お経のタグまとめ

お経」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはお経に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「お経」タグの記事(15)

  1. おはようございます!... - Itumitennyo's Blog

    おはようございます!...

    おはようございます!般若心経をタロットにて読み解きました!仏説摩訶般若波羅蜜多心経→穏やかな関係性を築くには、般若心経の教えが必要です。後ろ髪惹かれる思いを振り切り、前進する素晴らしいお経!そして混乱していた出来事が収束する、やる気を高め奪い立たせる般若心経の力は思い込みにとらわれたり引きこもったり計画通りに行かない、偏見や深く考え過ぎる心を直す密教。集中力を鍛え経済的な問題の解決、継承・健...

  2. ネコにお経(岡) - 柚の森の仲間たち

    ネコにお経(岡)

    20日の春分の日、お寺さんに来ていただきました。若いお坊さんですが、読経は低音で声の響きがよく心地良かったです。昔はお経って辛気臭さくって退屈なものでしたが、今や内容わからずとも、お坊さんの読み上げるお経の響きが何故か心地良いのですね。なのでチベットのお経のCDなんか買ったりしています。ところでニャンコ達はやはりあの大きな声の読経が恐ろしかったようで、一目散に逃げて隠れてしまいました。雄ネコ...

  3. お日さまを受けながらお昼ご飯 - 島暮らしのケセラセラ

    お日さまを受けながらお昼ご飯

    従姉に昨日貰ったえび(たぶん芝蝦)を少しでも早く食べよう~とゆがく一日経っているのに袋の中で跳ねた覚悟しなさい~とお湯の中に入れると一瞬で動きが止まったお陀仏・・・風は強かったが暖かな光を浴びると気分が良かった一匹の蟹がえびの中に紛れ込んでいるのを見つけると何か知らんけど子供の頃を思い出し嬉しかったチリメンと鮭のふりかけを混ぜたおにぎり&梅干し芝蝦?とパプリカ・セニョールホウレン草のお浸し豚...

  4. 一切経七千余巻の中で唯一の真実のお経とは? - 仏教フリーク

    一切経七千余巻の中で唯一の真実のお経とは?

    大無量寿経は一切経七千余巻の中で唯一の真実のお経といわれます。真実のお経というのは出世本懐のお経ということで、ブッダが仏教を説かれた本心であり、目的地ということです。他のお経は、間違いとか嘘ではなく、方便です。方便というのは、真実へ導く手段ということです。大無量寿経を説かれる時のブッダのご様子は光顔巍巍としておられました。嬉しいことがあると喜びにあふれる。光顔巍巍は、他のお経にはありません。...

  5. ブッダマシーン5(楽器) - ピンキージャンク

    ブッダマシーン5(楽器)

    元々は携帯用のお経マシーンでそれを改良したのがこの機材でね。こういったアンビエント音色が入ってて便利かなーと思ってね。ピッチも変えれるし欲しいんだけど大体売り切れでまだ一個も持ってない(´・ω・`)ブライアン・イーノが沢山購入したみたいで。ち、大人買いかよ(笑)形状は動画のような形をしてて、コンパクトでいいかなと思ってるんだけどね。実際自分でシンセとか弾くしこういう音色は作れるから要らないと...

  6. 華厳経の教え - 仏教フリーク

    華厳経の教え

    『華厳経』は、ブッダが仏のさとりを開かれて、一番最初に説かれたお経です。当時、まだ誰もブッダのことを知りません。それにもかかわらず、ブッダの説かれた一切経七千余巻の中でも、一番難しいお経です。仏教学者でも華厳経を勉強しているといったら驚かれます。聞いていた人たちは、如聾如唖になりました。その中でも、2人だけ、文殊菩薩と普賢菩薩だけが頷いて聞いていました。文殊と普賢というのは、仏の両脇の脇士の...

  7. 仏教の正見とは - 仏教フリーク

    仏教の正見とは

    煩悩とは?煩悩で悪を作っている人間とはどういうものでしょう。人間を徹底的に見つめる。見つめるときにはいい加減な見方ではだめで正しく見る必要があります。正しく見ることを正見と仏教でいいます。ありのままにみるということですが、世間では正見といわずに正視するといいます。ありのままにみるというと簡単なようで難しいんですよ。それを聞いて思い出す一休と蓮如上人の話があります。曲がった松の木をまっすぐみよ...

