お伊勢参りのタグまとめ

お伊勢参り」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはお伊勢参りに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「お伊勢参り」タグの記事(49)

  1. ギャンブルの小ネタ - 猫おじさんのクモ膜下生還リハビリ日記

    ギャンブルの小ネタ

    今日も猫を抱えて昔を思い出してました。自分が生まれた三重県ではパチスロの導入が全国一遅かったそうです。検索すると2000年の7月からだそうでやっと20年がたちました。あの頃はパチンコもパチスロも賭博性の高い機種が多く自分も夜勤の中通っていたものです。そんな中これは三重県だけだと思うのですが大晦日の夜はオールナイトで営業していて一晩中打ってました。これはコンビニもない時代、お伊勢参りのお客さん...

  2. 伊勢志摩パールロードお伊勢参りと地学実習 - [YOC]山おやじブログ

    伊勢志摩パールロードお伊勢参りと地学実習

    2021年6月22日参加ウサ吉コース53km名古屋(輪行)⇒鳥羽駅⇒伊勢志摩パールロード展望台⇒夫婦岩⇒伊勢神宮⇒伊勢市駅(輪行)⇒名古屋時間名古屋発0930名古屋着2030▼GPSはこちらさてウサ吉、名古屋単身赴任二年目です。昨年今頃はコロナの恐怖におびえながら半病みの日々でしたが、ようやく緊急事態宣言も解除されましたので、諸般対策しながらお伊勢参りに行ってまいりました。▼休暇でGO!通勤...

  3. 近鉄特急ビスタカー - Darjeeling Days

    近鉄特急ビスタカー

    松阪から名古屋までは、近鉄特急で買えるわけだが、帰りの特急はしまかぜというわけにはいかず、ほかの特急のなかからどれにするか迷った結果伊勢志摩ライナーが時間的にあわなかったので、二階建てのビスタカーEXにした。ビスタカーの登場は1978(昭和53年)というから相当古い。4両編成で、中間車2両が2階建ての列車。2階建ては、真ん中あたりにドアがあり、階段で二階にあがる。階段の下には、グループ専用席...

  4. 和田金で松阪牛を食す - Darjeeling Days

    和田金で松阪牛を食す

    松阪駅から徒歩7~8分のところに、松阪牛の名店、「和田金」がある。「和田金」といえば、明治11(1878)年に開店して以来、上質の肉にとことんこだわり、最上級のブランドとして松阪牛を全国に知らしめてきた松阪牛料理の老舗。広大な自家牧場を持ち、丹念に育てた極上の松阪牛が味わる。和田金の建物は、ちょっとしたビル。昔ながらの日本家屋でないところにちょっとだけ残念さを感じるが、松阪牛でこんなビルがた...

  5. 松阪へ - Darjeeling Days

    松阪へ

    月夜見の座を10時頃にチェックアウト。お伊勢参り、伊勢志摩の旅最終日の今日は、そのまま一路37号線を松阪へ。途中、斎宮にもよろうかなと思ったけれど、天気がいまいちだったので、今回はパス。45分ぐらいで松阪には到着。ここでレンタカーを返した。松阪駅はこれで2度目。前回のお伊勢参りの際に、行きに松阪に寄ったっけ。相変わらず、松阪駅は閑散としている。COVID-19だけのせいではないような。地域振...

  6. 月夜見の座の朝ごはん - Darjeeling Days

    月夜見の座の朝ごはん

    月夜見の座の朝ごはんは、旅館らしく和のご飯。朝ごはんも見た目とっても豪華に並んでいる。焼き魚はキンメダイ。そのほかに鶏や出汁巻き卵、ご飯のお供になるような小鉢が盆の中に並ぶ。外側にも海苔、サラダ、タラの鍋、そして、納豆が用意されている。味噌汁は、殻付きの伊勢海老味噌汁。朝から豪華だ。温かい鍋があるのはとてもうれしい。生卵や納豆、フルーツも用意されている。サラダはオーソドックスな野菜サラダ。ド...

  7. 月夜見の座の夕ご飯 - Darjeeling Days

    月夜見の座の夕ご飯

    月夜見の座は、現在COVID-19対応のため、料理を全部出し切りでサーブする仕組み。正直そんな状態たいなのでそれほど期待はしていなかったのだった。料理は部屋の中のダイニングスーペースに運ばれ、このスペースは理文具から隔離されているので、ここに料理を運び込むスタッフとも顔を合わせることはない。部屋の建物の一角には水屋が設けてあり、スタッフがそこで料理の準備をする仕組みだ。しかし、「食事のご用意...

