すき、印象的のタグまとめ

すき、印象的」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはすき、印象的に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「すき、印象的」タグの記事(24)

  1. 蒼穹のファフナーTHE BEYOND - ひとつめの言葉は夢

    蒼穹のファフナーTHE BEYOND

    ああああああああ!!あーーーーーーー!!!!ファフナーだ……。え、はやくない?もっと先と思ってたよ5月17日??はやく4話以降の予定を教えてくれ!!!!!う、うえーん。戻ってきてしまった。とりあえず1回観て噛み砕いてから2回目以降行きたいと思います。「これぞファフナーだ!」みたいな高揚感がまったくない。期待はずれだったと言いたいのではなくて、逆。期待しているものが当然に差し出されることを知っ...

  2. やがて君になる7巻/仲谷鳰 - ひとつめの言葉は夢

    やがて君になる7巻/仲谷鳰

    うっうわー!!!正直ね!正直ね!私やが君ハマりきれてなかったんですよね!!今もハマりきれてるとは言いがたいんですけどそれでも!!今回は、やばい。正直沙弥香のこともなにも思うところってなかったんですよ~~。なのに、なのに……。恋だ!!!「言った」「言った」「言った」ああ、沙弥香は勇気を出したんだ。空気が、においが、手触りが。伝わってくる。この、恋が。涙。選んだ燈子。走る二人。涙。言語化の怠慢。...

  3. 熱帯魚は雪に焦がれる1巻/萩埜まこと - ひとつめの言葉は夢

    熱帯魚は雪に焦がれる1巻/萩埜まこと

    この手の女子高生日常百合ってあんまり好みじゃないんだよなーと思って食わず嫌いしてた。1巻無料だったので読んでみたら、えっ思わぬ良作じゃない!好みだったわ!孤独を救われるのによわい。小雪ちゃん~~自分はずかずか踏み込めないのにそういう人に憧れて小夏ちゃんに近づく妄想してしまう小雪ちゃん。ふたりとも臆病な感じが好きですね。というか似た者同士カップルが好きなんだ……。続刊、どうしましょうか。

  4. 月にむらくも花にあらし/こめり - ひとつめの言葉は夢

    月にむらくも花にあらし/こめり

    表紙でぴんときた!そういうことあんまり起こらないのに。「あ、私好きそう」と思うことはたまにあるけどたいていはずれ。なのにこれは確信を得た、「私絶対好きなやつ!」。あらすじでさらにぴんときた。10年ものの熟成された恋、大好き……。と思ったらこめりさんだった~~。『話せば長いふたりの話』もこめりさんだったの!?えー昔の絵柄しか知らなかったからわからなかった。今の絵めっちゃ好き。で、今回で「熟年カ...

  5. 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~ - ひとつめの言葉は夢

    響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~

    ユーフォニアム~~~~!!!最高だよ!!これぞ、これぞ響けユーフォニアム!もう、終始「ユーフォ!安心安定変わらぬ完成度!」とぶちあがってたんですけど自由曲!!!!!ところどころ差し挟まるのぞみぞはサービスカットにとどまるのかなあ期待はせまい、と思っていたから、あんまり待ち構えてなかったですね。リズでした決壊…………おまえ、みぞれの愛よ。希美の覚悟よ。ふたりの愛の、後日……。後日、来てしまった...

  6. あちらこちらぼくら3巻/たなと - ひとつめの言葉は夢

    あちらこちらぼくら3巻/たなと

    もうね期待しまくりでしたね.Bloom移籍したって聞いたからね!!ありがとう~~!!いまかいまかと待っていたのだけど、まさかの3年後。えっいま本誌でなれそめ編やってるんですか!?小憎い~~~。悶々と数年考えた挙げ句にラブレターをしたためたということでよろしいか。ああ、真嶋は浪人・在学中に彼女をつくっていたというのに園木はウイレレを見ながら徐々に自覚していったのか……。ていうか家でふつうにスキ...

  7. 21世紀の女の子 - ひとつめの言葉は夢

    21世紀の女の子

    初っぱな『ミューズ』で殴られた。いや、最初は、方向性がわかってから「登場人物に感情移入できないまま女の悲哀見るの厳しいな……8分てなかなか短い」と思っていた。女の感情が浮いてしまう。「ばかだとおもったでしょう」「頭がいい人だとおもった」なんというか、まあ、想定の域を越さない。しかしラストに挿入されるふたりの笑いあうカット!泣くとは思わなかった。よ、よわい。失われた女の蜜月がきらめく瞬間、よわ...

