すみだ北斎美術館のタグまとめ

すみだ北斎美術館」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはすみだ北斎美術館に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「すみだ北斎美術館」タグの記事(13)

  1. すみだ北斎美術館でびっくりしたこと!両国ぶらぶら♪ - ルソイの半バックパッカー旅

    すみだ北斎美術館でびっくりしたこと!両国ぶらぶら♪

    2020.7.2びっくりしたあ!84歳の北斎がそこにいたから!えっ、動いた?筆が動いた?すみだ北斎美術館の建物の記事↓「すみだ北斎美術館」とポーランドの「日本美術・技術博物館」が友好協力協定を結んでいることから常設展の入り口前にポーランドの映画監督アンジェ・ワイダの描いた作品がいくつか展示してあった。一時期「地下水道」や「灰とダイヤモンド」などの映画を良く見ていた。監督は絵コンテもうまいと言...

  2. 北斎視覚のマジック(小布施・北斎館名宝展)後期 - 歴史と、自然と、芸術と

    北斎視覚のマジック(小布施・北斎館名宝展)後期

    [副題]北斎没後170年記念 [見学日]2020年1月4日(土) [会場]すみだ北斎美術館 前期で大いなる感銘を受けた表記展覧会、後期展示に足を運ぶ道中も期待に胸はふくらんだ。 ★ 肉筆画スタートは【柳下傘持美人】、描かれているのは瓜実顔の楚々とした美人、衣装のデザインと高下駄も印象的だった。【吉原遊君八朔の行事】の遊女は白無垢姿、襟元等の表現に注目した。【調布の玉川】は、もとは六曲一隻...

  3. 北斎視覚のマジック(小布施・北斎館名宝展)前期 - 歴史と、自然と、芸術と

    北斎視覚のマジック(小布施・北斎館名宝展)前期

    [副題]北斎没後170年記念[見学日]2019年11月28日(木) [会場]すみだ北斎美術館 2019年は葛飾北斎没後170年目とのことで、節目のこの年に、墨田区にある当館と小布施の『北斎館』では、互いのコレクションを交換した展覧会が企画された。今の自分は小布施に行かれる可能性は低いので、貴重なこの機会を逃すわけにはいかない。 ★ 肉筆画典型的な北斎美人が描かれた【二美人】は、遊女が...

  4. 北斎の橋すみだの橋後期② - 歴史と、自然と、芸術と

    北斎の橋すみだの橋後期②

    ■すみだの橋々諸相※ 本章はスタートの≪絵図・地図≫以下、墨田区内の橋名が小題に設定されていましたが、こちらは省略させていただきます。 寛永10(1798)年に制作された【本所北絵図】【本所中絵図】【本所南絵図】は、じっくり見たい。【本所区史附録対照本所区全図】は、前期の記事に記したように、関東大震災以前の大正10(1921)年の地図に、震災後の区画整理の現況を赤い線で記してある。【東京市...

  5. 北斎の橋すみだの橋後期① - 歴史と、自然と、芸術と

    北斎の橋すみだの橋後期①

    [見学日]2018年10月24日(水)[会場]すみだ北斎美術館 開館日に足を運び、その後年間パスポートを取得した当館、展覧会は前後期全て見る決心をしたが、多忙によりそれは果たせなかった。しかし以後は情報をマメにチェックしている。表記展覧会も、平日に何とか年次休暇を取得して赴いた。※ 作品名の後に所蔵者を記していない作品は当館所蔵、作者名を記していない作品は北斎作です。 第一章 「北...

  6. 北斎の橋すみだの橋前期 - 歴史と、自然と、芸術と

    北斎の橋すみだの橋前期

    [見学日]2018年9月19日(水)[会場]すみだ北斎美術館 江戸時代の墨田地域は、多くの水路がはりめぐらされ、葛飾北斎を含めた庶民にとって橋は身近な建造物だったと推察される。表記展覧会は、北斎の生誕地に立つ当館での開催はまさにベストマッチング、この地の歴史に触れる点でも自分にとっては興味をそそられる。※ 所蔵者を記していない作品は当館所蔵、作者名を記していない作品は北斎作です。 第一章...

