースト(実質はセカンドアルバムで以前にマイナーなレーベルからファーストが出ています)アルバムであり,たぶん彼の最高傑作であるWarren Zevon です。ジャクソンブラウン(以下JB)の強力な推薦がありアサイラムと契約します。アサイラムと言えば爽やかなウエストコーストのイメージが大きい(僕的にですけど)のですが、ウォーレ...

  4. J・D Souther その1      John David Souther - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    J・D Souther その1 John D...

    今月から少しの間マイナー系のSSWの特集をします。ということですが今回のジョンデビットサウザー(以下JD)はマイナーじゃないだろう!と思われる方も多いと思います。が、しかしこの人、超がつくほどの寡作で、40年近い活動歴でもソロはわずか数枚、バンドで2枚、ディオで1枚くらいしか作品出していないのです。このアルバムカバーはイイ感じですね。内容はいかにもSSWのデビュー盤という感じです。このころは...

  5. Fairport Convention その3     Unhalfbricking - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Fairport Convention その3 ...

    フェアポートコンベンションのサードアルバムアンハーフブリッキングです。ここからフェアポートのUKトラッドとロックの融合が始まるアルバムです、この中のA-4のセイラーズライフという英国伝承歌を電化しロックの解釈で演奏したのが始まりである。という事なのです。ちなみにこの盤のオリジナルは、諭吉1.5枚~2.5枚程なければ入手できませんので安いUS盤で良いから取り寄せてもらったのがこれです「なんじゃ...

  6. Bonnie Raittその1      Give It Up - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Bonnie Raittその1      Give I...

    ボニーレイットの最高傑作であるセカンドアルバム「Give It Up 」です。ブラックホーク99選にも選ばれる激シブのアルバムです。一般的に「歌を作って唄ってギターも弾けてさらに上手い」という女性はなかなか稀有ですが、ボニーの場合、上手いどころではなくスライドの名手でもあります。こんな人はそのほかにジョニミッチェルくらいしか思い浮かびません(ジョニの場合オープンチューニングの名手ですが)。ま...

  7.  Ry Cooder その4      Paradise And Lunch - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Ry Cooder その4      Paradis...

    ライのパラダイス&ランチのオリジナルが入手できましたので報告します。ライの最高傑作は何か?と考えると間違いなくこのアルバム、またはセカンドのInto The Purple Valley、または次作のChicken Skin Music の3枚から選ばれると思います。もうこれは動かし難い事実です。決して駄作を作らないライですがこの3作の完成度は素晴らしです。(自分的には最高傑作はInt...

  8. Rita Coolidge その2  Nice Feeling - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Rita Coolidge その2  Nice Fee...

    デルタレディー、リタクーリッジのセカンドアルバム、豪華絢爛ゲストに囲まれたファーストと打って変わって、今回はデキシーフライヤーズというバンドに仲の良いマークベノが加わり、バンドアンサンブルをバチッと決めた非常に渋いアルバムです。ファーストよりもこちらのセカンドの方が人気があるという文章も目にします。髪の毛を縛っている本当にあどけなさが残るこのジャケ、テクスチャー加工された非常に渋いデザイン。...

  9. Boz Scaggs その1    Same - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Boz Scaggs その1    Same

    学生時代、死ぬほど聞いたボズです。あの頃はAOR全盛期。たいしてRock聴かないやつらも車の中のカセットケースには必ずボズのシルクディグリーズ、ダウントゥーゼンレフトがユーミン、達郎などと交じって入っていたものです。もちろん、僕もそーいう輩を軽視しながらもボズは入れてましたね(笑)一番のお気に入りはダウントゥーゼンレフトの1曲目「ハードタイムス」のちのTOTOになるメンバーのタイトな演奏がバ...

  10. Van Morrisonその1    Moondance - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Van Morrisonその1    Moondance

    今回は、アイルランドの誇り、ヴァンモリソンの歴史的名盤である1970年発表のMoondanceです。SSW好きな人でもこのヴァンモリソンは敬遠している人は少なくないと思います。僕もそうでした(汗)初めてこの人を知ったのは今から30数年前、高校の頃に映画館で観たザバンドのLastWaltzです、その時の印象は「なんか凄いけど、へんな人」そんだけでした、しかもロッカーにふさわしくない小太りだった...

  11. Danny Kortchmarその1   Jo Mama/Same - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Danny Kortchmarその1   Jo Mam...

    今月(7月)末に、僕の大好きなギタリストであるダニーコーチマー(以下クーチ)が来日します。plays singer songwriters' hitsと題されたライブでクーチが今までのセッション人生で共演したアーティストの楽曲を沢山演奏するようで、うーんこれはどーしても見たい。しかし東京、大阪のビルボードライブ、また名古屋は飛ばされたのです。まぁ東京、大阪までわざわざ行くレベルでもないし(ニ...

  12. Marc Benno その2   Ambush - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Marc Benno その2   Ambush

    マークベノのサードアルバム、アンブッシュです。前作の最高傑作「ミノー」に比べてかなりバンドアンサンブルが主体となっていてブルースが基本になっている感じのアルバムです。本人も自分はブルースシンガーだ。と語っています。しかし、声は相変わらずナヨナヨしていて、ブルースには合わないんじゃないかなー一応LAスワンプの中で語られるベノですが、どーもスワンプのイメージからはかけ離れています。僕的にスワンプ...

  13. Cass Elliot(mama cass) その2 .....    Cass Elliot - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Cass Elliot(mama cass) その2 ...

    ママキャスはダンヒルを離れRCAと契約します、ダンヒルがもっとポップなアルバムを要求するのに対してママキャスは大人の歌、ポピュラーソングを歌いたいという意思があり決別したのです。そして新規一転タイトルもCass Elliotだけです、僕の予想ではもうママキャスという通称名はNGにしたいと思ったのではないでしょうか?本名がエレン・ナオミ・コーエンなんでどうしてキャスエリオットなのか?調べたらW...

  14. Ian Matthews その2 PLAINSONG/In Search of Amelia Earhart - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    Ian Matthews その2 PLAINSONG/...

    イアンマシューズがソロ2作発表したあと、アンディーロバーツ達と結成したプレインソングの72年に発表されたIn Search of Amelia Earhartです。ひとまずカテゴリー的にはイアンマシューズの中に入れました。邦題は「処女飛行 女性飛行士アメリア・エアハートを称えて」という長いタイトルのようです。この1枚でこのグループは解散(90年代に一度再結成されています)しますが、このアルバ...

  15. The Allman Brothers Bandその6..... Win,Lose or Draw - アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

    The Allman Brothers Bandその6...

    非常に残念ですが先週飛び込んできた訃報。5月27日グレッグオールマンが肝がんのため急逝しました、69歳でした。ロックミュージッシャンの死、というものは常に冷静に受け止め「これから何を生きがいにして生きていけばいいのだ」と大騒ぎすることも無く、単純に「そうか・・・」と思いその日一日喪に服しその人の作品を聞いたりすることにしています。だいたい僕の大好きな1965~76年頃に活躍した人はほとんど僕...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