WRのタグまとめ

WR」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはWRに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「WR」タグの記事(6)

  1. 月・火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月・火曜日の授業風景

    1939EL1000Wさんのナックルヘッドハンドル交換、POSH製のインナースロットを取り付け、ヘッドライトのハイローSWはヘッドライト側に移植し配線引きなおし。スロットルケーブルを通すための楕円穴あけ作業、またアウターケーブルストッパーの雌螺子加工し取り付け。1979FXS1200Sくんのショベルヘッドは車体周りの分解作業。カッチカチのタイヤは外し、ベアリング抜き取り。ネックベアリングレー...

  2. 水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    水曜日の授業風景

    1946WR750MさんのWR今日はフロントホイール周りの作業。18”リムにコンバートします。まず、スポークを取り外しドラムとシューのあたりチャック。シューのあたりっぷりはともかく、ドラム側は前週であたっていますので変形などないようですが、段減りしてますので、旋盤にセットし凸部分を切削。ドラム自体はそこそこ減っているようなので、後はシュー側で調整します。ホイールベアリングのレース部分、コーン...

  3. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1946WR750MさんのWR今日は車体回りの細かな作業。まず前回スプリング交換したスプリンガーフォークですが、スプリングがきつすぎ動きが悪いので、インナースプリングをはずし、一旦これで様子を見ます。ヘッドコーンのストッパーである、コーンプレートのピン部分が切られていたため、Mさんが新品プレートを持ってきたのですが、ピンがついていない・・・。ローラーを加工しピンを板金半田付けし取り付け。また...

  4. 1946WR750 コンロッド・ビッグエンドベアリング&スモールエンドブッシュ - Vintage motorcycle study

    1946WR750 コンロッド・ビッグエンドベアリング...

    今日はMさんのWRのコンロッド周りのお話。コンロッド小端部でフロント側4mm以上、リア側で1.5mmもガタがあったためクランク分解したのですよね。でやはり、クランクピンは剥離していて使い物になりません。左側は元々入っていたWL用のコンロッド、右側の肉抜きしてあるコンロッドがWR用。肉抜きだけでは無く、リア側大端部、前後小端部も削られ軽量化されています。WR用のコンロッドはMさんが既に所有して...

  5. 火・水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火・水曜日の授業風景

    1946WR750MさんのWRWR用の穴あきコンロッドのベアリングレースはフロント側(ナイフ側)は0.04mm楕円、リア側(フォーク側)も0.03mm楕円、しかもタイミング側とドライブ側で寸法が違います。D側・F側と寸法が違うリア側は一工夫しつつラッピングし、虫食い無し、真円に加工。真円加工したビッグエンドベアリングレース内径に合わせローラーベアリング選択。WRのコンロッドベアリングローラー...

  6. 1946WR750 クランク分解作業・計測・考察 - Vintage motorcycle study

    1946WR750 クランク分解作業・計測・考察

    先日、エンジンOHで入学したMさんのWR。エンジン腰下はWR、腰上はKモデルというもので、なんやかんや勉強・考察が必要です。シリンダーをバラシた状態でコンロッド部のガタチェック。フロント側(ナイフロッド側)は4mm以上の振れでガタガタ。また、コンロッド自体のスラスト量、クランク自体のスラストも結構あります。分解するまでは、このエンジン本当にWR?とオーナーさんの疑念もありましたが、分解してみ...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