mountainのタグまとめ

mountain」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはmountainに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「mountain」タグの記事(23)

  1. 荒船・妙義[4] - @なんだか日和 VOL.2

    荒船・妙義[4]

    「道の駅みょうぎ」から金洞山山麓の「中之岳駐車場」に移動すると、前日登った荒船山の全貌および艫岩(右端の絶壁)がくっきりと見通せました。 ◇◇◇ちなみに「艫」とは船尾のことだそうで、とすれば平坦な山頂部はさながら甲板かと。「荒船山」とは、その特徴を的確に捉えたネーミングだなぁと感心しきりです。 妙義山一般登山道散策は、ここから後半戦突入。露払いのように立ちはだかる岩峰を見上げながら、石門めぐ...

  2. 荒船・妙義[3] - @なんだか日和 VOL.2

    荒船・妙義[3]

    at 5:30 a.m. on May 5, 2017 @道の駅みょうぎ ◇◇◇これまでは上信越自動車道から眺めるだけだった、奇怪な山容の妙義山が目の前に…。なんて朝早くから感慨に耽っていたのも束の間、思い立っていきなりやってきただけのことはあり、完全な事前リサーチ不足を露呈。今日歩くつもりの中間道と呼ばれる一般登山道は、落石の影響で今年2月から通行止とか。いやはや、やっちまった感アリアリで...

  3. 荒船・妙義[2] - @なんだか日和 VOL.2

    荒船・妙義[2]

    先ほどの断崖絶壁展望ポイントから台地上を少し歩くと、明るく開けた本家(?)の荒船山艫岩展望台に出ました。 真正面に対峙するのは浅間山。その左の盛り上がった部分が、2月に中腹まで歩いた黒斑山です。断崖の横に辛うじて見えるのが蓼科山で、肉眼ではその右奥に北アルプスが見えたのですが、拙コンデジでは、その姿をはっきり捉えることはできません(ここも右下は絶壁です…)。荒船山のピークは、この先の経塚山(...

  4. 荒船・妙義[1] - @なんだか日和 VOL.2

    荒船・妙義[1]

    May 3, 2017@群馬県甘楽郡下仁田町 ◇◇◇こんにゃくにたっぷり塗られた自慢のみそが皿からあふれてます(笑) さてさて、GW後半は久しぶりの5連休ということで、せっかくなので紀伊半島にでも足を延ばしてみようかと思い立ったものの、あまりの急な思いつきに直前になっても計画がまとまらず、結局断念することに。 ◇◇◇では代わりにどこか関東近郊の山にでもと候補に挙がったのが、西上州の荒船山。だ...

  5. Sunset - g o n b l o

    Sunset

    PEN EES-2/D.Zuiko 30mm f2.8/T-MAX400Hakkoda 2017

  6. Snow Slope - g o n b l o

    Snow Slope

    PEN EES-2/D.Zuiko 30mm f2.8/T-MAX400Hakkoda 2017

  7. 初GARMIN - @なんだか日和 VOL.2

    初GARMIN

    5年以上使い込んだsomaのランニングウォッチが、電池交換以降、ガラス面内側が時折曇るようになったため、大いに思い悩んだ末、GPSやら心拍計やらを備えたGARMIN ForeAthlete 235Jに切り替えることにしました。 心拍計は時計裏面からLEDを照射し、手首部分の血中ヘモグロビンから心拍数を算出するのだとか。胸ベルトタイプに比べると精度では劣るようですが、誤差がべらぼうにあるワケで...

  8. Blue & White - g o n b l o

    Blue & White

    PEN EES-2/D.Zuiko 30mm f2.8/T-MAX400Hakkoda 2017

  9. Hakkoda Forest - g o n b l o

    Hakkoda Forest

    PEN EES-2/D.Zuiko 30mm f2.8/T-MAX400Hakkoda 2017

  10. 伊豆ヶ岳越え[2] - @なんだか日和 VOL.2

    伊豆ヶ岳越え[2]

    何ゆえ伊豆ヶ岳山頂に小さな大黒様が置かれているのか気になりましたが、伊豆ヶ岳は全行程の1/4程度の場所なので、ひとまず先へと進むことにしました。 すぐさま現れたのは山伏峠との分岐ポイント。ここからは天目指峠(あまめざすとうげ)へ向けての稜線歩きになります。ダラダラと歩いていくものと思い込んでいましたが、意外にも急な下りが。下りきると、今度は歩きにくい木段が待ち受けていたりして侮れません。とも...

