お抹茶愛好家のタグまとめ

お抹茶愛好家」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはお抹茶愛好家に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「お抹茶愛好家」タグの記事(102)

  1. 「こぼれ萩」に目が留まる - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    「こぼれ萩」に目が留まる

    秋の和菓子今年は「こぼれ萩」に目がとまります。いろいろな「こぼれ萩」を自宅で楽しんでます。麻布十番いろがみさんのこぼれ萩シンプルな練り切りフォルムがとても美しいこちらは赤坂の塩野さんのこぼれ萩外郎製で中身は黄身餡ハーブティーと合わせましたそして金沢の老舗森八さんのこぼれ萩中身は粒あんでしたツートーンカラーでとても繊細に感じます3年半ぶりにスマホを買い替えて、カメラ機能をいろいろ試してます。写...

  2. 重陽の節句に因んで - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    重陽の節句に因んで

    9月9日「重陽の節句」平安時代初め、中国から伝わりました。旧暦の9月9日は菊が美しく咲く季節で、別名「菊の節句」とも言われています。菊は邪気を払い長寿の効能があると信じられ、さまざまな行事に用いられていたそうです。先週末、重陽の節句を意識した「初秋のお茶会」を開きました。お着物繋がりのお客様が遊びにいらっしゃいました。今は重陽の節句をお祝いする方はそれほど多くないと思いますが、昔から重陽の節...

  3. 初秋のイタリアン茶事 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    初秋のイタリアン茶事

    8月終わりのお話です。まだ残暑が厳しい日でした。「初秋」をテーマに「伊と和と融合~イタリアン茶事」を行いました。イタリア料理教室を開講していた頃の生徒さん2名が遊びに来てくださいました。ヨーロッパにも精通していて、イタリア料理もワインも大好きなお二人です。お茶会ではお菓子器として使われる縁高(ふちだか)にイタリアンをいろいろ詰めました。ワインはピエモンテ州の赤ワインを合わせました。仲間と飲む...

  4. 片口茶碗が届きました - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    片口茶碗が届きました

    谷本洋先生の作品伊賀焼の片口茶碗が私のもとにお嫁にやってきました。添えられていた素晴らしいお手紙にも感激!谷本先生とのご縁にも感謝!見れば見るほど素敵なお姿見る角度によって雰囲気が違うのです。世界に一つだけの片口茶碗、大切にしたいと思います。濃茶の回し飲みができないコロナ禍の今、茶道業界でも片口茶碗を使用する方が増えていると聞きます。近い将来このお茶碗で濃茶を練って、お客様にお出ししたいなぁ。

  5. 夏越しの祓え - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    夏越しの祓え

    7月がスタートしました。早いですね、一年の折返し地点。昨日は「夏越の茶事」に招かれました。お茶を愛する者が集い、穏やかな時間を過ごすことができました。和菓子は「蓮の花」が出てきました。もうそんな季節ですね。お菓子をお出しする際の御挨拶が日本人らしくて大好きです♡外国の方にはなかなか真似のできない自然の呼吸。日本人に生まれて良かったと思う瞬間でもあります。今月は神社で「茅の輪くぐり」をしたり、...

  6. 伊と和の融合 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    伊と和の融合

    もう2週間も前のことになりますが、お茶会を催しました。私がご提案するテーブルで楽しむお茶会は『伊と和の融合』茶道で使われる 縁高(ふちだかといわれる菓子器にサーモンのタルタルやカポナータなどのイタリアンを盛り付けました。お食事の〆は海老とグリル野菜のライスサラダでお腹を満たしていただきました。お料理をお出しするだけに止まらず、どうしてもイタリアの食文化のお話までしちゃいます。料理教室をしてい...

