あーとのタグまとめ

あーと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはあーとに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「あーと」タグの記事(459)

  1. 生きる - 陶Bagを持ってでかけよう

    生きる

    雨、雨、雨がつづく。よく降るなぁ。これだと日曜日のイベントも中止かも。こんな時は作る、作る、作るチャンス。時々思うことがあった。作ることに飽きる時って来るのかな??20年のあいだ、時々思っていた。思ってはみたがまだ飽きてない。多分そんな時はこないね!作りたいから作っていたが、今は生きたいから作る。生きることと作ることが平行してる感じがする。池田学 展 とても素晴らしかった!日本橋高島屋にてう...

  2. アートもお部屋のアクセサリー。季節や気分で着替えましょ! - YUNO INTERIOR DESIGN

    アートもお部屋のアクセサリー。季節や気分で着替えましょ!

    我が家のリビングに飾っているアート。最近、新しいものに架け替えました。これから冬へ向かっていくのに、寒色のブルーをチョイスw“好きな色”は、季節を問わずインテリアに取り入れたいものです。ラグやクッション、グリーンで“あったか感”をたしていければと思います。アートを飾ることで、フォーカルポイント(魅せ場・視線の集まる先)ができ、空間が引き締まったり、逆に見せたく無いものへ視線が行く事が軽減され...

  3. 「インスタ映え」なんて大嫌い - A Perfect Day for Nemuribuka

    「インスタ映え」なんて大嫌い

    インスタ映えなんて気にしてない。楽しいから観てるだけ。別にリア充だって意識してない。だから、インスタ映えなんて狙ってない。いい作品に感動してるだけ。「インスタ映え」なんて流行語、操られてるだけでそんなの大嫌い!…

  4. さて、これは誰でしょう? - 新天地はコの字型!

    さて、これは誰でしょう?

    僕はわりと絵を描くのが好きだ。でも、僕のパートナーは絵が全然ダメ。休みの日に友人の家で食事会をしながら、誰でも知っているキャラクターを記憶を頼りに描くゲームがはじまった。ドラえもんからはじまり、皆の知っているキャラクターの名前が次々とお題としてあがる。6人くらいの参加者がそれぞれ描いたものを一斉に見せると、決まって大笑いになる。そこで問題。これは誰でしょう?よ〜く、見て欲しい。微かだが、特徴...

  5. アトリエMIWA11月のレッスン日のお知らせ! - ミワの徒然日記

    アトリエMIWA11月のレッスン日のお知らせ!

    MIWAです!寒くなりましたね〜アトリエの庭には、今年も柿が実りました。例年より少なめですが、少々硬くてもしっかりした甘みがあります。はてはてモチーフに登場するか否か〜〜??さて11月のレッスン日をお知らせいたします。金曜クラス 11/10、17、24土曜クラス 11/4、11、18、25日曜クラス 11/19、26レッスン時間10:00〜12:00、14:00〜17:00ではレッスン予約、...

  6. モデルさん撮影開始の準備 - I shall be released

    モデルさん撮影開始の準備

    なりを潜めいていた、モデルさんの撮影を開始いたしと思っています。今度の撮影は、その方が持っているいいところを自分のストーリーにまとめることができるかというのが焦点となることになってしまうのは間違いないでしょう。モデルさんとの距離感・信頼感、それが多きく結果として出てくるのは間違いないでしょう。そのためにも連絡や打ち合わせには多くの時間を費やさなければなりません。そのための第一歩のコミュニケー...

  7. トランス=シベリア芸術祭 - amoncafe

    トランス=シベリア芸術祭

    NYC日記が始まったばかりですが・・・もう半月も経ってしまって(汗)しかも今日は、ダンスのお話(笑)9月30日、bunkamuraオーチャードホールで、トランス=シベリア芸術祭のスヴェトラーナ・ザハーロワとワディム・レーピンの舞台を鑑賞。この日のプログラムは「Par de Deux for Toes and Fingers」他の出演ダンサーは、ミハイル・ロブーヒンデニス・ロヂキンウラジーミル...

