★アコギな本のタグまとめ

★アコギな本」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには★アコギな本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「★アコギな本」タグの記事(29)

  1. 薄い・・ - アコースティックな風

    薄い・・

    先週の「ギターマガジン」に続き、今週は「アコースティックギターマガジン」が発売されました。でも、手に取った瞬間、「あれ?」と思ってしましました。なんだかとっても薄いんです。ギターマガジンと同じくらいの厚さ。でも、値段はギターマガジン880円の2倍以上の2200円。CDが付属しているとはいえ、ずいぶん高価な気がしてしまいます。でもまあ、コロナ渦で外出自粛が続き、取材もできなかったんだろうし、滞...

  2. 初ジェームス・テイラー - アコースティックな風

    初ジェームス・テイラー

    もちろん名前は知っていたのですが、実は今までジェイムス・テイラーを聴いたことがありませんでした。今回、「アコースティック・ギター・マガジン Vol.84」の特集記事を見て、これは聴いてみなくちゃとまず、最新アルバムの「アメリカン・スタンダード」を購入。なるほど。続いて、ジャケットは雑誌などで何度も見たことがある「スイート・ベイビー・ジェームス」を購入。なるほど、なるほど。このアルバムはヒット...

  3. ガット・ギター版「ソロ・ギターのしらべ」って感じ - アコースティックな風

    ガット・ギター版「ソロ・ギターのしらべ」って感じ

    垂石雅俊さんの著書「大人の洋楽ベストセレクション」(現代ギター社刊)を買ってみました。ガットギター版の「ソロ・ギターのしらべ」って感じですね。収録曲は1.デイドリーム・ビリーバー(ザ・モンキーズ)2. 君のともだち(キャロル・キング)3. スカボロー・フェア(イングランド民謡)4. 見つめていたい(ザ・ポリス)5. あなたのとりこ(シルヴィ・ヴァルタン)6. ラジオスターの悲劇(バグルス)7...

  4. 面白かった! 小説 『作曲少女』 『作曲少女2』 - アコースティックな風

    面白かった! 小説 『作曲少女』 『作曲少女2』

    『作曲少女(平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話)』とそれに続く『作曲少女2(転調を知って世界が変わる私たちの話)』という小説を読んでみました。主人公は女子高生。昔、ヒットした『もしドラ』(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)の作曲版という感じでしょうか。ドラッカーとは違い第1作目の『作曲少女』は、難しい音楽理論をあえて使わず、とにかく曲を作ってみ...

  5. はじめてのソロ・ギター入門(新装改訂版) - アコースティックな風

    はじめてのソロ・ギター入門(新装改訂版)

    南澤大介先生の著書「はじめてのソロ・ギター入門 (新装改訂版)」が発売されました。スゴイですねぇ!表紙が変わっただけでなく旧版に比べ20ページ以上も増え、内容も厚みもグンと増しています。それで値段は変わらず 「2600円+税」なんですから、大丈夫なのかな?と心配してしまうくらいです。で、よく見てみたら、あれ?2枚あったCDが1枚になってる!内容の減少かぁ???と思って、さらによく見てみたらと...

  6. はじめてのスラック・キー・ギター入門 - アコースティックな風

    はじめてのスラック・キー・ギター入門

    『はじめてのスラック・キー・ギター入門』(松本ノボル著)(ドリーム・ミュージック・ファクトリー刊)という教本を購入しました。そういえば「ソロ・ギター」を始める前に「スラック・キー・ギター」というものをFMラジオで聴いて、カントリーやブルース、ジャズなどとは違う不思議な音色に「へぇ~、こんなのがあるんだ」と思ったことがあったんです。スラック・キー・ギター。弦を緩めて、独自のチューニングにして演...

