さとうしゅういちのタグまとめ

さとうしゅういち」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはさとうしゅういちに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「さとうしゅういち」タグの記事(46)

  1. 「コスタリカの奇跡」を参考に/本当に景気が良いのならあり得ないことが起きている - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「コスタリカの奇跡」を参考に/本当に景気が良いのならあ...

    広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は2019年1月23日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施しました。2月10日(日)13時半から安佐南区緑井の佐東公民館で行われる「コスタリカの奇跡」上映会(主催:広島3区市民連合)のご案内をまず行いました。「日本でそのまま当てはめられるかどうかは別としても参考にすべき所は多い。日本もトランプさんから武器を買いまくるよりも緊張緩和・軍縮・軍備管理など外...

  2. 五輪・基地より被災地生活再建を・参院選・統一地方選で仏「イエローベスト」に続こう - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    五輪・基地より被災地生活再建を・参院選・統一地方選で仏...

    広島瀬戸内新聞は1月15日と16日、広島市安佐南区古市橋駅前と中筋駅前で街頭演説を実施。「被災地の生活再建は今だ進んでいない。泥こそボランティアが取り除いたが、被災直後のような有り様のお宅も多い。業者不足が大きい。政府は五輪関連や辺野古新基地などをやっている場合ではない。」と改めて訴え「オリンピックに関しては世界各地でお荷物になっている。ブラジルでは五輪が原因で文化予算が削られ、国立博物館の...

  3. 戦争被害者にも被災者にも寄り添う平和国家・平和都市に/家族を介護する人も大事にされる広島・日本を - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    戦争被害者にも被災者にも寄り添う平和国家・平和都市に/...

    西日本大水害半年、戦争被害者にも被災者にも寄り添う平和国家・平和都市に広島瀬戸内新聞は1月7日、広島市安佐南区中筋駅前で街頭演説。西日本大水害から昨日で半年を経過したことを受け、犠牲になられた皆様に心からお悔やみ申し上げました。そして「年末にボランティアに入った小屋浦地区でも復旧はまだまだ。土砂が残っている家はあるし、工事に当たる建設業者は不足し、復旧の妨げになっている。」と指摘。「国は五輪...

  4. 西日本大水害半年、戦争被害者にも被災者にも寄り添う平和国家・平和都市に - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    西日本大水害半年、戦争被害者にも被災者にも寄り添う平和...

    広島瀬戸内新聞は西日本大水害半年にあたる1月6日、広島市安佐南区祇園出張所前で街頭演説。犠牲になられた皆様に心からお悔やみ申し上げました。そして「年末にボランティアに入った小屋浦地区でも復旧はまだまだ。土砂が残っている家はあるし、工事に当たる建設業者は不足している。」「国は五輪関連の新規箱ものや新基地建設に回っている業者を被災地に回ってもらうようすべきだ。」「県や市も、新規ハコモノはさておい...

  5. フランスに続け、格差是正/「武器より防災・被災者支援」/家族を介護する人も大事にされる日本・広島 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    フランスに続け、格差是正/「武器より防災・被災者支援」...

    広島瀬戸内新聞・さとうしゅういちは、2019年1月4日(金)、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。消費増税について「訳の分からない景気対策とやらをやるということは、消費増税は現時点ではまずいと、総理も思っていると言うこと。だったら、最初からやらなければ良い。」と指摘。「外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改定も強行してしまったが、このままでは大混乱だ。実習生や日系人派遣労働者の大量解...

  6. 足りないのは給料と労働環境整備・【介護する人も大事にされる社会】こそ大事 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    足りないのは給料と労働環境整備・【介護する人も大事にさ...

    広島瀬戸内新聞は11月15日、広島市安佐南区古市橋駅前と中筋駅前で街頭演説を実施しました。安倍総理が進める入管法改定案(外国人労働者受け入れ拡大法案)について、「今でさえも、多くの技能実習生が失踪している。今年は上半期だけで4279人が失踪している。背景には違法な低賃金、過酷な労働条件がある。」「外国である日本に連れてこられてから、【騙された】と気づいても、勤務先の会社を変えることは出来ない...

  7. 「サウジ甘やかした米英仏と同じになる必要なし」「災害復旧おろそかでは緊急事態条項に説得力なし」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「サウジ甘やかした米英仏と同じになる必要なし」「災害復...

