往復の航空運賃、送迎、食事代、ドリンク代、そしてアクティビティ※まで、すべて含まれたプレミアム オールインクルーシブ!
予算を考えずに、思いっきり、そして特別感あふれる内容で、スペシャルな体験ができる「クラブメッド」なら、休日の楽しさは倍増。いまぜひ訪れたい、おすすめのデスティネーションをご紹介! ※一部を除く。

  • チェラティンビーチ

    チェラティンビーチ

    エキサイトのブロガーが体験してきました!ビーチと大自然を満喫する、エコ・ネイチャーリゾート

    マレーシア東海岸に位置するビーチ。雄大な南シナ海に面し、80ヘクタール(東京ドーム約17個分)の広大なエコ・ネイチャーリゾートが「クラブメッド・チェラティンビーチ」。空港から車で45分とアクセスもよく、日本との時差も1時間。さらなるパワーアップのため、今年9月にリノベーションしたばかりで、大人専用のZEN(禅)スペース内にある「クワイエットプール」、クラブメッド初の「ヌードルバー」も新設された。前面の海と、周囲の大自然に触れ、身も心も解き放たれるスーパーネイチャーリゾートに、旅とグルメの写真が人気のエキサイトブログ、「うひひなまいにち」の、うひひさんが体験取材。チェラティンビーチでのスペシャル体験をご紹介。
    URL:http://www.clubmed-jp.com/asia/cherating/

  • プーケット

    プーケット

    アクティブに楽しみたい、タイの洗練リゾート。

    タイの南西に位置するプーケット島。広大なヤシ林の中、1.2kmにも及ぶパウダーサンドビーチを擁する一大リゾートが「クラブメッド・プーケット」だ。今年の春、大規模なリノベーションを終え既存の施設がますますパワーアップ、大人の休日に相応しい新たなスペースも誕生した。タイの伝統的な歴史や文化、工芸、そして建築からインスパイアされたというエキゾティックなムードに、現代的なホスピタリティを融合させた「クラブメッド・プーケット」の楽しみ方をご紹介。
    URL:http://www.clubmed-jp.com/asia/phuket/

  • モルディブ

    モルディブ

    とっておきの休日は、憧れのプライベートアイランドで。

    インド洋に浮かぶ小さな島、モルディブ・カニフィノール島。この島をまるごとリゾートにしつらえたのが「クラブメッド・モルディブ」だ。マーレ国際空港からスピードボートで約30分、ターコイズブルーの海と白いビーチに囲まれたここはまさしく恋人たちの楽園だ。2010年にはクラブメッド独自の施設評価で最高峰となる5トリダン(リゾートのグレードを表す単位)を獲得したラグジュアリースペースが誕生、世界中のハネムーナーや大人のカップル憧れのディスティネーションへ、いざ!
    URL:http://www.clubmed-jp.com/maldives/

知ってるようで知らない、クラブメッドの魅力。食事も遊びも、オールインクルーシブ!

クラブメッドの最大の特徴は、追加料金が発生しないこと。食事やアクティビティを思いっきり楽しんでも大丈夫。 自分の思い思いのスタイルで、心からくつろげる上質な時間を満喫できる。

最上級のリゾートで、自分たちだけの時間をすごせる。
のんびり過ごしたい時も、アクティブに過ごしたい時も、思い思いの形で過ごせるのがクラブメッド。
どんなプランにする?現地でゆっくり考えるのも楽しい。
お財布がいらない、自由気ままなバカンス。
滞在中の食事やアクティビティは含まれ、チップは不要。手ぶらでバカンスを楽しめる特別なリゾート。安心して楽しめる!
心からくつろげる、安心・快適なプライベート・リゾート
広大な敷地全体はプライベートリゾート。セキュリティもしっかりしているので、のびのびリラックス。バカンスのスペシャリスト「G.O(ジーオー)※1」も頼もしい味方。※1.ジェントル・オーガナイザーの略。クラブメッドのコンシェルジュ的な存在。

旅行代金に含まれているもの

・往復の航空運賃、空港~クラブメッドの送迎(注) ・滞在中のお食事や軽食(一部除く) ・バーでの各種アルコール、ソフトドリンク(一部除く) ・スポーツやリラクゼーションなどのアクティビティ ・子供を預けられるキッズサービス(一部除く
(注)日本国外の空港諸税(一部除く)、燃油サーチャージ、宿泊費、オリジナルエンターティメントショーやイベント、パーティーなど(一部除く)も含まれています。