さとうしゅういちのタグまとめ

さとうしゅういち」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはさとうしゅういちに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「さとうしゅういち」タグの記事(18)

  1. 「修正はアリバイ工作、白紙撤回しかない高プロ」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「修正はアリバイ工作、白紙撤回しかない高プロ」

    関連記事引き続き「過労死は自己責任、特攻隊よりある意味ひどい高プロ白紙撤回」へ署名呼掛け広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は21日、広島市安佐南区中筋駅前で街頭演説。自公と維新・希望が「高プロ離脱も可能にする」修正で「合意」したことについて「【野党】と妥協しました、強行採決ではないというアリバイ工作にすぎない。希望も維新も偽装野党だ。高プロから離脱も可能にしたが、そんなことを現実的にできる労...

  2. 引き続き「過労死は自己責任、特攻隊よりある意味ひどい高プロ白紙撤回」へ署名呼掛け - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    引き続き「過労死は自己責任、特攻隊よりある意味ひどい高...

    広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は5月20日、広島市安佐南区内各地で街頭演説。中筋駅前古市橋駅前祇園出張所前「特攻隊よりある意味ひどい高プロ」の白紙撤回と、撤回を要望するネット署名への参加を呼掛けました。安倍総理の「働き方改革法案」について「総理が本気で過労死を無くしたいなら過労死遺族に会おうとするはず。外国を飛び回る時間があるのだから、重要法案のために当事者に会うのは当然。しかし、過労死...

  3. 「過労死しても自己責任、ある意味特攻隊よりひどい高プロ」白紙撤回訴え - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「過労死しても自己責任、ある意味特攻隊よりひどい高プロ...

    広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は5月19日、広島市安佐南区緑井天満屋前で街頭演説。高度プロフェッショナル人材制度について「法案のどこにも時間ではなく成果で評価するなんて書いていない。労働時間の制限がなくなるだけだ。」と指摘。「高プロでは、労働時間の制限がなくなっても、一応、同意は得ているから、過労死しても自己責任だ。労災で訴えることも難しいだろう。高プロから後ではずしてもらえるよう、修正...

  4. イスラエルはパレスチナ虐殺をやめろ・欧米は反省を/「働かせ方」改革法は白紙撤回を - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    イスラエルはパレスチナ虐殺をやめろ・欧米は反省を/「働...

    広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は5月15日、広島市安佐南区中筋駅前で街頭演説。アメリカのイスラエル駐在大使館のエルサレム移転と、それに抗議デモを行ったパレスチナ人を虐殺したイスラエルの暴挙に抗議。亡くなられたパレスチナ人にお悔やみ申し上げました。その上で「欧米諸国がイスラエルと一緒にこうしたイスラムの人たちを踏みつけにしてきたことや、テロ対策と称して(イラクやアフガンやシリアで)空爆しま...

  5. 2021広島県知事選挙を前にさとうしゅういちは提言します③ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    2021広島県知事選挙を前にさとうしゅういちは提言します③

    2021広島県知事選挙を前にさとうしゅういちは提言します③各種行政委員会の民主化・実質化を進めます。教育委員会は準公選制ないし公募制とし、第二次世界大戦後すぐのように公選制に戻すことを目指します。その際、過去に準公選制を導入していた中野区の皆様から積極的に意見を聴取し制度設計の参考にします。公安委員会も戦後すぐのような公選制に戻すことを視野に準公選制ないし住民からの公募ないし推薦制を導入しま...

  6. 「日本は核兵器禁止条約加入で非核化率先垂範を」「労働者の権利、失われるのは一瞬」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「日本は核兵器禁止条約加入で非核化率先垂範を」「労働者...

    本社社主・さとうしゅういちは2018年4月29日、広島市安佐南区祇園出張所前で街頭演説。第一に南北首脳会談で、年内の朝鮮戦争の終結が宣言されたことを歓迎。「朝鮮の核開発の背景には戦争状態があった。」と指摘。「朝鮮での戦争が終われば、朝鮮半島での武力衝突で日本の米軍基地をめがけて朝鮮のミサイルが飛んでくるという可能性もなくなる。その分、日本の安全は増す」と指摘。「南北分断の直接の原因は米ソ冷戦...

