お寺のことのタグまとめ

お寺のこと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはお寺のことに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「お寺のこと」タグの記事(139)

  1. 涼む場所 ー庫裡裏廊下の張替え完了ー - 西蔵坊だより

    涼む場所 ー庫裡裏廊下の張替え完了ー

    庫裡の裏の廊下の修繕が終わりました。張り替えられた床に座って、戸を全開にして、裏の崖を眺めました。雑木、雑草、シダ、こけが生えた崖は、近景ですが、それなりにいい眺めです。夏、夕立が来たら、蚊取り線香を焚いて、暑くても、やせ我慢して涼むという風情もいいかな、などと。すっかり暑かった夏を忘れて、勝手なこと言ってます。

  2. 栗ー60年前の念仏奉仕団ー - 西蔵坊だより

    栗ー60年前の念仏奉仕団ー

    掃除中に、茶封筒に入った「念仏奉仕団」のときの「進納」についての受書を見つけました。......................................................................宛先:正蓮寺念仏奉仕団御中差出:浄土真宗本願寺派宗務所受書:一、栗右御進納下さいまして厚く御禮申し上げます昭和三五年九月二十七日大谷家印正蓮寺念仏奉仕団殿...........

  3. おはぎの季節 - 西蔵坊だより

    おはぎの季節

    全国的にそうなのか、当地の習慣なのか、当寺流なのか、よくわかりませんが、お取り越しの定番、おはぎ。お寺に帰ってきて間もない頃。T家のおばあちゃんが、早朝からお餅をついて、生餅のぼた餅を作って待っていてくださったことがありました。大きなお皿に梅花状に6〜7個のぼた餅を並べ、「好きなだけ食べたらいいから。」と。ひとつかふたついただくつもりでしたが、温かい方がいいからと、直前に電子レンジでチンした...

  4. 法事ー法施と財施ー - 西蔵坊だより

    法事ー法施と財施ー

    いつもにぎやかなK家法事。おじいちゃんの法事にあつまった孫7人。年長のSちゃんは、結婚してもうすぐお母さんになるそうです。みんなおとなになったので、人が多くて窮屈に感じる仏間で、おまいりの合間合間に、それぞれのいろいろな話を聞きました。おまいりに行って、つくづく思うこと。ご院さんというのは、ただひとつの法施をして、老若男女・様々な歴史を持ち、様々な境遇に生きる人たちの話を聞くことができるつと...

  5. 本願寺参拝と大谷本廟無量寿堂納骨 - 西蔵坊だより

    本願寺参拝と大谷本廟無量寿堂納骨

    本願寺御影堂門前着総代さんが先導してくださいます阿弥陀堂門をくぐる「一揖」をバスの中でレクチャー白洲で自家用車組と合流御影堂前で一揖し龍虎殿へ正蓮寺門徒中で開闢法要お焼香してお念仏改修中の阿弥陀堂阿弥陀さまは御影堂にいらっしゃいます書院拝観のあと改修中の飛雲閣へ水を抜いた池の中からレアショット東急ホテルの昼食好評でした10月27日、本願寺参拝と大谷本廟納骨。バスにて。59名(京都、三重、愛知...

  6. やっと境内の掃除 - 西蔵坊だより

    やっと境内の掃除

    空き時間に、草刈り機を担いて中庭に行くと、S雄さんとY子さんが、書院の廊下の床の修繕中。以前、ボクが廊下全面に本棚を造り付けたので、その補強してくださっていました。10時少し過ぎていたので、慌てて坊守に知らせて、朝のTeatime。朝からお勤めのお二人といっしょに、ボクも仕事前のコーヒーをいただきました。縁側で、のどかな日向ぼっこの風情。楽しいい休憩の後は、黄鐘会を控えての境内清掃。久しぶり...

  7. 庫裡裏廊下の修繕 - 西蔵坊だより

    庫裡裏廊下の修繕

    最も傷みがひどい庫裡裏廊下の修繕。裏山の崖との隙間が、狭いところでは1m程しかないため、どうしても湿気る場所です。40年で2回めの張替え。ヒノキの無垢板が傷む程なので、相当な湿気です。クリの基礎は、まだ大丈夫ということで、防腐剤を塗りました。大引き、根太、床板はヒノキ。節ありの間伐材です。傷んでも、例えば材を入れ替えて直すことができる、というのが木造のいいところだそうです。新品の『ワシントン...

