★ギター談義のタグまとめ

★ギター談義」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには★ギター談義に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「★ギター談義」タグの記事(42)

  1. ふりだしに戻る - アコースティックな風

    ふりだしに戻る

    先日、母校、千葉県立検見川高等学校にて卒業証明書を受け取ってきました。42年前、1979年の卒業です。今、定年退職後の第二の人生のためにとある資格を取ろうと思っています。で、その国家試験の受験資格が、最終学歴でなくても良いことがわかったので、近所で手続きも簡単な高校で取得したというわけなんです。それに第二の人生として人生をやり直すんだとしたら高校卒業からの方が面白いと思ったのも事実です。折し...

  2. 買っといて良かった! - アコースティックな風

    買っといて良かった!

    ギター、買っといて良かった!いつかは!と思っていたヨコヤマギターを初めて買ってからもう10年。人生最高峰のハカランダのギターを手に入れてからももう6年が過ぎています。早いもんだなぁ~!それなりの高級ギターなので、全部合わせればちょっとしたクルマを買える金額になります。でもあの時、無理して買っておいて良かった!つくづく思います。あの時は清水の舞台から飛び降りるような気分だったけど飛び降りて良か...

  3. 楽しみ! - アコースティックな風

    楽しみ!

    打田十紀夫さんの事務所ティー・エー・ビーから封書が届きました。何だろう?と思って開けてみたら、チケットが入っていました。そうでした!以前お願いしていた東京・曙町バック・インタウンで開かれる打田十紀夫さんのライブのチケットです。今年はコロナの影響で、フィンガーピッキングデイやハンドクラフトギターフェス、ギターカーニヴァルと楽しみにしていたギターイベントが次々に中止なりましたからねぇ。仕方ないと...

  4. 薄い・・ - アコースティックな風

    薄い・・

    先週の「ギターマガジン」に続き、今週は「アコースティックギターマガジン」が発売されました。でも、手に取った瞬間、「あれ?」と思ってしましました。なんだかとっても薄いんです。ギターマガジンと同じくらいの厚さ。でも、値段はギターマガジン880円の2倍以上の2200円。CDが付属しているとはいえ、ずいぶん高価な気がしてしまいます。でもまあ、コロナ渦で外出自粛が続き、取材もできなかったんだろうし、滞...

  5. カジノ博物学! - アコースティックな風

    カジノ博物学!

    「ギターマガジン」2020年8月号の特集は「カジノ博物学」、エピフォン・カジノの特集です。かつてビートルズのコピーバンドをやっていたことがあって、エピフォン・カジノのジョン・レノン・来日公演モデルを持っているんですよね!ビートルズ系楽器の専門店「with」が企画したリイシューモデルで、その当時一般的に販売されていたカジノの3倍くらいの値段でしたが、ビートルズが使っていたモデルを可能な限り再現...

  6. 緊急事態宣言 全面解除 - アコースティックな風

    緊急事態宣言 全面解除

    2020年5月25日(月)コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が東京、埼玉、千葉、神奈川)と北海道でも終了し全都道府県で解除されました。とりあえず良かった。4月7日に発令されて49日目の解除。この間、ボクは幸いにも3月に一つの仕事が一区切りし、4月は農閑期のような状態で会社があったとしてもあまりすることがない時期でした。なので、軸宅勤務といってもあまりすることはなくギターの練習なんか...

  7. 気になるフェンダー「American Acoustasoni Telecaster」 - アコースティックな風

    気になるフェンダー「American Acoustas...

    今、とっても気になるギターがあります。フェンダーの「アメリカン・アコースティック・テレキャスター」というギターです。もう、まさにアコースティック・ギターとエレキ・ギター合体したようなギターです。同じようなギターにテイラーの「T5」シリーズがありますが、それよりもよりアコースティック・ギター的という感じです。下のプロモーション・ビデオの1分45秒あたりを見てください。けっこう生鳴りがするような...

  8. 相次ぐ「中止」に涙・・・ - アコースティックな風

    相次ぐ「中止」に涙・・・

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、4月11日(土)開催予定だった「フィンガーピッキングデイ」が開催中止。さらに5月30日(土)、31日(日)開催予定の「TOKYOハンドクラフトギターフェス」も中止。どちらも毎年楽しみにしているイベントだけに残念でなりません。5月31日(日)には「ギターカーニヴァル」も開催されます。でも、ゲストのドン・ロスさんはアメリカから来日できないでしょうし、...

  9. 外出自粛はギターを満喫するしかない - アコースティックな風

    外出自粛はギターを満喫するしかない

    近所の桜も咲いて、本来なら最高の季節なんですが、きょう3月29日(日)、東京は雪、ボクの住む千葉でも冷たい雨が降っています。でも、この雨は恵みの雨、あるいは恵みの雪。新型コロナウイルスの感染が広がりを受け、東京やその周辺の県では不要不急の外出を自粛するように呼びかけている中、この天気なら外出は控えたくなりますもんね。このコロナ騒動が落ち着くのはいつになるんでしょう?オリンピックが延期されただ...

  10. ホワイト・クリスマス - アコースティックな風

    ホワイト・クリスマス

    南澤大介先生の「ホワイト・クリスマス」。いいですねぇ!お気に入りのアレンジです。毎年、この時期は仕事が忙しくてなかなかクリスマス気分は味わえませんが、1曲くらいクリスマス・ソングのレパートリーがあってもいいかなぁ~なんて思います。それだったら断然、南澤先生のこの曲ですね!「ソロ・ギターのしらべ」シリーズには収録されておらず、ダウンロード販売のみ。ボクはずいぶん前にダウンロードしたんですが、い...