  7. 総理にタオル投入@古市橋駅前 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    総理にタオル投入@古市橋駅前

    本社社主・さとうしゅういちは4月13日も広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説「総理にタオル投入」を実施しました。財務省の森友事件をめぐる文書改ざんはおろか、口裏合わせをもちかけたり、ごみの量を多く見せかけるよう国交省に要求していた問題、防衛省の日報隠蔽や、厚労省幹部によるマスコミ恫喝、過労死の経緯をめぐる隠ぺい、経産省による高校教育への介入など、安倍ジャパンの行政の不祥事は枚挙にいとまがありま...

  8. 「ウソと脅しは行政の始まり」にしたのは、安倍総理あなたです - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「ウソと脅しは行政の始まり」にしたのは、安倍総理あなたです

    本社さとうしゅういちは4月9日、広島市安佐南区内で街頭演説を実施。防衛省によるイラク派兵の日報隠し。財務省が文書改ざんどころか、籠池のおっさんに口裏あわせを持ち掛けていた問題、厚労省のデータ改ざんや野村不動産の過労死問題をめぐる対応、経産省の高校でのエネルギー問題の講演から原発事故の写真を削除するよう圧力をかけていた問題などを指摘。「不祥事がない省庁を見つけるのが難しい状態だ。一省庁の問題で...

  9. 「改憲より北東アジアに非核地帯を」各地で訴え - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「改憲より北東アジアに非核地帯を」各地で訴え

    本社社主・さとうしゅういちは、4月2日(月)、広島市安佐南区古市橋駅前、中筋駅前、祇園出張所前で街頭演説「時代は安倍総理からカープ安部選手へ」を実施。中朝首脳会談の実施や南北・米朝首脳会談の動きを受け「そもそも、朝鮮半島で武力衝突になれば日本にも甚大な被害が出るのは確実。武力衝突を防ぎ、朝鮮戦争を正式に終結させることが大事だ。そして、アメリカ、ロシア、中国の核保有国は非核国を攻撃しない、日本...

  10. 総理にタオル投入!「頑張っているが頑張る中身が間違っている!」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    総理にタオル投入!「頑張っているが頑張る中身が間違って...

    本社社主・さとうしゅういちは、佐川前理財局長の証人喚問が実施される直前の3月27日(火)朝、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説「安部選手はがんばれ!安倍総理にタオル!」を実施しました。まず、カープの安部選手が腰痛から復帰し、オープン戦にも出場していることを祝い、日本一へ向け、最後までけががないよう、頑張って欲しいと激励。その上で「アベはアベでも安倍総理には、タオル投入だ!ボクシングや格闘技で...

  11. 総理は鏡里見習い引退を!安倍私物化も新自由主義・官僚政治もNO 暮らしに憲法を活かす政権交代を - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    総理は鏡里見習い引退を!安倍私物化も新自由主義・官僚政...

    本社社主・さとうしゅういちは3月19日、広島市安佐南区祇園、古市、緑井で街頭演説「カープ安部選手は頑張れ、安倍総理は退場!」を実施しました。まず最初に、広島市議会議員安芸区補選で日本共産党の中石仁さんが当選したことを「政治の私物化を許さないという安芸区民の良識が示された。」と評価。その上で「中石さんを応援させていただいた1人として、中石さんが掲げたクリーンな市議会への改革、暮らし・福祉を守る...

  12. 改ざん体質の安倍政権、改憲も増税も労働法改定も資格なし - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    改ざん体質の安倍政権、改憲も増税も労働法改定も資格なし

    本社社主・さとうしゅういちは、3月14日(水)夕方、国会周辺での安倍内閣総辞職を求めるデモ隊の皆さんに連帯し、街頭演説「カープ安部選手は頑張れ!安倍総理は辞めろ!」を実施しました。財務省の文書改ざんも、厚労省の裁量労働制のほうが一般労働者より労働時間が短いというデータがねつ造された事件も、安倍総理の答弁(森友問題)や強引な悪法推進(裁量労働制拡大)をカバーするために官僚が総理に強いられたもの...

