★ギター談義のタグまとめ

★ギター談義」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには★ギター談義に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「★ギター談義」タグの記事(22)

  1. ギターに救われる・・・ - アコースティックな風

    ギターに救われる・・・

    このところ仕事が忙しくて、ブログを更新できずにいました。だけども朝と晩、15分くらいでもギターを弾くようには心がけています。そうすると心がほぐれるんですよね。けっこうストレスのたまる仕事で、ずっと水に潜っていいて、息継ぎをする感じとでもいいましょうか、ギターを弾くと、そのストレスからふっと解放される瞬間があるのが分かるんです。一瞬でもギターだけに集中できると、その瞬間、それまでもプレッシャー...

  2. 夢は「DREAMING」 - アコースティックな風

    夢は「DREAMING」

    押尾コータローさんの『DREAMING』の練習を始めて8か月。今年の1月から練習を始めましたからねぇ。『DREAMING』は、2008年1月に発売された『Nature Spirit 』というアルバムに収録されていて、ずっと弾きたいと思っていた楽曲です。当初の予定では、お盆ごろまでに演奏動画をアップしたいなんて思っていたのですが、なかなか上手くいきません。練習を始めた当初は、「ネイルアタック」...

  3. 人と一生モノのアコギ - アコースティックな風

    人と一生モノのアコギ

    2019年夏の「アコースティック・ギター・マガジン」 (Vol.81)の特集は、「一生モノのアコギを探す」。(リットームミュージック刊)一方、「アコースティック・ギター・ブック (49)」の方は、「ギターと人」。(シンコーミュージック刊)違うようでどこか共通点があるテーマのような気もします。人と一生モノのアコースティック・ギター。ありがたいことにボクはすでに一生モノのアコギに出会い持ってい...

  4. 「ボールエンド・ナイロン弦」を張ってみた! - アコースティックな風

    「ボールエンド・ナイロン弦」を張ってみた!

    このブログでのコメント欄で「匿名」さんが「こんな弦がありますよ」と教えてくれたダダリオの「ボールエンド・ナイロン弦」を買ってみました。クラシック用のガット弦だけどスチール弦のように弦の端っこにボールエンドが付いているという弦です。こういう弦があるんですね!初めて知りました。「匿名」さん、ありがとうございます!ダダリオ以外のメーカーからも発売されているようです。最初はマホガニーボディのモーリス...

  5. ヨコヤマギター「AR-WR #300」 にガット弦を張ってみた! - アコースティックな風

    ヨコヤマギター「AR-WR #300」 にガット弦を張...

    ボクのヨコヤマギター「AR-WR #300」 にガット弦を張ってみました。実は、このところ、ずっとガット・ギターが欲しいなと思っているんですよね。でも、いわゆるクラシック・ギターの形ではなく現代的なスタイルのガット・ギターがいいなと思っているんです。ところが、そういうギターって大概“エレアコ”なんですよ。“エレアコ”ではなくてモダンなスタイルで生音重視のギターはないものか?今年の「TOKYO...

  6. 桜・咲くころ、再び - アコースティックな風

    桜・咲くころ、再び

    今年も桜の季節がやってきました。東京は3月21日に開花宣言が出され、ウチの近所は それより2日ほど遅れて咲き始めました。う~ん、桜。なんだかんだと言って桜が咲き始めるとうれしいものです。だんだんそういう気持ちが強くなるのは、年齢によるものなんでしょうかねぇ?この週末はゆっくりできたので去年練習した押尾コータローさんの『桜・咲くころ』を思い出しながら弾いていました。だいたい覚えているものの時々...

  7. 映画『ボヘミアン・ラプソディ』 - アコースティックな風

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』

    「クイーン」のフレディ・マーキュリーの苦悩と葛藤を描いた話題の映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。クイーンは中学~高校の頃、良く聴きましたからね!ただ、そういった裏事情はよく知らなかったので、素直に感じ入り、楽しみました。役者さんがみんな良く似ていてそれも良かったです。そして最後の「ライブ・エイド」のシーンは圧巻でした。確かに涙が出るシーンです。歌詞がそれまでの様々な問題とつながっ...

