本・読書 ブログ

本・読書ブログジャンルでは、本・読書(作家・著者・漫画家・小説・新刊・文庫・絵本・雑誌・エッセイ・写真集・文芸書・コミック・実用書・参考書・古本・古書・電子書籍・本屋大賞・芥川賞・直木賞・図書館・本屋…)に関連するつぶやき、日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ、活動情報が書かれたブログが登録されています。

本・読書ブログ 人気記事ランキング ブログジャンル「本・読書」の人気記事のランキングです。(2019/08/24 20:20 集計)

  1. 1
    新聞小説を読む「ひこばえ」第十八章 親父と息子 434回 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十八章 親父と息子 434回

    434回 作 重松清【羊の要約】 真知子さんが知り合いのジャーナリストなどに電話して状況を探る。 実はもう将也さんの話題は賞味期限切れ。空港には記者はいなかったというのに勝手に思い込んであわて、転んだ、というのが事の顛末のようだ。 しかし、ケガの功名で親子が久しぶりに会えるのはいいことだ、と神田さんが言う。 私は、ニュースで知った直後に、細川室長に連絡...

  2. 2
    風邪2019夏 - 専業主婦の本棚

    風邪2019夏

    まーた風邪をひいた。日曜、会社から帰宅後オットが喉痛→鼻水。(現在はほぼ治る)水曜夜寝る直前、私も喉痛。ペラックで抑えるも木曜夜現在、鼻水が出始めて、軽い倦怠感、歯茎痛。夏だしうつらないだろうと、タオル別にしたくらいで普通に暮らしてたらまんまと感染。今年3回目だ。免疫が落ちている。3年くらい前に電動自転車を手に入れて以来、あまり歩かなくなり、体力低下の...

  3. 3
    そらももさんからひよこケーキ!と8月のセール11日目とセール品状況とおくすり手帳状況とmuu-moo-muuさん状況とcoRRierさんからのお知らせとむらいけんたろう個展と居酒屋飛露喜でお祝い - ひよこ雑貨店(8冊目)

    そらももさんからひよこケーキ!と8月のセール11日目と...

    朝イチで、クール便で、超かわいい立体ひよこケーキが届いたんでした。きゃーーーーーーーーーーーーーーーーー♡そらももさんから7周年のお祝いいただいちゃいました!すっごい!嬉しい!ありがとう!ひよこ雑貨店、今日で7歳になりました。わーわー騒いでたらてぶも見に来た。すごいだろー立体ひよこ。ちゃんと裾のレースとハイヒールも再現されてるこのケーキは黒髪のケーキ屋...

  4. 4
    山田勇男新刊「白い夢」入荷と虹霓社商品状況と8月のセール12日目と魔の金曜日とひよこ喫茶店お楽しみ企画準備とピアスいろいろ - ひよこ雑貨店(8冊目)

    山田勇男新刊「白い夢」入荷と虹霓社商品状況と8月のセー...

    静岡の虹霓社さんから納品のお品が届きました。映画監督・映像作家の山田勇男さんの新刊です。漫画、という体裁をとってありますが画集、のような。独特すぎるデザインの書き文字も、絵も、台詞回しも、ストーリーも。その全てに引き込まれます。見本を1冊いただいてますので、中もご覧いただけます。全ページモノクロ。息苦しいほど繊細な絵です。1コマ1コマ指先で辿って撫で回...

  5. 5
    新聞小説を読む「ひこばえ」第十八章 親父と息子 433 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十八章 親父と息子 433

    434回 作 重松清【羊の要約】 将也さんは、スーツケースを持ったままエスカレーターを駆け下りて、バランスを崩して落下。骨折と頭も打ったことで、入院した。 私たちは、将也さんの病院に向かいながら、なぜこのタイミングで帰国したのか推理した。 父親を案じてか? マスコミの裏をかこうとしてか? いずれにしても「こういうのを独り相撲という」と真知子さんが断じた...

  6. 6
    神に近づくには波長を合わせればいい!(風雲舎) - らくちん道への道

    神に近づくには波長を合わせればいい!(風雲舎)

    口から出任せ。口から出任せは、“ホラ吹き”ではなく、魂が口から出るに任せる……魂と魂のぶつかり合い、本音の語りです。◎植芝合気はもとより、保江愛魂も、山本いろは呼吸書法も神がかりだった。◎神は、単純な繰り返しに宿る。合気も、愛魂も、いろは呼吸書法も単純な繰り返しだ。◎言霊で、神が降りてくる。◎音霊一つひとつに神が宿る。◎人体は言霊の集合体。言霊を発する...

  7. 7
    「日本人は○○だ」などと一括りにしないでくれ! - 梟通信~ホンの戯言

    「日本人は○○だ」などと一括りにしないでくれ!

    昨夜は我が家で晩酌、検査前四日間断酒のあと外で晩飯が二日続いたから、久しぶりの家呑みだった。勘定の心配もなく帰らなくてもいいというのは、気持ちが楽でついつい飲みすぎてしまった。けさは洗濯や掃除などを嫌々ながらやった。嫌々ながらやる日が増えていくような気がする。「すくなずくも」(少なくとも)、「なんどり」(穏やかなさま)、「たいそうもない」(愚にもつかな...

  8. 8
    秋味なのに - 専業主婦の本棚

    秋味なのに

    キリン秋味が発売になり、食卓を秋へ、と思いさんまを探したが、解凍品しかなかった。こんなことはここ数年初めて。ニュースで見てはいたが、本当に不漁なんだ。毎年、キリン秋味の発売とともに生さんまを食べるのが儀式のようになっていたのだが、今年は断念。無念なり。代わりに北海道の秋鮭(白鮭)をホイル焼きにする。今年の夏の我が家の食卓の流行は桃だった。オットの頂き物...

  9. 9
    闘う女たちの物語 「三つ編み」(レティシア・コロンバニ) - 梟通信~ホンの戯言

    闘う女たちの物語 「三つ編み」(レティシア・コロンバニ)

    床屋は1時に予約、それまで近所のどこかで昼飯を済ませようと、前から気になっている角の(汚くて小さな)中華料理屋を覗くと、3畳くらいのスペースにテーブルが4つ、どれも工事関係の人や学生で埋まっている。相席を勧めるおばさんの感じもよかったが、15分ほど待たなければならないというので、諦めて、その先の、やはり初めての中華料理に入る。担々麺ランチ、大慌てで食っ...

  10. 10
    「Scream」のアート:アンディ・ウォーホル - マイケルと読書と、、

    「Scream」のアート:アンディ・ウォーホル

    「Scream」のショートフィルム全体を見たところで、マイケルがイスに座って見ていた3人のアーティストの作品に集中してみましょう。ヒストリー期は、作品ごとに別のキャラクターになっていくマイケルが楽しみだったというよりは、これからどうなっちゃうんだろう、と心配するファンも多かった時期でもあるんですが、今振り返ってみると、「自分の顔をアートとして考えていた...

1 - 10 / 総件数:1000 件

本・読書ブログ 新着記事

関連ブログジャンル

関連タグ

関連ページ

ジャンルからブログを探す