  7. 薔薇の香りに包まれて - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    薔薇の香りに包まれて

    久しぶり青空だった昨日の日曜日。和菓子モダンスタイルの著者でもある諸星みどりさんから、薔薇の香りのモダン和菓子届いたので、無理やり夫を巻き込んでお茶会をしました。届いたお菓子は2種類。・餅キューブレモン果汁につ行けたハーブティ用のバラの花びら、クランベリー、ピスタチオがぎっしり詰まった一口サイズの餅菓子・干菓子タブレットレモン果汁につ行けたハーブティ用のバラの花びらを散りばめた、ピンクの色が...

  8. トリノと東京をオンライン繋ぐ「茶道イベント」 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    トリノと東京をオンライン繋ぐ「茶道イベント」

    Abbiamo fatto l’evento online di SADO Via del tè.Grazie a tutti partecipanti♡初チャレンジ!トリノと東京を繋ぐ【茶道のオンラインイベント】を開催しました。写真(下)はパートナーでもあり友人のイザベッラが作成してくれました。トリノ日伊文化交流協会「櫻」からご依頼を受けたのは約2ヶ月前のこと。お茶室から本物の茶道をイタリ...

  9. 一客一亭おもてなし - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    一客一亭おもてなし

    【一客一亭おもてなし】大切なお客様をお招きしました。アーティスト茶人の龍一先生。昨年からイベントやお茶事で様々な学びの機会を与えて下さりました。カジュアルスタイルではありますが、感謝の気持ちを込めまして、精一杯のおもてなし。先ずはワインと共にイタリアンランチから。・フルーツトマトとモッツァレラのジェノベーゼ和えサラダ・筍入りボンゴレビアンコ・豚バラ肉ロールのトマト煮込みその後は一客一亭のみで...

  10. 茶縁 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    茶縁

    和室もない、普通のマンションに住んでいます。つい14ヶ月前まではイタリア料理教室をやっていたリビングに、無謀にも昨日は茶道の先生ご夫妻をお招きしました。現在の私がやってるカジュアルスタイルのお茶会を理解してもらえるか不安もありましたが、オープンな性格の私は私のありのままの姿を知ってもらいたいとずっと思っておりました。イタリアと長くお付き合いしていた私は日本に目を向けるのがとても遅かった。それ...

  11. 東京タワーと桜 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    東京タワーと桜

    お茶事仲間とインターコンチネンタル東京ベイ『KOI 抹茶アフタヌーンティー』へ。会話はほとんど茶道トーク。何時間でも話してられるのが不思議な位、茶道に取り憑かれている今日この頃です。友人が撮った写真のクオリティが高過ぎて、写真は拝借しました。お茶の後はチラッとお花見へ。1週間前はまだ満開手前でしたが、桜と東京タワーの景色が素敵でした。そして本日、東京の桜の季節も終盤が近づいているようです。散...

  12. お茶遊び - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    お茶遊び

    青空がキレイな1日でした。久しぶりに会うお茶友とお着物デート♡この日は帝国ホテル内のお茶室『東光庵』での茶道体験を計画していました。お茶室に向かう前に『瓢亭』さんの日比谷店で、点心をいただきました。点心とは、お茶をいただく前の空腹をいやすための軽食のこと。お茶を美味しくいただくためには、けして満腹になってはいけません。それなりにお腹が満たされたところで、本日の目的のお茶室へ。こちらのお茶室は...

  13. お家で一人花見 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    お家で一人花見

    桜を愛でながらの抹茶を楽しむ一人時間。表千家は泡を点てないのです。桜のお茶碗の中には池ができました。自然の姿を楽しみながらお抹茶をいただきます。生菓子は赤坂塩野さんの 「花見団子」楊枝で刺して庶民的な食べ方をしてみました。それでも足りなくて、今日はお干菓子まで手が伸びてしまった。お干菓子が入ったガラスの器はイタリアで手に入れたお気に入りの品です。イタリアに行きたいな。

  14. 春の嵐の中 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    春の嵐の中

    お茶会を開きました。悪天候の中、足を運んでくださったお客様には心から感謝です。お床に見立てたカウンターには『日日是好日』の色紙を飾りました。今日一日が素敵な日になりますように♡そんな願いを込めました。お茶会の前に簡単なお食事をお出ししています。季節のイタリア料理でおもてなしします。桜の季節、ロゼの泡ワインが気分を盛り上げてくれます。「フルーツトマトとホタルイカのサラダ」ジェノヴェーゼソースと...

