たばこと塩の博物館のタグまとめ

たばこと塩の博物館」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはたばこと塩の博物館に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「たばこと塩の博物館」タグの記事(7)

  1. たばこと塩の博物館 - マルオのphoto散歩

    たばこと塩の博物館

    ここはJT(日本たばこ産業)が運営し、「たばこ」と「塩」の歴史と文化をテーマにした専門博物館で以前は渋谷の公園通りにあったが数年前に現在の墨田区横川に移転してきた。たばこと塩に関する世界中からの貴重な収集品が所狭しと展示され、なかなか興味深かった。意外なことに館内は親子ずれでかなり混雑していたが時節柄、夏休みの自由研究の題材にする為に「塩作りコーナー」を訪れていたようだ。※「たばこ」コーナー...

  2. 隅田川に育まれた文化浮世絵に見る美人と名所 - 歴史と、自然と、芸術と

    隅田川に育まれた文化浮世絵に見る美人と名所

    [副題]隅田川に育まれた文化[見学日]2020年6月16日[会場]たばこと塩の博物館 2020年が明けて間もない頃は、間もなく開催される多くの展覧会の情報に胸を躍らせ、GWに入ったら各所に足を運ぶのを楽しみにしていた。浮世絵の聖地・墨田で、国内屈指の浮世絵の殿堂が主催する表記展覧会もその一つ、たばこと塩の博物館が有する我が歌川国貞作品は群を抜いており、自分にとって表記展覧会は決してハズせない...

  3. 隅田川をめぐる文化と産業 - 歴史と、自然と、芸術と

    隅田川をめぐる文化と産業

    [副題]浮世絵と写真でみる江戸・東京[会期]2016年1月5日(火)~2016年3月21日(月・祝)[会場]たばこと塩の博物館 副題に記されているジャンルは自分にとっては外せないテーマ、葛飾北斎の生地であり歌川国貞も活躍した墨田区で開催されるとあっては、猶更行かないわけにはいかない。本展覧会のポスターは、隅田川に浮世絵と古写真がアレンジされていた。 江戸の華隅田川【江戸近郊春秋遊興図屏風】...

  4. 江戸の園芸熱前期 - 歴史と、自然と、芸術と

    江戸の園芸熱前期

    [副題]浮世絵に見る庶民の草花愛 [見学日]2019年2月10日(日) [会場]たばこと塩の博物館 2013年に江戸東京博物館で開催された特別展『花開く江戸の園芸』は大変素晴らしかった。この度、その江戸博に程近い地に移転した たばこと塩の博物館 で、同様の展覧会が開催されることになった。日本を代表する浮世絵の殿堂で開催される企画展、期待は大きい。もちろん、前後期、足を運ぶ決心をした。前期見学...

  5. 江戸の園芸熱後期 - 歴史と、自然と、芸術と

    江戸の園芸熱後期

    [副題]浮世絵に見る庶民の草花愛[見学日]2019年3月2日(土)[会場]たばこと塩の博物館 表記展覧会の前記は大変良かったので、年度末を控えた多忙な時期ではあったが後期も足を運ぶことにした。当日は晴天に恵まれ館内はかなり混雑しており、コインロッカーも全て使用中でやっと確保した。 ※ 作品名後の()内は作者と所蔵、無記入は当館蔵です。歌川国貞作品は豊国署名のものも国貞作と記します。※ 本...

  6. ウィーン万国博覧会 - 歴史と、自然と、芸術と

    ウィーン万国博覧会

    [副題]産業の世紀の幕開け [見学日]2018年12月14日(金) [会場]たばこと塩の博物館 渋谷から東京スカイツリー近くに移転した「たばこと塩の博物館」は、建物は新しく綺麗で良い企画展を実施し、拝観料も安い。開館40周年記念の表記特別展は某所から招待券を入手できた。19世紀に欧米で開催された万国博覧会については、日本の芸術作品を世界に知らしめたことなどに関連して近年大いに関心を寄せている...

  7. 和モダンの世界近代の輸出工芸 - 歴史と、自然と、芸術と

    和モダンの世界近代の輸出工芸

    [副題]金子皓彦コレクションを中心に [見学日]平成29年12月22日(金) [会場]たばこと塩の博物館 『たばこと塩の博物館』が東京スカイツリーに程近い墨田区横川に移転してから、何度か展覧会に足を運んだ。感銘を受けた企画展もあったが、恥ずかしながら多くの記事をアップでき...

総件数:7 件

似ているタグ