  8. 珍しくブルーな日 - 島暮らしのケセラセラ

    珍しくブルーな日

    梅ちゃんの月命日でお参りをして来た大好きな想い出の花・・・ナデシコを挿してあげた畑や庭で育ったナデシコ・菊・千日紅・ビショギ地味だけれど精一杯育てたお花だからゴメンね・・・と言ったいよいよ22日には遠い海に散骨される御主人が撃沈された場所に二人は眠ることになる今日は梅ちゃんのことを思うと気が滅入ってしまった気持ちを落ち着かせるには筆を持って書くに限る南無大師遍照金剛は真言宗で唱える一番短いお...

  9. 因果応報は過去、現在、未来を貫く - 仏教フリーク

    因果応報は過去、現在、未来を貫く

    過去も未来も現在に収まっているいるという『三世因果』を説かれたブッダのお言葉と根拠は何か。汝ら、過去の因を知らんと欲すれば現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲すれば現在の因を見よ。(因果経)因果経というお経が一切経にありますが、こういうお言葉があります。「汝ら」のとは、あなたに対してということです。お前達よ、過去の因を知りたければ、欲するとは求めると言うことですから、知ろうと欲する。過去の原...

  10. 仏教の根幹は因果の道理 - 仏教フリーク

    仏教の根幹は因果の道理

    因果の道理というのは仏教の根幹です。仏教を一本の木に譬えられた場合、その根であり幹であるのが因果の道理です。根っこや幹は、木にとって非常に大事な所です。根っこがなければ、木は枯れてしまいます。幹を切ったら木に養分はいきわたりませんから、枝も伸びませんし、葉もつきません。花も咲かなければ実もなりません。因果の道理がなければ仏教は成り立ちません。ブッダの説かれた一切経七千余巻といわれるお経すべて...

  11. 人生の二者択一の選び方 - 仏教フリーク

    人生の二者択一の選び方

    人生には、二者択一を迫られることがあります。そんなときどのように選べばいいのでしょうか。お経の中に、こんな話があります。ブッダは、七千余巻のたくさんのお経を説かれ、人々を法華経にみちびこうとされました。法華経が説かれるとき、「今日は大事な話が説かれるようだ」とみんな集まってきました。その時に王舎城の悲劇に苦しんだ韋提希という王様の妃の叫びがブッダに届きました。ご説法中にブッダは、「なさねばな...

  12. 七通りの奥さん - 仏教フリーク

    七通りの奥さん

    お経に七通りの奥さんが説かれています。始めは愛し合っていた夫婦でも、だんだん普通になっていきます。そしてお釈迦さまは、世にこういう七通りの夫人がいると教えられています。1母の如し、2妹の如し、3善知識の如し、4婦の如し、5婢の如し、6怨家の如し、7奪命の如し。母の如し、お母さんのように大変面倒の良い奥さん。妹の如し、妹のようにつかえる奥さん。善知識の如し。ろくでもない夫でも、正しい仏教のン姓...

  13. ★ お経に涙して不謹慎に思うこと - うちゅうのさいはて

    ★ お経に涙して不謹慎に思うこと

    いちばん最近、鎌倉に行ったとき、建長寺で坊さんの法話を聞いた。そこで、何とかいうお経をみんなで唱えた。お坊さんの話の内容もお経の意味も忘れたが、お経を唱えたとき、心がすーっと軽くなるのを感じた。それでお経を印刷した紙をとっておいたけど、どこかに紛れこんだようで見当たらない。それで、ネットで建長寺の宗派など調べてお経げと。観世音。南無仏。与仏有因。与仏有縁。仏法僧縁。常楽我浄。朝念観世音。暮念...

  14. 仏教講座で生きる意味を聞いた - 仏教フリーク

    仏教講座で生きる意味を聞いた

    よく仏教講座で出てくる「人身受け難し」という言葉について「人身受け難し、今すでに受く。仏法聞き難し、今すでに聞く。この身今生において度せずんば更にいずれの生に向かってかこの身を度せん」これはなんというお経に書かれてあるか。華厳経。華厳経といいますと、お釈迦さまの説かれたお経の中でも初期に説かれていて、大変難解なことが説かれている。また華厳経の説法とは弾苛の説法ともいわれ、聞く心を造らせるため...

  15. お経のすすめ - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    お経のすすめ

    先週の妻の仮一周忌のときに感じたのですが、お坊さんは元気ですね。お世話になっているご住職は80歳なのですが、ほんとに元気に毎日毎日、一日中、お勤め・ご法要で飛び回っていらっしゃいます。お姿勢もよく、お足元も軽やかです。おもうに、毎日の規則正しい生活とお勤め(お経)、そして "必要とされていること" がその秘訣ですね、きっと。特に"お経を唱える"=&qu...

総件数:15 件

似ているタグ