  8. セルマー/マカフェリ・ギター - アコースティックな風

    セルマー/マカフェリ・ギター

    セルマー/マカフェリ・ギター。初めて見たのは、いつ頃だったでしょうか?そんなに前のことではなかったと思います。ソロ・ギターを始めてから、この10年ぐらいの間にどこかで写真を見たんだろうと思います。その時の印象は、「変な恰好のギター」というもの。なんていうか、映画「モンスターズ・インク」か、「トイ・ストーリー」の中にこんな感じのキャラクターがいなかったっけ?そんな印象でした。それまでギターとい...

  9. ストラディヴァリウスのギター - アコースティックな風

    ストラディヴァリウスのギター

    『修復家だけが知るストラディヴァリウス』(毎日新聞出版)何気なく読んだ本ですが、予想以上に面白かったです。著者は、ヴァイオリンの修復などで世界的に知られる中澤宗幸さん(67)。これまでに3万挺を超えるオールド・ヴァイオリンと関わってきたそうです。「ストラディヴァリウス」とは、イタリアの楽器職人アントニオ・ストラディヴァリ(1644-1737年)が製作したヴァイオリンなどのこと。300年も前の...

  10. 小指の活用 - アコースティックな風

    小指の活用

    ソロ・ギターを演奏する場合、左手・小指の動きがけっこうポイントになりますよね。例えば人差し指、中指、薬指でCコードのフォームを押さえて、小指でメロディを弾く時は、小指がなめらかに動かないと綺麗に弾けなかったりします。以前、南澤先生にレッスンを受けているた時、先生の小指の動きをジッと見ていたことがあるんですが、ボクの人差し指以上に器用に、的確に動くので驚きました以来、ボクもかなり左手・小指は鍛...

  11. 落ち着くなぁ~ - アコースティックな風

    落ち着くなぁ~

    9月はなんだかんだと忙しく、まともにギターを弾けませんでした。で、久しぶりにゆっくりできたんでギターを!弾くだけでなく、鑑賞も!!ふぅ~、落ち着きます。ゆっくりギターを弾き愛でることができるということは、心が落ち着いている時なんですよね。また逆に、心がざわついている時もギターを弾いたりする時間があれば落ち着かせることができます。ボクにとってギターを弾く時間、弾ける時間っていうのは、いつの間に...

  12. 人間と音楽の関係って?? - アコースティックな風

    人間と音楽の関係って??

    『音楽の感動を科学する』(福井 一 著/化学同人)と『心を動かす音の心理学』(齋藤 寛 著/ヤマハミュージックメディア)という本を読んでみました。どちらにも音楽は人間にとって何なのか?音楽が人間の行動にどう影響するのか?などが書かれています。そして「文字のない文化はあっても音楽のない文化はない」ということが書かれています。どうやら人間にとって音楽は、文字よりも大切な基本的な行動の一つのようで...

  13. 容量を増やしたい! - アコースティックな風

    容量を増やしたい!

    ボクが使ってきた歴代のウォークマンです。右(写真奥)から、「カセットテープのウォークマン」。(25年くらい前?)真ん中が「MDウォークマン」。(15年くらい前?)左が現在使っている「内臓フラッシュメモリーのウォークマン」です。(5年くらい前から?)その間、ずいぶん進歩してきましたよねぇ。容量も増えました。カセットは90分テープで、20曲とか30曲くらい入ったでしょうか?それが今、内臓フラッシ...

