お寺のことのタグまとめ

お寺のこと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはお寺のことに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「お寺のこと」タグの記事(54)

  1. ひたすらお墓の掃除 - 西蔵坊だより

    ひたすらお墓の掃除

    明日、お彼岸の入りなので、ギリギリ裏山のお墓の掃除。参道に倒れた木の始末で精一杯で、墓地の掃除は今日までできずにいました。今日明日の予定のH会の旅行をドタキャンしたので、昼間は余裕.朝から張り切りました。草刈機とブロアと竹箒と熊手を駆使して、草刈りと落ち葉掃きと台風で飛んできた枝の片付け。思ったより枝が多く、思ったより厄介で、想定の2倍くらい時間がかかりました。日が照って暑かったので、昼過ぎ...

  2. 9月16日 岐阜別院おあさじ - 西蔵坊だより

    9月16日 岐阜別院おあさじ

    岐阜別院のおあさじ。長ーい日中礼讃のおつとめ。50分超。外陣椅子席だったので、ボクの足は大丈夫でしたが、最近、3正座0分を超えると、しびれるだけでなく、痛みで立つのも歩くのも難儀することが多いので、内心、別院のご院さん方の足をハラハラして見ていました。みなさん、微動だにせずおつとめなさったあと、スッと立たれ、てスーッと退出。結構感動しました。心地よいおつとめだけでなく、凛としたおあさじでした...

  3. 秋霖 ー障子の張替えー - 西蔵坊だより

    秋霖 ー障子の張替えー

    秋の長雨。晴れ間がありません。こどものころの梅雨は、こんな雨の降り方だったような気がします。境内にはところどころに水たまりができて、イモリとかがうじゃうじゃいました。何十年も手を加えていない境内だったんだと思います。湿っぽい障子張り替え日和。彼岸会が近づいてきたので、夏のこどもたちの餌食になって彼方此方破れた庫裏の障子を張り替えました。とりあえず8枚。慣れた頃に作業終了。よく乾いたら、端を切...

  4. 8の字ターン - 西蔵坊だより

    8の字ターン

    トライアルバイクに乗りはじめたとき、最初の最初の練習が、平坦な場所での8の字ターンでした。今から思うと、横着なことですが、境内の銀杏の木の下でしてました。(当時の境内は、今とは少し違う趣でしたが。)テレマークスキーでも、8の字のスケーティングの練習をしました。左右均等な切り返しの基礎練習です。なんかウズウズしてきます。在所をまわり、地区総代会の案内を配りました。住職になって20年、ほぼ完成し...

  5. 専琳寺永代経法要 水杉悟史師 - 西蔵坊だより

    専琳寺永代経法要 水杉悟史師

    専琳寺永代経法要昼座に遅れてお聴聞。日曜ということもあり、法務の合間に。ご講師は、兵庫より水杉悟史師。兵庫の方言に「べっちょない」というのがあるそうです。「別状ない」のなまったものらしいです。兵庫の方は、たとえば「べっちょない?」「べっちょない!」と挨拶をなさるのだそうです。「別状ないですか?」「別状ないですよ!」というような感じ。「元気?」「元気!」「こんにちは?」「こんにちは!」という挨...

  6. 実りの秋のはず - 西蔵坊だより

    実りの秋のはず

    昨日、裏山で拾った無患子の実と山柿。風に煽られ、道半ばで落ちたものです。無患子の実は、もう殆ど枝に残っていません。今年は、念珠作り無理かも。境内で拾った恨めしの銀杏。半分くらい拾ってペール缶2缶。銀杏の皮むきは、したくない仕事のひとつ。昨夜からの雨で、もみじと椿の根元に生えてきたナゾのきのこ。美味しそうではあります。坊守が、きのこに詳しいSさんかIさんに、食べられるかどうか尋ねて!とうるさい...

  7. 本堂仮修繕 - 西蔵坊だより

    本堂仮修繕

    雨を控えて、どこも大変な状況のなか、台風21号で剥がれた本堂の屋根の仮修繕、6日午前中に完了しました。早々の段取り・作業に感謝です。ボクたちは・・・。散らかった境内の掃除。エンジンブロア大活躍。雨戸の片付け。片付けるときのほうがタイヘン。裏山の参道を塞いで倒れた譲葉の木の撤去。捨てるつもりだった銀杏が食べてみたら美味しかったので、集めた枝葉の中から拾い直し。手間は倍以上。本堂外陣床のシート貼...

