おなかのタグまとめ

おなか」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはおなかに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「おなか」タグの記事(82)

  1. お酒が美味しい?と聞いてみる - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    お酒が美味しい?と聞いてみる

    仕事上がりに、わごいちで「簡単なおつまみでお酒を飲もう。参尽のブログ読んだら日本酒飲みたくなってしまったよ。」と師匠。嬉しいー♪良い仕事の1日だった、いう日はお酒がまた一層美味しいのです‥だがしかし!!美味しくない日があるのも本当の話。(あ、今日は気持ちの問題は置いておいて体の状態に限定してお話させていただきます。)私は日本酒を愛しています。焼酎が大好きです。ワインを楽しみます。ビールに誘惑...

  2. 解り合いたい - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    解り合いたい

    「参尽は友達が多いね。」と、言われます。決してそんなことは無いと思うのですが‥、うん、でも縁を切って来た人の数は多いと自負しております。?!!良いお話じゃありませんね。ええ、ご想像通りです。笑この丈夫な体と有り余るパワーで、10代20代の私は"怒り"の感情を抱いた人に対して一刀両断。「もうあなたとは解り合えない。」とタンカを切って、何度も友人関係も切ってきました。けれど、...

  3. 丹練で気付いたこと - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    丹練で気付いたこと

    鏡の前で毎朝丹練をする。一番基本の「四股踏み」をする。夏場になって暑い暑い。汗だくになってそのままシャワーに直行、浴びる水シャワー、またこれも気持ち良いもんだ。短いズボンを履いて、冬場より足の動きが良く見える。・・・・・あれ??!左右の膝の高さが違う?!!丹練を1年以上続けてようやく気付いた自分の体の癖。正直驚きました。何で今まで気付かなかったのか‥ということに。どこを見ていたんだ?以前は外...

  4. 家庭料理って大事 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    家庭料理って大事

    「私の作る料理は味付けが濃いから、甘みもあるし‥、わごいち的には怒られると思います。」と、ある方のお宅にお邪魔した際に手料理をいただいた時の事にそうおっしゃいました。「これとこれ、我が家の家庭料理なんです。味は濃いし甘いんですけど…、でも母親から継いだ味です。」と。1つは、鶏肉とごぼうをきんぴら風に炒めたもの。お砂糖は使っていなくて味醂で甘みを付けているそう。味付けはとっても優しい。歯ごたえ...

  5. 常に備えを - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    常に備えを

    「新しい風が常に通るよう準備を整えておく」これは、私がわごいちで学んだ事です。先日、新しいお茶碗を下ろしました。5つ対で買ったお茶碗をある時、2つ割ってしまった私。行きつけの骨董品屋さんで良さそうなお茶碗を見つけ、師匠が買い直してくれた新人です。このお茶碗を下ろそうと思ったら、あららら場所が‥ない。対が割れてしまった残り3つのお茶碗も品は良いものだし、毎日玄米をいただいて愛着を持っていたもの...

  6. おなか温かいですか?? - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    おなか温かいですか??

    朝、出勤前に寄らせてもらう難波神社でちょくちょく見かける風景。何しているかわかりますか??おそらく、日光で温かくなった地面におなかを当てて温めているのでしょうね。考えてみると確かに、鳥は日差しを背中に受けることはできるのですが、おなか側を日光浴しようとすると、ひっくり返っておなかを見せないといけません。‥が鳥にとって致命的な体勢を取ることになります。自由に飛べる羽はあるけれど、腕では無いです...

  7. 受け上手になるまで - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    受け上手になるまで

    わごいちの施術を、私たちスタッフも受けさせていただいています。理想はやっぱり「ひと月に1回」で、予約状況を見ながらお互いに施術を受け合います。その時はきちんとパジャマに着替え、ちゃんと「お客さん」として受けます。私も先日、施術を受けさせていただきました。今回の施術はこれまでに味わったことの無い感覚に出合い、戸惑いながらその中で面白さを感じていました。まずは何より、これまで感じたことの無いほど...

  8. 綺麗なバラを見かけると・・・ - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    綺麗なバラを見かけると・・・

    バラが綺麗に咲いています。「綺麗だな~。」なんんてうっとりしていると、ある人から言わせたら、とんでもないお話みたいです。先日、施術中にわごいちに通い千照館の門人さんでもある方とこんなお話に。以前から聞いてはいましたが、その方、バラ科の果物にアレルギーを持っているんです。「ええ??そんなアレルギーがあるの?」と初めて知った時は思ったのですが、最近ますます増えているそうです。喉がイガイガしたり痒...

  9. 「これで充分。」 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    「これで充分。」

    休日のお昼ご飯。にゅうめんです。出汁は昆布と鰹。もったいないからそのまま具としていただきます。そこに、エリンギを足して。具材はそれだけで充分。調味料は塩麹とお醤油、それだけで充分。『1日30品目、栄養バランスを考えて取らないといけない』と、そう思っていた頃にはあり得なかった献立です。その30品目を目指して、その献立に慣れていた頃には「物足りない」「ひもじい」と、思っていたと思います。にゅうめ...

  10. 丹足漫画を作りました!! - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    丹足漫画を作りました!!

    難産だった私の担当する仕事が完成しました。それは、、、丹足漫画です。これは原案のラフ画です。丹足の説明文にイラストを付けて、ダチョウとクマが説明してくれるというもの。プロの漫画家ではありませんので、到底及びませんが。そこからちょっと一部を抜粋して・・・<丹足の魅力その①>ー踏まれる人の効果ー・体の芯からほぐれる→広い面積の足の裏を使い、足の力ではなく全身を使って重心移動しながら解すので、お尻...