  15. 一期一会 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    一期一会

    着物日和の週末。藤澤龍一先生の「弥生の茶事」にご招待され熱海まで出かけてきました。いつも素晴らしいお道具。ワクワクドキドキしながら拝見させていただいております。今回特に印象的だったのは、素敵な「富士釜」の存在感!炭手前の後、懐石をいただいている時から、まるで富士山が噴火したかのように「シュー!」と音を立てながら湯気が上がっていました。他にも香合に見立てたタイで購入されたというシルバーのアンテ...

  16. しっとり気分 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    しっとり気分

    茶道の稽古へ。表千家の3月は透木釜です。一年に一ヶ月間だけ炭手前もほんの少しだけひと手間加わります。今日はしっとり気分。江戸小紋万筋に正倉院柄の帯で正統派の装いです。帯揚げと帯締めは春色イエローでポイントを持ってきました。お着物姿も日常化しつつあり、丸一日着物で過ごしても全然苦しくないのです。コロナ禍という時代、私に「茶道」という存在があって良かったと思う毎日。写真下は、先日のお稽古の一幕。...

  17. アクリル板越しのおもてなし - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    アクリル板越しのおもてなし

    お茶友が遊びに来ました。季節のワンプレートランチを作りました。苺のサラダアスパラのミモザ風きのこのクリームパスタウェルカムティーに始まり、テーブルの上にはたくさんの桜が咲きました。3月のウェルカムティーは「桜茶」桜のお茶碗と桜の棗お菓子も桜換気はもちろんのこと、大きなテーブルの端と端に座り、さらにアクリル板を置いてのおもてなし。コロナ禍のおもてなしはやり過ぎくらいが丁度いい安心感。以前のよう...

  18. 伊と和の融合〜お雛様のお抹茶会 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    伊と和の融合〜お雛様のお抹茶会

    『伊と和の融合〜お雛様のお抹茶会』和室も床の間もないマンション。作り付けのカウンターをお床に見立て、ソファに座りリビングテーブルでお点前する。ヨーロッパの香り漂うお仕覆はオーダーして作っていただいた 「花唐草双犬文」ブリティッシュドッグと唐草文様の不思議な組合せと何とも言えない色味が気に入りました。裏地のピンクが見えないおしゃれなのです。私が主催するお茶会は『伊と和』がテーマ。お料理はいつも...

  19. お雛様を愛でる大人女子会 - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    お雛様を愛でる大人女子会

    昨日は春の嵐の中、お茶友の素敵なご自宅へ。オリジナリティ溢れるカジュアルなお茶事にお招きあずかりました。雨にも関わらず、全員お着物で集合。昨日はバタバタしていて自撮りはできず、記念撮影も忘れてしまいましたが、お着物で集まれる関係って素晴らしいと感じています。素敵な室礼と個性的なお道具が友人の得意分野。溜息ができような室礼とお道具を拝見していると心が豊かになりますね。お食事はテーブル席で。私た...

  20. いつもお抹茶とともに - シニョーラKAYOのイタリアンな生活

    いつもお抹茶とともに

    久しぶりにお茶友とのランチ。だし巻き卵が名物のお店 「はんなりや」 へ。友人おすすめのお店です。想像以上の感染対策で安心して食事ができました。向かいに座る友人との間のアクリル板が分かりますか?その後は場所を移してのおしゃべりタイム。ほぼ茶道の話題で何時間でも話せます。茶論にてお抹茶をいただきました。本日の和菓子は「東風」でした。こち と読みます。百合根のきんとんの中は紅梅を連想させる素敵な色...

総件数:102 件

似ているタグ