◆イスタンブル歴史紀行のタグまとめ

◆イスタンブル歴史紀行」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには◆イスタンブル歴史紀行に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「◆イスタンブル歴史紀行」タグの記事(10)

  1. 夕刻のスレイマニエジャーミィ - 写真でイスラーム  

    夕刻のスレイマニエジャーミィ

    1.夕刻明かりが灯り・・夕刻になり、ジャーミィに明かりが灯る。イスラーム世界ではどの町も数限りなく塔が見えるが、イスタンブールもそこかしこにジャーミィがある。塔の数は様々であるが、スレイマニエだけはどの方角から見てもわかる。なぜなら、4本の塔がある場合、普通はドーム屋根の周りの四方に建てられ、大きなドームの周りに高さのある塔がぎっしり囲んでいたりすると、建物が窮屈そうな印象になる。しかし、ス...

  2. カリグラフィー…スレイマニエジャーミィ― - 写真でイスラーム  

    カリグラフィー…スレイマニエジャーミィ―

    1.スレイマニエジャーミィ内部のカリグラフィー大ドームの頂点の高さは53m、内陣47mというこの壮大なジャーミィ(モスク)天蓋の中心を見上げれば、緑の円形の中にカリグラフィーが見える。金文字であらわされた文字が映える。円形の中心は組み紐型になっていて、この写真で言うなら5時の方角から左へと読み進める。バスマラに続く、天と地という言葉、コーランの24章アン・ヌール(光の章)の35節ではないかと...

  3. 丘のスレイマニエジャーミィ - 写真でイスラーム  

    丘のスレイマニエジャーミィ

    1.丘の上のスレイマニエ・ジャーミィ建築家ミマール・スィナンがスレイマン大帝の命を受けてジャーミィを作るにあたって最も苦心したのはまず場所の選定だった。後々まで揺るがず、その偉業を伝えるようなジャーミィをどこに建てるか。スィナンが選んだのは、丘の上だった。イスタンブルの要衝、ボスポラス海峡からも金閣湾からもアジア側からもその姿が泰然たる姿を見せてくれる。まさしくそんなところに建てることにした...

  4. 続・博物館…カリグラフィーとテズヒブ - 写真でイスラーム  

    続・博物館…カリグラフィーとテズヒブ

    1.レンガと石の博物館丸天井に窓展示品にはカリグラファー名を添えている。2.テズヒブ(周辺の装飾)の凝りよう一部を紹介各部屋に飾られた文字群と華麗な装飾群をすべて見るには時間がいるが数点見るだけでもその多様さはわかる。入場料:無料文字や装飾に興味がある人だけが、落ち着いてゆったり見に来る静かな空間といえる。↑一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります

  5. シヤヴシュパシャのマドラサは博物館として生まれ変わった - 写真でイスラーム  

    シヤヴシュパシャのマドラサは博物館として生まれ変わった

    1.シヤヴシュパシャのマドラサは小さな博物館として生まれ変わった中庭が美しい。もとはこうだったのが生まれ変わった↓廊下には木のベンチが置かれ、落ち着いて座り鑑賞ができる。各部屋の入口は木の扉。壁にはなかに展示されている作品の拡大写真。2.Hilye-i Şerif ve Tesbih Müzesiヒリエイシャリフアンドロザリオ博物館というのが正式な名称だが、直訳すると余計に分からなくなってし...

  6. イスタンブールは絵になる - 写真でイスラーム  

    イスタンブールは絵になる

    霧のイスタンブールほとんどは朝であるが、イスタンブールは時に湿度が高い。黒海とマルマラ海とボスポラス海峡とゴールデンホーン、これだけの海に囲まれているのだから、霧も発生するだろう。ただ、多いのは秋と冬で、深い霧が午後までボスポラス海峡をはじめ、陸も含めて地域の交通を混乱させることもある。霧はイスタンブール中心地よりもレヴェントと呼ばれる北部地域に多い。海からの霧は特に朝に集中するので、昼間は...

  7. スルタン-スレイマンの息子たち - 写真でイスラーム  

    スルタン-スレイマンの息子たち

    1.シェッザーデという言葉トルコ語で皇子をいうらしい。シェッザーデ・ジャーミィというモスクがある。以前、ミマール・スィナン(シナン)の建てた建築の一つとして書いたことがある。皇子のためのモスクとは聞いていたが、16世紀前半にシナンが建てたということは、スルタン-スレイマンに当然関係している。すると、皇子とはマフデブラン妃の生んだスレイマンの長子、ムスタファ皇子かと、写真を見直してみた。→シェ...

  8. イブラヒム-パシャの家~オスマン帝国外伝 - 写真でイスラーム  

    イブラヒム-パシャの家~オスマン帝国外伝

    1.華麗なる世紀(「オスマン帝国外伝」~愛と欲望のハレム)このドラマは以前から紹介しているが、CS銀河チャンネンルで放映されていたが佳境に入った第2シーズンが終わった。BSで遅れて放映されているのもあるので、以前より目にする機会は増えていると思う。宮殿とその周辺の出来事であるのに、波乱万丈、次の日が待てないほど次回を期待させてしまう面白さがあり、世界的ヒットになったのがわかる。第3シーズンが...

  9. 視点を変えて…スルタンアフメットジャーミー - 写真でイスラーム  

    視点を変えて…スルタンアフメットジャーミー

    1.仰ぎ見る夏の雲と青空を背景にそびえたつスルタン・アフメット・ジャーミー2.俯瞰する同じジャーミーを眼下に望むマルマラ海の朝焼けに溶け込むジャーミーここから窓いっぱいに広がる光景はどんな絵よりも心に迫る。↑一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります

  10. 蝋の話(1)王家の封蝋 - 写真でイスラーム  

    蝋の話(1)王家の封蝋

    1.蜜蝋とは・・ろうそくは世界中誰でも知っているものだが、最初に使われたのは蜜蝋(みつろう)、ハチの巣の枠組みを作っているのは働きバチの蝋分泌腺から分泌される蝋成分であり、それを煮溶かせば蜜蝋となる。世界で最初のろうそくは蜜蝋であったが、何しろハチのつくるものであるから手に入れにくいものであった。融点は摂氏62ないし65度なので、純粋な蜜蝋は溶けやすい。2.シーリングワックスとしての使われ方...

総件数:10 件

似ているタグ