★★★★★のタグまとめ

★★★★★」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには★★★★★に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「★★★★★」タグの記事(24)

  1. 「希望のかなた」(フィンランド映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    「希望のかなた」(フィンランド映画・2017年)

    洋18-4  ★★★★★<シネ・リーブル梅田>2018(平成30)年1月9日鑑賞2018(平成30)年1月15日記前から気になっていたフィンランド人監督、アキ・カウリスマキの名作をはじめて鑑賞。「港町3部作」から「難民3部作」と名前を変えた本作は、ヨーロッパの難民問題がテーマだが、社会問題提起作というよりも、シリアからの難民とフィンランド人の老紳士との心温まる物語。それにしても、難民を従業員...

  2. 「ダンシング・ベートーヴェン」(スイス・スペイン合作映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    「ダンシング・ベートーヴェン」(スイス・スペイン合作映...

    洋17-208  ★★★★★(ショートコメント)<テアトル梅田>2017(平成29)年12月29日鑑賞2018(平成30)年1月5日記本文はネタバレを含みます!!それでも読む方は下の「More」をクリック!!↓↓↓ ここからはネタバレを含みます!!読まれる方はご注意ください!!↓↓↓監督:アランチャ・アギ―レ振付:モーリス・ベジャールモーリス・ベジャールバレエ団:ジル・ロマン(芸術監督)エリ...

  3. 京都市烏丸御池「烏丸DUE」★★★★★ - 紀文の居酒屋日記「明日はもう呑まん!」

    京都市烏丸御池「烏丸DUE」★★★★★

    京都燐ショップ搬出打ち上げ。もう肉でもなんでも美味い!ワインも3,200円ぐらい、安くて美味い!翌朝移動だから、飲み過ぎずに帰った。4,500円。リンク

  4. 否定と肯定(イギリス・アメリカ合作映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    否定と肯定(イギリス・アメリカ合作映画・2016年)

    洋17-194  ★★★★★<TOHOシネマズ西宮OS>2016(平成28)年12月9日鑑賞2017(平成29)年12月14日記 ホロコーストの悲惨さを描く名作は多いが、何と「ホロコーストはなかった!」と主張する学者も。それを批判したユダヤ人の女性研究者が名誉毀損で訴えられ、アーヴィングVSリップシュタット事件が1996年に勃発! イギリスの王立裁判所での審理は、「立証責任」がアメリカや日本...

  5. 密偵(韓国映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    密偵(韓国映画・2016年)

    洋17-186  ★★★★★<シネ・リーブル梅田>2017(平成29)年11月18日鑑賞2017(平成29)年11月24日記 『暗殺』(15年)は日本統治下の1930年代だったが、本作は1920年代。そして『暗殺』でも主要人物の一人だった「二重スパイ」が本作では主役に。舞台も京城(現在のソウル)と上海だし、独立運動団体、義烈団による朝鮮総督府の要人暗殺がメインだから、両者を比較対照すれば一層...

  6. 立ち去った女(フィリピン映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    立ち去った女(フィリピン映画・2016年)

    洋17-183  ★★★★★<ビジュアルアーツ大阪>2017(平成29)年11月9日鑑賞2017(平成29)年11月15日記 韓国には3大国際映画祭を制覇したキム・ギドクという私の大好きな韓国人監督がいるが、フィリピンにもラヴ・ディアス監督がいることを発見! 彼の映画は度肝を抜く長尺とワンシーン・ワンカットが特徴だから、3時間48分の本作は異例の短さ。トルストイの短編に着想を得た本作は哲学的...

  7. ブルーム・オブ・イエスタディ(ドイツ、オーストリア映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    ブルーム・オブ・イエスタディ(ドイツ、オーストリア映画...

    洋17-180  ★★★★★<シネ・リーブル梅田>2017(平成29)年10月29日鑑賞2017(平成29)年11月1日記 負の過去、負の歴史と真摯に向き合うため、ドイツでは今なおホロコースト研究が盛ん。そこが同じ敗戦国でも、日独の大きな違いだ。 しかし、アウシュビッツ会議を成功させるためとはいえ、祖父をナチの親衛隊(SS)の大佐に持つドイツ人男と、祖母がホロコーストで殺されたユダヤ人女の組...

  8. あゝ、荒野 【前篇】【後篇】(日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    あゝ、荒野 【前篇】【後篇】(日本映画・2017年)

    日17-179  ★★★★★<テアトル梅田>前篇2017(平成29)年10月28日鑑賞後篇2017(平成29)年11月12日鑑賞2017(平成29)年11月17日記 カルチャーアイコン、寺山修司が書いた唯一の小説が『あゝ、荒野』。その時代は東京オリンピック開催直後の1965年だったが、映画は時代を2020年の東京オリンピック直後の2021年に。舞台は同じ荒れ果てた荒野(=新宿・歌舞伎町)だが...

  9. 女神の見えざる手(フランス・アメリカ合作映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    女神の見えざる手(フランス・アメリカ合作映画・2016年)

    洋17-173  ★★★★★<TOHOシネマズ西宮OS>2017(平成29)年10月21日鑑賞2017(平成29)年10月27日記 去る10月22日に投開票された衆議院議員選挙はメチャ面白い政治ドラマになったが、これを演出し主演女優を演じたのは小池百合子。助演男優が前原誠司と枝野幸男で、3分の2獲得賞が安倍晋三。そこにロビイストはいなかったが、アメリカ議会で新たな銃規制法案を成立させるには、...

