こころの時代のタグまとめ

こころの時代」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはこころの時代に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「こころの時代」タグの記事(23)

  1. Eテレ、昨日の「こころの時代」。映像作家の保山耕一さんの話だった - 人生振り返ってのつれづれ思考

    Eテレ、昨日の「こころの時代」。映像作家の保山耕一さん...

    がん末期と診断され、手術を受け、死の覚悟をして、毎日を精一杯生きている姿。そして、そこから出てくる写真と映像。すごいものを感じた。魂を写しているというよりも、生きている生命を写しているように感じた。生きているものの流れを感じた。それは、水らしい。ユングも、川の流れは人生だとどこかで言っていたように思い出す。そして、保山さんは色をも重視していた。鮮やかな色に焦点が当たっていた。また、写真や映像...

  2. まだ背中を椅子にこすりながらパソコンを打っています - 人生振り返ってのつれづれ思考

    まだ背中を椅子にこすりながらパソコンを打っています

    なぜこするかというと、背中に痛がゆさがあるからです。帯状疱疹後神経痛、なかなかしぶとい。でもまあ、ここまで痛みが減ってきているのだから、もう少し、あるいはもうしばらく我慢しよう。ところで、この前の「こころの時代」、マンダラについての3回目だったか、なかなか良かった。同じ内容は2回目だ。2回目はわかりやすい。1回目は、なかなか難しく、わかりづらいが、2回目になると、それなりに深く理解できたよう...

  3. 今日、瞑想に関するテレビを見られました。「こころの時代」です - 人生振り返ってのつれづれ思考

    今日、瞑想に関するテレビを見られました。「こころの時代」です

    瞑想に関する番組を見たい見たいと思っていました。やっと見られました。それは、今日、土曜日のEテレの「こころの時代」です。日本の瞑想は、いつもは座禅中心です。曹洞宗と臨済宗。それと、調心調息も日本の瞑想では中心に行われていると思います。今日は、日本人がタイで、お坊様をしていて、そこで教えている瞑想ということで、目も開けたままで、手を動かしながら、今ここを体験し、あるがままを体験し、そこに動く心...

  4. やはりEテレの「こころの時代」は面白い - 人生振り返ってのつれづれ思考

    やはりEテレの「こころの時代」は面白い

    昨日の、土曜日、午後1時からの「こころの時代」では、芸術家、クマさんこと篠原勝之さんが登場していた。この人の芸術的感性には、本当に感心した。いろんなものを芸術的に自然に眺める習性をもっているらしい。特に、風に関しては、関心が高いらしい。風って、非常にエネルギー的で、魂的なように思う。鉄のオブジェで、風の音を聞いたり、風に重りを吹かせてみたり。この人は大学で専門教育を受けてはいないが、感性に任...

  5. キリスト教と仏教 - 人生振り返ってのつれづれ思考

    キリスト教と仏教

    この前の土曜日の「こころの時代」では、キリスト教の長崎の神父さんの話だった。なかなか深く感動させられた。三つのケースを通して、話された。二つは、許すというテーマ。一つは、母親の人前では、きついとは言わないようにと。そう言うと、周りの人に気を遣わせてしまうからと。そして、キリスト教では、中心はお祈りだ。キリストという神様に対して、お祈りをする。これが中心だ。神に守ってもらうことが中心だ。今回の...

  6. 台風15号。風がすごかった - 人生振り返ってのつれづれ思考

    台風15号。風がすごかった

    そして、今は非常に暑い。この夏一番の暑さらしい。今、夕食後のウォーキングを、帯状疱疹後神経痛の痛みを和らげるために、してきた。少し和らいだし、どうでもいいような内容のテレビを見なくてもすんだのも良かった。この前の「こころの時代」もやはり良かった。再放送で、以前にも見たが、二度目だったが、二度目は、一度目よりもよくわかる気がした。そこでいわれていた言葉、それは「生ききる」ということだった。亡く...

  7. 4週間ぶりの「こころの時代」、やはり、なかなか良かった - 人生振り返ってのつれづれ思考

    4週間ぶりの「こころの時代」、やはり、なかなか良かった

    3週間、お休みだった、「こころの時代」。まずは、高校野球で2週間、あと1回は、中学生スポーツ大会。やっと、「こころの時代」が、昼、放送された。これは、以前流された再放送だったけれども、「こころの時代」は、内容が深いため、2回ぐらい見ると、深い部分が理解されるように思う。今回も、そう感じた。やはり「こころの時代」は感動ものだ。生きるということについて、なかなか考えさせられる。今回は、長崎にある...