    広島瀬戸内新聞は、10月26日、広島市安佐南区で街頭演説。サウジアラビアによるジャマル・カショギ記者暗殺事件についてまず取り上げ、「米英仏は表面的にはサウジアラビアを批判しているが、サウジアラビアに武器を売るのは絶対止めない構えだ。そんなトランプ大統領やマクロン大統領の甘い姿勢がサウジアラビア・ムハンマド被疑者を付け上がらせてきた。」と指摘。「サウジアラビアはそもそもイエメンを攻撃して多数の...

  8. サウジを甘やかす米英仏と戦争に参加して良いのか?緊急事態条項より現行憲法内で災害復旧を! - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    サウジを甘やかす米英仏と戦争に参加して良いのか?緊急事...

    広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は10月19日(金)、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。サウジアラビア(皇太子・ムハンマド被疑者)によるジャマル・カショギ記者バラバラ殺人事件に言及し、ジャマル記者にお悔やみもうしあげるとともに、ムハンマド被疑者を厳しく非難。米英仏についても「イエメンで(ムハンマド被疑者らが)空爆で女性や子ども多数を殺害していたのに、武器を買ってくれるお得意様だからといっ...

  9. 「新基地より被災地復旧を」「自治体も危険地域の開発許可した責任取れ」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「新基地より被災地復旧を」「自治体も危険地域の開発許可...

    広島瀬戸内新聞は、10月20日、広島市安佐南区各地で、街頭演説。沖縄県知事選挙で玉城デニーさんが当選したことを受け、「新基地押し付けに躍起になるのはやめ、土建屋さんもお巡りさんも災害復旧に集中を。」と訴えました。広島県や市に対しても「開発を許可してしまった責任がある。」と指摘。愛媛県に倣った被災者への上乗せ支援や、災害危険地域の方には復旧の他に移転先確保という選択肢を提示すべきと力を込めました。

  10. くどいようですが「新基地」「五輪」やっている場合ですか? - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    くどいようですが「新基地」「五輪」やっている場合ですか?

    広島瀬戸内新聞は9月26日、広島市安芸区で災害ボランティアに従事。その前後に安佐南区各地で街頭演説を実施しました。関連記事安芸区で災害ボランティア安倍瓶三こと安倍晋三さんが総裁選挙の党員投票で苦戦したことについて「災害対策も放り出して、ゴルフと宴会ばかりしていたら自民党員でもおかしいと思う人が多くなるのは当然だ。」と指摘。「広島市安芸区矢野地区では以前として、土砂崩れで家が壊れた現場がそのま...

  11. 庶民はボランティア・総理は宴会&ゴルフの日本で良いのですか? - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    庶民はボランティア・総理は宴会&ゴルフの日本で良いのですか?

    9月3日、広島瀬戸内新聞(社主・さとうしゅういち)は広島市安佐南区古市橋駅前と祇園出張所で街頭演説を行いました。まず、この日午前中に災害ボランティアに入った安芸区矢野の状況を「ボランティアセンターの矢野サテライトは明後日5日で閉鎖され、6日以降は安芸区災害ボランティアセンター本部からボランティアが送られる。矢野地区でも依然、個人宅の床下などに土砂は残っており悪臭も酷い。サテライトが閉鎖された...

  12. 女子受験生が減点される恥ずかしい日本を変えよう/男性に家のことをきちんとさせよう - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    女子受験生が減点される恥ずかしい日本を変えよう/男性に...

    広島瀬戸内新聞は8月8日朝、広島市安佐南区安田女子大前で街頭演説。ほかの場所と同様、日本政府に対話による緊張緩和や核兵器禁止条約への参加を求めました。そして「武器よりもサンダーバード(災害救助隊)にこそお金を使うべきだ」などと訴えました。さらに、この日はオープンキャンパスで女子高生や親御さんも多数こられていました。このため「(共学校でも)女子受験生が減点される恥ずかしい日本を変えていこう。」...

  13. 改憲・武器購入より対話による緊張緩和・被災者支援 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    改憲・武器購入より対話による緊張緩和・被災者支援

    広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は8月7日(火)、広島市安佐南区中筋駅前で街頭演説。8月6日は原爆の日であるとともに、今年は大水害1ヶ月に当たったことを振り返りました。その上で、安倍ジャパンが補正予算も組まず、広島県の今次災害への補正予算額すら下回る額の「支援パッケージ」しか出していないことについて、「第二次世界大戦中に起きた東南海地震(いわゆる南海トラフ地震)で政府が、被害が殆ど無かった...

