mountainのタグまとめ

mountain」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはmountainに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「mountain」タグの記事(28)

  1. 金峰山[2] - @なんだか日和 VOL.2

    金峰山[2]

    さてさて、それでは天気が崩れる前に、往路後半戦へと出発しましょう。(ちなみにサブザック+ヒップバッグの組み合わせは、思いのほか問題ありませんでした) 朝日岳と金峰山の標高差はわずか20mですが、一度大きく下ってから登り返していきます。樹林帯を黙々と歩くこと1時間弱。再び開けた場所へと出てきたようです。眼下には、廻り目平@長野県川上村の奇岩群が見通せました。そして、ハイマツ越しには懐かしき瑞牆...

  2. 金峰山[1] - @なんだか日和 VOL.2

    金峰山[1]

    at 7:00 a.m. on July 24, 2017@山梨・長野県境:大弛(おおだるみ)峠 やってきたのは奥秩父西部の名峰・金峰山(きんぷさん)登山口の一つ・大弛峠であります。 ◇◇◇前回のエントリで触れたとおり、当初は「車中1泊+テント2泊での山歩き」を予定していましたが、山の天候が不安定続きで、「せめて1泊でも」との淡い願いも届かず、残るチャンスは最終日のこの日のみ。しかしながら前...

  3. 仲間入り? - @なんだか日和 VOL.2

    仲間入り?

    いつの間に?? NHK・BSプレミアム「にっぽん百名山」の放送予定を覗いたところ、な、な、なんと、拙ホームグラウンドの笠取山@山梨&埼玉がっ! ◇◇◇ま、2015年に3回(5月・6月・10月)足を運び、翌年(5月)も雁峠から遠望しただけなので、ホームグラウンドというのもおこがましく、せめてお気に入りの山と言い直しておきますが、「な、なんで笠取山が百名山?」と思ったら、どうやら「新花の百名山」...

  4. 百名山クルマ本 - @なんだか日和 VOL.2

    百名山クルマ本

    GUCCI??  ◇◇◇昨夜、山岳書編集者のO竹氏から吉祥寺の酒場に呼び出され、受け取ったのがコチラの紙袋。 ◇◇◇かねてより、その辺の小汚い居酒屋で集まる際も、オシャレに相当なこだわりを見せるO竹氏。かつてチョビ髭姿に黒いワイシャツを羽織り、ど派手なオレンジ色のネクタイをキリリと締め、吉祥寺の裏道を僕と徘徊していたときなど、それまで威勢よく通行人に声をかけまくっていたキャバクラやおっぱいパ...

  5. 続:鳳凰三山[5] - @なんだか日和 VOL.2

    続:鳳凰三山[5]

    やっとのことで重い腰を上げ、観音岳から薬師岳へ向かうこととしましょう。 薬師岳へ向けてはゆるやかな下り基調なので、鼻歌を口ずさみながら歩くのに好都合な場所。この稜線を初めて歩く妻は、「ずっとここにいたい♪♪」とかノーテンキなことを言い出す始末です。ま、どこを向いても絶景が広がっているので、その気持ちも分からないワケではありませんが(笑)そんなこんなで立ち止まってばかりで、一向に前へ進みません...

  6. 続:鳳凰三山[4] - @なんだか日和 VOL.2

    続:鳳凰三山[4]

    賽ノ河原からの登山道には短いながら残雪が登場。つま先を蹴り込みながら一歩ずつ登っていきます。 ところがヘナチョコ隊隊長の僕は、泥道の下に隠れていた氷に気づかず、前のめりに転んで泥の斜面を落下。ま、山歩きにハプニングはつきものですが、ここまでズボン(左右とも)を泥まみれにしたのは初めてです。(やむなくザラメ状の雪でこすって泥を取り除きましたが、所詮この程度しか汚れが落ちませんでした)気を取り直...

  7. 続:鳳凰三山[3] - @なんだか日和 VOL.2

    続:鳳凰三山[3]

    at 5:30 a.m. on June 19, 2017@鳳凰小屋前 おかげさまで前日の雨は夜半に止み、出発に先立ってヌプカ2を撤収。 ◇◇◇先の超はっ水スプレーが効いたのか、フライシートには水滴がほとんど残っておらず、また本体の結露もまったくなかったので、水分による重量増もなくホッとひと息です。歩き始めるや、いきなり樹林帯の急登がお出迎えです。しばらく歩くと、登山道は地蔵岳特有の砂礫に。...

  8. 続:鳳凰三山[2] - @なんだか日和 VOL.2

    続:鳳凰三山[2]

    ガサゴソしていたのはホンドオコジョで、思わず目が合ってしまいました。(足元には捕獲したモグラと思しき小動物が横たわっておりました…) 「いやはや、珍しいモン見たなぁ」と上気しているうちに、五色滝への入口に到着です。分岐に重たいザックをデポして、滝へ向かうこととしましょう。かなりの落差に、思わず圧倒されそうです。滝壺まで下りることができますが、にわか雨が気になるので先を急ぐことに。気づけば植生...

  9. 続:鳳凰三山[1] - @なんだか日和 VOL.2

    続:鳳凰三山[1]

    at 6:30 a.m. on June 18, 2017@山梨県韮崎市:青木鉱泉 妻の土曜出勤の振替休を利用し、日曜・月曜で1泊2日のテン泊山歩きを計画。やってきたのは今から5年半前の2011年秋に、山岳書編集者O竹氏と訪れた、南アルプス・鳳凰三山への登山口のひとつ、青木鉱泉(標高1150m)であります。 ◇◇◇前回訪れたときは登山日和の快晴に恵まれ、眺望をすっかり満喫しただけに、「同じ場...