  8. その日、朱音は空を飛んだ/武田綾乃 - ひとつめの言葉は夢

    その日、朱音は空を飛んだ/武田綾乃

    信頼できない語り手ばかり……!感想!長い!ずっと夏川莉苑について考えていてやっと噛み砕けてきた。「いじめ」を抱えているのかよ……。そこだけ唯一おばあちゃんの教えに背いたかもしれない夏川莉苑の汚点がアンケート結果なのか。好奇心と、復讐心。どちらもたぶんある。復讐ってなにに対する復讐なのだ?というのがまずあった。読み込みが浅かったので……。「世界は生きている人のためにあるべき、なのに、死人が生者...

  9. ワールドトリガー~18巻/葦原大介 - ひとつめの言葉は夢

    ワールドトリガー~18巻/葦原大介

    前に13、4巻くらいまで読んでたのだがこのたび連載再開ということで再読。最近更新してなかったけどここに感想書いてたよなー?と思って検索したのに書いてなかった。まじか。めっっっちゃ面白い。いや綺麗すぎるでしょ展開が。綺麗すぎる。なんか特に言うところがないよ。ランク戦が面白すぎるし展開にまるで無理がない。それでいてフルアームズレイジとかヴィザ翁蹴落としユーマとか文句なしにかっこよいし!!!!初読...

  10. あさがおと加瀬さん。(映画) - ひとつめの言葉は夢

    あさがおと加瀬さん。(映画)

    えーーーん。泣いた。原作は『あさがおと加瀬さん。』のみ既読。ファンムービーだった。どろっどろの甘い部分をこれでもかと凝縮する。せめて「高校時代の一瞬」という軸を建てなおして不安を煽ってくれたらラストが引き立つのに!!……と思ったけれどもうね、でもね、これでもいいのだ。ファンムービーで。演出もわりとキラキラさせとけばいいだろ感あるけど、山田の頭から芽の漫画表現を映画に持ってくるのどうなのと思う...

  11. リズと青い鳥 - ひとつめの言葉は夢

    リズと青い鳥

    なんだかんだ京アニ好きだわ……山田さん……。わたしねー!?ひとりの人間を想う重てえ感情がどくどく描写されるの超絶弱いんですね!?あー思ったけどもこういう方面の百合がほしいってずっとずっと思ってた。相手への想いの重たさでつぶれてしまうような愛が百合でほしいって。思春期特有のとかそういう言葉で埋もれないほどの、愛が、そして、報われる瞬間が。重たい愛が重たい愛で返される瞬間が。同じ熱量で返される瞬...

  12. 世界で一番、俺が○○4巻/水城せとな - ひとつめの言葉は夢

    世界で一番、俺が○○4巻/水城せとな

    めっちゃくちゃ面白えな!!!最高!!水城せとなは欲望と良心で身を滅ぼす恋愛関係描かせたら天下一品である。「欲望」一点ではないんだ。そんなに人間露悪的に生きられないんだ倫理社会に身を置く以上良心からは逃れられないんだ、水城作品にサイコパスは絶対出ない。しかし醜い欲望も情けの良心も持ち合わせているからこそ弱点をあらわにして絡めとられて潰えていくという……「痴情のもつれ」とか「昼ドラ展開」とかの中...

  13. 逃げるは恥だが役に立つ(ドラマ) - ひとつめの言葉は夢

    逃げるは恥だが役に立つ(ドラマ)

    見る見る言っててやーっと見ましたよ!面白かった。原作既読。流行った当時は、「私のような者たちが読むものが、ついに世間のメインストリームに乗るように……」といううすら感動があったのですが、なるほどこれはうまい。言語でまくしたてあう理屈っぽいくどくどしたコミュニケーション部分をばっさりやって、ラブコメ全開。しかし根底はぶれることなく、「それは好きの搾取です!」でその姿を露呈させる!最終話の会議で...

