nikon F3のタグまとめ

nikon F3」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはnikon F3に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「nikon F3」タグの記事(46)

  1. 2017年5月26日 透明人間たち優しく見守るウィスキー樽 - Silver Oblivion

    2017年5月26日 透明人間たち優しく見守るウィスキー樽

    向こうのテーブルに座るのは透明人間さんのカップルです。(って、ヲイ。^^;)そのカップルさんを優しく見守るウィスキー樽さん。「今週の日曜には、透明じゃないカップルがあそこに座るんだろうなあ・・・」と呟いておりました。そう、5月28日(日)は、豊田ジャズ・スクエアが開催されるんですね。^^お天気もまずまずのようだし、あのテーブルもきっとにぎやかなカップルさんが座るんでしょうねえ♪愛知県豊田市に...

  2. 2017年5月23日 門番の親子獅子 - Silver Oblivion

    2017年5月23日 門番の親子獅子

    あるマンションの入り口で、親子のライオンを見かけました。この二匹、ここの門番なんでしょうか。「おい、そこのカメラ持ったおまえ、これ以上中に入ったらかんぞ、えか!」と、恫喝されてしまいました。^^;愛知県豊田市にてNikon F3Ai Nikkor 55mm/F1.2Neopan 100 Acros (EI 100)Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at 20 deg....

  3. Nikon F3 AF <その4> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F3 AF <その4>

    お待たせしました。「DX-1がピントを検出するには、ピントが合っていることが必要」という矛盾をどーするのか?のお話です。今回は少々理屈っぽいかも知れませんが、中々語られない”AF過渡期に登場したNikon F3AFというカメラの真実"に迫っている(笑)ので、図を参照しつつ心して(再笑)読んでみて下さい。さて本論。冒頭に触れた様な状況が生じてしまうのは、カメラ(一眼レフ)が「本来は肉眼でピント...

  4. 2017年5月19日 窓際の透明人間 - Silver Oblivion

    2017年5月19日 窓際の透明人間

    カフェの窓際の席に座り、外を物憂げに眺める透明人間さん・・・あはは。^^;そんなものが本当に見えたら、病院に行った方が良いかもしれませんが、写真のタイトルとしては便利なんですよね。^^;この透明人間シリーズ、タイトルに困った時の産物なんであります♪愛知県豊田市にてNikon F3Ai Nikkor 55mm/F1.2Neopan 100 Acros (EI 100)Naniwa ND-76 ...

  5. 2017年5月12日 街角の鉄馬 - Silver Oblivion

    2017年5月12日 街角の鉄馬

    街角に駐車中の舶来自動二輪・・・Harley Davidsonでした。このメカメカしい雰囲気、たまりませんねえ♪金属部品がむき出しになった自動二輪、この雰囲気を描写するにはやはりデジタルより白黒フィルムです。^^愛知県豊田市にてNikon F3Ai Nikkor 55mm/F1.2Neopan 100 Acros (EI 100)Naniwa ND-76 (1:1, 10.5 min. at...

  6. 2017年5月11日 水の宇宙船を駆る光蜥蜴 - Silver Oblivion

    2017年5月11日 水の宇宙船を駆る光蜥蜴

    陽春の日差しを受けて輝く水面・・・それを下から眺めることのできる場所って、めったにないでしょうね。オアシス21の「水の宇宙船」は、その数少ない場所の一つかもしれません。満々と水を湛えた水盤に差し込むまぶしい光を見ると、春になったなあと、つくづく実感しますね。まるで光蜥蜴ちゃんたちが一生懸命、水の宇宙船を駆動しているような印象でした♪名古屋市中区 オアシス21にてNikon F3Ai Nikk...

  7. 2017年5月9日 タワークレーンを見つめるモッコウバラ - Silver Oblivion

    2017年5月9日 タワークレーンを見つめるモッコウバラ

    5月の花と言うと・・・いろいろありすぎてとりとめがありませんが、このモッコウバラも印象的な花ですね。ちっちゃな黄色や白の花がいっぱい開き、甘い香りが漂ってきます。このモッコウバラは、豊田市駅の東口で建設中の高層ビルを眺めておりました。このビル、今はまだタワークレーンが乗っかっていますが、今年の秋には”KiTARA"と呼ばれる商業施設として完成する予定です。「来年、おいらが開花するときには眺め...

