法律・裁判 ブログ

法律・裁判ブログジャンルでは、法律・裁判に関連するニュース、つぶやき、日記、記録、写真、噂、まとめが書かれたブログが登録されています。

法律・裁判ブログ 人気記事ランキング ブログジャンル「法律・裁判」の人気記事のランキングです。(2019/05/27 00:47 集計)

  1. 1
    ボディビルと高学歴のコケオドシ - 井上靜 網誌

    ボディビルと高学歴のコケオドシ

     俳優の武田真治らが出演した資生堂のウェブCM。 公開わずか1日で閲覧できなくなったことで、ちょっとした騒動のようだ。 この突然の中止、共演している小林航太というタレント弁護士がツイッターで差別的な発言をし、起用した資生堂に抗議の声が寄せられていたから、これが原因ではないかという推測がされていた。 この弁護士はボディビルが趣味で、これによりテレビ出演も...

  2. 2
    『青い山脈』の杉葉子さん死去の報 - 井上靜 網誌

    『青い山脈』の杉葉子さん死去の報

     俳優の杉葉子さん死去。 『青い山脈』ヒロイン役が特に知られている。長身で水着姿が話題になり貼っていたポスターがたくさん盗まれたそうだ。このため、映画が大ヒットのうえ当たり役だったから、後に成瀬巳喜男監督など名匠たちの作品に何度も出ているのに『青い山脈』が代表作のように言われてきた。 原節子や京マチ子が95歳没など「美人薄命」とは限らないと言う話題を先...

  3. 3
    磯野貴理子の離婚した夫を叩く連中のクズっぷり - 井上靜 網誌

    磯野貴理子の離婚した夫を叩く連中のクズっぷり

     タレントの磯野貴理子が、テレビで私生活について語ったところ、共演した女性タレントが涙ぐんでしまうなどしたため、大変な話題になった。 これは彼女が離婚した事情についての話だった。24歳年下の男性と再婚して7年経過したところで夫から、子供ができなかったけれど欲しいという気持ちを離婚を前提に打ち明けられ、話し合って彼女も了承したということだった。 これに反...

  4. 4
    デモを差別する高知警察署 - 不思議の国のポリス

    デモを差別する高知警察署

    わたしは申立書のなかで、警察署長は主義主張によってデモを恣意的に差別していると指摘しました。それに対して警察署長は、一方のデモ(メーデーのこと)は「全国的に許可対象行為として行われており、かつ、伝統的・社会的に是認されていると認められ、車道でのデモ行進を行う必要性と当該行為により生じる交通の妨害の程度とを比較衡量した場合、交通に支障が生じることもやむ得...

  5. 5
    西部邁と小沢一郎の共通する持ち上げられ方 - 井上靜 網誌

    西部邁と小沢一郎の共通する持ち上げられ方

     先日、このブログの過去記事に荒唐無稽なコメントをした人がいた。 それは、自殺した西部邁は非常識な発言ばかりしていたという事実の指摘に対してであった。  この西部と保坂正康は、中学で一年先輩後輩関係から互いによく知った間らしいが、この保坂正康も右だったり左だったりである。そして保坂は時々だが医療問題について口を出していて、このひどさは拙書『防衛医大』で...

  6. 6
    現名古屋城天守解体許可 文化庁は「文化財分科会で審議されたか一切答えられない」と河村市長 - 市民オンブズマン 事務局日誌

    現名古屋城天守解体許可 文化庁は「文化財分科会で審議さ...

    19/5/20に行われた、河村たかし名古屋市長定例記者会見で、現名古屋城天守解体許可について、「19/5/17に開催された文化財分科会の内容、文化審議会に諮問されたかどうかも一切文化庁から言えないと回答があった」としました。19/5/20 河村たかし名古屋市長定例記者会見(名古屋市民オンブズマンによる半自動文字起こしアプリによる文字起こし)http:/...

  7. 7
    トランプ大統領が大相撲でヒョー!ショー!ジョー! - 井上靜 網誌

    トランプ大統領が大相撲でヒョー!ショー!ジョー!

     大相撲夏場所優勝力士に特注トランプ杯を大統領が自ら授与らしい。 ここで大統領が正面マス席での観戦を希望したので、安倍総理はマス席1000を抑えたとも言われてる。自称「国技」を天皇も貴賓席で観戦しているが、従属国の総督としての安倍は宗主国のトランプ大統領閣下に特別扱いで、天皇より米大統領は偉いらしい。 これでは「願っていません」なんて不敬な読み間違いも...

  8. 8
    見城徹社長は津原泰水氏へきちんと反論すべきだった - 井上靜 網誌

    見城徹社長は津原泰水氏へきちんと反論すべきだった

     「津原氏の炎上商法ではないか」 などと変な疑いを小説家の津原泰水さんにかけている花田紀凱Hanada誌編集長は、よそ様のことに変な口を出しているのだから、この方がよほど炎上商法だと非難されている。 そもそも、ネットスラングとして「炎上」という言葉ができるよりはるか以前から『週刊文春』などで常套手段としてきた雑誌業界の連続放火魔が言うのは滑稽であり、ま...

  9. 9
    半田元愛知県議政務活動費住民訴訟 原告側附帯控訴 - 市民オンブズマン 事務局日誌

    半田元愛知県議政務活動費住民訴訟 原告側附帯控訴

    名古屋市民オンブズマンが、平成23年度~平成27年4月に半田晃士元愛知県議に支給された政務調査費・政務活動費の返還を求めた住民訴訟で、19/2/28に名古屋地裁は263万9615円の返還を命じましたが、補助参加人の半田元県議が控訴をしました。原告の名古屋市民オンブズマンも、19/5/20に附帯控訴しました。http://www.nagoya.ombud...

  10. 10
    藤田早苗さん 日本の表現の自由とメディアの現状等を伝えるため5/21以降全国各地で講演 - 市民オンブズマン 事務局日誌

    藤田早苗さん 日本の表現の自由とメディアの現状等を伝え...

    これまで、秘密保護法や共謀罪、日本の表現の自由とメディアの現状、さらにはジェンダーやヘイト、貧困の現状を国際社会に伝えてきた、イギリス在住で国際人権基準の研究者である藤田早苗さんが、2019年5月下旬~6月下旬に一時帰国し、全国6公開企画・15大学18コマで講演・授業を行います。ぜひご参加下さい。https://hyogen-tsutaeru.jimd...

1 - 10 / 総件数:1000 件

ジャンルからブログを探す