  7. 打田さんの楽譜集 - アコースティックな風

    打田さんの楽譜集

    打田十紀夫さんの最新CD『Beyond the Old Memories』に対応した楽譜集「Tokio's Acoustic Blues Collection打田十紀夫/ビヨンド・オールド・メモリー完全コピー楽譜集」が発売されたので早速 購入しました。実は、このCD、お気に入りで、毎朝、聴いているんです。以前はFMラジオを聴いていた朝なんですが人の声や新しい情報についつい行動が止ま...

  8. 岡崎倫典さんの“強化書” - アコースティックな風

    岡崎倫典さんの“強化書”

    岡崎倫典さんのギター教則本『フィンガースタイル・ギター全知識』を購入しました。いや~、これまた素晴らしい本ですねぇ!帯の部分に「ギターの選び方から、コードの仕組み、奏法、アレンジなど、フィンガースタイル・ギターのすべてを1冊に網羅。長年、第一線で活躍してきた岡崎倫典だから語れる内容が満載!!」と書かれていますが、まさにそんな本です。ボクもソロ・ギターをはじめて10年以上になりますし、南澤大介...

  9. 『卒業さくらSONGSソロ・ギター曲集』 - アコースティックな風

    『卒業さくらSONGSソロ・ギター曲集』

    ふとしたきっかけで『卒業さくらSONGSソロ・ギター曲集』というCD付き楽譜集を手に入れました。良いですねぇ~!著者でありアレンジ・演奏しているのは、垂石雅俊さん。実は垂石さんの演奏は好きで、CDを何枚か持っているんですよね。垂石さんのCDはメジャーレーベルのキングレコードから発売されていて、「ソロ・ギターです!」というよりは「ソロ・ギターをベースにして 素敵な曲を奏でました!」というアル...

  10. 温故知新 - アコースティックな風

    温故知新

    2019年2月16日に発売が開始された『カントリー・ブルース・ギター Special 』 (シンコーミュージック刊)という本を翌日のきょう日本郵便の方が配達してくれました。「ヴィンテージ・ギター・ギャラリー」から始まって「カントリー・ブルース・ギターの100年」「12人のレジェンド(ブルースマンそれぞれの物語)」「Basic Playing Style」「打田十紀夫の Advanced Pl...

  11. 構造と木材 - アコースティックな風

    構造と木材

    1月はなんだかんだと忙しく、ほとんどギターを弾けない日々が続きましたが、2月に入って、とりあえず前半はゆっくり弾く時間もできてホッとしております。ふぅ~・・。そんな時に発売された『アコースティック・ギター・ブック 48』が、(シンコーミュージック・エンタテインメント刊)これまたいいですねぇ!特集は「構造と木材」。かつて、ライバル誌の『アコースティック・ギター・マガジン』に「木材」という特集が...

  12. セルマー/マカフェリ・ギター - アコースティックな風

    セルマー/マカフェリ・ギター

    セルマー/マカフェリ・ギター。初めて見たのは、いつ頃だったでしょうか?そんなに前のことではなかったと思います。ソロ・ギターを始めてから、この10年ぐらいの間にどこかで写真を見たんだろうと思います。その時の印象は、「変な恰好のギター」というもの。なんていうか、映画「モンスターズ・インク」か、「トイ・ストーリー」の中にこんな感じのキャラクターがいなかったっけ?そんな印象でした。それまでギターとい...

  13. ストラディヴァリウスのギター - アコースティックな風

    ストラディヴァリウスのギター

    『修復家だけが知る ストラディヴァリウスの真価』 (毎日新聞出版)何気なく読んだ本ですが、予想以上に面白かったです。著者は、ヴァイオリンの修復などで世界的に知られる中澤宗幸さん(67)。これまでに3万挺を超えるオールド・ヴァイオリンと関わってきたそうです。「ストラディヴァリウス」とは、イタリアの楽器職人アントニオ・ストラディヴァリ(1644-1737年)が製作したヴァイオリンなどのこと。30...

  14. 人間と音楽の関係って?? - アコースティックな風

    人間と音楽の関係って??

