おやときどきこどものタグまとめ

おやときどきこども」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはおやときどきこどもに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「おやときどきこども」タグの記事(12)

  1. NHK Eテレ ウワサの保護者会 に出演します。 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    NHK Eテレ ウワサの保護者会 に出演します。

    12/5(土)21:30~NHK Eテレのウワサの保護者会に出演いたします。番組の後半に4~5分程度かと思いますが、たびたびメディアに取り上げていただいている高校生のディスカッションの様子なども流れると思いますので、ぜひご覧ください。とらきつね on Facebook 随時更新中です。唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合...

  2. 最近のメディア情報(フェア情報も) - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    最近のメディア情報(フェア情報も)

    8月以降も各メディアに多数の書評等を掲載をいただいています。(8月以前はこちら)●8/29北日本新聞に『おやときどきこども』の書評(おおたとしまささん)が掲載されました。●8/29北國新聞に『おやときどきこども』の書評(おおたとしまささん)が掲載されました。●8/30高知新聞に『おやときどきこども』の書評(おおたとしまささん)が掲載されました。●9/5沖縄タイムスに『おやときどきこども』の書...

  3. 全国各紙に『おやときどきこども』書評掲載 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    全国各紙に『おやときどきこども』書評掲載

    沖縄タイムズ、北國新聞、北日本新聞、高知新聞、そして今朝の福井新聞など、全国各紙に次々と『おやときどきこども』の書評が掲載されています。教育ジャーナリストのおおたとしまささんの書評。「子どもを見る」ことに心血を注いできた人ならではのあざやかな内容に思わずうなりました。ほんとうにありがたいです。一昨日は、nippon.comのサイトに、編集者の幸脇啓子さんによる書評が掲載されました。ときに周り...

  4. 山崎ナオコーラさんの書評のこと - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    山崎ナオコーラさんの書評のこと

    週刊文春に掲載された山崎ナオコーラさんの書評が、今朝、文春オンラインに掲載されました。以下で全文をお読みいただくことができます。山崎ナオコーラさん。その小説の中にはどこかぎこちない人たちと、彼らによるぎくしゃくした対話が出てきます。そしてそのエッセイの中には細かすぎて伝わりにくい居心地の悪さや違和感、そしてその背後にある情念が描かれます。いつもブツブツと呟きながら、自分はどうなんだと考えを膨...

  5. 最近のメディア情報 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    最近のメディア情報

    6月の『おやときどきこども』の刊行以来、特に多くのメディアにお取り上げ頂いています。一部になりますが以下にご紹介いたします。●5/28 NHK総合「ロクいち!福岡」にて本校のディスカッション授業が取り上げられました。●6/18 毎日新聞に『おやときどきこども』の刊行に際し、鳥羽和久のインタビュー記事(上村里香さん)が掲載されました。●7/1 幻冬舎plusの辻山良雄さんの連載「本屋の時間」に...

  6. 『親子の手帖』『おやときどきこども』重刷 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    『親子の手帖』『おやときどきこども』重刷

    2018年発行の『親子の手帖』(鳥影社) が重版で4刷になりました。ありがとうございます!改めて見ると、元永彩子さんの絵、渋井史生さんのデザイン、素晴らしいなあ。そしてデザインの渋井史生さん(PANKEY)に出会わせてくれたのは、写真家の石川直樹さんなんです。版元の鳥影社の皆さんはもちろん、元永さん、渋井さん、石川さんの存在がなかったら、この本のロングセラーはなかったと思います。そして、...

  7. 『おやときどきこども』全国の書店で販売が始まりました。 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    『おやときどきこども』全国の書店で販売が始まりました。

    6月末刊行(本の奥付では6月25日刊行)の『おやときどきこども』(鳥羽和久著/ナナロク社刊)が、全国の書店に並び始めました。【新入荷】おやときどきこども鳥羽和人/ナナロク社塾講師として子どもたち、親たちが抱える問題を共に悩んできた著者。ひとりひとり自分の世界を持ち、懸命に生きる子どもたちの姿がここにあります。人が生きていく全てに通じる、大切な想いが込められた1冊です。https://t.co...

  8. 「大人になる」ということ。 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    「大人になる」ということ。

    先日、小6の国語の授業でも取り上げた茂木健一郎さんの『欲望する脳』には、アルベルト・アインシュタインの次の言葉が引用されています。「ある人の価値は、何よりも、その人が自分自身から解放されているかということによって決まる」茂木さんはこの言葉を引用したあと、「自分自身に囚われてしまうというのは、人間の哀しい性(さが)」であり「避けられない傾向」であるとしながらも、次のように言います。「私」という...

  9. 高2のあやかさんとAI-amのおふたりからの感想(『おやときどきこども』) - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    高2のあやかさんとAI-amのおふたりからの感想(『お...

    私は「おやときどきこども」を読んで、母親や教師などのどんなをレッテルを持つ人でも、もとはひとりの人間なんだと気づかされました。私は、中学生のとき教師に対して多くの不満を抱いていました。「教師」という職業に就いたからには、完璧にその仕事をこなしてほしい。生徒のことをちゃんと考えてほしい。そんなことばかり思っていました。しかし、この本を読み終えた今では教師を、「教師」というレッテルをはがしてみる...

  10. 『おやときどきこども』ご紹介第3章 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    『おやときどきこども』ご紹介第3章

    6月末に刊行される『おやときどきこども』ですが、とらきつねでの予約販売も始まりました。店頭には18~20日ごろに並びます。今日は第3章のご紹介です。3子どもと意志学問と祈り/死にがいを求めて生きている/関係性、それ自体が私なんだ/意志と責任/子どもは欲望を見つける「しなければならない」ことをしくじってしまった自分を、何かが欠けたような存在だと感じたまま生きている人は多いです。でもその人たちは...

  11. 『おやときどきこども』ご紹介第1章 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    『おやときどきこども』ご紹介第1章

    6月末に刊行される『おやときどきこども』ですが、本日、Amazonでも予約販売が始まりました。版元のナナロク社はこちら。『親子の手帖』共々よろしくお願いします。今日は、本の第1章をご紹介します。はじめに1新しい子どもたち大人と子どもの「現実」/それぞれのストーリー/スマホと嘘つき/いじめの関係をほぐす/入試と父の暴力/コミュ障と恋と物語り/彼女はそのままに世界を見ていた/出会い方/孤独という...

  12. 新しい本『おやときどきこども』(ナナロク社)が発売になります - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    新しい本『おやときどきこども』(ナナロク社)が発売になります

    新しい本『おやときどきこども』(ナナロク社)が発売になります。ナナロク社さんに声を掛けていただいて2年間、少しずつ書いてようやく刊行にこぎつけました。『親子の手帖』がどちらかというと親の心理について掘り下げたものだとすると、『おやときどきこども』はとことん子どものことを書きました。大人が子どもと出会い直すための本です。編集は川口恵子さん、校正は牟田都子さん。東浩紀さん(批評家、作家)鳥羽さん...

総件数:12 件

似ているタグ