  8. 柿渋染めの・・・    - 西蔵坊だより

    柿渋染めの・・・   

    過日、手に入れた柿渋染めの布。略の輪袈裟になりました。暑いばかりでなく、例年になく忙しくて不休の朱夏。夏の終わりの終わりのタイトな夏休み。そして、台風21号。走りっぱなしで、かなりお疲れの将軍さま。疲れを取るには、好きなことをするか充分な休養。好きなことをすることをおすすめしました。結果、台風21号の後始末の終わった夜、いそいそとはじめた裁縫。早々に完成した柿渋染めの略輪袈裟。おじょうはんに...

  9. log 本堂屋根銅板剥離 台風21号 2018/09/04 15:00頃 - 西蔵坊だより

    log 本堂屋根銅板剥離 台風21号 2018/09/...

    2018年9月4日 15時ごろ台風21号の南東の風に煽られ本堂東南面の銅板剥離堂内外陣南半面漏水発見後(15時半頃)、外陣南面より2/3の畳を上げ、ブルーシートを貼って対処総代さん、建設会社に連絡*上掲写真は、2018/09/04 15:00ころの本堂屋根東面天気図  2018/09/04 15:002018台風21号経路 9/3~9/5.

  10. 2018美濃四十八座 専琳寺真宗講座 清岡隆文師 - 西蔵坊だより

    2018美濃四十八座 専琳寺真宗講座 清岡隆文師

    専琳寺真宗講座・昼座のお聴聞。ご講師は、清岡隆文先生。身近なところからの阿弥陀さまのご賛嘆です。二十数年前、中央仏教学院で教えていただいたころのことを思うと、随分痩せられた感じがしました。学院の講義は淡々と進められ、冗談を言われるようなことはなかったという記憶ですが、ご法話は、笑いを誘いながらのアットホームな感じでした。講義と法話の違いなのか、場の違いなのか、聞く側の雰囲気の問題なのか、先生...

  11. 風鐸(ふうたく) - 西蔵坊だより

    風鐸(ふうたく)

    「舌」の外れた「風鐸」台風で外れ、境内に落ちていた「風鐸」の「舌」ようやく、台風で荒れた境内の掃除。4時から6時半までを予定しましたが、あまりに暑いので、4時からは室内で片付けをして、境内の掃除は5時から。実質1時間では、時間不足で、半分しかできませんでした。残りは明日朝か・・・。掃除中、境内に風鐸の舌が落ちているのを発見。たぶん、台風で外れたのだと思います。今まで、まったく気がつかないでい...

  12. 買物三昧 - 西蔵坊だより

    買物三昧

    4回の断念・延期を経て、ようやく海に行く段取りができました。Xデーの深夜もしくは早朝、岐阜を出て、午前中潜って、午後3時には戻る予定。寸暇を惜しんで海に通った若い頃のような計画です。もう若くはないので、無理をしないよう戯れるつもり。延期になっていた長良川の花火。その都合で、おまいりが夕方までに終わりました。いさんで買い物へ。まずホームセンターで、「海の遊び道具」GET。これだけで十分楽しめる...

  13. 本典勉学会 8/23 - 西蔵坊だより

    本典勉学会 8/23

    午後1時半~5時まで、岐阜別院香光殿にて「本典勉学会」。ご講師は安方哲爾先生。「信一念」を4講たっぷり。間違いやすいところの丁寧に解説は、勉強になりました。和上さま方や諸先生方から聞かれたというエピソードも、得をした気分というか、たいへんありがたいお話でした。講義の合間に、先生がおっしゃったこと。(意)『「聞」と言うは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし。』です。私たちは、”仏願の...