    『音楽の感動を科学する』(福井 一 著/化学同人)と『心を動かす音の心理学』(齋藤 寛 著/ヤマハミュージックメディア)という本を読んでみました。どちらにも音楽は人間にとって何なのか?音楽が人間の行動にどう影響するのか?などが書かれています。そして「文字のない文化はあっても音楽のない文化はない」ということが書かれています。どうやら人間にとって音楽は、文字よりも大切な基本的な行動の一つのようで...

  15. ソロ・ギター・ネクスト・ジェネレーション - アコースティックな風

    ソロ・ギター・ネクスト・ジェネレーション

    2018年8月24日、リットーミュージックから発売された新しいソロ・ギターの楽譜集『SOLO GUITAR NEXT GENERATION』を買ってみました。そのHPにはこんな謳い文句が書いてあります。=========================南澤大介『ソロ・ギターのしらべ』、岡崎倫典『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集』といったロングセラーを生み出してきたリットーミュージッ...

  16. 楽器学 - アコースティックな風

    楽器学

    猛暑続きで、すでにバテバテの2018年夏。本来なら天気のいい日は外に出て遊びたいところでもあるんですが、今年は冷房の効いた家の中でジッとしています。なので読書の秋ならぬ読書の夏となっているんですよね。だけど本屋に買いに行くのも暑いのでAmazonにお願いして・・。宅配屋さん、ありがとうございます。そんな中、購入したのが「楽器学入門」という本なんです。楽器学・・。今までも「楽器の科学」や「楽器...

  17. いつかは弾きたい『アルハンブラの想い出』 - アコースティックな風

    いつかは弾きたい『アルハンブラの想い出』

    今まで考えもしなかった曲を「弾いてみたい」「弾けるようになってみたい」と思うようになりました。トレモロ奏法が印象的なクラシック・ギターの名曲、『アルハンブラの想い出』です。ずっと「憧れ」はあったんですが、自分が弾くなんてとてもとても、考えもしない遥か彼方の曲でした。それだけに「弾いてみたい」と思えるようになっただけでも自分自身で驚きであり「成長したなぁ」と実感もしています。だけどどうすれば?...

  18. 21世紀のギター - アコースティックな風

    21世紀のギター

    最新号の「アコースティック・ギター・マガジン Vol.77(2018年夏)」の特集記事「世界の名匠100」は、とっても興味深く勉強なるまさに永久保存版ですねぇ。スチール弦のアコースティック・ギターの歴史もボクが体感した記憶と共に改めて確認できる感じです。例えば、ボクが初めてギターを買ったのは1976年、「トーマス」というブランドでした。まだ「アリス」や「かぐや姫」といったフォーク系の歌が流行...

  19. 4年後ってわけじゃないけど 今後の目標 - アコースティックな風

    4年後ってわけじゃないけど 今後の目標

    始まる前はいろいろ言われていたけれど、なんだかんだでとっても良かったピョンチャン・オリンピック。頑張った選手の皆さんは、また4年後に向け目標を定めて練習に励むんでしょうね。一方ボクはと言えば今後の目標として、今までやっていなかったアコギのハイテク・プレイにも挑んでみたい!と思って、『絶対にわかる!弾けるハイテクアコギプレイ』という本を買いました。DVD付きで2400円!かつてのVHSビデオの...

  20. 渋いですねぇ~『YOUNG GUITAR(ヤングギター)』 - アコースティックな風

    渋いですねぇ~『YOUNG GUITAR(ヤングギター)』

    左:2018年2月号、右:2017年11月号『YOUNG GUITAR』の最新号、2018年2月号(写真左)を買いました。特集は「ギターと理論」。渋いですねぇ~。ちなみに右は、去年11月号で「ギターと人体」。これまた渋い特集だったんです。今回の「ギターと理論」の特集は、いろいろなギタリストへの「音楽理論」に関するインタビューや座談会などから始まり、「基礎編」「コード編」「スケール&モード編」...

総件数:29 件

似ているタグ