  8. ディズニーアート展@天王寺美術館 ~平成30年1月21日 - 筆一本あれば人生は楽し!

    ディズニーアート展@天王寺美術館 ~平成30年1月21日

    天王寺美術館にディズニーアート展を観に行きました。創作の裏側、特に大量の鉛筆スケッチが参考になった。一流のプロの珠玉のデッサンは勉強になりました。また、知識としては知っていたマケット(デッサンの為の彫塑)の実物やマルチプレーンカメラなど数々の創作のための技術を目の当たりに出来て充実した展覧会でした。会場が暗いのが気になりましたが、たぶん世界中でこれほど光の量が少ないのは日本の美術館だけでしょ...

  9. キラク写真講座 〜 二条城で現代アート - チャーリーの部屋

    キラク写真講座 〜 二条城で現代アート

    チャー:「大きな人になった気分♪」みなさま、こんにちは。ブログの更新がすっかり遅れ気味のマネジャー野口さとこです。本日は、9月24日にキラク写真講座のメンバーの皆さんと行った「アジア回廊 現代美術展」@二条城をレポートします。別のイベントと重なって、目玉作品の一部が見れなかったのが少々残念でしたが、ここではチャーリーが面白かった!という作品をご紹介させていただきますね。ちなみにこのチャーリー...

  10. 『すごいトシヨリBOOK』☆冷えとりシーズン到来 - SUPICA'S  BLOG

    『すごいトシヨリBOOK』☆冷えとりシーズン到来

    おはようございます部屋中洗濯物だらけなんで贅沢に暖房フル稼動中除湿機欲しいぞ季節もいっきに長袖へ頭寒足熱を常に心がけますインフルエンザ予防接種は勿論しません今読んでいる池内紀さんの本タイトルからして衝撃的!もうね林真理子さんの『葡萄が目にしみる』以来のインパクトですイラストも著者自身ですいいね〜中身〈老人特集〉〈老化早見表〉……(笑)ぶったまげー恐れ入りました作者はどんな方なのかとネット検索...

  11. 銀座画廊「美の起原」常設展に展示中です♫ - 書家KORINの墨遊びな日々ー書いたり描いたり

    銀座画廊「美の起原」常設展に展示中です♫

    9月は、銀座画廊「美の起原」と杉並区高円寺「山椿美術館」の二箇所で展覧会がありましたがなんとか無事に終了。お越しいただきました皆さま、ありがとうございました!先週より、「美の起原」秋の常設展に作品4点を展示させていただいております。日本画3点と書の掛け軸作品1点。書の作品は、今年関西扇面芸術展にて「滋賀県議会議長賞」を受賞した作品なので、是非関東の方にもご覧いただけたらうれしいです(#^.^...

  12. 美術館に酸っぱいヨーグルト - いぴすあ // IPISUA

    美術館に酸っぱいヨーグルト

    ¥朝ごはんを食べに。Kちゃんが、検索して見つけた近くのカフェ。ホテルから徒歩で、3分程度の近い場所。おーきなテーブルが2つくらいしかないカフェ。メニューを見て、食べたいものを選ぶ。まだまだ暑い時期。冷たい飲み物が美味しそう。Kちゃんは、アイスコーヒー。Sちゃんは、ブラックのホットコーヒー。食べ物は、KちゃんとMちゃんは、エッグサンドイッチを頼んだ。ホットサンドだ。ケチャップは追加可能。卵サン...

  13. ロマネスクを訪ねて Ⅵ - ”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

    ロマネスクを訪ねて Ⅵ

    前回のサン・マルタン・ド・ロンドル教会から、サン・ギレム・ル・デゼール修道院(Saint-Guilhem-le-Désert)へ。ギレムは修道院も圧巻だったが、村も山奥の渓谷にあって美しい。フランスでも有数の美しい村に数えられているらしい。 古い村で、スペインへのサンティアゴ・デ・コンポステラへ向かう巡礼者が立ち寄る聖地でもあった。 日本とは違い石造りだから、建物の寿命が格段に長い。 中世の...