  11. 吐くことは体の防衛本能 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    吐くことは体の防衛本能

    吐くという行為は、体の防衛本能です。痛んで腐った食べ物や過剰なアルコールなど、体が吸収すると有害だと判断したものを嘔吐して体を守っています。それから食べ過ぎ。胃の中がパンパンに大きくなり、おなかの中がぎゅーぎゅーと押し合いへし合いし、それでも何とか処理しようと体は頑張りますが、これまでに胃や腸などが炎症を起こして傷付いた状態だと吐いてしまうことがあります。ただ、吐くことはとても苦しくて辛いで...

  12. カレーのルウを侮ってはいけません。 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    カレーのルウを侮ってはいけません。

    皆さん。カレーのルウを侮ってはいけません。「カレーを食べたら胸焼けしました。」「カレーを食べたら下痢したんです。」と、わごいちの施術の際に聞くことがあります。そのときに、必ず確認することがあります。「そのカレーは市販のルウを使われましたか?」と。多くの方がスパイスが悪かったのかな?と思われるのですが、確かに赤唐辛子や青唐辛子といった辛味のきついものは、胃腸に刺激となることがあります。が!!し...

  13. 特別な誕生日 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    特別な誕生日

    今日は、好評をいただいているこちらの記事、やままいさんのお話の続編です。わごいちでもそう起こらない「数日後に再来院を」と師匠が判断するほど、ひどい胃の状態になってしまった年明けから、なんとか無事に乗り越えられ、そして今月の施術にいらしたやままいさん。ご調子はいかがですか?と伺うと、「すいません。昨日が私の誕生日で食べ過ぎてると思います…。」と、ご返答。わごいちに通う皆さんきっと頭を悩ませるで...

  14. お米の味も十人十色 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    お米の味も十人十色

    もう、数年前からお世話になっている石田さんのお米。私たちの毎日の賄いご飯。施術の合間にいただくお昼は結構難しい。モリモリ食べて「おなかいーっぱい!」なんておなかポンポン!と腹鼓を打つようでは、後半の施術の動きが悪くなる。かといって、おなかが張るのが嫌だからと控え過ぎると…パワー不足で1日終わった後にヘナヘナになっちゃう。食べ過ぎてもいけないし、足りなくてもいけない。わごいちの賄いでいただいて...

  15. 買い物もしんどい(涙) - 詩織の記録

    買い物もしんどい(涙)

    先日、訪問看護で来てもらっている看護師さんに「もう少しおなかがゆったりしているものを着ないと、腹膜炎や腹水でおなかがはってきちゃっているから、おなかが押さえられて痛いでしょう。もっと大き目なものを着て下さい」と言われたので、今日、お昼すぎに近くのスーパーに買い物に行き、下着(ショーツ)の大き目のものを買いました。が、もう体がしんどくて……。何度倒れそうになったことか……。そして、気づけば、今...

  16. 簡単!「塩麹スープ」でおなか元気! - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    簡単!「塩麹スープ」でおなか元気!

    雪の影響もちらほらと出ていた週末、大阪でも連日冷えます。(とは言っても雪が降る地域に比べたらあまいあまい…。)皆さんご体調は大丈夫ですか?そんな寒い日にぴったりの手抜きレシピをご紹介。◇フライパン一つでできる、「塩麹スープ」の作り方1.塩麹を入れる。2.具材とお水を加え中火にかける。3.塩、醤油で味を見て完成。これだけ…???ええ、本当にこれだけで美味しいのです。私の使った分量をご参考にお好...

  17. この世から消えていくもの - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    この世から消えていくもの

    時代は常に移り変わり、その中でこの世から姿を消すものもあります…私が子供の頃は、「トイレの花子さん」という怪談話があって、2番めのトイレには花子さんが居て「一緒に遊ぼー。」と言って便器から手が出てくる…という内容だったのですが、それがすんっごい怖くて、絶対に2番だけは入らないようにしていました。そののち他校出身の子に4番めと聞き「私、入ってたやん!!」となりまして。ま、子供の口から口へと伝わ...

  18. 母の味 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    母の味

    母の味。えっと…、私の母はお料理が上手です。ですが、結婚するまではお料理もほとんど何もしたことがなかったとのこと。そんな母が父のもとへ嫁ぎ、突然、祖父祖母同居の大家族の家事をすることになりました。母は子供の頃からすごく偏食で、洋食が主な献立の中で育ったので、それまで食べたことも無い“きずし、鯛のあら煮、かますごの南蛮風”などおじいちゃんの嗜好に合わせたお料理を(母自身は食べられないものだから...

  19. 老けないわごいち美人 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    老けないわごいち美人

    私、わごいちに10年居まして、その長いわごいちの歴史の中で「これだけは!!」と断言したいことがありまして、それを今日ここで発表します。それは・・・わごいちに通う女性は老けない。 もしかすると、この「老ける」がわごいちと世間とのあいだに分厚い壁を感じるトコロなのかも知れません。わごいちに通う女性が、週に1度のエステ通いをしたり、あらゆるサプリを飲んで無理に若作りをしている訳では決してありません...

  20. 私の体の変化 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    私の体の変化

    丹練を始め、半年ほどが過ぎました。私の行っている丹練は「四股踏み」百回。それから「木刀振りながらの四股踏み」百回の二百丹を最低ラインとして行なっています。私の体は、果たして変化しているのかどうか‥んーーーーー、ちょっと自分ではハッキリとは難しいところがありまして‥。体感として、感じることは多々あります。寒さに強くなった。水だけシャワーで体調を崩さなくなった。以前にも増して重いものを楽に運べる...

総件数:82 件

似ているタグ