にゃんこ先生のタグまとめ

にゃんこ先生」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはにゃんこ先生に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「にゃんこ先生」タグの記事(14)

  1. 昼下がり - マトリョーシカ

    昼下がり

    朝晩吹く風は秋めいてきましたが日中の陽射しは油断なりませぬ。。

  2. *家の中心: エネルギーの生まれるところ* - 山西愛子の胸のうち

    *家の中心: エネルギーの生まれるところ*

    瞑想してるときにこのまえはネコ顔の方が出ていらしてっていうのをこないだ書いたのね  ↓↓↓じつはその次の日もあのネコ神さまだかニャンコ先生だかが出ていらしたんですで、ふと思いついていまわたしがする必要のあることってなんでしょうか?って訊いたら家の浄化って言われたの・・・あの、さでもさ、わたくし家の浄化のプロでございますよなしてそんな?昨日の夜だってお風呂場のドアのパッキンとか溝のとこやったし...

  3. *ほぼ復調かな?* - 山西愛子の胸のうち

    *ほぼ復調かな?*

    (今日のごはんピッツァ~~~)昨日のね「それは問題ではありません」と、それはそれは爽やかにおっしゃったニャンコ先生の言葉がなんかずーーーっと胸に響いてるんですがおかげさまで罪悪感はスパっとなくなったんだけどとはいえそれでもあれからいまだ連絡のないアヤツがいったいどうしておるのか気にはなるこういうのは我々のあいだではよくあることなんだけどそしてまたわたしがこうして気にしたり心配したりすることと...

  4. こにゃんこ - マトリョーシカ

    こにゃんこ

    ねこじゃらしで遊ぶこにゃんこ。トンボとかバッタとか、風に揺れる葉っぱとか・・動くモノすべてに反応しておられました。。笑動きが俊敏すぎて3匹一緒にカメラに収められず。。元気いっぱいだったけど、、やっぱり心配ねぇ。。

  5. 猫の手、猫の足 - nazunaニッキ

    猫の手、猫の足

    にゃんこ先生はマンション飼いの猫だったので、木に登ったり、土やアスファルトの地面を一度も歩いたことがない足。。。実家の猫たちは庭のある一軒家で近所に空き地もあるので、半野良状態で、木に登るは近所にパトロールへ毎日出かけていたから、猫の手足の大きさがにゃんこ先生とは全く比べものにならないくらい、ガッチリ大きく、爪も鋭い。。。にゃんこ先生の肉球は、駄菓子屋で売ってる箱に入った「桜もち」のような小...

  6. 続★kitten - マトリョーシカ

    続★kitten

    実は3兄弟なのでありました。。(๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪

  7. kitten - マトリョーシカ

    kitten

    う・・ううぅ・・・打ちのめされる可愛さ・・・❤いつも訪れる公園で子猫が生まれた飛び回ってじゃれ合ってようやく目線もらった。。この子たちがどうか幸せに暮らしてくれることを願うばかり。。涙

  8. 何故、こんなところから猫が来る?! - nazunaニッキ

    何故、こんなところから猫が来る?!

    久々に猫エピソードなどを少し。にゃんこ先生は、思春期前に去勢してしまったので、メス猫ちゃんに会ったこともないまま、おじさん猫になり。。。にゃんこ先生は一人っ子だったのでお友達猫もいないし、可哀想だなと思うこともあった。それで、体は大きいけど心はノミの心臓の巨猫さんに、お嫁さんの猫が来てくれたらいいなあと冗談でしゃべっていた。「小さな、可愛い白猫ちゃんがいいなあ」などと。(笑)翌日、ベランダの...

  9. アナベルと猫 - マトリョーシカ

    アナベルと猫

    梅雨は何処?日中のカメラ散歩、危険すぎます・・ササッと撮ってササッと帰る・・が鉄則でしょうか。。( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬

  10. 猫のしもべにならないために その2 - nazunaニッキ

    猫のしもべにならないために その2

    そう、こうなったのも、(以前のニッキにも書いたけど)子猫時代のにゃんこ先生が仕掛けてくる戦いに、痛いよ~、降参、降参~とデレデレと接していたからなのだ。(笑)猫はこうした子猫時代の遊びの中で、暮す仲間同士の序列を整えているのだ、ということを知ったのは、にゃんこの私を見る目が、かつての子猫時代の愛くるしいいまん丸目じゃなくて、まさに「にゃんこ先生」の鋭いような上から目線になってからだった。ここ...

  11. 猫のしもべにならないために その1 - nazunaニッキ

    猫のしもべにならないために その1

    なぜ、猫は人が寝ているときに  特に、寒い冬は乗ってくる。。。そうね、見知らぬ家の人間の布団に入ってくる猫もいるね。勝手に腕枕や枕も共有しちゃうし。。。(嬉)(2017年 06月14日のブログ「猫と出会う 」参照のこと)にゃんこ先生がまだ小さめの時はなど横向きに寝ていると、ちょうど腰の上に乗って寝るので寝返りも身動きもできない。あとは太ももに頭を載せて寝たり。太ももやお腹や腰に乗っ...

  12. 子猫時代のにゃんこ先生  ビフォアー アフター - nazunaニッキ

    子猫時代のにゃんこ先生  ビフォアー アフター

    公園で保護したときは手のひらサイズの目ヤニ猫だった。ずっと鳴いて母猫を呼んで、一日中鳴きっぱなし。。。すくすく育って、元気な子猫に成長。。。そして、立派な成猫となったにゃんこ先生のお姿。この頃、7キロから8キロという巨猫さんだった。小さいときは訪問客らから「可愛い、可愛い」と言われていたのに、成長してからは、「でかい」としか言われなくなって、心は万年子猫のノミの心臓の大人しい猫なのに、「山猫...

  13. 白い猫の画像をアップ その7 - nazunaニッキ

    白い猫の画像をアップ その7

    「可愛いね、可愛いね」というと、必ずコロンと転がって、このポーズ。飼い主も、別宅飼い主らも、地域のみんなも大事にしていた猫だった。庭で自由にお散歩していたね。。。

  14. 猫の集会で出会った白い猫 ~猫と出会う その6~ - nazunaニッキ

    猫の集会で出会った白い猫 ~猫と出会う その6~

    白い猫は変わらず毎日遊びにやってきて、仕事で遅くなったときなど、道の途中まで迎えにでてくれる。家の周りはお屋敷と大家さんの家と数軒の家、あとは畑と空き地と田んぼと高速道路が通っているくらい。駅からも、ずっと人気のない道を長いこと歩くので、夜が遅いと人通りも殆どないのが怖くて、よく歌いながら帰っていたものだった。そういうのだったから、遅くに私が帰ってくるのを、道の植え込みや畑の中で遊んで待って...

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