  10. 甲武信[4] - @なんだか日和 VOL.2

    甲武信[4]

    三宝山から急坂を下りきると、奇妙なかたちの「尻岩」が不意に現れました(たしかに割れてます)。 尻岩の先には今回一番の急登がっ!道はさらに険しさを増し…。ついには短いながらハシゴまで。登りきった小ピークからは武信白岩山が見通せました。続けざまに、今度はクサリ場を下っていきます。基部から見上げた武信白岩山は、全体が急峻な岩峰のよう。落石の危険があるため、ピークへの立ち入りは禁じられていました。ほ...

  11. 甲武信[3] - @なんだか日和 VOL.2

    甲武信[3]

    at 4:20 a.m. on June 6, 2017@甲武信小屋前 前夜から一転、朝の光がテン場にも射し込み、すがすがしい気分で目覚めました。 ◇◇◇…と気取りたいところですが、実際には独り言ブツブツ御仁の片割れが突如発した、「なんだ、凍っているじゃないか!」との素っ頓狂な声で叩き起こされたのが現実。単に霜が降りてフライシートがバリバリなだけなのに、ったく勘弁してよぉ(+_+)山小屋の朝...

  12. 甲武信[2] - @なんだか日和 VOL.2

    甲武信[2]

    GARMINのランニングウォッチはバッテリーの消耗が激しいと聞いていたので、充電環境が不安な泊まりがけの山歩きでは使用しないつもりでいましたが、GPSをOFFにすれば懸案のバッテリーの消耗を相当程度抑えられるとのこと。そこで今回は心拍数と現在時刻だけを表示し、歩くペースの目安としてみました。(この時点の心拍数は162bpmなので、結構息が上がっております) で、事前に駐車場の高低図で確認した...

  13. 甲武信[1] - @なんだか日和 VOL.2

    甲武信[1]

    at 7:00 a.m. on June 5, 2017@長野県南佐久郡川上村:毛木平(もうきだいら) やってきたのは山梨県(甲州)、埼玉県(武州)、長野県(信州)の3県にまたがる奥秩父・甲武信ヶ岳(こぶしがたけ:2475m)の長野県側登山口・毛木平駐車場です。平日だというのに駐車場はほぼ満車で、路肩駐車もチラホラ。いったいどうなってんだか??今回の主たる目的は、夏山登山シーズンを前に新調し...

  14. 荒船・妙義[4] - @なんだか日和 VOL.2

    荒船・妙義[4]

    「道の駅みょうぎ」から金洞山山麓の「中之岳駐車場」に移動すると、前日登った荒船山の全貌および艫岩(右端の絶壁)がくっきりと見通せました。 ◇◇◇ちなみに「艫」とは船尾のことだそうで、とすれば平坦な山頂部はさながら甲板かと。「荒船山」とは、その特徴を的確に捉えたネーミングだなぁと感心しきりです。 妙義山一般登山道散策は、ここから後半戦突入。露払いのように立ちはだかる岩峰を見上げながら、石門めぐ...

  15. 荒船・妙義[3] - @なんだか日和 VOL.2

    荒船・妙義[3]

    at 5:30 a.m. on May 5, 2017 @道の駅みょうぎ ◇◇◇これまでは上信越自動車道から眺めるだけだった、奇怪な山容の妙義山が目の前に…。なんて朝早くから感慨に耽っていたのも束の間、思い立っていきなりやってきただけのことはあり、完全な事前リサーチ不足を露呈。今日歩くつもりの中間道と呼ばれる一般登山道は、落石の影響で今年2月から通行止とか。いやはや、やっちまった感アリアリで...

  16. 荒船・妙義[2] - @なんだか日和 VOL.2

    荒船・妙義[2]

    先ほどの断崖絶壁展望ポイントから台地上を少し歩くと、明るく開けた本家(?)の荒船山艫岩展望台に出ました。 真正面に対峙するのは浅間山。その左の盛り上がった部分が、2月に中腹まで歩いた黒斑山です。断崖の横に辛うじて見えるのが蓼科山で、肉眼ではその右奥に北アルプスが見えたのですが、拙コンデジでは、その姿をはっきり捉えることはできません(ここも右下は絶壁です…)。荒船山のピークは、この先の経塚山(...

  17. 荒船・妙義[1] - @なんだか日和 VOL.2

    荒船・妙義[1]

    May 3, 2017@群馬県甘楽郡下仁田町 ◇◇◇こんにゃくにたっぷり塗られた自慢のみそが皿からあふれてます(笑) さてさて、GW後半は久しぶりの5連休ということで、せっかくなので紀伊半島にでも足を延ばしてみようかと思い立ったものの、あまりの急な思いつきに直前になっても計画がまとまらず、結局断念することに。 ◇◇◇では代わりにどこか関東近郊の山にでもと候補に挙がったのが、西上州の荒船山。だ...

  18. Sunset - g o n b l o

    Sunset

    PEN EES-2/D.Zuiko 30mm f2.8/T-MAX400Hakkoda 2017

  19. Snow Slope - g o n b l o

    Snow Slope

    PEN EES-2/D.Zuiko 30mm f2.8/T-MAX400Hakkoda 2017

  20. 初GARMIN - @なんだか日和 VOL.2

    初GARMIN

    5年以上使い込んだsomaのランニングウォッチが、電池交換以降、ガラス面内側が時折曇るようになったため、大いに思い悩んだ末、GPSやら心拍計やらを備えたGARMIN ForeAthlete 235Jに切り替えることにしました。 心拍計は時計裏面からLEDを照射し、手首部分の血中ヘモグロビンから心拍数を算出するのだとか。胸ベルトタイプに比べると精度では劣るようですが、誤差がべらぼうにあるワケで...

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