できごとのタグまとめ

できごと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはできごとに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「できごと」タグの記事(9)

  1. ニセコエクスプレス・ラストラン - ときどきの記 by 小樽の出版社“ウィルダネス”のブログ

    ニセコエクスプレス・ラストラン

    リゾート列車「ニセコエクスプレス」は本日がラストランでした。デビューしたのは1988年、まさにバブル景気、スキーブームの時代の象徴のような列車。私もその頃、東京からスキーに来て、この列車で札幌からニセコのスキー場に行ったことがあります。まさに企画どおり……。この手のラストランって、行ったことがないけれど、今回は手近な場所で撮ってみた。オタモイから塩谷に入ってすぐのあたりです。ちょっと雑然とし...

  2. 展覧会 - ねこと暮らす

    展覧会

    木曜日の会社帰り、有楽町交通会館で行われていた展覧会に出掛けた。展示の仕事をしていた頃、散々お世話になったYさんの絵が展示されていて年に何度か案内をくれる度、できるだけ足を運んでいる。以前お家に伺った時には、描きためたたくさんの絵の中に友人の故郷を描いたものがあって思わず買ってプレゼントしたこともあるのだ。これはYさんの作品。いつ見ても、懐かしいようなほっとする絵。他にもいい絵がたくさん!左...

  3. 余市川 サケの上る川を漕ぎ下る - ときどきの記 by 小樽の出版社“ウィルダネス”のブログ

    余市川 サケの上る川を漕ぎ下る

    先日の美々川に続き、また川を下ってきました。今度は余市川。この川の水源は、キロロスキー場付近にあります。そこから赤井川村のカルデラの外側をぐるりと回るように西向きに流れ、稲穂峠の下で、今度は北に向きを変えて余市町内で日本海に注ぎます。その稲穂峠の下に近い、仁木町大江をスタートし、余市町の鮎見橋まで約12kmを漕ぎ下るプランです。(下の地図参照)使ったフネは、いつもは海で乗るカヤックと、ダッキ...

  4. 高島越後踊り (2017.8.20) - ときどきの記 by 小樽の出版社“ウィルダネス”

    高島越後踊り (2017.8.20)

    小樽市高島には、この地域だけに根付く伝統芸能「高島越後踊り」があります。高島は越後からの移住者のが多い町で、越後に伝わる郷土の祭りが、そのまま持ち込まれ、伝承されてきました。越後での発祥から数えると400年近い歴史があるらしい。先日、弊社刊、北海道新聞小樽市内の別刷り『新ねっとわーく小樽』では、高島越後踊りの特集記事を組み、越後踊り保存会の人への取材も行いました。実際の盆踊りはここ数年行って...

  5. 江差、姥神大神宮渡御祭【後編】 - ときどきの記 by 小樽の出版社“ウィルダネス”

    江差、姥神大神宮渡御祭【後編】

    【前編からの続き】さて夜の部へ。愛宕町の商店街にヤマがびっしりと揃う「見せ場」。暗い中で見るヤマが見事です。▲ドンドコドンドコ、太鼓が打ち鳴らされてにぎやか。▲再び大神宮に向かって巡行します。途中ではまた「一銭けれ~」の大合唱。高校生くらいの女の子たちはほとんどディスコ状態!▲にぎやかに進んだヤマの一行も最後はまた優雅な祇園囃子を奏で、神社前に集まります。灯りをともしたヤマが並ぶ様子は、昼間...

  6. 江差、姥神大神宮渡御祭【前編】 - ときどきの記 by 小樽の出版社“ウィルダネス”

    江差、姥神大神宮渡御祭【前編】

    かねてから行きたかった江差、姥神大神宮渡御祭を見てきました。370年ほど前に始まったとされ、北海道では最も長い歴史をもつお祭りです。期間は毎年8月9〜11日。9日の夜、江差に着き、11日の昼過ぎまで滞在しました。撮った画像はものすごく多く、セレクトに悩みますが、以下、いくつかを載せます。▲江差に着いた9日夜、時刻は12時近くでしたが、高台の方からお囃子が聞こえてきました。音を頼りに行ってみる...

  7. リバーサイドフェスティバル in ASARI 2017 - ときどきの記 by 小樽の出版社“ウィルダネス”

    リバーサイドフェスティバル in ASARI 2017

    小樽の朝里地区で毎年8月上旬に行われるイベント「リバーサイドフェスティバル in ASARI」。今年は8月2・3日に開催されました。両日とも花火の打ち上げもあります。ま、1000数百発という規模で、時間にすれば10〜15分程度と小さなものですが、町会の行事としては、よくやってくれていると思います。3日の夜、高台から撮ってみました。いかにも住宅地の中、という感じがおもしろいです。花火はたまにし...

  8. なぜ取らない? - ねこと暮らす

    なぜ取らない?

    ごはんつぶが、、、「自分は不器用ですから」・・・ハイハイ。

  9. 「飛鳥II」入港。 潮まつり、開幕まぢか - ときどきの記 by 小樽の出版社“ウィルダネス”

    「飛鳥II」入港。 潮まつり、開幕まぢか

    第三埠頭に船が入ると、駅前通りからは真っ正面にその姿が見えます。たまにフェリーが停泊しますが、この日の船はちょっと大きい。「飛鳥II」です。おたる潮まつりは28日開幕。今年で51回目、第1回の開催(昭和42/1967年)から50年となります。会場の設営はほぼ完了の様子。ちなみに「飛鳥」は潮まつりとけっこう縁があり、過去にはまつり期間中に2回、この第三埠頭に着岸しています。2000年と2007...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