  14. 美濃四十八座 西光寺真宗講座 葛野洋明師 - 西蔵坊だより

    美濃四十八座 西光寺真宗講座 葛野洋明師

    根尾の西光寺真宗講座、夜座へ。法務の関係で、後席一席だけのお聴聞。お話は、葛野洋明先生。正信偈の「重誓名声聞十方」のご文をひかれ、阿弥陀仏のおはたらきの讃嘆。何度も、「ほとけさまのお話です。」と念を押されました。美濃四十八座のなかで、一番山奥のお寺。当寺からだと、谷を上り、ふたつ峠を超え、20数キロの山道。ただ、その間、信号はひとつだけ。今は、トンネルができたり、道幅が拡幅されたりして、自然...

  15. 本願寺の亀甲灯籠(切子灯籠) - 西蔵坊だより

    本願寺の亀甲灯籠(切子灯籠)

    16日、午前中でおまいりが終わったので、念願の本願寺参拝。「お盆の本願寺参拝」「16日・宗祖の月命日のおまいり」ということではあるのですが、生臭坊主のおまいりの目的は、本願寺の余間の亀甲灯籠。いわゆる切子灯籠のことを、本願寺派では『亀甲灯籠』といい、大谷派では『切籠灯籠』と言うそうです。自坊のことがあるので、除夜、正月、彼岸、盆等の本願寺を知りません。亀甲灯籠がどんなものなのか、本願寺ではど...

  16. 岐阜別院、16日のおあさじへ - 西蔵坊だより

    岐阜別院、16日のおあさじへ

    8/16分15日の盂蘭盆会をおつとめしたら、勝手に、ちょっとのんびりするつもりでいました。16日の別院のおあさじに、おまいりしないつもりでいましたが、結局、朝粥につられておまいり。厳かな晨朝礼賛のおつとめにあい、約仏の有り難いご法話をお聴聞。ボクは、盂蘭盆会をつとめたあとの、ホッとしてのおまいりでしたが、いつもおまいりのS寺Sご住職と若さんは、これから今日明日と自坊の盂蘭盆会というなかでのお...

  17. 雨の盂蘭盆会 - 西蔵坊だより

    雨の盂蘭盆会

    今年は雨の盂蘭盆会。土砂降りの雨でした。「安居の比丘に施した」(安居は雨季)という盂蘭盆経の内容からすると、雨も風情なのかもしれません。家族連れがおおいこともあり、椅子席はほぼ埋まりました。短いおつとめと、短い法話のあと、冷たいお茶をいただきながら、歓談。ダラダラと話が続くのが、お盆らしくていい感じです。雨ということで、今年はかき氷はなし。なんとなくさみしいですが、楽でした。基本的にお盆まい...

  18. お墓まいり - 西蔵坊だより

    お墓まいり

    8/14、早朝、お墓まいり。母と坊守とボクだけ。こどもたちの帰省はなし。暑いので、ちょっと横着して、足袋を履かずに裏山へ。今年は、暑いので蚊はいないと思っていましたが、いました。足袋を履いていない足を、随分刺されました。おい刺すな オレは手をすり 足をする.

  19. センチメンタル・ジャーニー  -まるで、お盆のような・・・- - 西蔵坊だより

    センチメンタル・ジャーニー  -まるで、お盆のような・・・-

    お母さんの初盆に、お母さんのお骨といっしょに、お母さんの郷里・岐阜を巡っておられるEさん。市内のホテルに滞在され、昨夜はお母さんのお骨を抱いて鵜飼船に乗られたそうです。今日は、googleくんの指示に従って、岐阜駅から大垣を経由して本巣駅、そこからタクシーで当寺へおまいりくださいました。Eさんのお母さんは、当寺ご門徒の家から東京に嫁がれ、この春、ご往生されました。Eさんは、お母さんの里の寺に...

  20. 法事あるある - 西蔵坊だより

    法事あるある

    あくまで当寺の場合ですが、法事は三部経、約2時間。午前のご法事なら、10時から12時頃まで。その後、お斎というか会食。料理屋さんで会食をする場合、料理屋さんの都合で、法事終了時間が変わったりします。法事のイニシアティブは料理屋さんが握っているという状況。料理屋さんの都合というのは、おおよそ料理の手間とかではなく、送迎バスの配車の都合。要するに、法事のプログラムの決定要因は、料理屋さんの送迎バ...

1 - 20 / 総件数:54 件

似ているタグ