  8. 後ろ堂の片付け① ー使わなくなった座布団ー - 西蔵坊だより

    後ろ堂の片付け① ー使わなくなった座布団ー

    本堂が椅子席になり使う機会がなくなった座布団。後ろ堂の押入れにまとめました。なんやかんやで、100枚以上。整理して片付けはしたものの、今後使う予定はないような気がします。押入れの下段の、折りたたみ椅子も整理。今の椅子に移行するとき、仮に使っていたもの。アウトドア用のフォールディングチェアです。40脚、子供会や教区のサマースクールでも活躍しました。上段の座布団も下段の椅子も、ずっとこのままかも...

  9. 2019美濃四十八座超誓寺真宗講座英月師 - 西蔵坊だより

    2019美濃四十八座超誓寺真宗講座英月師

    超誓寺真宗講座夜座のお聴聞。1時からのお取越のあと、久しぶりに昼座から2座4席、どっぷり他力に浸る予定でしたが、やんごとなき事情、しかも相当にストレスの貯まる事情が起こり、お取越にもお御法のご縁にも会えませんでした。ご講師は、京都より英月先生。英月先生の第一声は「ご法話なのでみ教えの話をします。」でした。み教えに会うのを楽しみに来ていらっしゃるお同行、お寺の本堂、すべて讃嘆のお荘厳は整った、...

  10. 久しぶりの別院お朝事ー言い訳集ー - 西蔵坊だより

    久しぶりの別院お朝事ー言い訳集ー

    3月16日以来、半年ぶりに、別院の宗祖御命日のおあさじにお参り。半年サボり続けた理由を、ちょっと調べてみました。ボクの場合、boblogを遡ることと、boku no写真を日付で辿ることで、ほぼ、過去の自分の行状を探ることができます。言い訳の得意なボクですので、お参りしなかった理由を、あつかましくも列記したいと思います。4/16 義母の葬儀5/19 風邪の悪化6/19黒野組連硏後O師と...

  11. 小さなユンボがやってきた! - 西蔵坊だより

    小さなユンボがやってきた!

    台風19号が通り過ぎていきました。当地では、刈り取り前の稲も仮設のお寺の屋根も、なんとか持ちこたえました。全国の被害の様子をテレビで見ました。何もできませんが、お見舞い申し上げます。朝、突然、軽トラに小さなユンボを積んだSさんとKさんが・・・。水道屋さんのNさんのユンボが動かなくなる。↓放置されていた動かないユンボをNさんがなおす。↓動くようになったユンボを、Sさんが借りる。↓Sさんが名手K...

  12. 2019美濃四十八座林雙寺真宗講座安方哲爾師 - 西蔵坊だより

    2019美濃四十八座林雙寺真宗講座安方哲爾師

    10/9分林雙寺真宗講座昼座のお聴聞。久しぶりの秋晴れ。いわゆる仕事日和?受付のO師が「なぜか今日は、いつになく集まり遅いんです。」と心配そうでした。いつもサテライト会場まで溢れる林雙寺真宗講座の様子からすると、たしかに集まりは悪い感じがしないでもないですが、それでも本堂内は、ほぼ満堂でした。安方先生の悪人正機のお話。誤解されやすい内容を、悪人・善人の意味をあきらかにしながら、ひょうひょうと...

  13. もうひとつのお赤飯 - 西蔵坊だより

    もうひとつのお赤飯

    当地には、50回忌に、お赤飯を炊く習慣があリます。(炊かなければならない、ということではなく)同じように、お取り越し報恩講に、お赤飯を炊くというご門徒さんもあります。(炊かなければならない、ということではなく)”親鸞さまは小豆がお好きだった”という伝承を受け、いわゆる報恩講料理としてつくられることの多い小豆料理のひとつです。T家では、毎年、栗入りの赤飯というお手間入りです。ボクがいただいたこ...

  14. 西濃北組後期講座『信心がないと往生できないということ(信心正因)は、どうして弥陀の救いの無条件性と矛盾しないのか』 - 西蔵坊だより

    西濃北組後期講座『信心がないと往生できないということ(...