  11. 「カセットテープ」のブーム再来だって - アコースティックな風

    「カセットテープ」のブーム再来だって

    “カセットテープのブーム再来”なんていう記事を見つけました。へぇ~、カセットテープがねぇ~!ボクにとってカセットテープは、かつては生活に欠かせないものでした。学生時代のバンド演奏を録音したものなど、カセットテープが原盤になっているものは今でも捨てずにとってあります。でも、その後、CD-RにCDと同じレベルの録音を自宅でできるようになってなんて画期的なんだろうと思ったものでした。ところが今、カ...

  12. ギターに救われる・・・ - アコースティックな風

    ギターに救われる・・・

    このところ仕事が忙しくて、ブログを更新できずにいました。だけども朝と晩、15分くらいでもギターを弾くようには心がけています。そうすると心がほぐれるんですよね。けっこうストレスのたまる仕事で、ずっと水に潜っていいて、息継ぎをする感じとでもいいましょうか、ギターを弾くと、そのストレスからふっと解放される瞬間があるのが分かるんです。一瞬でもギターだけに集中できると、その瞬間、それまでもプレッシャー...

  13. 夢は「DREAMING」 - アコースティックな風

    夢は「DREAMING」

    押尾コータローさんの『DREAMING』の練習を始めて8か月。今年の1月から練習を始めましたからねぇ。『DREAMING』は、2008年1月に発売された『Nature Spirit 』というアルバムに収録されていて、ずっと弾きたいと思っていた楽曲です。当初の予定では、お盆ごろまでに演奏動画をアップしたいなんて思っていたのですが、なかなか上手くいきません。練習を始めた当初は、「ネイルアタック」...

  14. 人と一生モノのアコギ - アコースティックな風

    人と一生モノのアコギ

    2019年夏の「アコースティック・ギター・マガジン」 (Vol.81)の特集は、「一生モノのアコギを探す」。(リットームミュージック刊)一方、「アコースティック・ギター・ブック (49)」の方は、「ギターと人」。(シンコーミュージック刊)違うようでどこか共通点があるテーマのような気もします。人と一生モノのアコースティック・ギター。ありがたいことにボクはすでに一生モノのアコギに出会い持ってい...

  15. オベーション、買っちゃった! - アコースティックな風

    オベーション、買っちゃった!

    オベーションのギターを買ってしまいました。「Ovation Celebrity Standard Exotic CS24P-4Q」というモデルです。オベーションといってもセレブリティ・シリーズなので、廉価モデルですかね。でも、エレキギターで見るような派手なキルテッド・メイプルが印象的でなんていうか、一目惚れ的な出会いだったんです。場所は、今年のフィンガーピッキングデイ。オベーションの日本代理...

  16. ガット弦仕様で『放課後の音楽室』を弾いてみた! - アコースティックな風

    ガット弦仕様で『放課後の音楽室』を弾いてみた!

    ヨコヤマギター「AR-WR #300」にガット弦を張ってみたら上手く張れちゃったので、ゴンチチの『放課後の音楽室』を弾いてみました。もともとこの曲は、ガット・ギターで弾かれた曲ですからね。ずいぶん久しく弾いてなかったので、思い出すのに苦労しましたがようやく最後まで弾けました。このヨコヤマギター「AR-WR #300」は、スチール弦用のがっしりしたギターなのでそのせいかもしれませんし、ボクの弾...

  17. ヨコヤマギター「AR-WR #300」 にガット弦を張ってみた! - アコースティックな風

    ヨコヤマギター「AR-WR #300」 にガット弦を張...

    ボクのヨコヤマギター「AR-WR #300」 にガット弦を張ってみました。実は、このところ、ずっとガット・ギターが欲しいなと思っているんですよね。でも、いわゆるクラシック・ギターの形ではなく現代的なスタイルのガット・ギターがいいなと思っているんです。ところが、そういうギターって大概“エレアコ”なんですよ。“エレアコ”ではなくてモダンなスタイルで生音重視のギターはないものか?今年の「TOKYO...

  18. 今年も楽しみました! TOKYOハンドクラフトギターフェス2019 - アコースティックな風

    今年も楽しみました! TOKYOハンドクラフトギターフ...

    2019年5月18日(土)東京・墨田区の錦糸町で開かれた「TOKYOハンドクラフトギターフェス」へ行ってきまました。今年は15周年だということですから、2004年からはじまったんですね。ボクが初めて行ったのが、2007年ですから、まだ3回目の時だったんですね。当時はアコギに関してまだほとんどわからず、迷える子羊状態(?)で、ハンドクラフトギターなんて超超高根の花だったんですが、いつの間にかそ...

  19. 桜・咲くころ、再び - アコースティックな風

    桜・咲くころ、再び

    今年も桜の季節がやってきました。東京は3月21日に開花宣言が出され、ウチの近所は それより2日ほど遅れて咲き始めました。う~ん、桜。なんだかんだと言って桜が咲き始めるとうれしいものです。だんだんそういう気持ちが強くなるのは、年齢によるものなんでしょうかねぇ?この週末はゆっくりできたので去年練習した押尾コータローさんの『桜・咲くころ』を思い出しながら弾いていました。だいたい覚えているものの時々...

  20. 映画 『ボヘミアン・ラプソディ』 - アコースティックな風

    映画 『ボヘミアン・ラプソディ』

    「クイーン」のフレディ・マーキュリーの苦悩と葛藤を描いた話題の映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。クイーンは中学~高校の頃、良く聴きましたからね!ただ、そういった裏事情はよく知らなかったので、素直に感じ入り、楽しみました。役者さんがみんな良く似ていてそれも良かったです。そして最後の「ライブ・エイド」のシーンは圧巻でした。確かに涙が出るシーンです。歌詞がそれまでの様々な問題とつながっ...

総件数:42 件

似ているタグ