  7. すみだ北斎美術館 - Keiko's life style

    すみだ北斎美術館

    今年初めて訪れる美術館はすみだ北斎美術館です。葛飾北斎はすみだで生まれ90年の生涯ほとんどを墨田で過ごし、数多くの作品を残したそうです。シンプルでモダンな美術館設計は妹島和世さんです。1Fはミュージアムショップとワークショップルーム2F・3F は 常設展示室と企画展示室があります。作品の解説がタッチパネルで見れます。北斎が製作していた部屋この人形、時たま筆を持つ手が動き、リアル過ぎて気持ちが...

  8. 茂木本家美術館の北斎名品展後期 - 歴史と、自然と、芸術と

    茂木本家美術館の北斎名品展後期

    [副題]北斎没後170年記念 [見学日]2019年10月14日(月祝) [会場]すみだ北斎美術館 「たばこと塩の博物館」の企画展を見た後、近くのファミリーレストランで昼食、天気は生憎の小雨模様だが三連休最終日ということもあってか、店内はけっこう混んでいて、希望のメニューも品切れだった。 昼食を終えた後、都営バスで「すみだ北斎美術館」に向かう。こちらは、外国人や親子連れが目立った。地下のコイ...

  9. すみだ北斎美術館【RAA さん】 - あしずり城 本丸

    すみだ北斎美術館【RAA さん】

    【写真提供:RAA さん】投稿日:2017/12/17

  10. 大江戸グルメと北斎後期 - 歴史と、自然と、芸術と

    大江戸グルメと北斎後期

    [見学日]2019年1月11日(金)[会場]すみだ北斎美術館 表記特別展には少しだが展示替えがある。足を運ばないわけにはいかない。当日は寒さがゆるみ、理想的な冬晴れだった。※ 作者名を記していない作品は基本北斎作、所蔵は当館です。※ 当館以外の所蔵については作品名の後の()内に以下のように記します。「味の素食の文化センター」→味「東京家政学院生活文化博物館」→東家※ 歌川国貞の作品は...

  11. 674、すみだ北斎美術館を覗く - 五十嵐靖之 趣味の写真と短歌

    674、すみだ北斎美術館を覗く

    Sumida Hokusai Museum東京秋葉原で週末開かれたJFAS会議に参加。前日、桜の咲き始めた隅田川付近を歩き、両国のすみだ北斎美術館を訪れた。駅から北斎通りと名付けられた本所亀沢町の道を歩いて10分、桜の咲きかかった公園に出くわし、そこに北斎生誕の地という小さな看板を見つけた。その先に、スペインのビルバオで訪れたゲッケンハイム美術館を小さくしたような、いくぶん奇抜な建物が目的の...

  12. 北斎の橋すみだの橋 - 心の隅っこ、吹き溜まり

    北斎の橋すみだの橋

    昨年(2018年)の9月3日に「隅田川 森羅万象 墨に夢2018」のキックオフ企画に参加した後…2018年9月19日(水)墨田区が誇る「すみだ葛飾美術館」にて行われていた、『北斎の橋 すみだの橋 展』に足を運んでいました。葛飾北斎が描いた諸国漫遊の橋と隅田川にかかる橋の今と昔の展示でした。葛飾北斎や同時代の浮世絵師の歌川広重が活躍していた江戸時代の隅田川の橋と言ったら、「両国橋」が描かれてい...

  13. 大江戸グルメと北斎前期 - 歴史と、自然と、芸術と

    大江戸グルメと北斎前期

    [見学日]2018年11月20日(火) [会場]すみだ北斎美術館 多くの浮世絵の舞台となり、葛飾北斎生誕の地に建つすみだ北斎美術館の特別展には、入館以来皆勤で足を運ぶ決心を固めていた。残念ながら仕事等の関係でそれは途絶えてしまったが、年間パスポートを購入し可能な限り通い続けている。表記特別展も前回の展覧会でチラシを入手した際に、即座に鑑賞を決心した。※ 作者名を記していない作品は基本北斎...

総件数:13 件

似ているタグ