  14. しまなみ誰そ彼3巻/鎌谷悠希 - ひとつめの言葉は夢

    しまなみ誰そ彼3巻/鎌谷悠希

    はあ……「君の言葉で僕が傷ついたことを知ってほしい!」、そう。そうなんだよな。それだけなんだよな。「傷ついた」、言葉だけじゃ絶望的に伝わらないんだ。お前は気軽に無邪気に口笛を吹いたつもりかもしれないが目の前にいる殴られて血のついた私を見てほしいだけなんだよな。怒るべきか。怒らざるべきか。笑顔の下の「あームカつく!」。瞬間的に沸いてきたのは。「怒り」。怒りだ、我々の。どこにもいけない怒り。加害...

  15. 来世は他人がいい1巻/小西明日翔 - ひとつめの言葉は夢

    来世は他人がいい1巻/小西明日翔

    悔しいな面白いわ。なんなんだろうなにが上手いんだろうか。ストーリーが上手いわけではないと思う。間を埋める、キャラをつくりあげるその順番、とかそういうのがすごく上手い気がする。腎臓最高でしたね。立場弱かった女が啖呵切る瞬間とか最高に決まってるだろ。まじで売っちゃう度胸な……『春の呪い』はなんか収まるとこに収まった感じで物足りなさがあったがこれは先行き見えないから気になる。そして地味な埋め作業が...

  16. 結城友奈は勇者である - ひとつめの言葉は夢

    結城友奈は勇者である

    なんで誰もこれを私に薦めてくれなかったんだ!!戦う女の子……泣いてわめいて打ちのめされて、どうしようもなくって泣きながら立ち上がり咆哮する女の子を、私に!夏凜ちゃんの雄叫び……怖くて震えてもそれを押さえつけての雄叫び、勇者部五箇条を振りかざした彼女が、もうね、すき……。あと風ちゃんがすき……。なにもかも背負い込んでしまう、まだ中学3年生なのに「樹さんの保護者」をなんの抵抗もなく聞き入れてしま...

  17. 銃座のウルナ1-3巻/伊図透 - ひとつめの言葉は夢

    銃座のウルナ1-3巻/伊図透

    なんだこの胸苦しさは。取り立てて奇抜なことをやってるわけではないのにぐいぐい読ませる。面白い。雪は閉塞をもたらす。女部隊は辺境を表す。トロップの平和さがそれらを引き立てる。世界から隔絶された地でしかし閉塞感を打破するために戦うのではない。だから胸苦しい。その先にはなにもないから。むなしさでもない。辺境までウルナは自分の足でやってきてカレットとふたりだけの楽園を築いた、流れるままに迎え入れられ...

  18. AIの遺電子6巻/山田胡瓜 - ひとつめの言葉は夢

    AIの遺電子6巻/山田胡瓜

    この作品のなにがいいって家族観だ。「本物の母が三人いる」とか「洗脳しても努力なしに仲のいい夫婦にはなれない」とか「それが子供のためになるわけではない」とか。唯一2巻あたりの「いくらでも容姿のいいアイドルは作れるから差別化競争が激しくなる」には疑問を呈すけど(整形が忌まれるのと同じできっと「本物の人間であること」に価値が見いだされるはずなので)それ以外の価値観だいたい安心感が強い。

  19. 相対的伊勢田くん/会川フゥ - ひとつめの言葉は夢

    相対的伊勢田くん/会川フゥ

    好き……癒し……最近繰り返し読んでる。こういうカプに弱いんだ!ひっそりと愛してる!潤の愛情と欲がまみえる瞬間も伊勢田くんが「潤にフラれたら俺からなくなるものが多すぎる」と泣くのもその培ってきた情の大きさが私の主食です。描写に物足りなさがあって何度も読むけどそのうちやっと「ああ~好きなんだな~」と実感し萌えてきた。会川さんの軽快なノリ好き。さりげなくセクシャリティを描くにあたっての気遣いが見え...

  20. 先生の白い嘘7巻/鳥飼茜 - ひとつめの言葉は夢

    先生の白い嘘7巻/鳥飼茜

    美奈子が……!!いちばんの衝撃だった。美奈子がついに気づいた、ホテルへ向かった、美鈴先生の前に現れた。美鈴は諦めたんじゃないのかと想像した。美奈子を認識した瞬間、この状態でいてもなお美奈子から責められるのだろうことを諦めたんじゃないかと。ああー……「私たちはそんなに遠くないはずだから」。見下し見下され知らずいがみあうよう仕向けられた女たちの連帯を。ひとりでいなきゃ強くなれないと新妻くんを手放...

総件数:24 件

似ているタグ