お抹茶ライフのタグまとめ

お抹茶ライフ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはお抹茶ライフに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「お抹茶ライフ」タグの記事(47)

  1. 「こぼれ萩」に目が留まる - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    「こぼれ萩」に目が留まる

    秋の和菓子今年は「こぼれ萩」に目がとまります。いろいろな「こぼれ萩」を自宅で楽しんでます。麻布十番いろがみさんのこぼれ萩シンプルな練り切りフォルムがとても美しいこちらは赤坂の塩野さんのこぼれ萩外郎製で中身は黄身餡ハーブティーと合わせましたそして金沢の老舗森八さんのこぼれ萩中身は粒あんでしたツートーンカラーでとても繊細に感じます3年半ぶりにスマホを買い替えて、カメラ機能をいろいろ試してます。写...

  2. 片口茶碗が届きました - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    片口茶碗が届きました

    谷本洋先生の作品伊賀焼の片口茶碗が私のもとにお嫁にやってきました。添えられていた素晴らしいお手紙にも感激!谷本先生とのご縁にも感謝!見れば見るほど素敵なお姿見る角度によって雰囲気が違うのです。世界に一つだけの片口茶碗、大切にしたいと思います。濃茶の回し飲みができないコロナ禍の今、茶道業界でも片口茶碗を使用する方が増えていると聞きます。近い将来このお茶碗で濃茶を練って、お客様にお出ししたいなぁ。

  3. 薔薇の香りに包まれて - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    薔薇の香りに包まれて

    久しぶり青空だった昨日の日曜日。和菓子モダンスタイルの著者でもある諸星みどりさんから、薔薇の香りのモダン和菓子届いたので、無理やり夫を巻き込んでお茶会をしました。届いたお菓子は2種類。・餅キューブレモン果汁につ行けたハーブティ用のバラの花びら、クランベリー、ピスタチオがぎっしり詰まった一口サイズの餅菓子・干菓子タブレットレモン果汁につ行けたハーブティ用のバラの花びらを散りばめた、ピンクの色が...

  4. 一客一亭おもてなし - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    一客一亭おもてなし

    【一客一亭おもてなし】大切なお客様をお招きしました。アーティスト茶人の龍一先生。昨年からイベントやお茶事で様々な学びの機会を与えて下さりました。カジュアルスタイルではありますが、感謝の気持ちを込めまして、精一杯のおもてなし。先ずはワインと共にイタリアンランチから。・フルーツトマトとモッツァレラのジェノベーゼ和えサラダ・筍入りボンゴレビアンコ・豚バラ肉ロールのトマト煮込みその後は一客一亭のみで...

  5. 茶縁 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    茶縁

    和室もない、普通のマンションに住んでいます。つい14ヶ月前まではイタリア料理教室をやっていたリビングに、無謀にも昨日は茶道の先生ご夫妻をお招きしました。現在の私がやってるカジュアルスタイルのお茶会を理解してもらえるか不安もありましたが、オープンな性格の私は私のありのままの姿を知ってもらいたいとずっと思っておりました。イタリアと長くお付き合いしていた私は日本に目を向けるのがとても遅かった。それ...

  6. 東京タワーと桜 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    東京タワーと桜

    お茶事仲間とインターコンチネンタル東京ベイ『KOI 抹茶アフタヌーンティー』へ。会話はほとんど茶道トーク。何時間でも話してられるのが不思議な位、茶道に取り憑かれている今日この頃です。友人が撮った写真のクオリティが高過ぎて、写真は拝借しました。お茶の後はチラッとお花見へ。1週間前はまだ満開手前でしたが、桜と東京タワーの景色が素敵でした。そして本日、東京の桜の季節も終盤が近づいているようです。散...

