お寺のことのタグまとめ

お寺のこと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはお寺のことに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「お寺のこと」タグの記事(36)

  1. 第23回壮年会例会 正信偈講座6  - 西蔵坊だより

    第23回壮年会例会 正信偈講座6 

    数年の活動休止を経て、2007年に復活した壮年会の例会。10年23回目を迎えることができました。今回はやさしい『正信偈講座』と銘打って、6回目。ボク自身が正信偈の勉強をするいい機縁になっています。『正信偈』という短い偈文。わざわざ、字数に規則・制限を設けられたのですから、親鸞聖人は、推敲に推敲を重ね、構造的に仕上げられたに違いありません。私見ですが、親鸞聖人にとって、楽しい作業であったと思う...

  2. 初参式・はなまつり アルバム 5/19 - 西蔵坊だより

    初参式・はなまつり アルバム 5/19

    花御堂バージョンあらため浮き灌仏盆バージョンとにかくたくさんの花で飾りましたガラスの器に境内の花を浮かべましたハスワークで作った蓮は須弥壇をお飾りMちゃんの初参り 式章とお念珠をはじめてのおまいりはなまつり 灌仏会おしゃかさまに甘茶をかけます甘茶の葉のお供え・おさがり記念撮影外では、SさんとKさんがピザ窯の火の準備ピザのトッピングもこどもたちがしましたひとり1枚以上銀杏の木陰でお楽しみ仕上げ...

  3. 岐阜別院16日のおあさじ - 西蔵坊だより

    岐阜別院16日のおあさじ

    S師に”朝がゆが食べられるから”とお誘いを受け、先月に続いて、2回目の16日のお晨朝のおまいり。”朝がゆが食べられるから”というお誘いは、確かにその通りなのですが、少しでも別院が賑わって欲しいという、深く熱い思いは受け止めたつもり。なんとか16日は、せめて16日は、という怪しい足取りで、坊守とおまいりしてきました。凛とした空気の中で、初夜礼讃のおつとめ。不死川師の他力のお取り次ぎ。いい朝です...

  4. 2018美濃四十八座 妙徳寺真宗講座 松月博宣師 - 西蔵坊だより

    2018美濃四十八座 妙徳寺真宗講座 松月博宣師

    妙徳寺真宗講座昼座のお聴聞。ご講師は、美濃四十八座がはじまる前、まだ正尊寺真宗講座だけだったころから、ずーっと続けて、どこかのお座でお取り次ぎをしてくださっている松月博宣先生。今更ながらですが、なにか懐かしい気持ちになって、ぼーっと聞かせていただきました。美濃四十八座。あらためてここまでの経緯をざっと記録しておきます。1998(H10)本願寺蓮如上人五百回遠忌法要2001(H13)第1回正尊...

  5. 『小太膳の謎』を巡って - 西蔵坊だより

    『小太膳の謎』を巡って

    姫路と駄知から、塚本小太膳ゆかりのA氏、R氏が来寺。ちょっとでかけて、豊饒の山と川の幸をいただきながら、安土桃山時代に思いを馳せました。目まぐるしく変化する複雑怪奇な時代を、たぶん綱渡りをするように繋いできた今があると思うと、すべてが稀有のことと思えてきます。信長のこと、窯のこと、河川交易のこと、臨済宗のこと、下間家のこと、亀山本徳寺のこと等々、もう少し地理や歴史について勉強しないといけない...

  6. 黄鐘会はがき案内できました - 西蔵坊だより

    黄鐘会はがき案内できました

    黄鐘会(おうしきえ)は、当寺がひらく『美濃四十八座』のうちのひとつ。6月21日の美濃四十八座・黄鐘会夏座の案内ハガキの原稿ができたので、印刷注文しました。出来上がってきたら、順時発送、ご案内のつもり。この夏座のご講師は、阿部信幾先生。カイラス巡礼に行かれる先生の帰国を待ってつとめます。チベットの、仏教の、ボクたちの、「聖と俗」・「生と死」のお話しを楽しみにしています。今回の案内はがきは、チベ...