  8. 伊勢千年のしじま月夜見の座 - Darjeeling Days

    伊勢千年のしじま月夜見の座

    伊勢志摩旅行、お伊勢参りの旅の最終日は、伊勢神宮外宮から車で15分の伊勢市佐八町池の上にある月夜見の座。この一角は伊勢かぐらばリゾートと呼ばれ系列の宿、「斎王の宮」や「千の杜」が立っている。その一角に全六邸の「月夜見の座」がある。月の満ち欠けの名前の付いた6つの部屋が独立して立っていて、伊勢最後の夜を過ごすにはいい感じの宿だ。ロビー棟と客室棟が全部で7つ建っているのだが、宿の全景は、なかなか...

  9. 外宮参道でお買い物 - Darjeeling Days

    外宮参道でお買い物

    今日の予定はほぼ終わったのだけれど、今回の旅行に当たって、お土産を買っていないので、外宮参道であれこれお土産を物色することにした。GO TO トラベルの地域共通券が一日当たり12000円使えるので、これは使わない手はないのである。まずは、せきやで鮑!ついでに伊勢海老のビスク。ここは、高級土産店なので、もちろん電子クーポンもOKほかにもいろいろあったけど、それほどこれというものが無いので、別の...

  10. 伊勢 camino coffee - Darjeeling Days

    伊勢 camino coffee

    瀧原宮から、再び高速に乗って伊勢インターまでもどり、そこから外宮へ。外宮の駐車場に車を置いた後、外宮参道でランチをすることにして、近隣をぶらぶらした。ただ、朝ご飯をしっかり食べてしまっているので軽くていいやということで、Alll About[イタリアンの基本]でお世話になった沈さんが「ぜひ行ってみて!」と教えてくれたCamono Coffeeでご飯食べることにした。外宮参道を右に入ると黒っぽ...

  11. 伊勢神宮最大のパワースポット瀧原宮へ - Darjeeling Days

    伊勢神宮最大のパワースポット瀧原宮へ

    二見浦から松下JCTへ。そこから高速・伊勢自動車道路に乗って、一路瀧原宮へ。途中、勢和多気JCTで紀勢自動車道に入り、約40分程。大宮大台ICでした道に撮り、道の駅 奥伊勢木つつ木館の隣にある瀧原宮の駐車場へ。比較的大きな駐車場で、楽に車が止められた。が、しかし、実はこの先の瀧原宮の入り口に10台ぐらいの駐車場があり、そっちの方が便利ではある。駐車場から歩いて3~4分で瀧原宮の入り口に着く。...

  12. 松下社 - Darjeeling Days

    松下社

    Yusuraから車で1分のところに、民話の駅蘇民というのがある。民話の駅って何だろうとおもっていたら、蘇民将来に因んだ地元の食材などの販売場だった。その民話の駅蘇民のすぐ裏に松下社という社がある。ここはどうやら蘇民将来に由来のある神社のようで祝祭神はもちろん素盞鳴尊。それに加え 菅原道真なども祀ってあるらしい。割と古めかしい神社で手水舎は枯れていた。鳥居をくぐると蘇民将来を祀る蘇民祠がある。...

  13. yusura朝散歩 - Darjeeling Days

    yusura朝散歩

    朝ご飯を食べて戻ってくると天気もだいぶ良くなってきていた。今日は、ここから車を走らせ、瀧原宮へ向かう予定。高速を走るからそんなに時間はかからない。その後は特に予定もないので、出発もわりとのんびりと。家人が朝風呂に入っている間に、ちょこっと散策。こういうビラ風のやどというのもなかなかいい感じだな。もし、次回伊勢にきたら伊久じゃなくてこちらかなあ。AUBERGE YUSURA住所:三重県伊勢市二...