  8. この前の「こころの時代」も、中学生のスポーツ大会のため、お休みになった - 人生振り返ってのつれづれ思考

    この前の「こころの時代」も、中学生のスポーツ大会のため...

    スポーツは強いと言ったらいいのか、若者は強いと言ったらいいのか。年寄りは、若者に押されてしまった。「こころの時代」は、年寄り向きだろう。でも、また、今度の土曜日にはあるだろうと、それを期待して、待ちたいと思う。帯状疱疹の痛みは、じっとしていると、ほとんど感じなくなってきた。でも、動くと、いろいろと痛みを感じる。やっかいなものだ。そして、十日ほど前、夜ウイスキーを飲んで、酔っ払って、倒れ、尾て...

  9. 「こころの時代」は、どうしても高校野球に負けてしまう - 人生振り返ってのつれづれ思考

    「こころの時代」は、どうしても高校野球に負けてしまう

    高校野球があるとき、いつも高校野球は1チャンネルから2チャンネルに変わり、「こころの時代」の再放送は、お休みになる。毎週土曜日、私は、「サイエンスゼロ」と、「こころの時代」を楽しみにしている。ともに再放送だけれども、「サイエンスゼロ」は、午前11時から、「こころの時代」は、午後1時からだ。Eテレだ。昔の教育放送である。日曜日、確か朝の5時か6時から、「こころの時代」の最初の放送はある。でも、...

  10. 今日の「こころの時代」も良かった。 - 人生振り返ってのつれづれ思考

    今日の「こころの時代」も良かった。

    やはり、私は「こころの時代」が好きらしい。今日も見た。今日は、キリスト教の神父さんの話だった。和歌山の白浜の教会の神父さんの話だった。白浜には自殺の名所があるらしい。そして、そこに、そこの教会の神父さんが、いのちの電話の看板を立てて、いのちの電話をしてきたらしい。今の神父さんはそれを引き継ぎ、自殺寸前の人たちを多く救ってきたらしい。中には失敗して、亡くなった人もいるらしいが。見ていて、キリス...

  11. 私はやはりNHKのEテレが好きらしい。特に、「こころの時代」 - 人生振り返ってのつれづれ思考

    私はやはりNHKのEテレが好きらしい。特に、「こころの時代」

    この前は、座禅のシリーズものの2回目だった。臨済宗の岐阜県にある有名なお寺の一番偉い人が話している。この前のことをかいつまんで言うと、人生は最後まで修行だということらしい。そして、修行とは、同じことを繰り返し繰り返し、毎日行うことらしい。なるほどと、感心しながら聞いていた。この人は、お坊さんだから、毎日お寺で、座禅を組み、スケジュールがびっしりと決まっているらしい。そして、作法もきちんと決ま...

  12. 音楽サナトロジスト   祈りの竪琴 - エキサイトブログおちおち眠っていられない

    音楽サナトロジスト 祈りの竪琴

    キャロル・サックさんは、アメリカ人宣教師であり、「音楽サナトロジスト」である。日本に来て35年余り。主に、東京山谷地区で活動しておられる。この地区のホスピスや、家のない人、行き場のない人々の在宅ケア施設を回って、竪琴によって人々の魂の救済に努めておられる。「こころの時代・祈りの竪琴」の番組の中では、「きぼうの家」で死を待つ人々への癒しを、竪琴の音によって静かに行っておられた。病人は、初め目を...

  13. 私の好きな番組、「こころの時代」に、前々回、登場していた山折先生からいろいろ勉強させてもらった - 人生振り返ってのつれづれ思考

    私の好きな番組、「こころの時代」に、前々回、登場してい...

    昨日も「こころの時代」はあったが、昨日は、キリスト教に関する説明が多く、私はついて行けなかったように思う。どうも、キリスト教は、西洋の宗教で、西洋はことばの世界がすごく進んでいるのかもしれないと、そのとき思った。その証拠に、聞き手なしで、主人公は話し続けていた。なかなか、ことば巧みな人だった。それに比べ、仏教関係で登場してくる人たちには、聞き手がいて、話し手の話をその都度整理しながら進めてい...

  14. 今日、土曜日のEテレの昼の「こころの時代」もなかなかすごかった。 - 人生振り返ってのつれづれ思考

    今日、土曜日のEテレの昼の「こころの時代」もなかなかす...