  7. お茶遊び - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    お茶遊び

    青空がキレイな1日でした。久しぶりに会うお茶友とお着物デート♡この日は帝国ホテル内のお茶室『東光庵』での茶道体験を計画していました。お茶室に向かう前に『瓢亭』さんの日比谷店で、点心をいただきました。点心とは、お茶をいただく前の空腹をいやすための軽食のこと。お茶を美味しくいただくためには、けして満腹になってはいけません。それなりにお腹が満たされたところで、本日の目的のお茶室へ。こちらのお茶室は...

  8. お家で一人花見 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    お家で一人花見

    桜を愛でながらの抹茶を楽しむ一人時間。表千家は泡を点てないのです。桜のお茶碗の中には池ができました。自然の姿を楽しみながらお抹茶をいただきます。生菓子は赤坂塩野さんの 「花見団子」楊枝で刺して庶民的な食べ方をしてみました。それでも足りなくて、今日はお干菓子まで手が伸びてしまった。お干菓子が入ったガラスの器はイタリアで手に入れたお気に入りの品です。イタリアに行きたいな。

  9. 春の嵐の中 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    春の嵐の中

    お茶会を開きました。悪天候の中、足を運んでくださったお客様には心から感謝です。お床に見立てたカウンターには『日日是好日』の色紙を飾りました。今日一日が素敵な日になりますように♡そんな願いを込めました。お茶会の前に簡単なお食事をお出ししています。季節のイタリア料理でおもてなしします。桜の季節、ロゼの泡ワインが気分を盛り上げてくれます。「フルーツトマトとホタルイカのサラダ」ジェノヴェーゼソースと...

  10. アクリル板越しのおもてなし - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    アクリル板越しのおもてなし

    お茶友が遊びに来ました。季節のワンプレートランチを作りました。苺のサラダアスパラのミモザ風きのこのクリームパスタウェルカムティーに始まり、テーブルの上にはたくさんの桜が咲きました。3月のウェルカムティーは「桜茶」桜のお茶碗と桜の棗お菓子も桜換気はもちろんのこと、大きなテーブルの端と端に座り、さらにアクリル板を置いてのおもてなし。コロナ禍のおもてなしはやり過ぎくらいが丁度いい安心感。以前のよう...

  11. 伊と和の融合〜お雛様のお抹茶会 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    伊と和の融合〜お雛様のお抹茶会

    『伊と和の融合〜お雛様のお抹茶会』和室も床の間もないマンション。作り付けのカウンターをお床に見立て、ソファに座りリビングテーブルでお点前する。ヨーロッパの香り漂うお仕覆はオーダーして作っていただいた 「花唐草双犬文」ブリティッシュドッグと唐草文様の不思議な組合せと何とも言えない色味が気に入りました。裏地のピンクが見えないおしゃれなのです。私が主催するお茶会は『伊と和』がテーマ。お料理はいつも...

  12. お雛様を愛でる大人女子会 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    お雛様を愛でる大人女子会

    昨日は春の嵐の中、お茶友の素敵なご自宅へ。オリジナリティ溢れるカジュアルなお茶事にお招きあずかりました。雨にも関わらず、全員お着物で集合。昨日はバタバタしていて自撮りはできず、記念撮影も忘れてしまいましたが、お着物で集まれる関係って素晴らしいと感じています。素敵な室礼と個性的なお道具が友人の得意分野。溜息ができような室礼とお道具を拝見していると心が豊かになりますね。お食事はテーブル席で。私た...

  13. いつもお抹茶とともに - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    いつもお抹茶とともに

    久しぶりにお茶友とのランチ。だし巻き卵が名物のお店 「はんなりや」 へ。友人おすすめのお店です。想像以上の感染対策で安心して食事ができました。向かいに座る友人との間のアクリル板が分かりますか?その後は場所を移してのおしゃべりタイム。ほぼ茶道の話題で何時間でも話せます。茶論にてお抹茶をいただきました。本日の和菓子は「東風」でした。こち と読みます。百合根のきんとんの中は紅梅を連想させる素敵な色...

