かいじゅうのタグまとめ

かいじゅう」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはかいじゅうに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「かいじゅう」タグの記事(10)

  1. 旅日記(てらこや新聞2020年10月号海住さんのコーナーより - てらこや新聞

    旅日記(てらこや新聞2020年10月号海住さんのコーナーより

    第64回フランス上陸サン・マロ(Saint-Malo)イギリスからスペインに行くつもりだったのに、フランス行きのフェリーに乗ることになってしまった。着いたのは、フランス北西部の港町であるサン・マロ(Saint-Malo)。まったく、行く用意のない都市だったので、予備知識はゼロだった。ブルターニュ地方にあたるそうだ。ウィキペディアを引くと、「イギリス海峡に面したフランス北西部ブルターニュ地方の...

  2. 旅日記(てらこや新聞2020年9月号海住さんのコーナーより) - てらこや新聞

    旅日記(てらこや新聞2020年9月号海住さんのコーナーより)

    第63回イングランド南西部④Plymouth?いや、Portsmouthだ 12月の寒くて暗いイングランドはもうこりごりだ。暖かいところに行きたいーー。 本来の旅は、イタリアから南フランスを経由してスペインに行く予定だった。しかし、フランス国鉄が1か月は続きそうなストライキに入ったため、イタリアとフランスの国境に近いジェノバで引き返し、ヨーロッパを北に大回りし、この旅でまだ訪れていないイング...

  3. 旅日記(てらこや新聞2020年春・夏号海住さんのコーナーより) - てらこや新聞

    旅日記(てらこや新聞2020年春・夏号海住さんのコーナ...

    第62回イングランド南西部③街はクリスマスが彩るが寒空は相も変わらず曇りだ。結局、イングランドには12月1日から17日間もいたが、晴れたのはわずかに2日だった。しかも、晴れたといっても、太陽が空に顔を見せる時間ときたら、半日の半分ぐらいの短さである。それも、か細い太陽の光が空の上に見えるが、地上まで降り注ごうという情熱はなく、羊が放牧されている木のない山や丘の連なる田園風景は、白いレースのベ...

  4. 旅日記 - てらこや新聞

    旅日記

    第61回イングランド南西部②12月のイングランドは最悪。寒いし暗い。朝の8時なんてまだ夜明け前の暗さだし、昼の2時半にはどっぷりと夕方になるので、明るい時間の活動時間はほんとうに短い。それに晴れた日が少ないし、晴れても弱々しい日差ししかない白い太陽が小さく見えるだけだ。今度行くとしたら、ウインブルドンのテニスが開催される頃合いだろうと、思い込んでいる。手袋を持たないままの旅だったが、あまりに...

  5. 旅日記(てらこや新聞2019年春夏号海住さんのコーナーより) - てらこや新聞

    旅日記(てらこや新聞2019年春夏号海住さんのコーナーより)

    第60回イングランド南西部①イギリスでは、西ヨーロッパ各国では使えるユーレールパスが使えないので駅窓口で切符を買わなければならない。しかし、切符売りとインフォメーションの窓口を兼ねた小さな駅で並ぶ列には4,5人でも閉口した。というのも、列の前の人が乗り換えなどを聞いていたりすると大変だ。5分、10分かかろうと、後ろに並んでいる人には一切おかまいなしに納得するまで聞くし、駅員さんも親切このうえ...

  6. 旅日記(てらこや新聞164-167号海住さんのコーナーより) - てらこや新聞

    旅日記(てらこや新聞164-167号海住さんのコーナーより)

    第59回ロンドン(イギリス)②ロンドンは寒かった。けれど、そこは、笑顔、驚き、ため息とさまざまな感情を見せる表情いっぱいの都会だった。ザ・ビートルズの名アルバム「アビーロード」のジャケットの写真の横断歩道を探し、写真に撮っていると、クルマで通り掛かった若い男性が窓を開け、「何撮っているんだよ。ハハハハ」と声に出し、笑顔を向けてきた。「わかっている、わかっている、ソレ、撮りたいんだよな」とでも...

  7. 3男と、折り紙。 - かいじゅうたちのいる我が家。

    3男と、折り紙。

    『明日を信じる、かいじゅう』という、感じかな?(^^;先月末に模擬試験を受けた3男。結果が来て、思った以上に・・・、ヒドい。撃沈、でした。(ノ_-;)その結果を見て、固まっているんだろうね、何を言っても反応が無くて。・・・大丈夫、だろうか。ますます、折り紙作品が増えそうです。(^^;数日が経ち、私の言葉も少し届いたのかな。試験問題用紙と答えと見比べながら、再確認を始めていました。そして、次回...

  8. 旅日記(てらこや新聞145-146号海住さんのコーナーより) - てらこや新聞

    旅日記(てらこや新聞145-146号海住さんのコーナーより)

    第55回ベニス・ミラノ(イタリア)からアムステルダム(オランダ)へ1月の阪神大震災、3月の地下鉄サリン事件が続き、日本の「安定」をぐらつかせる契機となった1995年も晩秋を迎えている。秋の入り口のほうではチェコのユースのロビーのテレビで、ユニフォームの袖に「がんばろうkobe」のロゴを入れたイチローらオリックスの戦士たちがリーグ優勝に歓喜する姿を見た。頑張れば復活することができる。まだまだ日...

  9. 旅日記(てらこや新聞143-144号海住さんのコーナーより) - てらこや新聞

    旅日記(てらこや新聞143-144号海住さんのコーナーより)

    第54回シエナ(イタリア・トスカーナ地方)イタリア・トスカーナ地方のシエナは、ペルージャのアッシジとは反対方向だがフィレンツェからローカル列車に乗って日帰り旅を楽しめる古くて小さな町だ。ピサの斜塔のあるピサへもついでに足を延ばそう。アッシジに出掛けた翌日、フィレンツェを朝の8時25分に出て、10時5分に到着する汽車に乗ったことを手帳に記している。シエナはアッシジに負けず劣らず魅力的で、同じく...

  10. 旅日記(てらこや新聞141-142号海住さんのコーナーより) - てらこや新聞

    旅日記(てらこや新聞141-142号海住さんのコーナーより)

    番外新春編東京と江戸のあいだ。そして、熊野と伊勢も。1980年代のバブルの時代を20代で過ごしたわたしたちの世代でも、お正月だけは日本で過ごしたいという人が意外と多かった。12月25日のクリスマスを境目に、街の音楽、風景ともクリスマス狂想曲からがらりと歳末景色に一転。その喧噪は「ゴーン」という鐘とともに琴の響きとなり、「迎春」の赤い文字に彩られた紙がお店のシャッターに貼られ街は静まり返る。こ...

総件数:10 件

似ているタグ