  14. ロマネスクを訪ねて Ⅴ - ”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

    ロマネスクを訪ねて Ⅴ

    前回までは、ニースから車でエクサン・プロヴァンスの街、山岳地帯にあるボニューの街の絶景を眺めながら、「プロヴァンスの三姉妹」の修道院を見るところまででした。そこからもっと西へ。 「アビニオンの橋の上で」という歌で知られているアビニオンへ。アヴィニオンではやはりロマネスク時代の教会、街中などを。さらにアルルではゴッホが入っていた精神病院などを見る。 精神病院を見たのは、確かゴッホが描いた精神病...

  15. ロマネスクを訪ねて Ⅳ - ”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

    ロマネスクを訪ねて Ⅳ

    「プロバンスの三姉妹」と呼ばれる三つの修道院がある。 一つは前回紹介したル・トロネ、それにシルヴァカーヌ修道院とセナンク修道院。いずれもシトー派の修道院で、12世紀に作られた、つとに有名な修道院である。この三姉妹の修道院のあるプロヴァンスは自然も豊か、いい季節も重なりとっても美しい。 車の中の4人は、左右の風景を見ながら、もう有頂天。 右側を見ると、青々とした麦畑の向こうに、多分セザンヌが描...

  16. ロマネスクを訪ねて Ⅲ - ”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

    ロマネスクを訪ねて Ⅲ

    ニース、コートダジュール空港でレンタカーを借り、さー、まずはル・トロネへ。 西に向け高速道路を走り始める。 左下に世界的なリゾート地、ニース、カンヌの見るからにリッチそうな海岸や街が通り過ぎる。だが、無視。 我々は、ロマネスクを見に行くのだとばっかりに、高速道路をひた走り。ル・トロネは建築家の間では有名な修道院建築。 何故有名かと言えば、ル・コルビュジェが彼の代表作の一つであるラツーレット修...

  17. ロマネスクを訪ねて Ⅱ - ”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

    ロマネスクを訪ねて Ⅱ

    最初にロマネスク建築を見たのは1993年。もう24年前になる。レンタカーを借り、建築家4人での旅だった。 車の前に二人、後ろに二人座って、行きたいところに行く自由な旅で、この旅があまりにも楽しかったから、数年後に、この同じメンバーでスペインにも出かけた。ロマネスク建築を見たいと思ったのは建築雑誌(多分SDだったか)で特集が組まれていて、何かビビッと感じるものがあり、是非これを見たい!と思った...

  18. ロマネスクを訪ねて Ⅰ - ”まちに出た、建築家たち。”ーNPO法人家づくりの会

    ロマネスクを訪ねて Ⅰ

    西洋建築で好きなのはロマネスク。特に西暦1000年から1200年ころのフランスの修道院には心を揺さぶる美しさがる。初めてフランスのロマネスク建築を見たのは1993年、もう24年も前。これまでの海外旅行で最も感動した旅だった。感動は自分が全く知らない世界を始めて体験した時に訪れる。ロマネスクの中でもフランスのシトー派の修道院建築は、僕が知らなかった新しい世界をプレゼントしてくれた。今、ロマネス...

  19. Nice Surprise - Daily Sketch --- 適度にスクラップ ---

    Nice Surprise

    ヨコハマトリエンナーレ2017に。横浜美術館では、木版画、強い光を放つオブジェと個人的なお好み多々。なかには、思わず、オ〜ッ。同作者の別作品では、ヒェ〜とびびって後ずさり。マーク・フスティニアーニ 「トンネル」2016ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス 2017年8月4日(金)‐ 11月5 日(日)休場日:第2・4木曜日(8/10、8/24、9/14、9/28、10/12、...

  20. グラフィック社 2017年09月ランキング 5位 - グラフィック社のひきだし ~きっとあります。あなたの1冊~

    グラフィック社 2017年09月ランキング 5位

    5位 ひみつの花園細かさ度_☆☆☆g社定番商品こちらのコロリアージュ、大人のぬり絵も相変わらず好調です。

1 - 20 / 総件数:459 件

似ているタグ