  8. 2017年5月8日 五月の光に包まれたイチゴ畑 - Silver Oblivion

    2017年5月8日 五月の光に包まれたイチゴ畑

    初夏の日差しがまぶしい季節となってきました。こういう季節は、ショーウィンドーの中のものと外の反射が綯交ぜになって、不思議な映像を見ることができます。これは豊田市駅前に建つT-Faceと言う商業ビルのエントランスから中を覗いたものです。”Strawberry Field"と言うのはブランド名なんでしょうか・・・オーナーはThe Beatlesのファンなのかもしれませんね♪愛知県豊田市にてNik...

  9. TANGO - purebliss 

    TANGO

    本日は BGMが 流れます♪+・・・・・・・・・・+北野に 行くと必ず 撮ってしまう場所Lomography art lens2017 / 4F3 Film2016 / 9神戸 北野 にある タンゴサロンタンゴに 興味は無いんですけどこの佇まいに 惹かれるんです広角の画がない^^;+・・・・・・・・・・+頭に 浮かぶのはこの曲昔アーノルド・シュワルツェネッガーも映画の中でこの曲を 踊って...

  10. 2017年5月6日 早春の住宅街 - Silver Oblivion

    2017年5月6日 早春の住宅街

    早春の住宅街です・・・ただし、ミニチュアですけどね。これ、名古屋のセントラルパークのイベントで販売されていたミニチュアのおうちです。3月初旬、「春が来たよ~♪」と言う幸せな雰囲気に溢れているオブジェでした♪名古屋市中区 セントラルパークにてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SNeopan 100 Acros (EI 100)Fuji Super Prodol (SPD)...

  11. 2017年5月2日 ジャスミン茶を抱きしめる街路樹 - Silver Oblivion

    2017年5月2日 ジャスミン茶を抱きしめる街路樹

    名古屋のセントラルパークを歩いていると、ときどき面妖なものに出くわします。これもその一つ・・・なんと、ジャスミン茶のペットボトルが街路樹の幹に括り付けられていました。誰が、何のために・・・頭からクエスチョンマークを1ダースぐらい飛び出させながら、この写真を撮っていましたよ。まだ暑くなる前、3月初旬だったんですけどねえ。^^;名古屋市中区 セントラルパークにてNikon F3Ai Nikkor...

  12. 2017年5月4日 斜交する光蜥蜴 - Silver Oblivion

    2017年5月4日 斜交する光蜥蜴

    まだ冬のしっぽを引きずっていた3月初旬の光蜥蜴です。こういう直線だけで構成された光蜥蜴を見つけると、端正な美しさを感じてしまいます。田舎では見かけない、とってもスタイリッシュで都会的な光蜥蜴ちゃんですね♪愛知県豊田市浄水町にてNikon F3Ai Nikkor 24mm f/2SNeopan 100 Acros (EI 100)Fuji Super Prodol (SPD)(1:1, 6.5...

  13. 2017年4月30日 季節感のわかりにくいカフェ - Silver Oblivion

    2017年4月30日 季節感のわかりにくいカフェ

    名古屋のセントラルパーク、街路樹として巨大なクスノキが植えられています。このクスノキ、常緑樹ですから、真冬でも葉っぱが落ちず、緑が濃い一角になっています。名古屋のテレビ塔の1Fにあるブルックリンカフェをスナップしてみたんですけど、これ、撮影した季節はわかりますでしょうか。実は3月初旬の早春なんです。白黒フィルムだし、常緑樹が背景だし、、ま~るで季節感がわからない写真が出来上がりました。季節感...