  13. 安倍総理よ「朝鮮の脅威」はこれ以上悪用できぬ!改憲も労働法改悪も諦め潔く退陣を  - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    安倍総理よ「朝鮮の脅威」はこれ以上悪用できぬ!改憲も労...

    広島3区市民連合は3月9日、安佐南区緑井天満屋前で街頭宣伝を行いました。本社社主・さとうしゅういちもマイクを握り「南北首脳会談に続き、米朝首脳会談も実現する。安倍総理よ、朝鮮半島の緊張を政権延命に利用する手はもう使えない。」「改憲よりも、対話を進め、米朝の戦争終結、北東アジアの非核地帯実現こそ日本がすべきこと。そして、南北、米朝とともに、日朝も首脳会談を行い、拉致問題解決へ全力を尽くすことが...

  14. カープのプレイボール・サンフレのキックオフが家で見られる日本を - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    カープのプレイボール・サンフレのキックオフが家で見られ...

    本社社主・さとうしゅういちは、Jリーグが開幕した2月24日(土)、サンフレッチェ広島の本拠地がある広島3区各地で街頭演説を実施しました。根拠となるデータがねつ造である可能性が高まった安倍総理の「働き方改革法案」のうちの「裁量労働制拡大」を廃案に、と訴えました。「安倍総理の主張は、『裁量労働制になれば、カープのプレイボールやサンフレッチェのキックオフ(平日)が家や球場で見られるようになる』とい...

  15. カープのプレイボールを家や球場で見られる日本&緊張感あり、暮らし・福祉を守る広島市政に - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    カープのプレイボールを家や球場で見られる日本&緊張感あ...

    本社社主・さとうしゅういちは、2月19日、広島市安佐南区古市橋駅前と祇園出張所前で街頭演説を実施しました。前日の平昌五輪・スピードスケート女子500mの金メダル・小平奈緒選手と李相花選手が健闘をたたえ合ったことに言及。また、国連事務総長も「平和的解決のチャンスを逃すな」と発言したことを受け、改めて、朝鮮戦争の終結と北東アジアの非核地帯構築こそ大事だ、と力を込めました。さらに、安倍総理や河野外...

  16. 私は佐川氏が長官の国税庁に納税したくありません - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    私は佐川氏が長官の国税庁に納税したくありません

    「私は佐川氏が長官の国税庁に納税したくありません!」「虚偽答弁」佐川宣寿長官の下、確定申告が始まった2月16日。東京の「納税者一揆」に連帯し、広島瀬戸内新聞も街頭演説を安佐南区祇園出張所前で行いました。「国税庁は、どんな権力者でも大手企業や大金持ち相手でも、公正・公平に納税して頂くのが仕事だ。かつては、金丸信という最高権力者を検挙したこともあったが、いまの佐川国税庁長官はなんだ?!安倍総理に...

  17. JCPサポーターに登録してから初の街頭行動ですが普段通り - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    JCPサポーターに登録してから初の街頭行動ですが普段通り

    JCPサポーターに登録してから初の街頭行動ですが普段通り昨日2月6日(火)の朝は極寒でしたが、会議を挟んで通勤時間帯に古市橋駅前、そして祇園出張所(フレスタ前)で訴えました。無届け老人ホームに頼らざるを得ない状況をつくったのは、国のこれまでの住宅政策・介護政策の貧困であり、国の責任が大きいということを指摘し、改めて緊急対策として無届け施設でも防災設備に補助を出すことや根本対策としての住宅政策...

  18. 無届け老人ホームにもスプリンクラーを・貧困とバブルを同時に生むお友達政治から庶民を温める政治へ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    無届け老人ホームにもスプリンクラーを・貧困とバブルを同...

    本社社主・さとうしゅういちは、2月6日(火)、雪が降る厳寒の中、広島市安佐南区内各地で街頭演説を実施しました。まず、前日5日に起きた陸自攻撃ヘリの墜落事故に言及。亡くなった自衛隊員にお悔やみ申し上げると共に、「岩国の米軍基地が増強されて米軍飛行が激増している広島にとっても他人事では無い」と強調しました。次いで1月31日深夜から2月1日未明にかけての札幌の無届け老人ホームでの火災に言及。亡くな...

1 - 18 / 総件数:18 件

似ているタグ