  7. 20182018美濃四十八座 林雙寺真宗講座 北岑大至師 - 西蔵坊だより

    20182018美濃四十八座 林雙寺真宗講座 北岑大至師

    「あなたが座れば200人」というご案内をいただき、林雙寺真宗講座昼座へ。おまいりの続きで1時に到着。既に本堂には、何人もの方が座っていらっしゃいました。法座がはじまる2時には、140客の椅子が並べられた本堂は満席。熱くもなく寒くもないいい陽気のなか、一座二席のお聴聞。ご講師は、今年豪雪だった福井から、興正派の北岑大至先生。巧妙な話術で娑婆の相を話されたあと、五濁を説かれ、最後は、闇を破る光明...

  8. 淡々と  -5月のお茶- - 西蔵坊だより

    淡々と  -5月のお茶-

    こどもたちは、GW疲れも見せず、淡々とお茶の稽古。相変わらず、モチベーションはお菓子。どのお菓子にするか、迷いに迷っているMちゃんに、「半分づつにしたら。」と言うと、満面の笑みを浮かべていました。中学生のIちゃんは、冷静に見ています。稽古は、坊守のお役。ボクは直接は関わっていないので、時々覗くだけ。少し離れて見ているせいか、変わってゆくこどもたちがよく見えるような気がします。責任のある先生や...

  9. ゴールデンウイークおまいり事情 - 西蔵坊だより

    ゴールデンウイークおまいり事情

    中休み2日を入れて?9日間の連休が終わりました。GW中の、葬儀・通夜・中陰・法事等を除くおまいり、要するに”おじょうはん”について、こつこつ各家の住居者数とおまいりされた方の人数を数えてみました。結果住居者数に対し、約150%のおまいり。帰省や里帰り等、普段いらっしゃらない方のおまいりが多かったことがわかります。実際、大きくなったこどもさんや、懐かしい方々といっしょにおまいりしたという実感が...

  10. 永代経懇志 - 西蔵坊だより

    永代経懇志

    ボクとほぼ同年代のXご夫妻が来寺。困惑のご様子。永代経懇志をお納めくださるにあたり、ふたりでネットでいろいろ調べられたそうです。ところが、サイトごとに述べてあることが様々で、迷宮に入り込んでしまい、午前中が過ぎてしまったとのこと。なんとなく想像できます。迷宮具合を伺いながら、”当寺流”ということで、ゆっくりお話しました。なかなか楽しい時間でした。基本、X家とお寺の関係のなかで育まれることであ...

  11. 2018美濃四十八座 光圓寺真宗講座 安方哲爾師 - 西蔵坊だより

    2018美濃四十八座 光圓寺真宗講座 安方哲爾師

    ご院さんが、先頭に立って(座って)お聴聞。教徳寺真宗講座のご講師さんも、お同行に紛れて。関の光圓寺真宗講座、昼座(遅刻)、夜座(中抜け)へ。激しい雨の小寒い日。半日、しっとりお聴聞です。ご講師は、安方哲爾先生。昨日の本典勉学会の講義に続いて、本日はお説教。僧侶としては、”勉学を怠らないこと”という心得があるので、勉強会にも出るのですが、同行のひとりとしては、お聴聞が好きです。キタキタキタキタ...

  12. 本典勉学会(11) 安方哲爾先生 - 西蔵坊だより

    本典勉学会(11) 安方哲爾先生

    岐阜別院香光殿にて、安方哲爾先生ご講義の「第11回本典勉学会」。3時間半、「信巻」の勉強。他力のすわりを、これでもかというほどちりばめられたご講義。理解はできなくても、やっぱり阿弥陀さんやなあ、と有り難くお聴聞しました。ときどき、意識飛んでいましたが。坊さんにとっては過酷な連休です。会場全体に、ちょっとお疲れ気味なけだるい雰囲気を感じてしまったのは、ボクの自身の倦怠感のせい?教員時代を思い出...

  13. 2018美濃四十八座 教徳寺真宗講座 瓜生崇師 - 西蔵坊だより

    2018美濃四十八座 教徳寺真宗講座 瓜生崇師

    いつもこどもの声が聞こえている教徳寺のお座。法務を終え、もう暗くなった境内に着くと、遊んでいたこどもたちが、元気に「こんばんはー。」と声をかけてくれました。「こんばんは。」とお返ししたところ、「なんや、ワッシーやん。」とこどもたち。遊んで欲しいのか、欲しくないのか・・・。聞こえないふりをして本堂へ上がりました。教徳寺真宗講座、夜座のお聴聞。ご講師は、瓜生崇先生。以前、専宗寺報恩講で聞かせてい...