  14. 季節感のわかりにくい光蜥蜴 - Silver Oblivion

    季節感のわかりにくい光蜥蜴

    真冬の落葉樹は、一発で季節感がわかりますね、葉っぱがまるでない裸ん坊の枝ですから。でも葉が落ちない常緑樹の場合、季節感はわかりにくいですね。これ、早春に撮った写真ですが、影が長いので、かろうじて晩秋から早春に撮ったんだな、ってわかります。いよいよゴールデンウィーク、こういう重い光蜥蜴写真も滞貨一掃セールなんであります♪愛知県豊田市浄水町にてNikon F3Ai Nikkor 24mm f/2...

  15. 2017年4月26日 駅前の不愛想なオベリスク - Silver Oblivion

    2017年4月26日 駅前の不愛想なオベリスク

    名古屋駅前の摩天楼、それぞれに個性があります。一番個性的なのは、何と言ってもモード学園スパイラルタワーだと思いますが、一番無個性なのはコレじゃないでしょうか。はい、ミッドランドスクエアですね。正式名称は「豊田・毎日ビルディング」と言うそうで、名古屋の摩天楼街の中では一番ののっぽビルです。背は高いんですが、羊羹をそのまま立てたようなスクエアな外観は、よく言えばモダン、悪く言えば不愛想そのもので...

  16. 2017年4月24日 光蜥蜴が騒ぎ始めた水の宇宙船 - Silver Oblivion

    2017年4月24日 光蜥蜴が騒ぎ始めた水の宇宙船

    名古屋のランドマークの一つ、オアシス21の「水の宇宙船」です。「水の宇宙船」とは、この満々と水を湛えた空中に浮かぶ巨大構造物のことですね。お天気が良い日には、その水を透過した光蜥蜴が直下の柱や梁にあたり、ことのほかフォトジェニックです♪今年もいよいよ、「水の宇宙船」で光蜥蜴たちが騒ぎ出す季節になりましたねえ。^^名古屋市中区にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SNeo...

  17. Nikon F3 AF <その3> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F3 AF <その3>

    ノーマルなF3アイレベル(←繰り返しますが、正規の呼称ではありません)には無いF3AFならではの特徴、それは『ピントが自動で合うこと』です(当たり前か)。ただ、そこに大きな矛盾した要素が…という点は、一般に余り触れられていないようにも思います。今回は、その辺りを行ってみましょう。< ポイントその1 >F3アイレベルと全く同じにボディ側のメインスイッチ(巻き上げレバーの基部に組み込み)を入れ、...

  18. 2017年4月20日 銀河広場の光蜥蜴 - Silver Oblivion

    2017年4月20日 銀河広場の光蜥蜴

    名古屋の真ん中のランドマーク、オアシス21と言うと、空中に浮かぶ巨大プール「水の宇宙船」が有名です。その「水の宇宙船」の直下には、竪穴住居のような地下部分あります。この場所ははどういうわけか、「銀河の広場」と呼ばれています。ここには、いろいろなタイルや観葉植物の織りなす影で、複雑なパターンの光蜥蜴さんたちが生息しているんでありました♪名古屋市東区東桜1丁目 オアシス21にてNikon F3A...

  19. 2017年4月22日 春を告げるストライプな光蜥蜴 - Silver Oblivion

    2017年4月22日 春を告げるストライプな光蜥蜴

    これを撮ったのは3月上旬・・・気温はまだそんなに高くなかったんですが、日差しはもう春のそれでしたね。スリットの間から射してくる光と、そこからもたらされるシマシマな光蜥蜴さん、「もう春だぜ!」と主張しているようでした。^^名古屋市中区にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SNeopan 100 Acros (EI 100)Fuji Super Prodol (SPD)(1...

  20. 2017年4月18日 はしゃぐ早春のグラフィティ - Silver Oblivion

    2017年4月18日 はしゃぐ早春のグラフィティ

    都市部でよく見かける意味不明の落書き、英語ではGraffitiと言うようですね。意味はわからないながらも、春めいてきた日差しに、「うれしいな、るん♪」と、はしゃいでいるように見えました。背景のケヤキはまだ裸でしたが、もう真冬とは違う日差しでした。^^名古屋市中区にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SNeopan 100 Acros (EI 100)Fuji Super...

1 - 20 / 総件数:46 件

似ているタグ