  14. 一陽来復の立春を祝う - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    一陽来復の立春を祝う

    先日敬愛するアーティスト茶人の藤澤龍一先生が主催する初釜のお茶事に出かけてきました。コロナ禍でのお茶事はご亭主も客側も大変気をつかいますが、こうしてお茶を愛するもの同士が一同に集うことは、このような状況下だからこそ有難く感じるものです。毎回のことですが、素晴らしいお道具の取り合わせにワクワクが止まりません。今回のお席は男性のお客様が多く、またいつもとは違うお道具のお話なども伺うことができ、大...

  15. 梅がきれいです。 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    梅がきれいです。

    ご近所の池上梅園に出かけてきました。もうすっかり春ですね〜見頃を迎えておりました。池上梅園には30種ほどの梅が植えられています。早咲きのものは2月上旬から3月いっぱい楽しめるそうですが、一番の見頃は2月下旬〜3月上旬とのこと。紅、白、ピンク、きれいです。梅園内にはお茶室もあります。お茶室を見るとワクワクします。そのうちここでお茶会したいです。いつもは静かな梅園もシーズン中は人がいっぱいになり...

  16. Valentine's Day♡ - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    Valentine's Day♡

    日曜日のお昼。チョコレート和菓子と共にお抹茶タイムを楽しみました。今年は和と洋のコラボレーションが気になり、京都の「亀屋良長」さんから2種類のチョコレート菓子をお取り寄せ。①カカオ豆羊羹(バレンタイン、ホワイトデー限定)亀屋良長の羊羹 × 京都のショコラトリー「DariK」カカオ豆黒糖羊羹とカカオ豆オレンジ羊羹の2種類が入っておりました。②たねあわせ(バレンタイン限定)亀屋良長の和洋スウィー...

  17. 思いのまま - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    思いのまま

    和菓子の銘「思いのまま」@梅花亭季節は移り変わる。私も生まれ変わる。新たな時代がやってくる。山羊座の新月の翌日のこと。「生まれ変わり」を感じる朝に早稲田の穴八幡 に出かけてきました。冬至から節分の間の限られた期間にいただける『一陽来復御守』は金銀融通のご利益があるといいます。今年も無事にいただくことができました。この御守の存在を知ったのは6年前。料理教室の生徒さんからおしえていただいた時から...

  18. お抹茶タイムで季節を感じる - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    お抹茶タイムで季節を感じる

    ほぼ毎日お抹茶を楽しんでいます。茶道では自然との調和もテーマの一つだと感じます。お抹茶に欠かせない和菓子は季節の移り変わりを感じさせてくれる大切なアイテムだと思っています。こちらは昨日のお抹茶タイムの写真。3種類の干菓子は2021年の新年の幕開けを感じさせてくれます。こちらは年明けのお抹茶タイム。花びら餅は1月に出回る和菓子ですね。裏千家の初釜ではこちらの花びら餅が定番だそうです。ちなみに私...

  19. 2021年初着物、そしてお茶会 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    2021年初着物、そしてお茶会

    昨日は社中の初釜のはずでしたが、緊急事態宣言により中止となりました。お茶事形式の初釜(お食事を伴うスタイル)は叶いませんでしたが、先生の計らいで人数を半分にしての新年のお茶会が催されました。付け下げ風の訪問着で伺いました。こちらの七宝文様のお着物は華やかながらも控えめさを備えているので、活躍の場が広く重宝しております。縁起の良い七宝文様と華やかなお花のコラボレーションが、伝統的な和の中に西洋...

  20. Grazie - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    Grazie

    【Grazie ありがとう2020】大晦日無事に年神様を迎える準備ができました。新型コロナに見舞われた2020年も終わりを迎えようとしています。今年はイタリアに飛ぶことはできませんでしたが、私の側にはいつもお抹茶と仲間の存在がありました。そしてイタリアに行けかったからこそ、じっくりと茶道に向き合えた一年でした。またイタリアに行くことができない中、リモートでトリノの方々に日本の家庭料理をご紹介...

総件数:47 件

似ているタグ