  10. オン・ザ・ミルキー・ロード(セルビア、イギリス、アメリカ合作映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    オン・ザ・ミルキー・ロード(セルビア、イギリス、アメリ...

    洋17-159  ★★★★★                    <梅田ブルグ7>                    2017(平成29)年10月1日鑑賞                    2017(平成29)年10月13日記 世界は広い。こんな楽しい寓話をつくり出す、旧ユーゴスラビア生まれの大監督がいたとは。『ウェディング・ベルを鳴らせ!』(09年)の評論で書いた、そんな絶賛の言...

  11. 復讐するは我にあり(日本映画・1979年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    復讐するは我にあり(日本映画・1979年)

    日17-154  ★★★★★(ショートコメント)                    <シネ・ヌーヴォ>                    2017(平成29)年9月18日鑑賞                    2017(平成29)年9月22日記本文はネタバレを含みます!!それでも読む方は下の「More」をクリック!!↓↓↓ ここからはネタバレを含みます!!読まれる方はご注意くださ...

  12. 三度目の殺人(日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    三度目の殺人(日本映画・2017年)

    日17-150  ★★★★★                  <TOHOシネマズ西宮OS>                   2017(平成29)年9月9日鑑賞                   2017(平成29)年9月15日記 必ずしも法廷は真実解明の場ではない!本物の法曹関係者や、ジョン・グリシャムの「法廷モノ」小説の愛読者はそれをよく知っているが、一般的には大きな誤解が・・・。...

  13. 散歩する侵略者(日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    散歩する侵略者(日本映画・2017年)

    日17-149  ★★★★★              <TOHOシネマズ西宮OS>              2017(平成29)年9月9日鑑賞              2017(平成29)年9月22日記 日本の巨匠、黒沢清監督が、SF大作に初挑戦!黒沢作品は難解さが特徴だが、タイトルからして本作も難解そう。さあ、ハリウッドで続々と誕生するSF大作と比べた黒沢SFの特異性は・・・? 本作...

  14. ダンケルク(アメリカ映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    ダンケルク(アメリカ映画・2017年)

    洋17-147  ★★★★★                   <TOHOシネマズ西宮OS>                   2017(平成29)年9月9日鑑賞                   2017(平成29)年9月19日記 ノルマンディーへの上陸作戦を描いた『史上最大の作戦』(62年)は勇ましかったが、ダンケルクでの「史上最大の撤退作戦」の目標は?見通しは?結果は? 史実とし...

  15. 裁き(インド映画・2014年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    裁き(インド映画・2014年)

    洋17-145  ★★★★★                 <シネ・リーブル梅田>                 2017(平成29)年9月5日鑑賞                 2017(平成29)年9月13日記 インドの若き才能が、長編第1作として「法廷モノ」に挑戦!65歳の歌手の起訴事実は、ある下水清掃人の自殺幇助罪。扇動的な歌が彼を自殺に追い込んだということだが、そりゃちょっと...

  16. 幼な子われらに生まれ(日本映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    幼な子われらに生まれ(日本映画・2016年)

    日17-140  ★★★★★                 <テアトル梅田>                 2017(平成29)年8月31日鑑賞                 2017(平成29)年9月7日記 弁護士歴42年ともなれば、離婚や養育に関する家事事件もベテランになる。しかして、本作のような連れ子を伴うバツイチ同士の再婚で、新たに「幼な子」に恵まれた場合は、産む産まないの賛否...

  17. エル ELLE(フランス映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    エル ELLE(フランス映画・2016年)

    洋17-138                   <大阪ステーションシティシネマ>                   2017(平成29)年8月27日鑑賞                   2017(平成29)年9月1日記 ポール・ヴァーホーヴェン監督の『氷の微笑』(92年)におけるシャロン・ストーンの演技は生ツバものだったが、ハリウッド女優が軒並み尻込みしたレイプシーンへのフランス人...

  18. ローサは密告された(フィリピン映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    ローサは密告された(フィリピン映画・2016年)

    洋17-132   ★★★★★                    <テアトル梅田>                    2017(平成29)年8月15日鑑賞                    2017(平成29)年8月21日記 近時、フィリピン映画が元気!韓国のキム・ギドク監督の後を追うかのように、カンヌ、ベルリン、ベネチアの三大国際映画祭で活躍している1960年生まれのブリランテ...

  19. NEWシネマ歌舞伎 四谷怪談(日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    NEWシネマ歌舞伎 四谷怪談(日本映画・2017年)

    日17-128  ★★★★★(ショートコメント)                    <松竹試写室>                    2017(平成29)年8月8日鑑賞                    2017(平成29)年8月14日記本文はネタバレを含みます!!それでも読む方は下の「More」をクリック!!↓↓↓ ここからはネタバレを含みます!!読まれる方はご注意ください!!...

  20. ファウンダー ハンバーガー帝国(アメリカ映画・2016年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    ファウンダー ハンバーガー帝国(アメリカ映画・2016年)

    洋17-124  ★★★★★                    <シネ・リーブル梅田>                    2017(平成29)年8月1日鑑賞                    2017(平成29)年8月4日記 今でこそフランチャイズ制は当たり前だが、1954年当時にマクドナルド兄弟の斬新な厨房システムと店舗経営システムをフランチャイズ制にするという戦略を立てたファ...

1 - 20 / 総件数:24 件

似ているタグ