α9Ⅱ、FE200-600Gのタグまとめ

α9Ⅱ、FE200-600G」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはα9Ⅱ、FE200-600Gに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「α9Ⅱ、FE200-600G」タグの記事(213)

  1. 給餌中の大葦切(オオヨシキリ) - 野鳥などの撮影記録

    給餌中の大葦切(オオヨシキリ)

    3羽ヒナが居るらしいのですが、親鳥が給餌に来てもなかなか顔を見せてくれません。まだ小さすぎるのでしょうか・・それとも巣が深すぎ??(2020年8月撮影)

  2. 梅雨明け、腰赤燕(コシアカツバメ) - 野鳥などの撮影記録

    梅雨明け、腰赤燕(コシアカツバメ)

    長かった梅雨もようやく明けました。青空にコシアカツバメが舞っていました。(2020年8月撮影)

  3. 青葉木菟(アオバズク)幼鳥 - 野鳥などの撮影記録

    青葉木菟(アオバズク)幼鳥

    前回来た時は大雨で大変だったのですが、今回は曇りで雨はなかったです。ほんの数日しか経っていないのですが、幼鳥はかなり凛々しくなった印象です。(2020年7月撮影)

  4. 燕(ツバメ)の給餌連写 - 野鳥などの撮影記録

    燕(ツバメ)の給餌連写

    他の巣ではほとんど巣立ちが終了していますが、まだ営巣中の巣がありました。親鳥は一生懸命ですね。3羽のヒナのために奔走していました。秒間20コマで撮ったショットを1/3程度に間引きしています。(2020年7月撮影)

  5. 背黒鶺鴒(セグロセキレイ)若鳥 - 野鳥などの撮影記録

    背黒鶺鴒(セグロセキレイ)若鳥

    渓流でのショットです。ちなみにセグロセキレイは日本固有種なんですよね。こちらは親鳥↓(2020年7月撮影)

  6. カラス親子(ハシボソガラス) - 野鳥などの撮影記録

    カラス親子(ハシボソガラス)

    カラスの親子に出会いました。幼鳥は一生懸命鳴いていました。ちょっとほのぼのする瞬間でした^^(2020年7月撮影)

  7. 青葉木菟(アオバズク) - 野鳥などの撮影記録

    青葉木菟(アオバズク)

    アオバズクの幼鳥が巣立ったので様子を見に、、雨の降る中での撮影でしたので結構苦戦。。巣立った若のもう一羽は離れたところに居て、一緒には撮れず。親鳥はエンジェルポーズというよりは、濡れた羽をふるっている感じでした。これは親鳥です↓親子のショット↓これも親鳥↓見つめられました↓(2020年7月撮影)

  8. 緑鳩(アオバト)で実験 - 野鳥などの撮影記録

    緑鳩(アオバト)で実験

    新しいカメラで動き物の撮影に行ってきました。まだまだ検証が必要ですが、以前より歩留まりが上がった気がします。もっと天気が良ければもう少しよく撮れたかもしれません。(2020年7月撮影)

  9. 青葉木菟(アオバズク)親子 - 野鳥などの撮影記録

    青葉木菟(アオバズク)親子

    お父さんです。この時はお母さんは不在?ヒナは巣立ち寸前でした。(どうやら本日巣立ちしたそうです)(2020年7月撮影)

  10. 台湾栗鼠(タイワンリス) - 野鳥などの撮影記録

    台湾栗鼠(タイワンリス)

    湘南の森ではお約束のタイワンリスです。あまりに増えすぎて、特定外来種の汚名をもらっています。いつも突然大きな音を立てて現れるので、心臓に悪いです。。(2020年7月撮影)

  11. びしょ濡れの黄鶲(キビタキ) - 野鳥などの撮影記録

    びしょ濡れの黄鶲(キビタキ)

    恐らく水浴び直後のキビタキです。突然目の前に現れましたが、なんとか対応できました。暗い場所でしたが、カメラの性能もあったのでしょうね^^;(2020年7月撮影)

  12. まだまだ三光鳥(サンコウチョウ) - 野鳥などの撮影記録

    まだまだ三光鳥(サンコウチョウ)

    今日のサンコウチョウです。新しいカメラの具合も見たくて、あちこちのスポットに赴きました。サンコウチョウの巣までは11mと過去最短距離です。真下から撮れば10m以内だったと思います。また新しく巣を作ったようです。α9Ⅱについては、まだ検証が必要ですが、ファーストインプレッションはかなり良い感じですね^^(2020年7月撮影)

  13. ハスカワ - 野鳥などの撮影記録

    ハスカワ

    新しいカメラの設定のために実験しましたが、あまり多く撮れなかったです。しばらくは検証が必要ですね。。(2020年7月撮影)

総件数:213 件

似ているタグ