  14. 21世紀のギター - アコースティックな風

    21世紀のギター

    最新号の「アコースティック・ギター・マガジン Vol.77(2018年夏)」の特集記事「世界の名匠100」は、とっても興味深く勉強なるまさに永久保存版ですねぇ。スチール弦のアコースティック・ギターの歴史もボクが体感した記憶と共に改めて確認できる感じです。例えば、ボクが初めてギターを買ったのは1976年、「トーマス」というブランドでした。まだ「アリス」や「かぐや姫」といったフォーク系の歌が流行...

  15. 今、爪はこんな感じ - アコースティックな風

    今、爪はこんな感じ

    今、爪はこんな感じです。爪の保護・強化には、「ジェリスト」を使っています。ジェリストを塗るのは、全部の指を同じタイミングではなく、痛んで、剥がれたら塗るという感じでやってます。やっぱり良く使う人差し指は傷みやすく、薬指は傷みにくい感じです。今の状態は、親指は先週塗りなおしたので、1週間経過。人差し指はその前の週に塗りなおしたので、2週間経過。中指と薬指はその前だから、もう3週間目でしょうか。...

  16. 気分は「オープンD6」 - アコースティックな風

    気分は「オープンD6」

    2018年4月21日(土)一足早い夏のような陽気に誘われて久しぶりに千葉県「九十九里浜」に行ってみました。自宅からクルマで1時間ちょっと。20代のころは良く行ったんですけどね、最近はすっかりご無沙汰です。その頃 マリンスポーツといえば、サーフィンやボードセイリングが主流だったんですが、今は「カイトサーフィン」というものなんですね。カラフルなカイトに引かれて気持ち良さそうにサーフィンを楽しむ人...

  17. 頑張れ、ギブソン! - アコースティックな風

    頑張れ、ギブソン!

    2018年3月6日(火)付「朝日新聞」の記事、「米ギターギブソン苦境」・・・。「債務期限が迫るなか、営業の低迷が続き、あと半年のうちに債務不履行に陥る可能性がある」「借り入れなどの債務は計550億円」・・・ギブソンが経営不振に陥っていることは、ネット記事などでも見ていたので知っていましたが、こうして一般紙にも掲載されると、やっぱりショックですよねぇ・・・。「若者ロック離れエレキ振るわず」原因...

  18. ギターの日焼け対策 - アコースティックな風

    ギターの日焼け対策

    その昔、20代の頃、夏は毎週末 海に行っていて秋になっても真っ黒に日焼けしていたことがあります。でも、今は日焼けは嫌ですねぇ~。紫外線対策してますか?wwそれはギターも同じで、できればあまり日焼けさせたくない。ウチはマンションなので雨戸がなく、ギターが置いてある部屋は日中、かなり明るくなって、ギターも日に焼けちゃうんですよねぇ~。以前は「それは自然なこと」とそれほど気にしていなかったんですが...

  19. かかりつけの楽器店 『MUSICLAND KEY Sidepark店』 - アコースティックな風

    かかりつけの楽器店 『MUSICLAND KEY Si...

    ズラリと並んだヨコヤマギター東京・東小金井の小金井公園のすぐ近くにある『MUSICLAND KEY Sidepark店』。(ミュージックランド・キー・サイドパーク店)今年オープンした新しい店舗で、店内には多数のヨコヤマギターが展示され、新宿店などで店長だった橋川さんがこちらに移って手腕をふるっています。そしてボクにとっては「かかりつけの楽器店」でもあります。この呼び方は、ギター仲間のMさんが...

  20. ボクにはちょうどいい本! - アコースティックな風

    ボクにはちょうどいい本!

    『童謡を聞くだけで音感が身につくCDブック』という本を買ってみました。今のボクにはちょうどいい本でした。著者は、『日本人のためのリズム感トレーニング理論』と同じ、友寄隆哉さん。ずいぶん前に『大人のための音感トレーニング本』という同じ著者の本を読んだことがあるですが、こちらは当時のボクには難しくてなんだかよく分からなかったんですよね。「リズム感」や「音感」という言葉に劣等感を持つボクとしては、...

総件数:22 件

似ているタグ