  11. 伊豆ヶ岳越え[1] - @なんだか日和 VOL.2

    伊豆ヶ岳越え[1]

    at 8:40 a.m. on April 14, 2017@西武秩父線正丸駅 月イチ山歩きも4年目に突入。新年度最初の山歩きに選んだのは、奥武蔵の伊豆ヶ岳から子ノ権現(ねのごんげん)へ至るハイキングコースです。西武秩父線の正丸駅から吾野駅へと至るこのコースは、2008年のGWにも妻と訪れており、『山と溪谷』2017年1月号では、エラソーに短文のガイド原稿なんぞを書いているのですが、9年前の...

  12. Telemarker - g o n b l o

    Telemarker

    PEN EES-2/D.Zuiko 30mm f2.8/T-MAX400Hakkoda 2017

  13. Monster - g o n b l o

    Monster

    PEN EES-2/D.Zuiko 30mm f2.8/T-MAX400Hakkoda 2017

  14. Snowboarder - g o n b l o

    Snowboarder

    PEN EES-2/D.Zuiko 30mm f2.8/T-MAX400Hakkoda 2017.

  15. 2017春@槍見湯[3] - @なんだか日和 VOL.2

    2017春@槍見湯[3]

    March 29, 2017@槍見舘 ◇◇◇そういえばヤマテンに槍ヶ岳の天気予報が出ているのを思い出し、ログインしてみたところ、今日は晴れマークが並んでいました。 カーテンを開けると、おー昨日以上に槍がくっきり見えているではないですか♪そんなワケで、最後まで意地汚く「槍見の湯」でユラユラ。ぜいたくだー。せっかくの好天なので、チェックアウト後、一応新穂高まで足を延ばし、山並みを拝んでおこうかと...

  16. 谷川岳[3] - @なんだか日和 VOL.2

    谷川岳[3]

    オキの耳で少しノンビリしようと思いましたが、間断なく登山者がやってくるので、ちょっと先に富士浅間神社奥の院があったのを思い出し、そちらでザックをおろすことに。(念のためザックにくくりつけてきたワカンですが、今回出番はありませんでした) 前方に見えるのが、馬蹄形縦走の際に逆方向から歩いてきた茂倉岳(左端)とその右の一ノ倉岳。そして一ノ倉岳の手前、深く大きくえぐれた右側部分が「魔の山=谷川岳」の...

  17. 谷川岳[2] - @なんだか日和 VOL.2

    谷川岳[2]

    夏山のような汗をしたたらせながら、アイゼンの前爪を蹴り込み、急登を一直線に登っていきます。 あまりの暑さに、衣服はもちろん、グローブも帽子もサングラスもすっかり汗まみれ。一方、目を転じれば、谷川連峰のオジカ沢の頭の右奥に平らな頂の苗場山の姿が見え、爽快な気分に。オジカ沢の頭から稜線を左にたどれば、凛々しい山容の俎嵓(まないたぐら)も。そして俎嵓の左奥には、浅間山の噴煙まで手に取るようにくっき...

  18. 谷川岳[1] - @なんだか日和 VOL.2

    谷川岳[1]

    at 8:40 a.m. on March 12, 2017@谷川岳ロープウェイ ◆◆◆窓の向こうには、昨年6月に激坂を登りきった白毛門(しらがもん)が悠然とたたずんでおりました。 ロープウェイで降り立ったのは、2011年3月末以来の訪問となる天神平(てんじんだいら:1319m)です。 ◇◇◇東日本大震災および福島第一原発事故直後にあたる6年前、ここを訪れたのはまったくのなりゆきで、本来山麓...

  19. #90 - *ruu* no uta

    #90

    一面の雪景色こんな景色をみるのも今年はもう最後かな・・・(´・ω・`)春は大好きだしカラフルな世界もウキウキするしとっても待ち遠しいけど冬が終わってしまう方が寂しいの冬は特別だから私にはとっても特別な季節だから・・・1枚目・2枚目*飯山市(長野県)

  20. SAWYER MINI - @なんだか日和 VOL.2

    SAWYER MINI

    ずいぶん大ざっぱな梱包でやってきました。 早速中身を取り出し、いそいそ並べてみると、こんなカンジです。真ん中に見えるのが有害物質を99.99999%除去できるのがウリらしい浄水フィルターで、左が16oz(約500ml)のパウチ&キャップ、右が吸引用ストローと洗浄用注射器です。 ◇◇◇思えばこれまで、飲用不適な沢から汲んだ水を、煮沸して過ごした南アルプスの夜や、水場が枯れていて、いざとなったら...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