お龍のタグまとめ

お龍」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはお龍に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「お龍」タグの記事(6)

  1. 幕末京都逍遥その138「寺田屋 その2」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その138「寺田屋 その2」

    「その137」に続いて寺田屋です。本稿では、慶応2年1月23日(1866年3月9日)に起きた寺田屋事件、いわゆる坂本龍馬襲撃事件を追います。 この事件が起きたのは、坂本龍馬が尽力したとされる「薩長同盟」が締結された翌々日のことでした。この時点では、まだ幕府側には薩長同盟の事実は漏れていませんでしたが、坂本龍馬が長州の桂小五郎(木戸孝允)と組んで何かを企てているというのは察知されており、天下の...

  2. 幕末京都逍遥その129「壽寧院(お龍・楢崎将作顕彰碑)」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その129「壽寧院(お龍・楢崎将作顕彰碑)」

    天龍寺の塔頭・壽寧院に、坂本龍馬の妻・お龍と、その父・楢崎将作の顕彰碑があると知り、立ち寄ってみました。なぜ、ここに顕彰碑があるのか・・・。 龍馬の死後、しばらくは長府藩士の三吉慎蔵がお龍の面倒をみていましたが、その後、土佐の龍馬の実家に身を寄せます。しかし、都育ちのお龍には土佐の暮らしは馴染めず、わずか3ヵ月ほどで立ち去ることになり、その後、妹夫婦の世話になったりしたのち、龍馬の墓所近くで...

  3. 西郷どん第33話「糸の誓い」その1~寺田屋事件(坂本龍馬襲撃事件)~ - 坂の上のサインボード

    西郷どん第33話「糸の誓い」その1~寺田屋事件(坂本龍...

    薩長同盟が締結された翌々日の慶応2年1月23日(1866年3月9日)未明、伏見寺田屋において坂本龍馬と長府藩士の三吉慎蔵が伏見奉行所配下の捕方らに襲撃されるという事件が起きます。有名な寺田屋事件ですね。幕末にはふたつの寺田屋事件がありますが、そのひとつは「第23話」で描かれた薩摩藩士同士討ち事件、そしてもうひとつが、この坂本龍馬襲撃事件です。このとき龍馬はからくも逃げ切り、九死に一生を得るの...

  4. 幕末京都逍遥その52「金蔵寺跡(坂本龍馬・お龍内祝言の地跡)」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その52「金蔵寺跡(坂本龍馬・お龍内祝言の...

    前稿で紹介した土佐藩士たちの隠れ家で、元治元年(1864年)5月頃に出会った坂本龍馬とお龍は、同年8月初旬に青蓮院塔頭金蔵寺で祝言を挙げます。現在、金蔵寺のあった場所には、「坂本龍馬お龍結婚式場跡」と刻まれた石碑が建ちます。 後年のお龍の回顧録によると、2人の出会いは、龍馬の一目惚れにはじまったそうです。そして、龍馬はお龍の母・貞にお龍を妻にしたいと申し入れ、出会って3ヵ月のスピード結婚とな...

  5. 幕末京都逍遥その50「お龍独身時代寓居跡」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その50「お龍独身時代寓居跡」

    父・楢崎将作の死によって経済的に困窮したお龍とその家族は、前稿で紹介した柳馬場三条下ル付近にあったとされる家を離れ、「木屋町」もしくは「四条、うら通りの借家」に移住したとされます。現在、木屋町通にあるビルの入口に、「此付近坂本龍馬妻お龍独身時代寓居跡」と刻まれた石碑が建てられています。 こののち一家は離散し、お龍は七条新地の旅館「扇岩」で働き、お龍の母・貞は、方広寺大仏殿近くの土佐藩出身の尊...

  6. 幕末京都逍遥その49「お龍の実家跡」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その49「お龍の実家跡」

    前稿で紹介した「西川耕蔵邸址」碑から少し南下した柳馬場三条下ルにある居酒屋の入口前に、坂本龍馬の妻・お龍の実家跡の石碑が建てられています。石碑には「この付近坂本龍馬妻お龍の実家楢崎家跡」と刻まれています。 お龍は、青蓮院宮に仕える侍医・楢崎将作の長女として天保12年(1841年)に富小路六角付近で生まれたといわれ、しばらくしてしばらくしてこの地に移り住んだそうです。お龍には4人の弟妹いました...

総件数:6 件

似ているタグ