おやゆびひめのタグまとめ

おやゆびひめ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはおやゆびひめに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「おやゆびひめ」タグの記事(14)

  1. Nadezhda Illarionova画の「おやゆびひめ」 - Books

    Nadezhda Illarionova画の「おやゆびひめ」

    Nadezhda Illarionova (1985-)ロシアのイラストレーター。「人魚姫」のイラストがとても素敵でファンに♡絵本はなかなか手に入らないのだけどイラストを紹介してくれてるサイトで時々覗いては楽しませてもらってます。Иллюстратор Надежда ИлларионоваАвтор Hans Christian AndersenПеревод А. ГанзенСказ...

  2. Н. Казанцевой画の「おやゆびひめ」 - Books

    Н. Казанцевой画の「おやゆびひめ」

    Н. Казанцевойロシアのイラストレーターとしかわかりません。ヴィンテージの絵本だと思うのだけど、、、版画のようなタッチ、可憐な花々に囲まれているおやゆびひめ、なぜか、だんだんと透け感ある儚げな描写にも魅了されます。そして、つばめさんってば、まつ毛が素敵♡もっと他のイラストはこちらで見られます☆*

  3. Susan Jeffers画の「おやゆびひめ」 - Books

    Susan Jeffers画の「おやゆびひめ」

    アメリカのイラストレーター、Susan Jeffers(1942-)の1979年に出版された「Thumbelina」より。草から忍び寄るキツネの顔とパピヨンをつかまえてるおやゆびひめ、そして水鏡になってる構図とかに惹かれた一枚のイラスト。気になって他の絵も辿っていくと、まだまだ心惹かれるイラストが♡2005年に再販されているようです。他のイラストが紹介されているサイトも見つけました♡Susa...

  4. Cecile Walton画「おやゆびひめ」 - Books

    Cecile Walton画「おやゆびひめ」

    セシル・ウィルトン(Cecile Walton:1891-1956)スコットランドの画家でイラストレーター。「おやゆびひめ」めでたしめでたしな場面に幸福感溢れてて癒される。柔らかなピンクとグレーの色調も♡*

  5. アルトゥシ・シャイネル画のアンデルセン童話から - Books

    アルトゥシ・シャイネル画のアンデルセン童話から

    アルトゥシ・シャイネル画のアンデルセン童話から「おやゆびひめ」と「火打箱」も見つけました。どちらも1934年の雑誌からのよう。アルトゥシ・シャイネル版のお犬ちゃんはボストンテリアのようだね♡アルトゥシ・シャイネルのアンデルセンはまだ探せば出てきそうなので追尾ちゅう。*

  6. Natalia Barbotchenko画の「おやゆびひめ」 - Books

    Natalia Barbotchenko画の「おやゆびひめ」

    Natalia Barbotchenkoロシアのイラストレーター、芸術家です。彼女の略歴はちょっとわかりませんが1977年に出版された「おやゆびひめ」から表紙と4点の挿絵が紹介されててキュンとなりました♡他の絵も気になりますね☆そしてロシアの絵本で「おやゆびひめ」といえばナタリア・バスマノワ(Natalia Basmanova)の絵本も再度ひらきたくなりました♡*

  7. Book:堀内誠一「おやゆびちーちゃん」 - Books

    Book:堀内誠一「おやゆびちーちゃん」

    *おやゆびちーちゃんアンデルセン/作堀内誠一/絵木島 始/訳福音館 1967年 1974年7刷堀内誠一氏(1932-1987)の絵本といえば「ぐるんぱのようちえん」こどもの頃から大好きな絵本で今でも時々開いて読みます。そして堀内氏の初絵本の「くろうまブランキー」も大・大・大好きで、開くたびに涙腺崩壊のしちゃうのね(笑)この度アンデルセンの「おやゆびひめ」の絵本との出会いがありました。タイトル...

  8. Maria L. Kirk画のおやゆびひめ - Books

    Maria L. Kirk画のおやゆびひめ

    2019年、初めに琴線に触れたイラストはM. L. Kirk(1860-1938)が1911年にPhiladelphia & London:J. B. Lippincott Companyから出版された「Hans Andersen’s Fairy Tales」より『おやゆびひめ』でした♡しかし、この時代の訳者により「Little Totty」と題されていました。カラーイラスト一点、ペ...

  9. Else Wenz-Viëtor画のおやゆびひめ ② - Books

    Else Wenz-Viëtor画のおやゆびひめ ②

    前記事から、エルゼ・ヴェンツ・ヴィエトール画の絵本「おやゆびひめ」他の画像が意外に早く見つけられました!偶然、ロシアの絵本Blogで見つけてしまった♡ドイツ語の、初版ではありませんが1941年刷の絵本でした。その中から代表的な場面のものから少し☆表紙の大きな画像や単色のカットもこちらで見られます。思っていた通りの可愛い絵本です♡*

  10. Else Wenz-Viëtor画のおやゆびひめ - Books

    Else Wenz-Viëtor画のおやゆびひめ

    初見できゅんきゅんした可憐なおやゆびひめのイラストです♡ベージュと水色をベースに花の配色数を抑えてイエロー中心にした色彩バランスが絶妙だと思いました。エルゼ・ヴェンツ・ヴィエトール(Else Wenz-Viëtor:1882-1973)チェコ生まれですが、ドイツのイラストレーター。1920年代~30年代には、ドイツで最も有名で有力な絵本イラストレーターの一人だったようです。おやゆびひめが器...

  11. 絵本:エルサ・ベスコフ画の「おやゆびひめ」 - Books

    絵本:エルサ・ベスコフ画の「おやゆびひめ」

    *おやゆびひめH.C.アンデルセン/作エルサ・ベスコフ/絵石井登志子/訳フェリシモ出版 2001年スウェーデンの絵本画家、エルサ・ベスコフ(Elsa Beskow:1874-1953)世界中で絵本が翻訳され、日本でも大人気。更にロングセラーでもあるので、いつでも触れられる甘えからなかなか手を出していませんでしたが、アンデルセン童話からも絵本を出しているので2冊目は「おやゆびひめ」としました。...

  12. エルサ・ベスコフ画から「おやゆびひめ」 - Books

    エルサ・ベスコフ画から「おやゆびひめ」

    *1932 Tommelise/Thumbelina by H.C. Andersen (1805-1875)illustrated by Elsa Beskow (1874-1953)エルサ・ベスコフ画の「おやゆびひめ」から。あまりにも気持ちよさげなので眺めているだけでも、涼しげで癒されます。少しでも酷暑忘れられます(笑)*

  13. Eric Pape画の「おやゆびひめ」 - Books

    Eric Pape画の「おやゆびひめ」

    Eric Pape挿絵のアンデルセン童話から「おやゆびひめ」です。*

  14. エリナー・ヴェレ・ボイル画のおやゆびひめ - Books

    エリナー・ヴェレ・ボイル画のおやゆびひめ

    エリナー・ヴェレ・ボイル画のアンデルセン童話集(1872)から「おやゆびひめ」の挿絵2点。ボイルの作品の中でも最大の力作といわれ、特に「おやゆびひめ」の評価は高いようです。そういえばと思い出して本棚から出してきた2冊のアンデルセン童話集にもボイルの素敵な挿絵が収められていました。大きい方は洋書の「Fairy Tales from Hans Christian Andersen」小さい方は「ア...

総件数:14 件

似ているタグ