  14. 「災害対策は万全」は「総裁選対策は万全」の誤りだ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「災害対策は万全」は「総裁選対策は万全」の誤りだ

    広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、7月30日も広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施しました。最初に、カープの安部選手が最近3試合で10打数7安打と大活躍であることを「完全復活だ」と祝いました。「『ボランティアが不足』などという報道がされているが、不足しているのは公的な復旧活動や被災者支援。国が補正予算を組まないから、県や市も思い切った対策を打てない。」と憂慮。関連記事新聞よ、いい加減...

  15. 「猛暑下のボランティアは体力温存重視で」「海外派兵よりサンダーバード」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「猛暑下のボランティアは体力温存重視で」「海外派兵より...

    広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は7月10日、12日に続き、17日も広島市安佐北区口田南地区入りし、ボランティア活動に従事させていただきました。その前後に、広島市安佐南区内で街頭演説を実施し、現場の状況の報告や、ボランティア参加にあたっての注意点、そして、政府や自治体への提言を行いました。まず、現場については「土砂が乾燥してサウジアラビアかイラクかと思われるような状態になっている。目や鼻を...

  16. 西日本大水害安佐北区口田の状況報告、「総理と国交大臣は災害対策に本気で全力を」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    西日本大水害安佐北区口田の状況報告、「総理と国交大臣は...

    広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、7月12日も広島市安佐北区口田地区でボランティアに従事させていただきました。現場の惨状を説明するとともに、「短パン、半そで、運動靴などの軽装備では危ないので、長そで、長ズボン、長靴で。熱中症に注意し無理のないように」などとお願いしました。また「それぞれの場所でお仕事を頑張られるのも復旧への貢献。ボランティアだけが貢献ではない。また労働現場で負担が強まって...

  17. 【西日本大水害】泥まみれでボランティア参加報告、「政府は災害対策への集中を」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    【西日本大水害】泥まみれでボランティア参加報告、「政府...

    広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は7月10日、広島市安佐北区入りし、西日本大水害で被害が大きかった口田地区で、土砂除去のボランティアに従事。その後、安佐南区古市橋駅前で、「水分の多い泥で悪戦苦闘し」「手袋もズボンもシャツもあっという間に泥まみれになる」現場の実態を自らの泥まみれのおしりや背中も見せながら報告。ボランティア参加に当たっては「短パンやTシャツでは危険。長靴、長袖、長ズボン、マス...

  18. 働き方改悪法、参院本会議で成立本社抗議の街宣 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    働き方改悪法、参院本会議で成立本社抗議の街宣

    安倍うそまみれ「働き方改革」関連法が本日29日の参院本会議で可決成立してしまいました。改めて満身の怒りをこめて抗議します。この日はTPP関連法も強行成立してしまいました。×「全ての人が能力を発揮できる柔軟な仕組み」○「労働者のニーズではない」(26日、自白)×「長時間労働を是正」○「長時間労働の定義をなくして働かせ放題」×「非正規という言葉を一掃する」○「非正規に合わせて正規も引き下げる」本...

  19. 高プロは特攻隊や徴用と一緒「一ヶ月で参院議員増加法通していいのか?」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    高プロは特攻隊や徴用と一緒「一ヶ月で参院議員増加法通し...

    広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は6月21日は広島市安佐南区中筋駅前、古市駅前、大町駅前、安東駅前で街頭演説。引き続き、大阪北部大震災の被災地にお見舞い申し上げるとともに、「欠陥法を急ぐより震災対応を」と訴えました。自公が高プロを含む働き方改革一括法案などを強行するために国会を会期延長したことについって抗議しました。「総理が所属する自民党は過去二十年間の労働法改悪で少子化が加速させた。人手...

  20. 高プロ撤回・安倍降板求める - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    高プロ撤回・安倍降板求める

    広島瀬戸内新聞は6月17日夕方、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。引き続き、法案要綱作成に当たって労働者の意見を全く聞いていない高プロの撤回を要求。さらに、この二十年間の「正社員は残業代を払わずにこきつかい、非正社員は安く使い捨てる」経団連や自民党の労働法破壊路線の是正を求めました。そして「これ以上、安倍総理が続投すれば、昨日や一昨日のカープ投手陣のように失点がかさむ」と指摘。「安倍総理の...

総件数:46 件

似ているタグ