    9月21日、法友O師と、聞きたいという気持ちと空き時間が一致したので、乗り合わせて等光寺本堂で開かれた西濃北組の公開講座に行ってきました。(余談ですが、自分が所属していない組織の場に出向くというのは、意外と緊張するものですね。住職として、そのあたりいい経験でした。)さて、講座は、『信心がないと往生できないということ(信心正因)は、どうして弥陀の救いの無条件性と矛盾しないのか』という構題で、松...

  15. 「黄鐘会冬座」案内はがき発注 - 西蔵坊だより

    「黄鐘会冬座」案内はがき発注

    『黄鐘会冬座』の案内ハガキを発注しました。もう少しはやくすべきでした。反省。美濃四十八座第29回正蓮寺真宗講座『黄鐘会冬座』ご講師太宰府成照星師日にち10月14日・木昼2時夜7時半最初は、K氏の赤い山の絵(下記)を入れて作る構想ではじめました。晩秋の山の絵と思い込んでいましたが、絵のタイトルが「入道雲」と判明。たぶん、夏の絵。K氏の絵は、いつか夏座の案内に用いることにします。ということで、今...

  16. はつものの銀杏 - 西蔵坊だより

    はつものの銀杏

    銀杏のはつものをいただきました。たぶん例年よりずいぶん早いと思います。境内の銀杏が、お盆・お彼岸に来た台風以降、ぼちぼち落ちてきています。熟して落ちてきているという感じではなく、何か調子悪そうな感じ。小さめですが、せっかく落ちてきたので、本日、いただきました。翡翠色がきれいでした。味は薄め。はつものと書きましたが、実は、9月23日の彼岸会のあと、ハクビシンが堂々と境内に出てきて、銀杏食べてい...

  17. 庫裡の床張替え、広報発送作業、膝痛 - 西蔵坊だより

    庫裡の床張替え、広報発送作業、膝痛

    10月1日から、二日間で、庫裡裏廊下の床の張替えと玄関の奥の部屋の床の張替え。いつものように、MさんとRちゃんのお母さんが来てくださいました。湿気の多い庫裡は、どうしても床が傷みます。ここ2~3年のうちには、床下をやり直さないといけないような状況。本堂に重なって、次から次へと、心配事が絶えません。床は、思ったより大仕事になりましたがが、無事工事終了しました。ちょうど、覗きに来てくださったO師...

  18. お茶の稽古ー天目茶碗ー - 西蔵坊だより

    お茶の稽古ー天目茶碗ー

    9/23分彼岸会終了後、午後5時から、9月2回目のお茶の稽古。高校生組は、部活等で、ほとんど参加不可能になってきましたが、Aちゃんのお母さんやMちゃんのお父さんの参加があり、にぎやかでした。お点前はMiちゃん。年上のMaちゃんが、先生よりもやさしく指導していました。今回のサプライズは、ご縁のT氏作の「天目茶碗】。土岐伝統の少し縦長の上品なかたち、T氏お手間入りの深い青。今回、初めて使わせてい...

  19. おとき  ー彼岸会・永代経法要①ー - 西蔵坊だより

    おとき ー彼岸会・永代経法要①ー

    お彼岸お中日、彼岸会・永代経法要勤修。白飯、味噌汁、酢の物、煮物ちらし寿司、香の物、お華束煮物 丸揚、蒟蒻、蓮根お供えのアスパラはおひたしに 緑一点酢の物 きゅうりとはるさめ味噌汁 アゲと豆腐9月23日、午前・午後。台風17号の風雨が最も強くなる時間帯のおつとめとなりました。風雨にに加え、異常な蒸し暑さ。それでも、たくさんの方がお参りしてくださいました。お勝手方には婦人会さん、お給仕方には...

  20. 残暑対策 - 西蔵坊だより

    残暑対策

    9月になって、上げ仏事(お寺で勤められる法事)が続きました。おかげさまで、お寺がきれいに保たれています。“ほとけさまをきれいにお飾りしよう”というよりは、“境内が草ぼうぼうでは「住職掃除してない」と思われるから、せめて見えるところだけでもきれいにしよう”というセコいモチベーションですが。今日の上げ仏事は、おときの席もお寺でした。昨日に続き、最高気温35度の予報。雨にも暑さにも弱い当寺ですので...

総件数:139 件

似ているタグ