  14. Yusuraの朝ご飯 - Darjeeling Days

    Yusuraの朝ご飯

    朝は少し早く目がさめてしまったので散歩をしようかなと思ったら雨が降っていた。なので、朝風呂にのんびりと浸かりぼおっとしていた。旅の朝は、こういう時間の過ごし方もいいものだ。愉しみな朝ご飯は、和食のごはん。特別にこれがというのはなかったけれど、一つ一つの料理が丁寧に作られていてどれも満足感が高かった。ご飯のお供になるような肉味噌とか、青さの佃煮とか、炭火であぶった海苔とか。朝からご飯がすすむく...

  15. AUBERGE YUSURAの夕ご飯 - Darjeeling Days

    AUBERGE YUSURAの夕ご飯

    宿の愉しみは、やっぱり夕飯だ。特に、この宿AUBERGE YUSURAは、オーベルジュと名乗るだけあって、ご飯に力を入れている。オーベルジュというと、フレンチを想像するが、こちらは完全和食だ。そういう意味では、割烹旅館みたいな位置付。料理は、フロントロビーのある平屋へ行き、そこに個室のダイニングが用意されている。今日のコースは、鮑ステーキコース。まずは、先付けで鮑とフルーツトマト。こちらでは...

  16. AUBERGE YUSURAへ - Darjeeling Days

    AUBERGE YUSURAへ

    今日の宿は、二見浦にあるAUBERGE YUSURA。一日三組限定のヴィラで、部屋は完全プライベート空間の一棟建て。とても小さな宿ならではの「ひと手間」に丹精込めた、居・食・充の和のオーベルジュというのが売りの宿なのである。場所は民話の駅のすぐ近く。裏に池がある道路沿いだ。ロビーと食事の出来る平屋の棟にまず案内され、ロビーでチェックイン手続きをする。ウエルカムドリンクとお菓子がだされる。伊勢...

  17. 二見興玉神社と夫婦岩 - Darjeeling Days

    二見興玉神社と夫婦岩

    鳥羽から車で20分弱で二見浦に到着した。お伊勢参りは、本来ここで禊をした後外宮、内宮とお参りするのが昔の習わしだったという。今回は旅程上、外宮、内宮が先でこっちが後になってしまった。二見興玉神社に詣でる際の駐車場は、本来夫婦岩表参道 旅館街側の二見浦公園に無料駐車場があるのだがさすがに土曜日の午後には空車待ちの列ができているというので、伊勢夫婦岩めおと横丁の有料駐車場にやむなく車を入れた。こ...

  18. 伊勢海老蒸し料理華月で、伊勢海老三昧 - Darjeeling Days

    伊勢海老蒸し料理華月で、伊勢海老三昧

    相差からは、一度間違ってパールロードに入ってしまったのだが鳥羽に行くには、パールロードではなく、鳥羽磯部線から167号に入って鳥羽まで行く方が早くつける。パールロードはかなり海岸線に沿ってうねうねと遠回りしているのだ。鳥羽磯部線も結構な山道だが167号線に入ると広く走りやすい。なので、パールロードに入って1㎞くらい先でUターンして鳥羽磯部線に入り直した。向かう先は鳥羽の伊勢海老海鮮蒸し料理 ...

  19. 鳥羽の石神さん(相差の神明神社) - Darjeeling Days

    鳥羽の石神さん(相差の神明神社)

    今日は賢島から二見浦へ向かう日。ひらまつ賢島を10時半ごろチェックアウトして、最初に向かったのは昨日行った安乗灯台の対岸にあたる相差という場所。せっかくお伊勢参りに来て御朱印もらっているので伊勢志摩の神社で御朱印もらえるところにいくつか足を運んでおこうと思い、チェックしたら真っ先に出てきたのがこの相差というところにある神明神社だった。相差はこの地方でも有数な海女の里で昔から海女の人たちが信仰...

  20. ひらまつ賢島二回目の朝ごはん - Darjeeling Days

    ひらまつ賢島二回目の朝ごはん

    ひらまつ賢島2回目の朝ごはんのメインは何だろうといそいそとダイニングルームに赴いたら、今朝も良い意味で大きく期待を裏切られた。まるで和の旅館の朝ごはんのような和の朝ごはんだったのだ。釜で炊いたミルキークイーンは昆布を入れて炊いてあって、つやつやと光っている。この米と鍋が思わずほしくなった(笑)焼き魚は地元で上がったさわら。味噌漬けにしてあるのか?これがご飯にとてもあうのだ。そして地元の鶏が生...

総件数:49 件

似ているタグ