    今日も「サイエンスゼロ」と「こころの時代」を見た。ともに素晴らしかった。「サイエンスゼロ」では、我々の身体は、いろんな箇所は、脳を通さず、情報交換をするメカニズムを持っていることを紹介していた。10年ぐらい前に見つかったらしい。「エクソソーム」という、メッセージカプセルの話は、いろんな可能性を持っていることが紹介された。また、食べ物も「エクソソーム」を持っているらしい。これから、いろいろ研究...

  15. 昨日の「こころの時代」はすごかった。感動した - 人生振り返ってのつれづれ思考

    昨日の「こころの時代」はすごかった。感動した

    昨日の「こころの時代」は、「祈りの竪琴」だったと思う、テーマが。キリスト教関係だった。ホスピスの人たち、刑務所、独り身のどや街の人たちのところに行って、祈りとしての竪琴を弾いたり、歌ったりしていた。ことばは聖書の詩編から取ることが多いらしかった。あの竪琴は、魂に訴えかけているように、私には聞こえてきた。私の魂も揺すぶられた。そして、それによって、人格の大きく変わる人たちもいたらしい。魂を揺す...

  16. 土曜日は、私の好きなテレビ番組が、Eテレで、一杯 - 人生振り返ってのつれづれ思考

    土曜日は、私の好きなテレビ番組が、Eテレで、一杯

    今日も、それらのテレビ番組を見ていた。まず、午前11時から、「サイエンスゼロ」。今日は、寄生虫の話だった。病気の治療に役立つ寄生虫もいるらしい。今はいろいろと研究段階らしい。そして、午後1時からは、「こころの時代」。京都の精神科の病院の話だった。印象に残った言葉が、目的は患者を治すのではなく、応援することだと言っていたこと。そして、今見終わったのが、「名著42」「ブッダ最後のことば」だ。これ...

  17. 楽しみの土曜日のNHKのEテレ。年寄りにも優しくしてほしい - 人生振り返ってのつれづれ思考

    楽しみの土曜日のNHKのEテレ。年寄りにも優しくしてほしい

    昨日(土)のNHKのEテレ。私はいつも土曜日は、「サイエンスゼロ」と「こころの時代」の二つの番組を楽しみにしている。ところが、先週は、「サイエンスゼロ」では、以前の再放送だった。確かに昼間の「サイエンスゼロ」は、再放送なのだけれども、以前の昼間の再放送の、同じ番組が再放送されていた。それと、先週の「こころの時代」は、国体の開会式とぶつかって、昼間の再放送はなかった。昨日に関しては、「サイエン...

  18. 世間の動向、そして、私の心身の状況。それによって、私の判断はそれなりに変わるらしい。 - 人生振り返ってのつれづれ思考

    世間の動向、そして、私の心身の状況。それによって、私の...

    「こころの時代」を見て、すごく感動した。しかし、どうも私に合わないらしい。感動の後、私には真似はできないということで、反動が出てきた。それじゃ、どうすればいいのかという課題を突きつけられた感じだった。苦しんだ。今も苦しい。でも、私なりに、あの番組に含められているおすすめ内容に反発せざるを得ない。もし受け入れたら、私は、自分をかなり変えないといけなくなってしまう。それは、考え方ではなく、私の性...

  19. 「密教」の話、なかなか奥深かった - 人生振り返ってのつれづれ思考

    「密教」の話、なかなか奥深かった

    この前の「こころの時代」で、密教の話、2回目があった。密教については、ほとんど私は理解していなかった。勉強になった。密教、マンダラ、護摩供養。相互に非常に近い関係らしい。そして、密教は、やはり秘密の仏教らしいと分かった。それに対して、顕教らしい。密教と言えば、高野山の弘法大師だろう。NHKの「ブラタモリ」で、高野山を2回連続だったと思うが、取り上げていた。今でも、弘法大師は生きているらしく、...

  20. テレビ「こころの時代」を見て、強く感動した - 人生振り返ってのつれづれ思考

    テレビ「こころの時代」を見て、強く感動した

    昨日は、再放送だが、ミャンマーの作家で女医さん、マ・ティーダさんの話であった。警察にとらわれ、6年間、刑務所にいた。しかしその間、彼女は、仏教の瞑想の世界を毎日20時間、行っていたという。そのことによって、彼女は強くなったと言っていた。しかし、私には仏教の瞑想だけが彼女を強くしたのではないのじゃないかと思えてきた。彼女は、元々非常にしっかりとした人間だったのだろう。そのしっかりした人間が、毎...

総件数:23 件

似ているタグ