  14. 2018美濃四十八座 正尊寺真宗講座 青木新門師 - 西蔵坊だより

    2018美濃四十八座 正尊寺真宗講座 青木新門師

    正尊寺真宗講座。ご講師は、『納棺夫日記』の青木新門先生。80歳を超えられ、ますますお元気でした。ときに重厚に、ときに軽快に、『納棺夫日記』著述に至るまでのお話し『納棺夫日記』と映画『おくりびと』とのちがい『納棺夫日記』をめぐるモックンとの親交、等々最近、HP・FBで、繰り返し述べられている、生死について光明と名号について近代文学と西洋思想について科学と仏教の違いと接点について、等々昼座はたっ...

  15. 福満寺さんの花まつり - 西蔵坊だより

    福満寺さんの花まつり

    4月15日、福満寺さんの花まつりにおまいり。ご門徒さん方は、前住職さんが植えられた満開の八重桜・枝垂れ桜の下で花見、別当を食べられたあと、おつとめとお聴聞。福満寺さんは、地域の方々が、みな門徒さん。当たり前のようですが、岐阜の本願寺のお寺では、意外と珍しいことです。当寺の場合、歩いてまいられる方がほとんどないので、近所から集まってみえる雰囲気をうらやましく思います。ゆっくりはできなかったので...

  16. 本典勉学会201804 安方哲爾先生 - 西蔵坊だより

    本典勉学会201804 安方哲爾先生

    本年2回目、本年度大1回の本典勉学会。ご講師は、安方哲爾先生。葬儀があり遅刻。4講の2講目から本典信巻の講義を聞きました。最初から聞いていれば、わかったのかと言えば、そんなことはないのですが、途中からだと、先生の声だけが聞こえ、文字だけを追っているという感じ。ぜんぜん頭がはたらかないまま、時間が過ぎました。いつものことですが、ときどき、コマーシャルのように入れてくださる他力のトピックにうなづ...

  17. わらび採り、とか - 西蔵坊だより

    わらび採り、とか

    小学校の入学式。午後からだったので、午前、ひましているということで、あてもなくネタを探してlogをあげている次第。昨日は、おまつり。「はなまつり」の日でもありましたが、当地では、多くの在所で「村のおまつり」。そういうわけで、日曜の午後、ひまだったので本堂の掃除をしました。戸を開けきった本堂から裏山を見ると、もう葉になっているわらびが見えました。適当に掃除をすませて、裏山へ。ちょっと遅かったみ...

  18. ジンクス ー今年はじめての草刈りー - 西蔵坊だより

    ジンクス ー今年はじめての草刈りー

    一泊旅行が日帰りスキーになって、日帰りスキーはお葬式になりました。ということは、還骨のおつとめのあとの会食が終われば、ヒマ。午後4時から境内の掃除。12月以来の草刈り。草刈り機もブロアも一発始動。それだけで気分爽快に野良仕事がすすみます。草刈り中、Mさんという方がおまいりにみえました。境内で30分ほど歓談。4年前、当寺でつとめた黒野組の報恩講におまいりされたそうです。そのときの”いとこ煮”が...

  19. 春のお茶  かるーいかる~いお誘い - 西蔵坊だより

    春のお茶  かるーいかる~いお誘い

    お茶の稽古を続けてきたこどもたちが、免状をいただきました。お祝いに、ちょっとおめかしして、春休みのお茶会をすることになったそうです。4月3日、午後2時から、準備をはじめます。3時頃には、お茶をおふるまいすることができそう?!普段着で、お楽しみに、お茶一服いかがですか?かる~いかる~い、お茶のお誘いです。日時  4月3日 午後3時頃から 随時しばらく場所  正蓮寺.

  20. 泥遊び - 西蔵坊だより

    泥遊び

    午前の法事が、当家の都合で急遽延期になりました。ぽっかり空いた時間、のらりくらりと過ごす贅沢。なんとなく、予定通りの空き時間よりうれしい。Yさんの情報に刺激を受けて、楽しそうに蓮の植え替えをしている坊守の手伝い。ボクは積極的ではなく受動的ですが。(あえて、積極的の対義語の消極的ではなく受動的を使用)要するに、頼まれたのでやっているけど、やっているとそれなりに楽しいということ。春休みなので、遠...

1 - 20 / 総件数:36 件

似ているタグ